忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1142 障害者自立支援法違憲裁判 福岡地裁 第2回口頭弁論報告(転載)

 障害者自立支援法違憲裁判の福岡地裁での第2回口頭弁論が行われました。
全国弁護団事務局 通信(第8号 2009年5月8日)より転載し紹介ます。
 障害福祉現場の私たちにとっては、しっかり学習すること自身が裁判への参加の第一歩です。

 障害者差別に対する、被告・国の呆れるほど陳腐な反論への弁護団事務局長の批判が紹介されています。
 「こんな反論って有りか?!」・・・率直に言って、国の反論には驚きます・・・!

        buru2152.jpg

第二次一斉提訴

 4月1日に障害を持つ原告28名による第二次全国一斉提訴が行なわれ、第一次原告29名と合わせて全国12箇所の地裁で57名が原告として障害者自立支援法違憲訴訟を行なっています(原告児童の親として損害賠償訴訟での原告である私を加えると58名)。

福岡地方裁判所 第2回期日  第二次一斉提訴原告山下さん登場

 本日午後1時30分 福岡地裁301号法廷で第2回口頭弁論が開かれました。

 第二次一斉提訴の原告である山下裕幸さんの事件も第一次の原告平島さんの事件と一緒に審理されることが決まり、山下さんの訴状が原告弁護団より陳述されました。

 次に原告側の意見陳述が実施されました。
 ① 原告山下裕幸さん
 ② 補佐人鶴我房子さん 
 ③ 原告代理人小山明輝弁護士
 ④ 同弁護士藤岡毅
 の順で行なわれました。

① 1980年生まれの原告の山下さんは、かつて高校での寮生活での思いがけない仕 打ちを原因として、引きこもりになった経験をきっかけに、現在通所している授産施設つくしの里に通うようになり、仕事を経験して生きがいを感じてきたこと、自立支援法がそんな自分から人間としての誇りを奪ってしまうことを力強く訴えました。

② 山下さんの通う授産施設つくしの里の施設長の鶴我房子さんは、つくしの里の生活で山下さんが成長してきた姿、つくしの里の立ち上げから実感してきたことを淡々と話され、この法律が真の自立を困難にするその本質を理解してもらうよう裁判官に訴えました。

③ 福岡弁護団の小山弁護士は、応益負担の矛盾を指摘し、原告山下さんが電動車いすを利用することで障がいを持たない人と同じように移動できることが「利益」なのかと問いかけ、また、被告国らが裁判所に提出した準備書面での主張はもノーマライゼーションの完全否定だと断じました。

④ 私は、この3月末日に厚労省が国会に上程した見直し法案の欺瞞に裁判官が惑わされることないよう注意を喚起する意見を述べました。

  裁判後の報告集会も第1回のときにも増して盛り上がりました。

 私は集会で、この裁判の意義として、「国の本音」が浮き彫りになる機能をコメントしました。

 このことは小山弁護士も法廷で指摘していましたが、国の主張には、障害者福祉の原理を完全否定するような「障害者自立支援法の本音」が出てくるのです。このこと自体がビッグニュースとして報じられてもおかしくないほどの問題です。


 被告が本日法廷で陳述した準備書面の内容のポイントの数点に次のものがあります。

 原告側の主張:
 「障害を持たない市民が働く場合に事業所利用料を払わないにも関わらず、障害を持つ市民の場合に働くことに事業所利用料が課せられるのは、障害者差別で、憲法第14条法の下の平等に反する。」

 被告国、自治体の反論の骨子:
 「障害者自立支援法とは、障害者を支援する法である以上、障害者と障害者でない者との差別や区別といったことが問題となる余地はおよそないのである。

 そうであれば,当該社会保障給付が行われるに当たって問題となる利用者負担についても、当該社会保障給付を受ける障害者の間での区別,差別を問題とするならばともかく, 当該社会保障給付を受ける「障害者」とおよそ当該社会保障給付を受ける余地のない「障害者でない者」との間の比較において, 当該利用者負担についてのみ取り上げて, 憲法14条の「平等」を問題とする余地はないというべきである。……したがって,憲法第14条に違反するかのようにいう原告らの前記主張は, 失当というほかない。」


 この被告国らの主張、裁判所に提出した公式見解(これは福岡地裁だけでなく、各地の裁判所に対して全く同じ主張が提出されています)は正しいでしょうか。

 そもそも、障害者福祉とは、ノーマライゼーションとは、障害を持つ人が障害のない人と同じよう差別されることなく平等に社会に参加できるような社会にすることを目的としているはずであって、まさに、障害を持つ人と持たない人との間での平等を目的としている制度です。

