FC2ブログ
忍者解析

NO.1298 何気ない会話の喜び

 行方が分からなくなっているノリピーこと酒井法子に、覚せい剤所持の疑いで逮捕状が出たと、昼のラジオが言っていた。
覚せい剤撲滅キャンペーンにも顔を出していた酒井だが・・・。

最近、芸能界の麻薬汚染がひどいような・・・。病んでいる。
酒井法子に興味は無いが、余りいい気がしない。

        81 016

 それは置いといて、
こちらはいい話ですよ。

 例によって、殿の父親の連絡帳より。

昨日、車で送っている時、信号で停止していたら、殿が窓の外を指差して何か言いました。
良く聞こえないので「なに?」と聞くと、「工事!」と言いました。
そこは都市高の巨大な橋脚が建設中でした。

このように、何気ない雑談を殿のほうから話しかけてきたのは、生まれて初めてでした。
その様子も全く自然で、そこには障害など全く無いかのようでした。

深く感動し、家族にメールで知らせました。

殿が小学生のころ、全く言葉がありませんでした。
私たち夫婦は、もうこの子は一生話すことは出来ないと、殆ど絶望していました。
実際、6歳過ぎて言葉が出ることは殆ど無いそうです。

ある夜、殿が言葉を口にした夢を見て目覚め、
涙を浮かべて起き上がったら、
妻も全く同じ夢を見ていたのでした。

夜中に二人で泣いたことを思い出します。

健常者からすれば、取るに足りないことも、
私たちにとっては、すごいことです。


 殿は35歳、重い自閉症。
始終「意味不明な」コトバでさえずっている。
本人にとっては大いに意味がある、「自分のため言語」だ。

多分、感情や気分を調整する機能を持った「さえずり言語」であろう。
或いは、脳波の調整の為に必用な言語だろうと思われる。

実はそういう言語はみんな持っているのである。
「独り言」がそうだし、
ただ、通常それは音声をともなわないから、他人に分からないだけの話だ。

これは他人と関係を作る「コミュニケーションの手段」としてのコトバではない。

彼にとってはコトバの発生は、普通の人とは逆なのだ。
普通は、コミュニケーションの必用から言語は獲得されていく。

殿においては、
ある時、自分のための「さえずり」は、
その中から一部がコミュニケーションの手段としての言語に発展転化し、
「ラーメン!」「コーラ!」など、要求する一語文として表れる。

さらに、何気ない普通の会話として、
今回、新たな発展の姿を見せたのではないだろうか。

 
その発展の、基本的条件は、
人との関わりである。

人との心地よいかかわりの経験が、更なるかかわりへの要求を発展させ、
新たな能力の獲得を保障する・・・。


理屈っぽくなりましたが、
そういうことでしょう。

私には、要求だけはちゃんとしてくる。
勿論私も、必用な要求をする。

「デンシャ!」と、「帰りたい」と言う。
「まだ!だめ。マグカップを作って!」
と。

或いは、
「コーラ!」と、「自販機までコーラを買いに行っていいか」と聞く。
「だめ!あとで」とか、「いいよ!」
とか。





「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009.08.07 | | Comments(0) | Trackback(2) | ・仲間とともにⅣ

NO.1269 悲しさ交じりの喜び。

 夏休みが始まった。
子どもの頃の夏休みの朝はラジオ体操から始まった。
トランジスタラジオにあわせて6時半、集落ごとに眠い目をこすりながら集まったものだ。

最近は、テープがあるので時間はまちまち・・・、そのラジオ体操の姿もあまり見かけなくなった。


 殿は、今シーズンも嬉々としてラジオ体操に通っているそうだ。
カードをもらい参加して、印をもらう・・・、自閉症のその身に染み付いた習慣だろうか?
”お決まり”のことをしないと気がすまないですからね。

 予備のカードがなくなっていたところ昨日、殿より若い役員のお母さんがカードを手配してくれたそうだ。

 「にっこり笑う35歳の息子を見ると、少し悲しさの混じった喜びが湧きます」
・・・父親からの連絡帳に書き込まれていた。



 日食があろうが、殿は今日も”自由人モード”でわが道を行くのでした。

        日食2756
        しばし、日食観察・・・。見えない?



