FC2ブログ
忍者解析

NO.684 二人の歴史の中で紡ぎ合ってきたもの。

 久しぶりにテレビを見た。
11月3日(月) 19時から。視聴率は、瞬間最高27%を記録したそうだ。

テレビ朝日 報道発 ドキュメンタリー宣言
(このサイトで動画も少し見ることが出来ます)

港の夕暮れ1722


~女優・南田洋子がテレビから忽然と姿を消した理由~

長門裕之南田洋子夫妻が今、深刻な「老い」の問題と闘っている。
3年前から洋子さんに記憶障害が見られ、現在、日常会話が成立しない日も。。。
「今日の洋子は明日いない」
消えゆく妻の記憶。。。

「認知症」の真実、「老老介護」の実態とは?
長門裕之南田洋子夫妻の生活に密着。誰もが直面する「夫婦で向き合う『老い』」を、あらためて見つめていく。



 芸能人の私生活に興味は無いが、新聞で見てチャンネルを合わせた。

 番宣ともなった3日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」で、長門裕之(74)が妻南田洋子(75)の認知症について告白していたそうだ。

 南田さんは3年前に物を忘れる症状が出始め、芸能界から引退した状態。これまで長門さんは病状について口を閉ざしていたそうだ。

 「指の中からポロポロ落ちたものを、おれが一生懸命拾い集め、手の中に戻そうとするけれど、追っつかない。どんどん忘れている」と明かした。

 47年前の結婚以来住んでいた豪邸を売り、老夫婦が暮らしやすいマンションに引っ越した。「スリッパをはきたいのに、テレビを指して『あれ』と言ったりして戸惑うけど、それも洋子なんだと納得してやっている。お風呂で背中を流す時『お背中長嶋茂雄』って言うと、コロコロ笑う。かわいいんだ」。

 今も女優としてのプライドを持ち、外出時は車いすを嫌がるという。「洋子がすべてを忘れていく中で、2人っきりの生活を楽しくすごし、最後の時に『楽しかった』と思わせてまっとうしたい。そばにいて支えることに男として夫として充足感がある。洋子への恩返しなんだ」と話している。


 これまで長門は、たくさんの二人の時をビデオに収めてきたそうだが、今度は自分ではなく「客観的に二人を記録したい」ということから、撮影は始まったようだ。

 事実が物語る重みがあった。なんと献身的に世話できるんだろう。それだけ深く大事に思っていることが伝わってきた。
 (私は「愛している」という言葉を使うことが出来ない。その言葉に含まれる意味を身体に感じることが出来ない。小さいときから生活の中で聞いたり使ったりした事が無いから、その響きはよそよそしいのである。)

 自分が妻のことをそういうふうに出来るだろうかとも思った。・・・ま、ここら辺はあまり深く考えんどこ。

 気になったのは、これまで一度も専門医に見せなかったということ。本人の意思を尊重したといえばそれまでだが・・・。”ボケ”の問題は、考え方はいろいろあっても、実際の関わりは大変だろうと思う。

 知り合いの専門職の人が言っていた。
「他人は受け入れることが出来ても、身内は元気なころから知っているからなかなか受け入れることは大変だ」と。つい、「何でこうなったの・・・になる」と。
 そういうことも考え合わせると、ますますあの長門裕之の献身的な優しさは・・・。二人の歴史の中で紡ぎ合ってきたものだろうなと、つくづく思うものだった。


 五木寛之が次のように言っていた。(赤旗日用版3日付)

 「物忘れやボケを嘆くことはありません。カメラでいうとフォーカスの状態を考えればいい。中心に焦点を当てて周りをぼかす。ボケてきたら、世界のどうでもいいことは脇に置き、自分にとって一番だいじなことだけを見て生きていこうということです。子どもに還って遊び、戯れる。気ままに、わがままに、そして無心に生きるのです。」

 ・・・そういうふうに、受け入れることができる豊かな人間関係の社会を、と思う。



  
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

今日もありがとうございます。
  
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

2008.11.04 | | Comments(6) | Trackback(1) | ・マスコミ・テレビ・新聞Ⅰ

NO.683 医療格差・無保険の子どもをなくせ!・・・そもそも子どもの医療は無料にすべきだ。

 陶友には、保険証がなくて病院にいけない仲間がいます。
国民健康保険料が高くて、保護者が払いきれないためです。

 ヒロコのお父さんは、建築現場で日雇いで働きながら、4人の子どもたちを育ててきました。手が行き届かず、軽度知的障害の彼女は、ほったらかしにされ身の回りを衛生的に保つこともできず、頭にできものができてもかきむしり、いらいらして当り散らしたりするだけです。虫歯で歯が痛いといっては・・・です。

秋の草花1743

 そのつど職員が病院に連れて行こうとしますが、まずはこの保険証問題=治療費をどうするかで大変です。
 参考:過去ログNO.37 頼みます!福岡市は国民健康保険料を引き下げてください!

