fc2ブログ
忍者解析

NO.816 非常時の開店休業、やる気あるのかよ!/総理、消費税3年後増税強調。

 自民、公明の与党は12日の衆院本会議で、新テロ特措法延長案と新金融機能強化法案の再議決・成立を強行しした。なんとも気の抜けた国会である。やる気あるのかよ!

つた5


終盤国会 非常時に開店休業か 信濃毎日 社説 12/13

 給油を延長する新テロ対策特別措置法案の審議そのものが、緊張感を欠いたものだった。解散・総選挙の思惑にもまれて、踏み込んだ審議は行われていない。

 外交・安全保障政策の行方が懸かっている。本来なら論議百出になるはずの法案である。

 給油活動の1年間延長を決めた昨年の臨時国会では、福田康夫首相(当時)は会期を2度延長。衆院の3分の2以上の賛成による再可決という非常手段を57年ぶりに使って法案を通している。

 それが今回は、ごくあっさりした審議で衆院を通過、参院に送られた。民主党が麻生太郎首相を衆院解散・総選挙に追い込むことを最優先して審議に臨んだためだ。薄味な今国会の審議を象徴する経過だった。

ただし、緊張感を欠く国会になった主な原因は民主党ではなく、麻生首相にあると言わねばならない。民主党の攻撃で衆院解散を余儀なくされる事態を避けるために、第二次補正予算案の提出を年明けの通常国会に先送りしたのが大きい。「政局より政策」「解散・総選挙より景気対策」との言葉はごまかしだったのか、と言われても仕方ない。

 支持率急落による政権基盤の揺らぎを食い止めるのに精いっぱいで、政策にまで手が回らなかったのが正直なところだろう。首相がきのう発表した景気対策も、財源の裏付けが甘く、効果のほどは心もとない。



与党が来年度税制「改正」大綱を発表した。
大企業応援だけ、亡国の政策だ。各紙が批判のオンパレード。

   緊急経済対策 泥縄式では生活は好転しない 毎日新聞 社説 12/13
   景気も改革も力不足の与党税制大綱 日経新聞 社説 12/13
   与党税制大綱 財源も理念も見えない 北海道新聞 社説 12/13
   「派遣」 相次ぐ解雇 緊急経済対策も 「期待できず」 神戸新聞 12/13
   与党税制大綱 “ビジョンなき論議” だった 熊本日日新聞 社説 12/13
   雇用対策/かぎはスピードと実行力 神戸新聞 社説 12/13

 消費税増税を含む税制「抜本改革」を10年代半ばまでに実施することを明記。法人税課税の実効税率の引き下げが先行する内容だ。つまり、大企業・大資産家減税の拡充を先行させ、その穴埋めを将来の消費税増税でまかなう考えだ。

 ・海外子会社の利益非課税化は、世界的に事業を展開する輸出型大企業を助けるもの。
 ・一部富裕層に巨額の減税効果をもたらしている証券優遇税制については、11年まで期限を3年間 延長するという。
 ・省エネ設備投資減税では、太陽光発電装置などを導入した企業の税額を軽減します。

景気悪化のもとで、税制面からも暮らしを支えることが求められてい中、大綱はこれに逆行し、大企業・大資産家優遇のツケを庶民にまわし、消費をいっそう冷え込ませる内容だ。

 消費税増税については麻生総理が「時期を明言する」ように求めていたが「10年代半ば」と、明言を避け、「抵抗」を見せている。

 しかし、総理は記者会見で、三年後に消費税増税を実施するという「立場はまったく変わっていない」と改めて明言した。

 米国発の金融危機で景気が悪化するもと、記者会見で消費税増税を重ねて強調する異常。個人消費を冷やすだけだ。イギリスを始めがヨーロッパが消費税減税に動いているなか、世界の流れにも逆行と言わなければならない。

 冬の寒風に政治の寒風・・・背筋が寒くなってくる。

 
  お付き合いついでにシャッターはこころで切れ!で、紅葉狩りでもどうぞ。  
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。人気ブログランキングがやっと70位台に突入。ありがとう。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2008.12.13 | | Comments(2) | Trackback(4) | ・2008総選挙

NO.815 たたかうしかない。

 厚生労働省の調査でも3万人を超える派遣、期間工の首切りが予定されていると言う。実際はそんな数ではすまないだろう。

 いすゞ自動車は契約途中の期間・派遣労働者を12月末に1500人全員切るという。
労働組合ができた。全日本金属情報機器(NMIU)労働組合。企業内組合が、労働者を守らない弱点を乗り越え、産業別労働組合が手をつなぐ。

