FC2ブログ
忍者解析

NO.1324 風をよく見ると・・・。

 台風シーズンを前に、圧倒的な風が吹いている。
マスコミの世論調査結果が示す民主党圧勝の予想を見ると、風はあたかも民主党に吹きこんでいるようです。


        気配2798


 しかし、よく見ると以下の指摘が重要だと思います。

09総選挙・終盤へ―民主党へと風は吹くが(朝日社説)

 ・・・だが、民主党の背中を強力に押しているかに見える民意の風も、そう単純ではない。政権交代で日本の政治はどうなるか。「よい方向に向かう」と思う人は24%に過ぎず、「変わらない」と思う人の56%を大きく下回った。

 民主党には「不安」がある。それでも自民党への「不信」があまりに大きすぎるから、今回は民主党へ――。つまり有権者の多くは、手放しで政権交代に期待しているわけではないということだろう。
 民主党が深刻に受け止めるべきは、看板政策に対する有権者の冷ややかな目だ。子ども手当は55%、高速道路の無料化は67%が「評価しない」と答えた。これらの公約の財源を民主党が本当に賄えるのか。「不安を感じる」という人は83%にも達した。・・・(以上、部分引用)


 吹いている風は、「自公政権ノー」の風であり、決して積極的な民主党への風ではないようだということ。
自公では絶対に駄目だが、民主にも不安がある・・・。

 「子ども手当て」と「高速道路無料化」は、民主党のいわば目玉政策である。この目玉さえ、評価されていないのが実際です。

 例えば、「子ども手当て」。
子育て支援への給付は当然だが、民主党の「子ども手当て」は、国民との増税と抱き合わせになっており、ーーー国民みんなで子育てを」といいいながら、子どもがいない、できない所帯へのペナルティーのようなーーー、理解が得られないのです。

 また、「高速道路無料化」は、「国の税金の使い方の優先順位としてどうだろうか。」、「地球環境との関係で適切だろうか」という疑問がある。
 高速道路無料化には1.3兆円が必要だとされているが、それだけあれば、すぐにでも、就学前の子どもと歳以上のお年寄りの医療費を、国の制度として窓口無料にすることができ、高速の無料化よりも、福祉優先に使うべきではないでしょうか。

 こうした政策には問題点を正す立場の「建設的な野党」が必要です。


 そのほかにも、絶対に許すべきではないと思う政策。
日本の米の生産を80%削減に追い込み、食糧自給率を12%に落としこめてしまうといわれている
日米FTAの「交渉促進」、国会議席を民主、自民で95%を占め、消費税増税反対や憲法改悪反対の多数の民意をしめだす、衆院の比例定数80削減はどうしても阻止しなければならない。

 更には、今すぐとはいっていないが、憲法改悪問題や消費税増税にしても、民主党はこれを阻止する立場にはなく、むしろそのうち実施する立場です。


 有権者は、あの郵政選挙のときのような風に、また違った意味で翻弄されてはいないでしょうか。
つまり、「二大政党による『政権選択選挙』」というように・・・。

 ただいま、史上空前の「自公政権ノー」の暴風が吹き荒れています。
その風は、民主党上空に差し掛かったところです。
 自公屋敷の窓が破れ、壁がはがれ、瓦も吹き飛ばされ、とても住める状況ではありません。
しかし、今のところ、その大黒柱や構造材はしっかりしたままです。
「財界・大企業中心」、「日米軍事同盟中心」の二本柱がしっかりしていれば、台風一過に再建も可能な状況です・・・。

 この風が、自公屋敷を壊滅させるためには、まさにこの諸悪の根源の二本の柱、「財界・大企業中心」、「日米軍事同盟中心」にこそ壊滅的なダメージを与えなければなりません。
 
 この風の勢いを、「財界・大企業中心」、「日米軍事同盟中心」の根本的転換を呼びかける「比例は共産党」まで、吹きぬかせきらなければなりません。
これこそが、自公政権終焉の確かな始まりではないでしょうか。
 


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     
スポンサーサイト



テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

2009.08.24 | | Comments(2) | Trackback(3) | ・2009総選挙Ⅲ

NO.1323 「建設的野党」の必要性

 処暑も過ぎ、風がかすかに爽やかになった。
昨日は、義父の49日法要と納骨の儀。手作りの骨壷が喜ばれ何よりであった。。

         気配2796

 さて、昨日のテレ朝「サンデープロジェクト」で、次のようなひとコマがあった。

話題が非核三原則に移り、田原総一郎が「日米核密約はあるのか」と麻生総理に尋ねた。総理は「ないと思う」とこれまでの立場を繰り返した。

 共産党の志位委員長は、密約文書のコピーを示し、米軍が核兵器を積んだまま日本に航空機・艦船で飛来・立ち寄りをする場合に事前協議の対象としないとした核密約を説明。1990年代の米核戦略転換後も、攻撃型原潜には、いつでも核兵器がつめる態勢になっているとのべ、「いまも続いている問題です」と指摘し、日米核密約の公開・廃棄を主張し、「(非核三原則の)『持ち込ませず』を文字通り実現し、『非核の日本』にする」ことを強く求めました。

 これを受け、田原氏が「オバマ大統領に核はもちこまないとOKさせるのか」と、民主党の鳩山由紀夫代表を質した。鳩山氏は「(政権をとれば)アメリカにいって事実を調査し、しかるべきタイミングで国民に説明する」と発言。アメリカと交渉する意思を問われ、「持ち込ませないよう、OKさせるまで頑張る。オバマ大統領を説得する」と立場を明らかにした。


 私は、いつも自分が中心みたいに振る舞い司会をする田原は好きではないが・・・。
 鳩山氏の言明を確認し歓迎するものである。
 
 民主党はつい最近までは、非核三原則については、「持ち込ませない」を棚上げして二原則でも良いような言い方をしてぶれていたところである。

小さな一場面ではあるが、ここに共産党の「是々非々で、建設的野党」の働き、役割を見ることができるのではないだろうか。

 民主党政権の下で、いい事はいいと賛成し、あやふやで頼りないことは正し、間違いにはきっぱりと反対する。

 
 


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

2009.08.24 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・2009総選挙Ⅲ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い