忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1270 小選挙区制・二大政党制による「政治の劣化」と「選挙による独裁」。

NPJ お薦め ブログ 推薦御礼 

 小選挙区制は、多様な民意を人為的に二大政党に集約し、二大政党化をすすめる役割を果たす事について前に触れました。

  過去ログ:NO.1268 イメージ選挙と二大政党制
         http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1299.html

        日食2759
        昨日の部分日食(テレビから)

 小選挙区制の母国イギリスもそうだが、日本よりもましな小選挙区比例代表併用性を採っているドイツでもやはり政党の二大ブロック化は進んでいるそうだ。

 そこで、二大政党化が進めば政治はどうなるか、イギリスを例に考えてみたい。
二大政党の勝負は、どれだけ中間層を取り込むかにかかってくる。したがって、労働党は右寄りに、保守党は左寄りになってくる。もともとは違った政策基盤=支持層を持っていたはずの両者は政策的違いがだんだんなくなって来るのです。

 小選挙区では比較第一党が当選するので、多くの民意が切り捨てられます。イギリスでは、国民の過半数が反対だったイラク戦争に、保守党も労働党も賛成しました。

「選挙による独裁」
 イギリスには「選挙による独裁」という言葉があるそうです。二大政党制の下では、選挙で政権をとったら、野党や国民がいくら反対しても止められない、選挙で勝ったらなんでもできるという意味だそうです。

 日本でも小選挙区制が1994年に導入されて以来、曲折を経ながらも確実に二大政党制化が進んでいます。以来、政治は確実に劣化してきました。福祉国家を解体し新自由主義の方向に持っていく、教育基本法の改悪や、憲法改悪策動、自衛隊の海外派兵など、かつてよりはるかに悪くなってきています。

 そして今日、自民党も民主党も、その政策はどんどん似通ってきており、多くの国民が「違いがない」と見ています。

 総選挙を前に、自民も民主も国会議員定数、比例定数を削減し、小選挙区志向を強める方向を競い合っています。自民はその先の一院制までも・・・。
 比例定数削減の先にあるのは、完全小選挙区制であり、消費税増税であり、憲法改悪であり、民主主義破壊の暴挙といなければなりません。

 この件に関し、心あるブロガーが警鐘を鳴らしていますが、もっともっと大きな声にしていかなければなりません。

  ★きまぐれな日々
    民主党の悪いところ良いところ ─ 小選挙区制の偏重は最悪

  ★村野瀬玲奈の秘書課広報室
    「国会議員定数削減」をめざす鳩山由紀夫発言は評価できません

  ★Afternoon Cafe
    二大政党制への疑問~第三極の議席を確保しよう

 直接のテーマは違いますが、「政治の劣化」は「現実路線」として現れているという指摘です。
  ★花・髪切と思考の浮游空間
    また現実路線? 現状を肯定するための美名


 比例で多様な民意を反映し、衆参で二度審議をすることは、確かに効率は悪いかもしれないが、国のあり方や政策を多面的に慎重に審議し民主主義を更に豊かにするものです。

英、比例導入の声高まる
 こうした、小選挙区制による「政治の劣化」、「選挙による独裁」という民主主義破壊に対し、100年以上の小選挙区制の歴史があるイギリスで比例代表制度の導入を求める運動が起こっているそうです。

 いまや、欧州議会選挙は比例代表制で、スコットランドやウェールズ、ロンドン議会の選挙でも比例代表制が加味された制度が導入されているそうです。

  参照:2009年7月19日(日)「しんぶん赤旗」
     英、比例導入の声高まる  選挙制度改革求め集会

      2009年7月23日(木)「しんぶん赤旗」
     世論調査でも「比例」 英選挙制度 最高の34%が支持



「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
 
応援よろしくお願いします。 ランキングーポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     


英、比例導入の声高まる
選挙制度改革求め集会


 
100年以上の小選挙区制の歴史がある英国で比例代表制度の導入を求める声が強まっています。(ロンドン=小玉純一)


 選挙制度改革の国民投票実施を求める運動がロンドンで9日、始まりました。運動団体「改革のために投票」が呼び掛け、「すべての票が有効となる選挙制度」として比例代表制度の導入を求めています。

 来年6月までに実施される総選挙時に選挙制度に関する国民投票を政府に実施させることが目標。運動開始の集会には、活動家やジャーナリスト、音楽家ら約800人が集まりました。国会議員が住宅手当を私的に乱用するなど腐敗が大問題になったなかで、「国民の多くは自分たちを代表する政治家を持っていない」とし、「いま変化させるとき」と強調しています。

