fc2ブログ
忍者解析

NO.796 たばこ税増税は消費税増税への地ならし。

 麻生内閣の予算編成が揺れに揺れている。
景気悪化と社会保障費削減への批判に対し、小泉以来の構造改革路線=「骨太の方針2006」の見直しが迫られているが、「状況に応じて果敢な対応を機動的かつ弾力的に行う」と。わけのわからないことを言っている。

桜1

 与謝野経財相は、「構造改革路線の精神は引き継ぐ」と、社会保障予算毎年2200億円抑制の政府方針を維持することを改めて示した。しかし、自民党総務会からも今後3年間削減を凍結するよう求められており、ますます混迷を深めている。

 そこで、またまた出てきたのがたばこ税増税の話だ。

たばこ増税で社会保障費…中川財務・舛添厚労相が合意(12月4日 読売新聞)

 中川財務・金融相と舛添厚生労働相は4日、2009年度の予算編成を巡る閣僚折衝を行い、社会保障費の伸びを2200億円抑制する方針に関して、たばこ税の引き上げを原資に抑制額を圧縮する方向で合意した。

 舛添厚労相が「たばこ税の引き上げをお願いし、(社会保障費の)削減幅を圧縮したい」と要請したのに対し、中川財務相は、与党税制調査会でたばこ税の増税が決まれば、抑制額の圧縮に充てる意向を示した。


 たばこ税増税の話はこの間も、健康問題と抱き合わせて(?)、隠れみのに(?)たびたび取りざたされてきた。たばこの値段を1000円に引き上げると税収は4兆円増えるそうだが。

 「身体に悪いからたばこはやめたほうがいい」「嗜好品だからあげてもいい」・・・そういう人も少なくないが、本質的なことは、大衆的消費に関する税だということだ。消費税の特定のしかも大衆的な商品を上げることに他ならない。つまり、たばこ税は、逆進性を緩和するものでもなければ、貧乏人にはかからないというものでもない。

 この間の社会保障費抑制が、国民生活に重くのしかかり、大きな批判に耐え切れなくなったところで「じゃあ、どこから?消費税が本命だが、今はまだ抵抗が大きい。では、たばこ税ならいけるんじゃあないか」、こういう選択だ。

 こういう選択が出てくる大元には、税を、財界・大企業や大資産家からとは絶対に言えない政治的・政策的立場がある。税に対する考えが逆さまなのだ。

 税は富める者より多く、貧しきものより少なく所得税の累進性を高めると共に、この間消費税増税で立て替えられ、大まけにまけて来た大企業の法人税増税を!である。

 「たばこ税ならいい」と、煙に巻かれていたら、それは消費税増税への地ならし、一里塚と心得るべし!

 何度でも言う、税は富めるものから取れ!
大企業の法人税を元に戻すだけで、すぐに4兆円は入る。さらに、高額所得者へ累進性を高めよ。
(法人税については、中小企業の負担を軽減するために、軽減税率の導入を!)

 ・・・ちょっと、風邪を引いているので、大雑把な話だけですが今日はここまで。では。
 

  お付き合いついでにシャッターはこころで切れ!で、紅葉狩りでもどうぞ。 
 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

2008.12.04 | | Comments(3) | Trackback(3) | ・消費税・財源・税Ⅱ

NO.795 「高知白バイ事故の真相」と報道・・・You tube動画あり。

 「高知白バイ事故」で、明らかに無実の罪を着せられ加古川刑務所に収監中の、片岡晴彦さんとその家族のブログ雑草魂 を、リンクに追加した。
 まだ終わってはいない、というより「冤罪事件」の始まりだ。片岡さんは既に1年4ヶ月の実刑を終えて出てきてからの再審請求の決意を固めているという。忘れずに少しでも力になりたいと思う。

落ち葉

 ブログでは、12月1日「報道発ドキュメンタリー宣言」「なぜ私が収監されるのか ~高知白バイ事故の真相~」の放送の後、たくさんの方が「はじめて知った」と励ましのコメントを寄せている。
先ず、「知る」「知らせる」ということがどれほど大切かを痛感した。

