忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1150 「説明責任」 岡田克也?鳩山由紀夫?民主党の責任 岡田にダメ出し鈴木宗男

 民主党の代表選挙は鳩山由紀夫氏と岡田克也氏の一騎打ちのようだ。
 はっきりしておかなければならないことがひとつ。
どちらが代表になるにしても、西松問題に対する党としての責任は免れない。この問題について小沢氏は、「政治資金規正法に基づき適正に処理している」とするだけで、民主党もこれでよしとしているし、両候補ももちろん口をつぐんだままだ。

       buru2121.jpg

 私は、西松建設の献金疑惑に関する小沢一郎氏と民主党の説明責任問題について、次のように述べてきた。

国民世論が辞任に追い込む
 ・・・ところが、小沢氏は西松の違法献金について「企業献金という認識にたっていれば政党支部で受領すれば何の問題もない」とはぐらかし、「政治団体のお金がどのような形で集められたのか、せんさくすることはない」と、資金の出所をまったく明らかにしようとしなかった。こういう態度で疑惑にふたをし、国民の「説明責任を果たしていない」という批判を浴びることとなった。

 政治資金規正法がどうのこうのと言う前に、先ず、なぜ西松から10年以上の長期にわたって多額の金をもらう必要があったのか?そして、一体それを何にどのように使ったのか? という素直な疑問に答えない。更には、資金の出所については「相手は詮索しない」と言うが、企業による献金は見返りを求める賄賂性の高いのものであり、常識的に理解できない。当然知っていたのではないか。或いは、「ゼネコン企業からの献金は禁止する」とした公約を党首自身が破っている・・・等々についてはなんら説明されていないのである。

 小沢氏が民主党の代表を辞めるかどうかは、小沢氏と民主党が決めることで、とやかく言うつもりはない。しかし、この疑惑は「微罪」等と軽く済ませてはならない問題だ。

 政治資金規正法は政治家個人への企業献金を禁止している。政治家に政治資金の収支の届け出とその公開を義務付けているのは「政治活動が不断の監視と批判のもとに行われるようにするため」(政治資金規正法第一条)。違法な企業献金を長期にわたり受け取りながら、その事実を隠すうその届け出は制度自体の根幹を崩す「重罪」だ。

 そもそも、営利目的の企業が政治家に献金するのは、見返りを期待するからというのは常識だ。実際、小沢氏に絡む「西松」の献金をめぐっても、東北地方などでの公共事業とのかかわりが指摘されてきている。

 疑惑政治家は「真摯(しんし)な態度を持って疑惑を解明し、その責任を明らかにする」(衆院の政治倫理綱領)責任がある。小沢氏の態度に世論が納得しなかったのは当然だろう。



鈴木宗男氏の弁
 ところで、「説明責任」についてこういう見方もあるのか、という興味深い受け止め方がここにで語られている。鈴木宗男氏が、小沢氏を支持する立場から民主党の次の代表は誰かという話で、岡田ではだめだろうという下りでの発言である。(5分過ぎごろから)

 かいつまんで紹介しておくと・・・。

小沢代表は、「法律に基づいて処理している」といった。これで十分だ。そして「企業献金は廃止すると言った。これが最高の説明責任ですよ。

 甘えの構造で貰っていました。惰性で貰っていました。しかしとてつもない金額です。国民の皆さん申し訳ございません。・・・お詫びと反省をこめて、だから止めるといったんですよ。・・・岡田さんはこれをそっくり受け取り、「代表が言うように、即刻禁止します」と言うべきだった。岡田さんは優柔不断というか、5年をメドにとか、政治資金は悪じゃないとか、そんな議論じゃないんですよ。・・・それをそのままそっくり受け取っていれば岡田代表になっていたでしょう。

 小沢氏を支持する立場からは、こう言うふうに聞こえたということでしょうか。それだけではもちろん不十分だが、その言葉が小沢氏自身の口から聞こえれば世論も少しは変わっていたかもしれない。シャイだとか口下手ということではなく、本気じゃないと出ない言葉だろうが・・・。

そもそも説明できないもの
 さらに、企業献金がどういうものかについても、率直に本音も言っている。

 「企業献金というものは説明責任のつかないお金なんですよ。下心があって企業が献金したら贈収賄でつかまりますよ。イヤイヤ無私の気持ちでやりましたと言ったら、株主から背任で訴えられたらどうしますか・・・。どっちに転んでもこれはグレイなんですよ。説明責任がつかないものなんですよ」