日曜版

 「11月17日、突然の解雇通告でした。会社は、私たちを人間として扱っていない。黙っていたら泣き寝入りです。労組を立ち上げて闘うしかないと思った」・・・労組の委員長になった松本浩利さん(46)は言う。「会社の寮も追い出され、寒空に住む場所を失う仲間が大勢います。私自身、失業でアパートの家賃を払えなくなったらホームレスになるしかありません。命がかかったたたかいなんです。」

 05年から、細切れの契約で不安を抱えながら働いてきた。
「今の仕事を続けたい。正社員に負けないぐらい仕事には自信があります」
「エンジンは、部品ひとつでも間違うと動かない。非正規の仲間は何百種類もの部品を頭の中に入れて組立作業をしています。みんな会社に貢献してきた人たちなんです。それを簡単に切り捨てるなんて許せますか」(以上、赤旗日曜版より)


 記事に接して、自分を振り返る。
20代の後半から障害者作業所運動に転身した40才ごろまで、労働組合つくりに奔走した。
当時福祉職場には労働組合はなかった。愛と奉仕の精神で働くのが福祉の「従事者」とされていた。
家父長的な小規模経営の中で、園長や理事長ににらまれただけで首を切られ泣き寝入りするのはざらだった。
 知的障害を持つ仲間たちと関わる日々。
自らの権利に無自覚な人間が、どうしてモノさえ言えない仲間たちの権利を守ることができようか・・・。労働者が大切にされない福祉職場で、お年寄りや、子どもたちや障害をもつ人たちの権利が守れるはずがない。

 若さと正義感で、当時の日本社会事業従事者組合(日社労組=福祉保育労の前身)に入った。全国でもほんの数千人の産業別労働組合だった。県下で友人と2人で始めた。組合のくの字も知らずに。それから仲間作りに走り回った。自分のアパートに一本の電話を引いた。ここが連絡先だった。
 
 まもなくどうにか組織ができ、小さな県支部の委員長を引き受けた。解雇の相談が入る。仕事がひけるとバイクで、1時間も高速を走りオルグに入る。夜中を過ぎてアパートに帰り、次の日も仕事が終わるとまた飛んだ。
初めての団交。やせても枯れても委員長だと下っ腹に力を入れた。
地域の労働者に共闘組織を作ってもらい、自転車操業で学習しながらの活動だった。電話代も交通費もすべてわずかな給料をつぎ込むしかなかった。

 福祉職場の労働組合は、当時は、すべて争議から始まった。賃上げどころか、いじめられたときの駆け込み寺だった。それだけ無権利で前近代的な遅れた職場だった。組合員が増えると言うことは関わる争議が増えることであった。
 大変ではあったが、きついとかいやだと思ったことはない。よくも、経験もないのにやれたと思う。学べる先輩たちのたたかいの足跡があったことは当然だが、・・・そこには、生身の生きた人間がいたからだと思う。仕事を愛し、一生懸命働く仲間達を見て励まされた。仲間達と共に苦労しながら心を通わせ、労働者として人間として成長し合える充実感があった。真っ直ぐに生きようとする多くの労働者に出会い、自分を育ててもらった。

一口に3万人とか、1400人とか言う。
そこには顔も違い、思いも違いそれぞれに自分を生きようとする、生身の一人ひとりの人間がいる。
日曜版の記事のタイトルは、「寒空にホームレス たたかうしかない」

 起ち上がった仲間たちに、心から激励と連帯の拍手を送りたい。 
儲け第一主義の大企業の身勝手に、かけがえのない一人ひとりの人生が、未来ともども切り捨てられてなるものか!人間はな、人間とはな、人間とは何物かを見せ付けてやらねばならない!

 たたかいが、燎原の火のように広がり、人間の尊厳を守る連帯が広がることを願い、自分の足場をしっかり守りながらたたかいたいと思う、今日このごろだ。



 月4夕べの月。

昨夜は、蕎麦打ち忘年会。
いや、私は場所を提供し、蕎麦打ちを教えて、皆さんで楽しんでもらう役。
10名ほどで、美味しい、楽しい・・・囲炉裏を囲んで、喜んでくれた。

人が飲む横で、じっと我慢の苦痛に耐えておもてなし。
11時過ぎに、「お疲れ様。どうぞよいお年を」の挨拶。帰宅はとうに午前様。

今日は、私たち陶友の忘年会だ。
仲間たち、親御さんたち、応援団の皆さんと職員。
15時からエンドレス・・・、延べ80名ぐらいになりそうだ。
飲むぞ! 今日は。



  お付き合いついでにシャッターはこころで切れ!で、紅葉狩りでもどうぞ。  
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。人気ブログランキングがやっと70位台に突入。ありがとう。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

2008.12.13 | | Comments(3) | Trackback(4) | ・雇用と労働問題Ⅱ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い