fc2ブログ
忍者解析

NO.1380 「認めて欲しい!」 心の叫び。

(歩み34)

 働くことを通じて仲間が変わる。
紙漉きの仕事をする中で、その変化を見せたタッチンの当時の様子を、陶友通信NO.40(98年3月号)より紹介します。

        彼岸花22854

 働く仲間・・・「上手いっちゃん、オレ」
 陶友が休みの日、「家にいたら退屈とて!」・・・という。
最近、「うまいっチャン。オレ」と、ちょぴりハイテンションではがき作りに精を出すのは、タッチン24歳。

 昨年5月ごろのこと。それまで感情の起伏が激しく、作業に集中できない。ひたすらしゃべり続け、イラつけば壁や柱を蹴って八つ当たりしていたタッチンに大きな転機が訪れた。

 彼はちょっとしたきっかけから、はがき作りの工程の花形である紙漉きの腕前を上げ、
「オレ、落ちついとったら、何しても出来るとて!」と、日を追うごとに腕を上げ自身をつけていった。自信とはすごいもので、紙漉き以外のどの工程でもこなせるようになった。
 「タッチン上手ね」
 「タッチンのはきれいよ」
と、紙漉き班のみんなから声がかかるようになった。
 彼がもっていた強いこだわりがいい方向に開花したようだ。そして、班の中でゆるぎない居場所を見出していったのである。

 人に認められることがなく、常に人と比べて自分を否定的に見ていたタッチンにとって、自分がした仕事を仲間や職員に認められるということは、大きな財産になったようだ。

 「一般社会でも通用するかも知れんけど、おれ、陶友で頑張る」と語る、近頃のタッチンであった。


 高校で孤立しいじめに合い、何とか卒業はしたものの、定職に就けず転々。失敗を重ね「ダメ」という烙印をおされつずけて、遂には、精神科へ・・・。
 「トイレに連れて行かれ殴られ・・・。廊下を歩きよると、いきなり女子がスリッパで叩くとよ。なんで?!」

 さまよった挙句、「福祉」を頼ってきたタッチン。
入所当初は、目を合わせることも出来ず、話もしなかった。

 数ヶ月して転機が訪れた、それはほんの小さなきっかけだった。
重い荷物をもてない女子職員が、タッチンに「そこにある荷物を運んで下さい」とたのんだ。返事もせず、それでも彼は、ひょいと持ち上げ運んだ。
 「ああ、やっぱりタッチンは男やね。力がある。ありがとう。」と職員が言ったその時である。
 タッチンは初めて、職員の顔を見て言った。
「そっ、そう!そういうことオレにを言って欲しいとよ!ちゃんとね!」と一言。

 一年目の若い女子職員は、その一言を聞き逃さなかった。「認めて欲しかったんやね。」

 痛いほどに、黙りこくってしまいたいほど、そして心が壊れるほどに、・・・自分の事を認めて欲しかったのだ。

 みんな、誰かの役に立つ存在でありたい、誰かに喜ばれる存在でありたいと思う。
働く存在とはその思いを表現する存在なのだと思う。

 親御さんたちからも、「明日も忙しいな、私の仕事は紙漉き」、「私がいないと紙漉きが始まらない」、「この頃は自信を持っているようで、いい顔をしています」と、仲間の、家でも見える変化が報告されるようになった。

  紙漉き工房の増築とその資金作りを成功させなくてはならない。(つづく)




 第16回 陶友祭 
 ・10月24日(土) 11:00~17:00
 ・10月25日(日) 11;00~16;00(その後、大懇親会)
 ・場所 工房陶友
      〒804-0064
      福岡市中央区地行1丁目15-18 工房陶友   周辺地図はこちら
            (お問い合わせ)℡:092-771-5517

   *仲間の作品展示即売
   *ステージ企画
   *飲食コーナー
   *子どもコーナー
   *ミニ・リサイクルバザーコーナー などなど。
 お誘いあわせて、是非お越しください。
 


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     
スポンサーサイト



テーマ:障害者作業所 - ジャンル:日記

2009.09.25 | | Comments(2) | Trackback(3) | ・陶友の歩みと出会いⅡ

NO.1379 反省無き者たち(1)

 鳩山総理の国連での活動に注目が注がれている。
こちらはちょっと目先を変えて、自民党に注目し「おさらい」をしておきたいと思う。

 自民党の総裁選が行われているのだが、その中身が「反省」のかけらもないというか、自民党らしいと言うべきか。

        彼岸花22857
        いよいよ、秋本番ですね。皆さん寝冷えなどしませんように・・・。
 
 国民の審判への反省なし
 総裁選には、元財務相の谷垣禎一氏と若手の河野太郎氏、西村康稔氏の3人が立候補している。
彼らに問われるのは総選挙での審判にどう向き合うかですが、まるで反省はなし。 

 谷垣氏は「みんなでやろうぜ。自民党再生」、河野氏は「自由民主党を抜本的に改革」、西村氏は「出直そう自民党」などがスローガンだ。総選挙大敗のショックはあっても、反省の中身はない。

 最大の問題は、財界の利益優先で国民の暮らしを破壊した、「構造改革」路線への態度。
谷垣氏はもともと小泉内閣で財務相を務め、「構造改革」路線の先頭に立った人物だが、「必要な構造改革はしないといけない」と、まったく反省がない。

 河野氏も、「構造改革をやり遂げることで自民党が本来めざすべき小さな政府や安定した社会保障が実現できる」、西村氏も「『官から民へ』のプラス面は大きなものがある」と、「構造改革」路線を評価している。


 そもそも自公政権が退場に追いやられたのは、長年にわたった大企業中心の政治が批判されたためだ。とりわけ「構造改革」路線は大企業のもうけを増やすだけで、国民の暮らしも中小企業も、農業もメチャクチャにした。「規制緩和」は、大企業のぼろ儲けは保障したが、国民にとっては使い捨て自由の「非正規」雇用の急増など、弱肉強食の経済をはびこらせた。「小さな政府」も、福祉を後退させ、「最低限度の生活」さえ困難にしている。

 今なお「構造改革」路線は間違っていないと言い張る自民党の総裁候補に、国民の暮らしとこの国の未来を語る資格などありようがない。

 メディアに訴え、国民の関心を引きながら総裁選を、自民浮揚の機会にとの目論見が外れ、「鳩山外遊などに注目が集まって・・・」と嘆いて見せる候補者たちだが、・・・いやいや、その反省のない姿をこれ以上さらしたら・・・、と同情してしまいそうだ。

 総裁選挙でも総選挙での自らの大敗の根本原因に向き合わないなら、この党は、いよいよ消えてもらうしかない。奴らに息を吹き返させるようでは、日本の未来は決して明るくはないと言わねばならないだろう。

 民主政治への前進には、自民党政治のゆがみを大本からただすこと、すなわち「構造改革」に象徴された財界・大企業優先政治を打ち破ることが、避けて通れない道となる。




「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2009.09.25 | | Comments(0) | Trackback(2) | ・政治一般Ⅱ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い