 病気になりやすい子どもがいる世帯であっても、お構いなしに保険証を機械的に取り上げる・・・行政の非情な対応が厚労省の実態調査で明らかになりました。

 保険料を払わないと保険証を取り上げ「資格証明書」が発行(※)されます。
政府・厚労省は、資格証明書の発行は、「滞納者と接触の機会を増やし、保険料の納付を促す」として、保険料を滞納した場合でも「特別な事情を考慮する」などと強調してきました。

 ところが、自治体の現場では、まったく異なった対応です。

 厚労省が、地方自治体が滞納者にどのように接触しているかを調査すると・・・。
休日の電話督促や訪問をしている自治体は22~26%。時間外で対応しているのは55%程度。圧倒的多数は文書を送りつける催促(88%)と電話での催促(67%)です。
資格証明書を発行して滞納者との接触機会を増やすという厚労省の言い分はまったく成り立たず、現場では「通告」するだけで問答無用に非情な保険証取り上げをしているのが実態です。

 国保証ない子3万3000人 医療からの排除 浮き彫り 厚労省調査(赤旗)より紹介します。

 親が国民健康保険の保険料(税)を払えないために国保証を取り上げられ、「無保険」状態になっている中学生以下の子どもが、全国で3万2903人にのぼることが30日、厚生労働省の調査でわかりました。何の責任もない子どもたちが医療から排除されている実態が浮き彫りになりました。
 実態調査は、日本共産党などが求めていたもの。「無保険」の子どもの全国調査は初めてです。

 国保料滞納世帯は、全国で約385万世帯(加入世帯全体の18・5%)。うち、資格証明書発行世帯は約33万世帯。

無保険の子ども調査


子どもを年代別にみると、0~5歳が5521人、小学生1万6327人、中学生1万1054人。
都道府県別では、多いほうから神奈川(4386人)、千葉(3321人)、栃木(2652人)・・・福岡は2099人で4番目!

 資格証明書は、市区町村に発行が義務づけられた2000年以降、大幅に増えています。発行を義務づけた国保法改悪(1997年)には、当時の自民、民主、社民の各党が賛成しました。

 医療を受ける必要がある子どもには、有効期限一カ月などの短期保険証が発行されています。

 ヒロコの場合も一定額を支払いこの短期保険証を手に入れ病院にいく・・・長期の通院ができず皮膚病が慢性化する、歯の治療が終わらないという悪循環から抜け出せないでいます。

 「親が悪いからだ」という意見もありますが、子どもの医療を親の所得によって制限すべきではありません。問題の大本には、高くて払えない国民健康保険料の問題があります。(これは次の機会にでも・・・)

 資格証明書の発行は「制裁」であり、国民の医療を受ける権利を奪うものです。ただちにやめるべきです。
 とりわけ子どもについては、保護者の保険とは別に、無差別に医療を保障する仕組みにすべきだと思います。ヒロコもそうだが、わが子が小さかったころのことを思えば、病気になっても医者に見てもらえないなんて・・・痛々しくてかわいそうで胸が張り裂けそうです。

 ※資格証明書
 国保料を1年以上滞納している世帯のうち、支払いが困難な「特別な事情」がないと市区町村が判断した世帯に対し、国保証の取り上げと引き換えに発行されます。資格証明書では保険がきかず、医療機関の窓口で医療費の全額(10割負担)を支払わなくてはなりません。このため受診抑制や治療中断などが起き、深刻な問題となっています。



参考:[無保険の子ども] 救済に万全を期したい(沖縄タイムス)

保険料の滞納はもちろん世帯主の責任であり、悪質な滞納者であれば厳しく対処することに異論はない。
問題は、世帯主に対するペナルティーで子どもが必要な医療を受けられなくなっているという事実である。
病気になっても病院に行けないという子どもがいるのは、やはりおかしい。
那覇市の担当者は「家庭の事情で子どもの健康が左右されるべきではない」と述べている。
当然であり、行政は子どもたちが受けている不当な格差の把握に全力を挙げ、その救済に万全を期さなければならない。(以上部分引用)


    子どもの国保証 取り上げません 共産党市議団の要求実る 大阪市 今月中旬から(赤旗)

 大阪市は31日、親が国民健康保険の保険料を払えないため国保証を取り上げられ、資格証明書が発行されている世帯の中学生以下の子どもへの資格証を発行しないことを決め、11月中旬から実施するとしています。日本共産党の北山良三大阪市議に市が伝えてきたものです。

 北山議員は、9月11日の議会質問で、大阪市の国保資格証の発行は、1万7025世帯で、うち、中学生までの子どもが748人含まれているとして、「子どもから国保証を取り上げるな」と強く要求。平松邦夫大阪市長が「検討させてほしい」と答弁していたもので、日本共産党議員団の要求が実ったものです。(以上引用)


  
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

今日もありがとうございます。
そもそも子どもの医療は、先進国並みにすべて無料にすべきだ。  
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:医療と行政 - ジャンル:政治・経済

2008.11.04 | | Comments(3) | Trackback(1) | ・安心の医療を

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い