 有力紙インディペンデントは8日、アラン・ジョンソン内相の比例代表制導入を含む選挙制度改革を訴える論考を掲載しました。内相はすでに保健相当時の5月、タイムズ紙へ寄稿し、小選挙区制と比例代表制の併用制を主張。この併用制か現行の小選挙区制度かという選択の国民投票を総選挙投票日に実施することを提案しています。

 内相は手当乱用問題でブラウン首相が窮地に陥った際、次期労働党党首の有力候補と報じられた実力者です。今回改めて、労働党に選挙制度改革を実行するよう訴えた形です。

 現国会の二大政党、労働党や保守党の議員の多くは比例代表制度導入を支持していません。他方、世論は比例代表支持が優勢。現行制度支持25%に対し比例代表制支持が34%です(8日、インディペンデント紙)。

 9日の集会に参加した活動家は「影響力のある効果的運動が必要だ」と訴えています。

欧州議会や地方選では実施
 英国の総選挙は完全小選挙区制で実施。全国の得票率で第1党の政党が議席数で第2党となる事態が起きたり、第三の政党が2割の得票をえても議席はわずかということが問題になってきました。ジョンソン内相が今回主張する併用制は、ブレア政権下の1998年に「選挙制度に関する独立委員会(ジェンキンズ委員会)」が報告したもの。ブレア首相らが無視して報告は休眠状態となりました。ただその後、欧州議会選挙は比例代表制で、スコットランドやウェールズ、ロンドン議会の選挙では比例代表制が加味された制度で実施されています。


世論調査でも「比例」
英選挙制度 最高の34%が支持



 【ロンドン=小玉純一】英国民が最も支持する選挙制度は比例代表制―。英政権党・労働党に影響力をもつフェビアン協会が19日、政治改革についての世論調査結果を発表しました。

 選挙制度の質問項目は、小選挙区制(現行制度)、選択投票制、比例代表制の三つのうち「第一に支持する制度」を問うもの。回答者の34%が比例代表制を選び、小選挙区制と選択投票制を選んだ人はいずれも25%でした。結果を報じたガーディアン紙は「4人に1人しか小選挙区制の維持を望んでいない」と指摘しました。

 調査は1日から3日まで2001人の成人を対象に実施。調査では質問にあたり各制度を解説しています。

 比例代表制については「全国の得票数に従って政党の議席が決まる。中小規模の政党が議席を得やすいが、(英国の二大政党の)労働党や保守党が圧倒的に勝利するのは難しい」と説明しています。

 選択投票制は、選挙区から1人の議員を選出する制度。単純小選挙区制と異なり、有権者は候補者名に順位を付けて投票します。



関連記事

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

2009.07.23 | | Comments(4) | Trackback(5) | ・小選挙区制・国会議員定数削減問題Ⅰ

コメント

これが鳩山家の政治的DNA

古い記録を捜したら「ビックリ」仰天。現在の民主党鳩山さんの思考回路が、鳩山一郎とそっくり、1954年にタイムスリップしたかと目を疑いました。以下、「日本共産党の六十五年史」抜粋。

 1954年(昭和29年)12月造船疑獄を直接の契機として吉田内閣が倒壊し、これに変わって民主党の鳩山内閣が成立したが、この内閣の政策には、対米従属下に復活した日本独占資本の要求が強く反映した。(中略)
 
 アメリカ帝国主義の戦争計画により緊密に協力して米軍基地の拡張、六カ年計画による自衛隊の大増強など、日本の侵略基地と軍国主義復活の政策を強力に推し進めた。とくに、鳩山内閣が憲法改悪の政策を公然と掲げ、それに必要な国会の三分の二の議席を獲得すべく小選挙区制の実施を企てたことは、国民に対するもっとも重大な挑戦であった。(中略)
 
 財界とアメリカのつよい要請のもとに自由党と民主党による「保守合同」が成立し、自由民主党が結成された。これは単独で国会の絶対多数を確立することにより、反動政策推進の政治体制を固めようとするものであったが、同時に、政府と財界は、これを機会に自民、社会の「二大政党制」を強調し社会党の「健全化」と共産党の孤立化、民主勢力の分断の契機にしようとつとめた。(中略)
 