 いずれにしても、この問題にふたをしたままでは、新しい代表体制でも乗り切れないだろう。
民主党に問われているのは、党ぐるみで小沢氏をかばい、疑惑に開き直ってきたという自浄努力のなさです。党として、みずから疑惑を解明するという責任は、小沢氏が辞めてなくなるものではないだろう。 辞任表明自体が、事件の責任をとったものではなく、総選挙に向けた党の態勢の立て直しを理由としたものだった。

 「政治不信を引き起こした事件の責任に目を向けず、ただ選挙戦術上の有利、不利で判断した辞任では理解を得られない」(「読売」)、「小沢氏の体質とともに問われたのは、小沢氏を辞めさせる自浄作用を失い、同氏の決断に委ねるしかなかった、民主党の組織としての底の浅さである」(「毎日」)・・・こうしたマスコミの指摘を世論操作と敵視するようでは、それこそ「真理教」でしょう。

 世論調査の結果は、依然として「比例は民主」が自民を上回っており、国民はチェンジを求めている。民主党が説明責任を果たすとともに、「企業団体献金即時禁止」を掲げ、この問題で自公政権に攻勢をかけるられるかどうか・・・。それとも、やっぱり・・・か。



ソマリア沖への自衛隊派兵に反対!「海賊対処法案」阻止!キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1159.html

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ ←こちら優先でポチッ。  ←できればこちらもポチッと。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2009.05.15 | | Comments(2) | Trackback(3) | ・政治と金の問題Ⅱ

コメント

ムネオ流身贔屓解釈?

>小沢氏を支持する立場からは、こう言うふうに
>聞こえたということでしょうか。

そうですね。ムネオ流身贔屓解釈?、ちょっと無理があるかと。
実際「法律に基づいて処理している」というのは、どう見ても「文句あるか?」なのでは。
(というか、そもそも、企業→個人、他人名義、では、金額関係なしでアウトですし。)

「申し訳ございません」にしても、「事件については何らやましいことはないが、党と支持者に心配かけて申し訳ない」という意味で言っているだけでしょう。
違法献金授受であるのに「秘書が違法行為に手を染めて申し訳ない」とは言っていない。
「公約違反して申し訳ない」とも言っていない。

>企業献金というものは説明責任のつかない
>お金なんですよ。

ここだけは、まあ当たっているでしょうね。「善意の浄財を詮索するのは失礼」とか「もらって何が悪い」とか言うのに比べれば、はるかにマシです。

政権交代真理教・小沢信者連中の言説はムネオよりも酷い。つくづく呆れます。
「悪徳ペンタゴン」って、小沢もその一角だろうに。

2009-05-15 金 19:24:27 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

latter_autumn さんへ。

こんばんわ。
コメントありがとうございます。
この件については、しつこく書いてますが、
この辺にしておこうかなと思うぐらいです。

しかし、情勢の変化に従いいろいろなものがその姿を露にしますが、
自由な言論だというブログ言論も、メディア批判どころではないなというシーンが目立つようになりました。
護憲とかリベラルを自認する諸氏のダブルスタンダードにトリプルスタンダード・・・!
はっきり言って、・・いや言いません。

latter_autumnさんが仰るとおり、ア○ばかりですわ。
ア、言ってませんでしたか(笑)

2009-05-15 金 22:55:36 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1175-73864a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忌野清志郎と放送禁止のロックンロールヒーロー

『9・11事件』の直後、ブッシュにひたすら追従する事しか芸のないアメリカ命のカルト宗教?であるアメリカ教信者である小泉純一郎が行った憲法無視の時限立法でのイラク派兵の直前の2002年に、リリースされた『ロックンロールヒーロー』 桑田啓祐は英語を日本語の

2009.05.15 | 逝きし世の面影

グッドウィル「データ装備費訴訟」和解へ

「グッドウィルデータ装備費訴訟」について、13日(水)に和解が成立しました! 【関連報道記事】 GW給与天引き訴訟、和解成立 日雇い派...

2009.05.15 | 派遣ユニオン ブログ

「説明責任」についての説明

「誰が民主党代表になったとしても (小沢一郎氏の民主党代表辞職に思ったこと)」の記事で、『小沢氏は説明責任を果たしていないという...

2009.05.16 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。