fc2ブログ
忍者解析

NO.802 麻生さん、名誉回復のために全国民にクリスマスプレゼントを!

 支持率軒並み20%台、麻生総理の心中やいかに?

内閣支持率23.9%、異例の急落 TBS 12/8
麻生内閣の支持率半減21%…読売世論調査 読売新聞 12/7
毎日世論調査:内閣支持21%に激減
「首相に」 も小沢氏 毎日新聞 12/7
内閣支持率25%に急落 党首力で小沢氏が逆転 共同通信 12/7
【FNN合同世論調査】 内閣支持率急落、27・5%
「首相にふさわしい」 も小沢氏に軍配 産経新聞 12/1
内閣支持率31%に急落 日経世論調査 日経新聞 11/30
内閣支持22%、「首相適任」 小沢氏逆転 朝日世論調査 朝日新聞 12/7

麻生支持率

 朝日新聞社が6、7の両日実施した全国世論調査(電話)によると、麻生内閣の支持率は22%で、前回調査(11月8、9日)の37%から急落した。麻生首相と民主党の小沢代表のどちらが首相にふさわしいかの質問でも、麻生氏を挙げる人は30%(前回49%)に大きく下がり、小沢氏の35%(同23%)が初めて上回った。「選挙の顔」としての首相の優位性は完全に失われ、発足2カ月余りですでに政権末期の様相だ。

 内閣支持率は、福田内閣末期とほぼ同じ水準にまで一気に下がった。不支持率は64%(前回41%)。その理由では「政策の面」が63%に達する。自民支持層でも内閣を支持する人は54%(同72%)にとどまり、「麻生離れ」が進んだ。無党派層の支持も11%(同26%)に下がった。

 麻生首相に「実行力がある」とする人は21%で、「そうは思わない」の68%が圧倒した。発足当初は「実行力がある」が54%、「そうは思わない」が28%だった。

夕日

麻生内閣の支持率20%台前半に、政府・与党は大きな衝撃を受けている。
 「厳しいな」(自民党 笹川 堯 総務会長)
 「不適切な発言等がその原因になっているかと思う。大変に厳しい数字だと思う」(公明党 斉藤鉄夫 環境相)
 「謙虚に受け止めたい。麻生内閣の政策を進め、具体的な結果を導き出すことにより、国民の支持、理解を深めたい」(河村建夫 官房長官)
 自民党内からは、「麻生総理があまりにも常識に欠ける発言を繰り返したからだ」と、支持率低下は麻生総理の資質が原因とする見方が出ているほか、「すぐに選挙をすべきだった。総理を代えないと選挙は戦えない」などといった声があがっている。


 更に、以前の調査では、「解散・総選挙より景気対策」が多かったがが、麻生内閣の景気対策の愚策・迷走ぶりを前に、多くの国民は「もう解散・総選挙しかない」と考え出してきている。

 自民党内では、麻生離れが進んでいる。
 「 自民党の国会議員の7~8割は麻生政権で選挙をやって与党でいられるか疑問を持っている。麻生政権は政治的にも経済的にも崖っぷちにたっている」(石原伸晃幹事長代理)

 「経済界では政界再編が望ましいと思っている割合が大きい。政界でも段々増えている」政界再編に動くかどうかは、「選挙が終わったその瞬間に判断する」、「経済危機を突破するために冒頭解散を先送りにしたのだから、2009年度当初予算と関連法案の成立までは解散すべきじゃないし、出来ない」(中川元幹事長)

 「他人の弱みに付け込んで足を引っ張るのは、まともな人のやることではない。こう言う人は自民党からどんどん逃げ出してもらいたい」(町村前官房長官)

・・・ドロドロだ。
「首相が『自分は辞めるし衆院も解散するから法案を通してくれ』と言えば、野党との話し合いが成立するかもしれない。そうなればその直後に総選挙が行われると言うことになる。」「地方議員や首長を含め『麻生さんでは戦えない』と言う声が大きくなれば、首相も考えざるを得ない・・・それでも自民党は厳しい」・・・ある自民党幹部の発言らしい。

・・・ほんとに崖っぷち。
でも、3人続けて投げ出すわけにも行かないだろう。
こんな時総理はなにを考えているんだろうなと思ってしまう。
ホテルのバーで黄昏ているんだろうか?円形脱毛でもなるんじゃ無いだろうか?鬱にでもなるんじゃ無いだろうか・・・?まさか、首つったりはしないだろうな・・・。

助け舟でも出してやらなきゃ。かくなるうえはウルトラCしかないだろう。
即ち、全国民が望むクリスマスプレゼントで、名誉挽回だ。
麻生さん、「クリスマス解散」を断行したらどう?
そうすれば少しは認められるだろうに、・・・これではあまりにも可愛そうだ。
・・・ま、並の神経じゃないから、俺が心配してやらなくてもいいか・・・。


  お付き合いついでにシャッターはこころで切れ!で、紅葉狩りでもどうぞ。 
 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2008.12.08 | | Comments(1) | Trackback(3) | ・麻生政権