「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     

テーマ:自閉症 - ジャンル:福祉・ボランティア

2009.07.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | ・仲間とともにⅣ

NO.926 成人を祝う会。

 今年2人の仲間が、成人を迎えました。
昨日は、応援団の人たちに企画していただき、みんなでささやかな「成人を祝う会」をしました。

成人式 006

 仲間たちからのお祝いビデオレターや、皆さんからの沢山のプレゼント・・・。
手作りケーキにろうそくを立て・・・。
和やかで暖かいお祝いができました。
そんな中にも、2人には「成人」という緊張感がありました。

成人式 001

 沢山の困難は、みんなで乗り越えて行きたいと思います。
少しづつ、大人になるということに向き合っていきたいものです。

その後は少し早い、「豆まき」。
即席寸劇で、「鬼は外!福は内!」盛り上がりました。






「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:障害者作業所 - ジャンル:日記

2009.02.01 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・仲間とともにⅣ

NO.300 「金額の問題やないとって!」・・・自立支援法費用負担問題。

 少し時間がたちすぎですが・・・。
福岡市との懇談会の報告を一部だけ。
   過去ログ参照→NO.264 「タイシコン」=対市懇・・・福岡市との懇談会。

 1月31日の行われた懇談会。ひかりグループからは、仲間、親、職員100名以上が参加。市側からは、関係部局の職員10名参加いただいた。10数年の積み重ねで、市側がたくさん参加して、現場からの生の声を聞こうとする姿勢は、大いに評価できます。が、肝心な内容は?

 陶友からはカゴさんが、自立支援法による利用料の1割負担問題について、「働きに来ているのに利用料取るのはおかしい、国に働きかけてください!」と、要求していた。市の回答は「日中活動では働くという側面はあるけれども、スタッフの皆さんの支援を受けているので、一定の負担をして欲しい。」「作業所は、今の制度では障害福祉サービス事業所と言って”就労訓練”をするところで・・・」というもの。

 「私たちは働きに来ているんだ。だから、お金を払わなければならないというのはおかしい」という仲間に、「作業訓練というサービスを受けているんだから、費用負担はしていただく・・・」両者の主張は平行線。

 懇談会後、カゴさんは「市の人が(国の軽減策で、負担は)大分少なくなっているって言ったやろ?でも、金額の問題やないとって。普通の人は働きにいくとに、お金は払わんでしょ。いくらかの問題やないとって」

 他にも、作業所の経営難に関わり「職員を増やせるようにしてください」との要求に対し、市は「施設内でどうするかは、施設の方針、職員配置の問題です・・・」と。「施設内で解決できるような問題じゃない」と言うと、なんと「そんなに大変なら、私たちが施設長さんに言ってあげましょうか?」・・・冗談じゃないでしょう?

 自立支援法の精神は、着実に行政に浸透か?
 就労支援を目玉にして、訓練して一般就労を目指せと言う。それが困難な仲間たちが働く場所(施設や作業所)は、「働く場」として認めようとしない。そこでは、工賃上げろと尻をたたく。勿論、1ヶ月働いて1万円の月給なんて「非常識」で、何処でだって頑張って給料を上げようと努力している。しかし、職員の配置が余りにも貧弱(少ないうえに非常勤主体)で、成果の上げようがない。その改善を求めると、それは、施設経営の問題、と来る。

 現場の頑張りと工夫を越えた問題だと言うことが伝わらない。訓練して一般就労にありつける者だけに、「労働権」は認められていると言うのか。

日本国憲法第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
 
 無差別平等にすべての国民じゃないのか?(勿論児童は除くが) 障害があろうとなかろうと。その権利を障害をもつ人たちに保障するために支援しているのが、施設や作業所の果たしている役割ではないのか?それを支えるのが、国家の義務ではないのか?