 国は、「障害者は障害者集団の中での差別がされないようにすればよいのだ、障害を持つ市民と持たない市民との平等を考える余地はない」という理念から障害者自立支援法を作ったのだというわけです。

国は普段言わない本音でも、裁判になるとこの法の本質を正直に説明してくれます!
障害者差別は障害者同士の問題であって、障害を持たない人には関係がない。ということです。

 以上の国の主張、障害者自立支援法を支える国の思想の根本的過ちについては、今後、各地の地方裁判所で、原告弁護団から徹底的に批判されます。
そのため、ここで触れるのはこの程度にしておきます。
今後の各地の裁判がほんとに楽しみです。   藤 岡 毅
    (以上、引用)



 なお、各地の様子は、各地の弁護団の報告と勝利をめざす会のホームページ http://www.normanet.ne.jp/~ictjd/suit/index.htmlでご覧下さい。

 福岡からは第3次提訴に、母親の立場からもう一人加わるそうです。
次回から、障害のある人たちにとって作業所がいかに大事なものであるか、その中での行き来と成長する姿を裁判官に知っていただくために、作業所の様子をDVDに収めて見てもらうそうです。

 障害者作業所の存在は広く知られるようになりましたが、その実際についてはあまりよくは知られていないでしょう・・・。威力を発揮して欲しいものです。




ソマリア沖への自衛隊派兵に反対!「海賊対処法案」阻止!キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1159.html 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

 

応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ ←こちら優先でポチッ。  ←できればこちらもポチッと。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2009.05.11 | | Comments(3) | Trackback(2) | ・障害者自立支援法Ⅰ

コメント

"ひきこもり"について

ひきもり問題に関心を持っています。
今年から、全国でひきもり地域支援センターの設置がはじまっていますが、残念ながら福岡市は、まだ具体的な検討にも入っていない様です。
今回の、大脇道場さまの記事とは逸れたコメントに恐縮ですが、ひきこもりや鬱について友さまのご見解がありましたら、後学の為にも教えてください。よろしくお願いします。

2009-05-11 月 23:40:55 | URL | 動く小倉城 #- [ 編集]

動く小倉城 さんへ。

こんにちわ。
> 今回の、大脇道場さまの記事とは逸れたコメントに恐縮ですが、ひきこもりや鬱について友さまのご見解がありましたら、後学の為にも教えてください。よろしくお願いします。

 私は、いわゆる「障害」に限らず、引きこもりや鬱にも少なからず関心をもっています。
それは共通して「生きづらさ」の問題だからです。そういう広い意味で「障害」です。

 今までいろいろなタイプの方の相談を受け、作業所を舞台に支援に取り組む試みもしましたが、ついで・・・みたいな取り組みであったことと、本人の意志以前に親の要望からであったことなどで、上手くいったケースはまれです。

 本人が先ずその入り口に立つことが必要です。
言い換えれば、周りが受容することで本人が自らを受け容れることからしか始まらないと思います。そういう受容する「居場所」が先ず必要でしょうね。

 専門的なことは分かりませんが、人間関係の基本は、ひきこもりであろうが鬱であろうが、普通の人たちと変わらないと思います。

 雑ぱくですが・・・、一言だけで失礼します。

2009-05-12 火 08:51:48 | URL | 友さん #- [ 編集]

ご返答ありがとうございます。
参考になりました。

2009-05-12 火 19:35:02 | URL | 動く小倉城 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1167-9189487a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冤罪の構図

1990年5月に足利市で父親がパチンコをやっている間に4歳の女の子が行方不明になり、翌日渡良瀬川の河川敷で死体となって発見された事件は、あわや迷宮入りかと思われた翌91年1月、DNA鑑定が決め手となって幼稚園パスの運転手菅家利和容疑者が逮捕されその夜全...

2009.05.11 | 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

障害者自立支援法訴訟の勝利をめざす会

まず、お知らせから。 派遣村マニュアルが下記URLからダウンロードできます。 東京 春の派遣村アクション 派遣村実行委員会パンフレット「あたたかい春を迎えるためのマニュアル」 http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/hakenmura/hakenmura.pamphlet09haru.html

2009.05.11 | 労働組合ってなにするところ?

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。