NO.801 知的障害者の犯罪と孤独・・・千葉・東金の女児遺棄事件を考える。

 昨日のテレビで容疑者の顔が最初に映った時に、すぐに「これは明らかに知的障害者」と思ったが、続報で、やはり・・・であった。

落ち葉4

21歳無職男を逮捕 千葉・東金の女児遺棄、容疑認める

千葉県東金市東上宿の路上で9月、同市田間の看護師成田多恵子さん(38)の次女で保育園児の幸満(ゆきまろ)ちゃん(当時5)が遺体で見つかった事件で、東金署捜査本部は、死体遺棄容疑で事情を聴いていた遺体発見現場近くに住む無職A容疑者(21)を6日午後、同容疑で逮捕した。A容疑者は「女の子を抱きかかえて自室から外に出て、遺体を捨てた」と容疑を認める供述をしているという。
・・・捜査本部によると、A容疑者は01年に軽度の知的発達遅滞の診断を受けていたが、通常の社会生活を送っており、捜査本部は刑事責任能力はあるとみている。(容疑者名は引用者が匿名にした)



 なんとも痛ましい事件だ。女の子や、ご遺族の無念は計り知れない。
もとより誰であれどういう事情であれ、このような犯罪が許されるのものではない。その上で、幾つかの問題を考えてみたい。

 これから容疑者についてのいろいろな情報とともに、何があったかは次第に明らかにされるだろう。
予断は禁物だが、どうしても考えなければならないことがある。
容疑者は、女性に異常な興味があったとか、異常性癖のような報道もある。もし、そういう傾向があったとしても、そういう性癖に事件の本質的な原因を求めるべきではないと思う。
そしてまた、容疑者は軽度ではあるが知的障害者だ。知的障害者一般への偏見が、助長されることを危惧する。

 秋葉原の事件でも、そうであったと思うが、事件の奥には「孤独」の問題が深く横たわっていると思う。容疑者は、養護学校を出て3年ほど会社勤めをしていたと言うが、ある日突然出勤しなくなったそうだ。なにが直接的な原因かはわからないが、自分で解決できない問題を背負い込んでしまったのではないだろうか。

 現代の若者の「生きづらさ」について研究をしている社会哲学者・中西新太郎さんは、生きる困難が一人ひとりの内面に封じ込められていると言う。

 90年代中ごろから(氏は、1995年が時代の大きな転換点だと言うが)増大した困難は、「困難の徹底した私秘化」「内面への封じ込め」によって、社会に気づかれなかったと分析する。

 それは即ち、困難に置かれた人たちが、ギリギリまで「自分の問題」として解決しようとしたためだと。その背後には構造改革と結びついた「自己責任」というイデオロギーもあるが、それだけではなく、現代の日本の文化の中で、困難を自分以外の他者と共に解決するかたちが崩されていることが大きいと。

 中西氏は、そこに至る変化を消費文化にひそむ「抑圧的関係」に見ようとするのだが・・・。
つまり、子どもの消費文化は「固体化」にすすむ。一人ひとりが楽しむものを別々に手に入れ、ばらばらに楽しむ現象が90年代から急速に広がる。象徴的なケータイは何人かで楽しむのではなく個々別々に楽しみを消費する・・・そのなかで文化の中にあった「共同」の要素がなくなると言うのである。

 つまり、青少年は、あらかじめ個々別々の世界の中で生きており、他者と共同の世界を持たず、それをどう作るかを知らない、というのである。
話が広がりすぎたが、「孤独」の問題を考える時に示唆に富んだ問題提起だ。
参考:『若者たちに何が起こっているのか』 花伝社 
    中西新太郎 著(横浜市立大学国際文化学部教授)

 さて、事件の容疑者は軽度の知的障害者である。
「孤独」への条件は普通の若者よりもはるかに揃っている。たとえばこの記事(陶友通信NO.114)で障害のある仲間たちにとっては、余暇と呼ばれる自由時間さえにいかに不自由で孤独なものかについて書きましたが、この罪を犯した青年も例外ではなかったろうと思う。

 例えば、性の問題についても、昔は「若者宿」など(そこまでは無いにしても。思春期の少年達の縦の集団関係があった)で、あるいはからかわれたりしながらも、性の悩みや話題が共有され、それぞれに受け容れられ学習して解決されていた。しかし、性は久しく商品化され、独りで抱え込み、あるいは暗い扉の中で独りで向き合わざるをえないものとなってきている。学べるのは歪められた「消費される性」の世界しかない。そうしたなかで自己の責任で処理・解決しなければならないものとなっているとすれば、・・・この事件に限らず、昨今の「性癖」による事件は、個人の問題だけで事の本質を見るべきでは無いことを教えているだろう。

 事件が冷静に、深く掘り下げられることを期待したい。
この事件が、知的障害者への言われなき差別を助長するように扱われるべきでないことを、特に求めて注視したい。

 また取調べに当たっては、一つの事実の聞き出し方一つとっても、知的障害に配慮した取調べが求められる。

追記(09・9・15):弁護団が無罪を主張する方針です。関連する記事をリンクしておきます。

 ■NO.838 知的障害者と冤罪。(加筆再掲)
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-842.html

 ■NO.801 知的障害者の犯罪と孤独・・・千葉・東金の女児遺棄事件を考える。
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-805.html

 ■NO.804 適正な取調べと報道を!・・・千葉・東金の女児遺棄事件を考える。 ・・・その(2)
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-809.html

 ■NO.810 適正な取調べと報道を!・・・千葉・東金の女児遺棄事件を考える。 ・・・その(3)
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-814.html

 ■NO.811 重ねて、適正な取調べと報道を。
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-818.html

 ■NO.837 取調べの可視化を!
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-841.html

 ■NO.1365 知的障害者と冤罪 (その2)・・・ 東金女児殺害事件 弁護団が無罪主張へ
        http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1400.html


  お付き合いついでにシャッターはこころで切れ!で、紅葉狩りでもどうぞ。 
 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2008.12.08 | | Comments(7) | Trackback(5) | ・障害者と「犯罪」

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い