fc2ブログ
忍者解析

NO.221 「 相撲・・・いい話もあるよ。」「優しさウイルスを日本中にまきちらそう。」「心の一等賞・・・みんな生きている」・・・どっちのタイトルがいいかな?

相撲界の、感しない話が続いていたが、先日の朝、
テレビのワイドショウで、いい話が紹介されていた。

女子相撲の話。
鳥取県のある中学校の3年生、上田幸佳さん(15歳)。
東南アジア(国は忘れたが)で開催された第6回女子相撲世界大会で、
世界最年少出場で、見事3位になった少女だ。

170センチ、130キロ。でかい?周囲は180センチ、150キロ級だから・・・。

相撲いじめを克服したと言う話題。

上田さんは、小さい時から体が大きくて、小学校に上がっていじめられたそうだ。
「デブ!」「ブタ!」「死ね!」と言われたり、黒板に書かれたり・・・。
お父さんとお母さんが当時のことを語っていた。

特に3,4年生の時がひどく、
「帰ってきたら、部屋に閉じこもり泣いてばかりいた」
「もういつ、自殺するんじゃないかと、目が話せなかった」そうだ。

転機が来る。
小5の時、地域の子ども相撲大会に出て優勝したらしい。
そのご、相撲道場に通いだし、力をつける。
今や、日本女子相撲界では、有名人らしい。
高校は、男子生徒とぶつかり合いをする映像が紹介されていたが・・・、
そして今回の快挙!

「相撲を始めて、・・・成績がついてきて、みんなが寄ってきてくれて、関わり合うようになった。それまではズーッと下ばかり向いてたけど、・・・ただの豚じゃない!・・・笑えるようになった。」
はちきれそうな顔で、はにかみながら語っていた。

テレビも、殺伐としたくらいニュースばかりを、センセーショナルに追いかけず、
こんな、ささやかでも暖かくなるようないい話しを、探してきてくれたらいいのにな。

世界一じゃなくても、日本一じゃなくても、自分の「一等賞」が沢山あるはず。
そや。俺、番組の企画を提案しようかな。
題して、「一等賞・・・みんな生きてる。」
視聴者からの募集で、取材して構成する。
のりは、あの鶴べぇが、ぷらっと旅先で・・・あるやろ?あれみたいな。
どうやろ?

「初回放送は、ここ福岡市の・・・工房陶友からです。」
うちの中間達の、脳天気アホぶりと、優しさをライブで・・・。
画面から、「優しさウイルス」を、日本中にまきちらす~。
・・・なんて、どうよ?



いじめの話を書いてたら、テレビの話になってしまった。タイトル、どっちがいいかね?
・・・どっちでもいいけど、 ポチッと応援下さい。




スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

2007.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ・マスコミ・テレビ・新聞Ⅰ

NO.220 前途洋洋?・・・陶友の歩みと出会い(26)

歴史(26)

希望に満ちた船出、前途洋々?
毎日楽しく土こねて・・・、人間そんなにおめでたく単純ではありません。

仲間15人。少ないようですが・・・。
作業は陶芸だけでしたので、はっきり言って上手く行きませんでした。
作業がというより、仲間関係が。
それまで無認可の頃は、少人数に加え、陶芸の経験があるし、仲間たちはそれぞれのかかわりあい方、お互いの距離・・・さまざまな面で、落ち着き、それぞれの居場所、立居地を「完成」させていました。
集団が安定していたのです。

一人迎え、関係を作り、また一人迎え・・・でしたから、無理なく受け入れながら、自分たちの関係を作って来られたのでした。

しかし今度は、一気に倍近くになります。
これまでの集団は、この変化に対応できず、グッチャグチャ!の「無政府状態」になって行きました。
「○○さんがうるさくて、集中できない」
「XXさんが、私に・・・言うからいや」
「○が、だれそれにプレゼントして、僕にはくれない」
「だれそれがおるけん、気に食わん、やめて欲しい」
・・・物言える仲間も、いえない仲間も・・・。

毎日毎日トラブルばかり。
(え~くそ!うるさか、バカチンどもが!)
あの楽しかった無認可時代がなつかしく、疲れる毎日が続きました。
個人的には、精神的に最も重苦しいい数年が始まったのです。

容れ物の美しさとは逆に、中身は、最低。
・・・こんな筈ではなかったのに、なあ。
(怒りとばして、管理すれば納めるのは、表面上は簡単だが・・・)

「家が人を作る」?・・・つくらなければ。

お互い顔を合わせて日が短いこと。
作業集団が1つであること。
空間が1つであること。
そもそも作業になじみきれないこと・・・。
・・・。

原因は、単純ではありません。
先ずは仲間たちの小集団化をすすめること、新しい作業を開拓すること。
試行が続きます。



3行日記・2007.12.20(木)
平凡な1日。仲間達は、忘年会の件で喧々諤々。結局、買出しをして陶友でやるらしい。福祉保育労時代の知人来る。保育士辞めて、又職探しとの事。40代後半、大変だ。子育ての事で話し弾む。いずこも親は大変。ありがとう、又来てね、Kさん。ヒロコも穏やか。


ポチッと応援下さい。



テーマ:ああ、よかった - ジャンル:福祉・ボランティア

2007.12.21 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・陶友の歩みと出会いⅠ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い