忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1267 「安心社会実現」?先ず自公政権の退場を!

 いよいよ今日衆院は解散された。自民党とその周辺では「与党ボケ解散」だとか、「しょうがない解散」「やりたくない解散」、或いは「がけっぷち解散」などといわれているそうだ。

        早朝2743

政権党の党派性 油断大敵
 しかし麻生総理はいつになく厳しい表情だった。
自民党もいざという時は政権党の党派性で、形だけでも結束を見せた。

21日午前、自民党が開いた両院議員懇談会で麻生太郎首相は、「私の発言や、ぶれたと言われる言葉が国民の方々に政治への不安、不信を与え、結果として自民党の支持率の低下につながった。深く反省をしている。」と詫びた。

 そして、「経済対策一本でこれまでやってきた私としては景気回復がたしかなものになるまでは総裁の職を投げ出すわけにはいかない。」として、「私の願いは一つ。ここにいる衆院選候補予定者は全員帰ってもらうことだ。我々は一致結束して戦う以外にない」とその並々ならぬ決意を述べた。
これは空元気ではない。自民党という政権政党の党派性だ。油断は禁物ということだ。

「安心社会実現選挙」?
 麻生総理によると、今度は「安心社会実現選挙」だそうだ。
「雇用、医療、年金、子育て。(国民は)多くの不安に囲まれている。子供に夢を若者に希望を、高齢者には安心を。雇用に不安のない社会、老後に安心できる社会を実現する。行き過ぎた市場原理主義からは決別する。」という。

 テレビを見ながら、自ら子どもの夢も若者の希望もお年寄りの安心も奪ってきて、よく言うよと思う。

 「国民の方々に政治への不安、不信を与え、結果として自民党の支持率の低下につながった」のは、麻生総理の「発言や、ぶれたと言われる言葉」などのせいではない。そこで身内に謝ったところで日本の政治が変わるものではない。

 歴代の自民党政治、分けてもこの間の新自由主義路線、構造改革路線こそが国民生活と経済をメチャクチャにしたのだ。

 人をモノのように使い捨てる不安定雇用を広げ、社会保障費の抑制で医療や介護、年金を危機的状態に落としいれ、庶民には巨額の負担を押し付けながら、一方で大企業や大資産家にがっぽり減税をしてきた・・・まさに異常な財界・大企業奉仕の政治こそが今日の貧困と格差社会、弱肉強食の社会を作って来たのであり、その責任は挙げて自公政権にこそあるといわねばならないだろう。

 米軍基地を強化し、自衛隊の海外派兵をすすめ、海外での武力行使に道を開く憲法改悪を狙う・・・日米軍事同盟にしがみつき、アメリカ追従の政治を進めてきたのも自公政権だ。

自公政権の退場を
 「安心社会実現」のためには、何よりも先ず、自公政権を退場させなければならないのである。
主権者・国民の1票1票の力で自公政権を終わらせることが、今度の選挙で先ず重要だ。

その際、ぶれたり、すり寄ったり腰砕けになったりする(多分政権に就くであろう)民主党を、国民の立場で監視し、ブレーキをかけ或いは協力し、間違った政治を許さず、真の政権交代に前進させるためには、第3極に日本共産党を大きくしておくことが決定的に重要だと思います。

 以下は解散・総選挙に望む日本共産党の基本的立場から抜粋です。


自公政治に代わる日本の進路の“選択”を問いかけてたたかう         

 いま一つ、私たちは、自公政権を終わらせた後に、それに代わってどのような新しい政治をつくるのか、21世紀の日本の「進むべき道」の“選択”を、広く国民に問いかけてたたかいます。

 現在の政党間の力関係からみれば、総選挙の結果、民主党中心の政権が成立する可能性が大きいことは事実です。それでは民主党は、政権についたとして、自公政権に代わるどのような新しい政治をつくるのか。「官僚支配の打破」はいっても、日本経済と日本外交でどのような改革をおこなうのかは、見えてきません。消費税増税への志向、憲法9条の改定、衆院比例定数削減などの国政の重要問題で、危険な方針を表明していることも、見過ごすことができない重大な事実です。

 日本共産党は、日本の政治を今日の深刻な行き詰まりから救い出し、国民が安心と希望のもてる新しい日本をつくるためには、異常な財界・大企業中心、「軍事同盟絶対」という古い枠組みから抜け出すことが不可欠だと考えます。この立場から、国民の切実な要求の実現と一体に、21世紀の日本の「進むべき道」として、つぎの二つの「旗印」を高く掲げ、総選挙にのぞみます。

 第一は、国民の生活と権利を守る「ルールある経済社会」を築く。そのために異常な財界・大企業中心の政治を転換することです。

 第二は、憲法9条を生かし、世界とアジアの平和に貢献する「自主・自立の平和外交」に転換する。そのために異常な「軍事同盟絶対」の政治から脱却することです。

 こうした新しい日本への展望を示す日本共産党が伸びることこそ、「国民が、自公政治に代わる新しい政治の中身を探求する新しい時代、新しい政治のプロセス」を、前に進める一番の力となると確信するものです。



 「比例は日本共産党へ」、ぜひ応援をよろしくお願いします。
 


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     


関連記事

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

2009.07.21 | | Comments(2) | Trackback(2) | ・2009総選挙Ⅱ

コメント

早く軍事同盟から抜け出したい

未だに「核の傘」に依存したい、日本に必要だと言って、ブッシュならぬオバマ大統領に懇願している。
オバマ大統領の政治姿勢や理念すら理解できない自民党はもう日本国民には「邪魔者」で世界の恥さらしです。
 極東アジアの不安定の要素にはこうした日本の排外主義や日米軍事同盟が存在しているでしょう。
 圧力をかければかけるほど、小国は硬直化して先鋭化していきます。南米やヨーロッパの多くの国々では非同盟が叫ばれ、アメリカのくびきかの脱却が実現しつつあるやに聞いております。
 それに引き替え、日本という国は自民党の排外主義により、自らの手を縛り自主性と民族の独立をないがしろにしています。軍事基地を与えた上に徹底的に貢ぎ、国民が貧困に喘いでいても、米軍に搾取されることをよしとして恥じない精神の堕落を見ることが出来ます。
 
 自民党の永久に治癒できない軍事依存症を選挙の審判にかけようではありませんか。極東の平和推進のために共産党の軍事同盟解消は明快です。

2009-07-22 水 10:50:27 | URL | くらっち #- [ 編集]

くらっちさんへ。

こんばんわ。
>  極東アジアの不安定の要素にはこうした日本の排外主義や日米軍事同盟が存在しているでしょう。

同感です。
けんか腰に仲良くと言ってもね・・・。

2009-07-22 水 20:03:27 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1300-7d4e9707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

植草秀一氏の『売国奴たちの末路』の実現へブログデモ賛同!!

weight:bold;”>植草秀一氏の実刑4か月の判決がいかに、権力の恣意的な結果も誰でもが知った、にもかかわらずに、権力側はの自公及び司法・検察はトンデモなな判決を出す。冤罪に加えて公民権の事実上の封鎖、これが何を示すのかは明らかだ。権力側の自公の悪事の数々、

2009.07.22 | torayosa0102の日記

衆議院解散

 与党議員の諸君、4年間の「落とし前」はきっちり払ってもらおうか!  衆議院:本会議で解散 8月30日投開票へ  「郵政解散」以来...

2009.07.23 | 平和を希求する中年男PSILAのつぶやき

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。