忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1129 「憲法9条は日本人にはもったいない」・・・伊勢崎賢治さん②(動画あり)

  伊勢崎賢治さんは、「我々は前文と9条をつなぐ努力をしないといけません。9条は道具です。外交の道具にも、自分たちを守る道具にもなります。現行憲法は9条を使って前文の理念を実行しなさいと言っている。」と言う。

        buru2009.jpg
        
 日本国憲法前文は次のように言う。 

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」のであり、自国の安全や国益のためなら武力に訴えるということはしないと。
 いままさに、「国益」のためにソマリア沖に自衛隊を武器使用も認めて派遣するなどはもってのほかで、「めちゃくちゃ違憲」だと。

 参考過去ログ:NO.1128 「憲法9条は日本人にはもったいない」・・・伊勢崎賢治さん①

 ソマリアへの自衛隊派兵については、以下を参照ください。
  参考:ソマリア沖への自衛隊派兵に反対する「大脇道場!」のエントリー集
     http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-category-82.html

 ところで、ブログ「壊れる前に…」さんが、「海賊はなぜ海賊になったのか」 と言う記事を書いています。

Somali pirates: Foreign fishing drove us to raids - ソマリアの刑務所に海賊たちを訪ねたマクラチー新聞社の記事。海賊たちはみんな痩せ細っていて、怖そうには見えない。こういう人たちを取り締まるために世界中から海軍の艦艇が集まってきているのは不思議な感じだ。

海賊はなぜ海賊になったのか。ソマリアの中央政府が崩壊して内戦状態となったため、沿岸を取り締まる者がいなくなった。そこに入ってきたのが外国の大型漁船である。記事では、フランス、スペイン、インドネシア、韓国の名前が挙げられている。政府がないから、領海もない。本来なら許可証がいるはずの場所で大手をふるって漁が行なわれた。トロール漁で魚が根こそぎ取って行かれた。そのために漁がなりたたなくなったソマリアの漁師たちが海賊になったのだ。

軍艦が解決になるのか。だれのどのような行為が取り締まられるべきなのか。(以上引用)

 私たちはソマリアがどこにあるかから始め、なぜ海賊が出回るようになったかを知らなければならない。
 紹介されている英文のサイトの中身は概略理解できるが、もっと詳しく訳すことができれば、もっと理解が深まるだろう。(どなたか英語に堪能な方、ちょちょっと訳していただくとありがたいですが・・・虫が良すぎますが・汗)

 また、「マスコミに載らない海外記事」さんよりTBいただいた「なぜフランスは、 ソマリア沖で実力行使に及んだのか?」と言う記事も大変参考になります。

・・・アメリカの船舶マースク・アラバマの乗っ取りと、ソマリ人海賊が、船長リチャード・フィリップスを人質にしたことへの対応として、武力を行使したオバマ政権のそれと、自分たちの政策を、同水準にすべく、フランス政府はこの事件を利用した。4月7日、アメリカ海軍の狙撃手が、フィリップスを拘束していた海賊三人を射殺した。

・・・ソマリ人海賊は、長さ12.5メートルのヨット、タニ号を、4月4日、アデン湾で乗っ取った。ヨットは、フランスの特殊部隊による強襲で、六日後に奪回されたが、これによる交戦で、二人のソマリ人海賊と、タニ号船長フローラン・ルマコンが死亡した。

・・・これまでのところ、ここ数年間活発化しているソマリ人海賊は、まだ誰も殺害していないが、フランス、アメリカ、およびオランダの部隊によって最近実行された“強引な”作戦の後では、それも変わる可能性が非常に高い。フランスの急襲は、今後、アフリカの角沖でつかまる人質たちの命を危険にさらすだけだろう。

・・・大半のマスコミは、そこから海賊が作戦を展開しているとされるソマリアの港、ハラデレやエイルを“海賊のねぐら”として描き外国の軍事介入可能性の道を開いた。実際、こうした港の、全て合わせた人口は32,000人で、海賊行為に関わっている連中はそのうちごく一部にすぎない。軍事力で問題を解決しようという試みは、さらなる大虐殺を招きかねない。

・・・ソマリア沿岸の住民にとって、大国の政策は、ひどい影響を与えてきた。外国企業は何トンもの有毒廃棄物をそこに投棄し、ヨーロッパとアジア諸国は、自国の領海では漁獲割り当てを削減し、環境擁護者のようなふりをしながら、ここの漁業資源を食い物にしてきた。

・・・ソマリア国民は、長期間、不安定と貧困状態の中で暮らしており、果てしのない帝国主義者の策謀、地方、あるいは部族民兵間紛争の犠牲者なのだ。過去十年間にわたり、イスラム教徒の勢力の力が強くなり、2006年、アメリカが奨励し、アメリカと同盟諸国の海軍が支援するエチオピアによる侵略をひき起こした。国際的なマスコミは、予想通り、この攻撃を “平和維持”作戦として描き出した。

・・・あらゆる大国が、こうして、ソマリア沖での人質の話題を、軍事・政治力を誇示する好機としてとらえている。各大国は、帝国主義諸国間の競合における名声を高めようとするあまり、ソマリ人であれヨーロッパ人であれ、民間人の運命に対する無関心さえ、はっきりと示している。(以上、つまんで紹介、全文はリンク先でお読みください)

 最後に、伊勢崎賢治さんが携わったシエラレオネでの「武装解除」の活動を動画で知りましたので紹介しておきます。あわせて参考になるでしょう。

『世界一受けたい授業』 伊勢崎賢治氏 2/2 (2008.11.15放送)


 こちらは、内戦実態。少年兵のこと。なんとも言いようがありません。
「少年兵はゲームのように銃を撃つ殺人兵器になる」という。
少年兵 戦場から子供を取り戻せ!~シエラレオネの場合~  前編


少年兵 戦場から子供を取り戻せ!~シエラレオネの場合~ 後編

 


  
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ ←こちら優先でポチッ。  ←できればこちらもポチッと。

関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2009.05.04 | | Comments(0) | Trackback(2) | ・9条・平和Ⅰ

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1153-d1eb310d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

憲法記念日2009

 「普通に暮らすこと」が年々難しくなるこの国。  弱者は、いつまで泣かされるのか?  憲法記念日集会  『生存権』切実  これまで...

2009.05.05 | 平和を希求する中年男PSILAのつぶやき

海賊退治という名の新たな植民地主義

 今回のエントリーは、当初は憲法記念日の報告を考えていました。5月3日の憲法記念日当日は、「9条の会」主催による講演会を聞いた後、夜にもNHKの特集番組を2つも立て続けに見て、正に「憲法三昧」の一日でしたから。  しかし、朝日新聞に掲載された伊勢崎賢治

2009.05.08 | アフガン・イラク・北朝鮮と日本

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。