 鳩山内閣は、1956年(昭和56年)三月、小選挙区法案を国会に上程したが、これに反対する国会内外の闘争のたかまりとともに、共産党、社会党、労農党を含む統一行動も、国会内の共闘や共同演説会など形で成立し、ついに政府もその成立を断念するとこまで追い込まれた。(中略)ー引用終わりー

2009-07-23 木 15:56:34 | URL | くらっち #- [ 編集]

くらっち さんへ。

こんにちわ。 
>  鳩山内閣は、1956年(昭和56年)三月、小選挙区法案を国会に上程したが、これに反対する国会内外の闘争のたかまりとともに、共産党、社会党、労農党を含む統一行動も、国会内の共闘や共同演説会など形で成立し、ついに政府もその成立を断念するとこまで追い込まれた。

いわゆる「鳩マンダー」ですね。
1970年代初頭には田中角栄が、小選挙区制を導入しようとし(「角マンダー」)、広範な民主勢力が「3割の得票で7割の議席は許さない」と、「小選挙区制粉砕中央連絡会議」をつくり地方もこれに呼応して全国的な運動を作り、これを断念させた歴史がありますね。そのとき政党は社共を中心に当時の公明党までこの運動に加わったものですが・・・。

民主主義は後退し、政党も政治もいかに劣化して来たか・・・。

踏ん張りどころですね。

尚、鳩山代表はおじいさんのかつての、小選挙区制、改憲への熱意を引き継いでいますね。
自分で、「私には祖父のDNAが存している」といってます。

以下は、http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1281.htmlより引用。

 鳩山由紀夫代表は、その著書『新憲法試案』(2005年)の冒頭から、「祖父鳩山一郎」が「小選挙区制に変えようと試みた」のは「憲法を変えるために…極めて安定した与党を作らなければならなかったからである」とのべ、「私には祖父のDNAが存している」という。
 そして、「改憲のために小選挙区制を導入する」こと、それによって「二大政党制による統治システムをつくる」ことを目的に「試案」を書いたとあけすけに述べている。

 「衆議院において不完全ではあるが、小選挙区制を敷き、自民党に代わり得る責任政党づくりに努め、今一歩でその目的に到達するところに来ている。これはもう後戻りできない、してはならない道だ。」として、小選挙区制に執念を燃やすのが民主党の党首だ。

2009-07-23 木 17:21:48 | URL | 友さん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-07-23 木 23:48:04 | | # [ 編集]

カギコメさんへ。

こんばんわ。
> もっとも「禁止キーワードが含まれています」で検索したら、このFCブログでは管理人さんの設定がなくてもこうした不可解なことが時として起こっているようです。何等かのシステム上のトラブルなのでしょうか?

今度は届いています。
禁止ワードは、エロ系のものががいくつかですが・・・。
何かのトラブルでしょうね。
ご迷惑をおかけします。
今後ともよろしくお願いします。

2009-07-23 木 23:56:11 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1301-d3e7917c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嘉門達夫の ゆけ!ゆけ!川口浩!!

NASAが40年前に全世界に公表した人類最初の月着陸『アポロ11号』のビデオは、学術的な記録ではなく、当時の日本で放送されていた娯楽番組『川口浩探検隊』のパクり(パロディ)で不真面目極まりないもので有るが、40年も過ぎればご当人の川口浩さんも今では故人...

2009.07.23 | 逝きし世の面影

二大政党制への疑問~第三極の議席を確保しよう

「自民か民主かどちらかしかないんだから・・・」 これも「一度民主党にやらせてみたらいい」、と並んでマスコミでよく聞かれる言葉です。 ...

2009.07.23 | Afternoon Cafe

「嘘も1000回言うと本当になる」By自民党

  野党の審議拒否で船舶検査法案成立が出来なかった との記事がWEB上でも残り、又自民党も言い立てている。 はたして本当にそうなのだろうか(笑  日曜日(19日)の朝、討論番組モドキをみていた。特に自民党細田幹事長の厚顔無恥さにはあきれ返った。  「野党の審議拒...

2009.07.23 | 雑感

木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年7月23日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今日の朝日の記事から・道路とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・自民党と寄生虫{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

2009.07.23 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

また現実路線? 現状を肯定するための美名

民主、「インド洋撤収」を政策集から削除 現実路線へ数日前のエントリーで言及した麻生首相とはちがった角度から、私は民主党の外交・防衛政策を懸念するのです。案の定、海自の給油活動を「大目にみる」という。麻生首相が心配する左寄りへのかじ取りなど、ほとんど可能...

2009.07.23 | 花・髪切と思考の浮游空間

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。