 ところが、「土佐高知の雑記帳」さんによると、肝心の高知では放送がなかったらしい。以下のように書いている。

・・・仮に民放3社、NHKが同一見解を持つことも、
百歩譲ってありえることでしょう。
そしてそれが司法を支持することもあると思います。

しかし、仮にその立場に立ったとしても
この問題で一切の沈黙を守っていることは
きわめて異常ではないでしょうか。

しかも、テレビ朝日などが
アンチの立場で県外で報道しているのです。
それにたいして沈黙を続ける
高知県でのメディアの状況は、
きわめて異常だといわなければなりません。

こうした状況は、
高知県のテレビメディアが、健全ではないことを示していると思えてなりません。 



 私はここ→http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7で、関連のシリーズ放送、約14本100分近くを観たが・・・、てっきり現地、高知の放送局と思いきや「KBS瀬戸内海放送」というのは、高松と岡山に本社を置く文字通り瀬戸内海側だったということを今知った。高知は太平洋側だった。

改めて、再度紹介しておきます。
「高知白バイ衝突死」シリーズ?~?(KBS瀬戸内海放送)

 思うに、高知県では報道が警察によって統制されている可能性が大だ。
事故は明らかに、白バイがスピード違反でバスに突っ込んで起こったもの。その過失を隠すために片岡運転手に濡れ衣を着せたことは明らかだ。

 警察庁は、追跡中の事故が多かったために、「緊急走行、追跡追尾訓練」を全国の交通警察に指示し、それを受けて高地県警でも日常的な公道での高速走行訓練がなされていたという。事故現場付近での、白バイによる高速走行は住民が何度も目撃し証言している。しかし、県警は「公道での訓練は一切していない」と否定している。

 警察は、不祥事はマスコミに知られることで「不祥事」となる、だから文書まで出して「組織的に対応しなければならない」というやり方をとっている。つまり、組織的に対応しマスコミには報道させないのである。
実際、事故当日の現場には県警交通部長がじきじきに現場に来て、30人もの警察関係者が集まった。普通の交通事故処理ではありえない異例の対応が行われたのだ。
そこから「ブレーキ痕の捏造」というシナリオが始まったのだと見るのが妥当だろう。
KBS瀬戸内海放送のシリーズは、そうした背景も含めて鋭く問題をえぐっている。
 
 一方、報道側の弱点もあるだろう。今や、事件関係の報道はほとんどが「警察発表によると・・・」である。警察に嫌われると記者会見でネタをもらえない。「足でかく」などというのは昔の話なのか?創始や報道側の姿勢も問われる事件である。

 そうした中で、大きな問題は裁判のあり方。
「控訴」も「上告」も・・・三審制は、まったく機能しない。06年、最高裁に上告された2776件のうち、審理したのは3件だけで他はすべて「上告棄却」らしい。

 かつて警察の裏金問題を告発し、不当な扱いを受け国家賠償を闘った愛媛県警の仙波巡査長は「警察がその気になれば有罪にできる」仕組みになっていると告発する。

 ・・・とにかく「知ること」「知らせること」が先ず大事だと思う。そして何より、高地県警の地元で広く知られることが重要だ。片岡さんの収監1年4ヶ月の中で、忘れ去られてはならない。

 先日の報道発ドキュメンタリー宣言 「なぜ私が収監されるのか ~高知白バイ事故の真相~」がYOU TUBEでアップされたようなので、ここでもアップしておきます。(1本約7分X5本)

①なぜ私が刑務所に 高知白バイ事故の真相

②なぜ私が刑務所に 高知白バイ事故の真相

③なぜ私が刑務所に 高知白バイ衝突事故

④なぜ私が刑務所に 高知白バイ事故の真相


⑤なぜ私が刑務所に 高知白バイ事故の真相


 どうかたくさんの方が広めて欲しい。

追記:地元で知られて、監視される必要。
 この件で、嘘をついている人たちが、時間と共に忘れてしまってはいけないのです。
少なくない若い白バイ隊員や警官が、嘘に加担させられていることでしょう。もしかしたら、対向車線百数十メートルの白バイから、衝突した白バイのスピードを時速60キロと目測したと証言し、裁判に採用された白バイ隊員は、組織的に強制されて証言した疑いもある。・・・関わった少なくない警察官も救われなければならないと思うのです。

参考:大脇道場の関連エントリー

    片岡晴彦さんを支援する会HP


  お付き合いついでにシャッターはこころで切れ!で、紅葉狩りでもどうぞ。 
 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ


テーマ:TV - ジャンル:テレビ・ラジオ

2008.12.04 | | Comments(0) | Trackback(2) | ・社会評論Ⅰ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い