 このようにして、国・行政の責任は放棄し、「施設と利用者の契約で成り立っているから、問題は両者で話し合って解決してください」とくる。「契約制度」になってから、公的福祉は何処へ行ったのか。


公的責任に基づく福祉を!ポチポチッとよろしくお願いします。
       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:障害者の自立 - ジャンル:福祉・ボランティア

2008.02.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | ・仲間とともにⅣ

NO.294 成人を祝う会。・・・トノはラーメン!

きょう、法人傘下の作業所合同の「成人を祝う会」がありました。
毎年該当者がいる年、行っているもので、今年は2人の女性の仲間が新成人でした。

作業所より代表者が集まって、実行委員会を作り、数回の話し合いを重ねて、仲間達自身が職員の援助を受けながら企画運営します。

私達の作業所には、該当者はいませんでしたが、式次第を書いたり、進行表を作ったりしてそれぞれの作業所が分担して当日を迎えました。
それとお祝いの出し物。

仲間と職員で総勢100名ほど。
第1部でお祝いの式、第2部で食事と作業所ごとの出し物でのお祝い。

障害を持ちながら20年生きると言う事は、本人も家族も大変な苦労があります。
一人ひとりの生い立ちを写真とナレーヨンで、皆で振り返ります。
生まれたときから、障害がわかり母子通園を始めるころ、そして学齢のころから、養護学校を卒業した作業所に入ってきた20年の年月。

頑張って生きてきたね。
少しずつ少しずつ成長重ねながら。
作業所に通うようになって、新しい友達も出来、世界が広がり・・・。
仕事も頑張るようになり、
自分の思いも、だんだんうまく言えるようになってきた。
これからは、自分ができる事を精一杯がんばって、
出来ない事は、助けてと言える人になりましょう。
元気に楽しく、働いて行きましょう。

・・・お祝いの言葉に少し緊張しながらもとても誇らかで、嬉しそう。

その後は、テーブルごとに食事を楽しみ、各作業所からの出し物で盛り上げる。

・・・実は、私は食事の途中から別行動で、出し物は一切見ていません。
陶友の仲間たちは「ありがとう」の歌の練習をしてきて、うちわにそれぞれのメッセージを書いて、それを打ち振りながらのパフォーマンスらしかったが・・・。

トノが、1時間たつと限界になり、食事を口に押し込み、カンビールを1本飲み込んだ後は、ウロウロウロウロ。
「カンコーヒー!」・・・、今度は外の自販機で缶コーヒーが飲みたいとの事。
しばらくは、「まだダメ」というと席に戻っていましたが・・・。もう限界を示す自傷行為が始まり手をかみだしました。
よしわかった。
外に出て、自販機のところへ。例によって、クイッと途一気飲みして終わり。
会場へ帰ろうかとも思いましたが、トノは「ラーメン!」
また、あの人ごみはストレスになると思い、別行動でラーメンを食べる事にした。

会場になった作業所のすぐ近くが、わが「ゆう楽庵」。
そこで休憩しながらインスタントラーメンを、食べさせる事にした。
初めての場所でしばらくは、本棚や戸棚をチェックしまくっていたが、ラーメンを一気にすすると少し落ち着いたのか、テレビを見たり(チャンネルにも拘りがあり、内容にかかわりなく「サン!」である)・・・。

そりゃ、皆と一緒に参加することにも、ずいぶん慣れてきたけど、あの人数で席が決まった場所は、1時間が限度でしょう。
これはこれとして、トノの参加の仕方でした。
お勤めごくろうさん、です。


よろしければ、1日1回ポチポチッとよろしくお願いします。
       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:障害児と共に生きる日々 - ジャンル:福祉・ボランティア

2008.02.16 | | Comments(1) | Trackback(0) | ・仲間とともにⅣ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い