FC2ブログ
忍者解析

NO.102 友さんはマザコンではありません。・・・母の涙

3行日記・・・07.10.15

庵を建て、半一人暮らしをはじめて1年になる。今日は久しぶりにのんびり、何もしなかった。
夕方カンタ(柴犬8歳、我が家の長男)と散歩に出た。
日が落ちるのが早くなった。秋のこの空気感は、寂しさ。何で寂しく感じるんだろうなあ。




先日の囲炉裏塾で、私は「母の涙」について話した。
一人が「友さんはマザコン」と書いてあったが、この言葉は好きではない。
私の場合は、コンプレックスではなく、心の中に深く存在するということです。

私の母は76歳。
今も、原付を乗り回し元気だ。
口数の少ない人で、働き者で辛抱強い苦労人だ。

私は、父と母と家族と暮らし、言葉ではなくその存在によって育てられれた。と思っている。
私が、娘たちのことでイライラして、
「おかあちゃんは、子育て失敗したと思うことは無かった?」と聞くと、
「そんなことはない。私たちみたいな親から、こんないい子ども達が育って・・・」
と言うような人である。

母に怒られた記憶は、ほとんどない。

囲炉裏塾の時に話したことを、書いておこうと思う。
種子島の田舎での出来事である。

私が小学1年になりたての頃の話し。

農家は日が落ちて暗くなるまで働き、馬車で帰ってくる。
近所はみんな女の子で、彼女達は暗くなると、賄いの手伝いをする。
母親が野良仕事から帰る頃には、晩御飯ができているのである。

うちは、母が帰ってきてから炊事が始まる。
動機は明確には記憶してないが、母の大変さを思った。

ある日私は、自分で飯炊きをすることにした。
今のように、スイッチポンという風には行かない。
水汲みにいき、まきで火をおこしかまどで炊くのである。
水加減も火加減も分からないのに、とにかくやってしまった。

結果は見事に、食べるところが無いほどの焦げつき!
裏山に全て捨てて、お釜を洗いながら、
母は、「お前はバカな子じゃ。」と涙を流した。
そして「火事でも出したらいけないから、子どもは、足を洗って家に上がっときなさい。」
とだけ言った。

私は、無性に涙が出て止まらなかった。
失敗したのが悔しかったのか、よくは分からなかったが、
とにかく涙が出てきて仕方が無かった。
そのうち「お母ちゃんは喜んでくれてるんだ」という思いが沸いて来た。
その日のその後は、記憶に無い。

「お母ちゃんは喜んだ」という思いは、日に日に膨らんだ。
そして、ほとぼりが冷めた1週間後、再び挑戦することにした。
今度は隣の姉さんをコーチに迎えて、水加減火加減を教えてもらいながら。
成功した。

母が喜んで褒めてくれた記憶は、しかし無い。
それから毎日、夕方の飯炊きは私の役割となった。
中学に入り、部活で帰りが遅くなる日まで。

私が自分から、その役割を担うようになるには
母の涙」だけで十分だった。

自分が何かをすることで、誰かが喜んでくれる。

私のなかで「母の涙」は生き続け、人生を導いてくれている。

こういう仕事を選んだのも、こういう生き方を選んだのも、そこに出発があると思う。

人は出会い、関わりあい、そして誰かの心の中にに生きていく。
たぶん死んでも。


里の秋」でも歌うと、胸がキュンとなり、涙腺が緩むような、
そんな季節になってきた。


FC2 Blog Ranking




関連記事

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

2007.10.16 | | Comments(4) | Trackback(0) | ・自画像・自分史断片

コメント

マザコンでいいじゃないか

友さんは、胸キュンで怒りっぽくて、涙もろい…その上、マザコン?…ですか。それでいいじゃないですか。。。自分の親を信頼できることは、素晴らしいと思います。
私の場合は、結構複雑でした。子供が3人おりますが、少なくても信頼される親になろうと、一所懸命でした。。。さて、その結果はどうでしょう???

2007-10-16 火 17:15:10 | URL | simanto114 #.HUrAvmg [ 編集]

IMANTOさん。コメントありがとうございます。普通の親でしたが、唯一無二です。さて、自分が親として、娘たちにどう見られているかは、ぜひ聞きたいものです。精一杯生きていれば、大丈夫でしょう。どこそこの親と比べるでもなし、一組しかいないわけですから。
こうして私が母のことを書くのは、母に伝えたいからです。息子がそう思っていると言う事を。面と向かってはいえないですから・・・。

2007-10-16 火 22:00:22 | URL | 友さん #- [ 編集]

私の兄弟姉は自分も含めて7人です。 その中で自他共に認める母べったりは私です。 田舎の小さな町に買物に出かける時、くっついて行くのは私。 小学校の校庭や公園に布のスクリーンを張って三益愛子の母子物などの映画にくっついて行き、一緒に涙を流すのもヒロシでした。 学校から帰ると野良仕事をしている母親のところに行って学校であったことを話すのもヒロシだけ。 台所に行き、料理の真似事をする男の子でもありました。 その母は特に私を躾けることはなく、教えることもありませんでした。 勿論しかられたこともありません。 父親に怒られてぶん殴られた時、無条件にかばい、慰める母親でした。 不器用でこれといった特技はなかったのですが、ともかく陽気で何故か憎めない人でした。 その後自分のことを考えてみると、母親に限らず女性に甘えていないと生きていけない人間だとわかりました。 男にとって女性はいかに大切な存在か。 どのような女性であろうとも乱暴な態度をとる男、面白半分に扱う男は絶対に認めません。 人はこれをフェミニストとか言うかも知れませんが、そんな西洋語など糞食らえです。 マザコンなどと茶化すやつも許せん!  俺にとって、母ちゃんや妻をそんな安っぽい言葉で言われたくない。 

2007-10-17 水 21:46:00 | URL | ヒロシです #- [ 編集]

 ヒロシさん。なんだか同じ匂いがしますよ。
「その後自分のことを考えてみると、母親に限らず女性に甘えていないと生きていけない人間だとわかりました。」
そうだなあ。でも、ビミョウ。あと10年したら言えるかも。
「 男にとって女性はいかに大切な存在か。 どのような女性であろうとも乱暴な態度をとる男、面白半分に扱う男は絶対に認めません。」
これは、そうだそうだ! 
「人はこれをフェミニストとか言うかも知れませんが、そんな西洋語など糞食らえです。 マザコンなどと茶化すやつも許せん!  俺にとって、母ちゃんや妻をそんな安っぽい言葉で言われたくない。」
そこまではっきり言えるといいな。
でも、この娘さんの発言は、「親愛の情」と理解してます。

2007-10-18 木 00:50:32 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い