忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1473 阿久根市の竹原信一市長 「生命の尊厳は平等」の筈なのだが・・・。

気になったニュースから、一言だけ。
「高度医療が障害者生き残らす」・・・。
ブログで市議の不人気投票をしたりして物議をかもしてきた阿久根市の竹原信一市長だが・・・。

      日本晴れ3077

阿久根市長、ブログで物議…障害者家族ら反発(2009年12月3日06時13分 読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が自身のブログ(日記形式のホームページ)に「高度医療が障害者を生き残らせている」などと、障害者の出生を否定するような独自の主張を展開している。


 障害者団体は反発、市議会でも追及の動きが出るなど波紋が広がっている。

 ブログは11月8日付。深刻化する医師不足への対応策として、勤務医の給料を引き上げるべきだとの議論に対し、「医者業界の金持ちが増えるだけのこと。医者を大量生産してしまえば問題は解決する。全(すべ)ての医者に最高度の技術を求める必要はない」と批判。

 そして、「高度な医療技術のおかげ」で機能障害を持ち、昔の医療環境であれば生存が難しい障害児を「生き残らせている」などと述べ、「『生まれる事は喜びで、死は忌むべき事』というのは間違いだ」と主張している。

 知的障害者の家族でつくる「全日本手をつなぐ育成会」(本部・東京、約30万人)の大久保常明・常務理事は「人類繁栄のため、優れた子孫だけを残そうとするかつての優生思想そのもの。命の重さを踏みにじり、公人の意見とは思えない」と批判。

 阿久根市身体障害者協会(約1050人)の桑原祐示会長も「差別意識も甚だしい」と反発、役員会で対応を協議し始めた。

 同市議会の木下孝行市議も市長に説明と謝罪を求め、14日から始まる市議会一般質問で追及する。

 竹原市長は取材に対し、「養護学校に勤めている人から聞いた情報をそのまま書いた。事実と思う。障害者を死なせろとかいう話ではない」と説明している。

 医療の進歩が、障害のある人たちの命を救ってきたことは動かしがたい事実でしょう。

 しかし、「例えば昔、出産は産婆の仕事。高度医療のおかげで以前は自然に淘汰された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果 擁護施設に行く子供が増えてしまった。」という言動は、「養護学校に勤めている人から聞いた情報をそのまま書いた。事実と思う。障害者を死なせろとかいう話ではない」では説明がつかないのではないでしょうか。

 医療のみならず、あわせて、「全員就学」によって、平均寿命が大幅に延びました。
それまでの「就学猶予」という不当な扱いから解放され、障害児みんなが学校に行く(学校にけなくとも曲りなりに「訪問教育」とか・・・)ことが出来るようになったのは、ついこの間のことです。

 1973年の「養護お学よ校びに養おけ護る学就校学義の務設 置義務に関する部分の施行期日を定める政令」を受けて、1979年に養護学校義務制が実施されたのです。彼らは、それまでは憲法が謳う「教育を受ける権利」を、障害を理由に、戦後30年以上にわたって不当に奪われていたのです。
 学校に行くことで先ず変わったことが、「寿命が延びた」ことです。
朝起きる、昼間活動する、夜ぐっすり眠る・・・人間の当たり前の暮らしの基礎を獲得することによって、生命の活性化がもたらされたのです。

 医療的ケアと生活・教育支援・・・どちらも大変重要です。

 竹原信一市長のブログ 「さるさる日記 住民至上主義」■2009/11/08 (日) 医師不足の原因は医師会には以下のようにある。

医師不足が全国的な問題になっている。特に勤務医の不足は深刻だ。
医師が金儲けに走っている為だが、この体質を後押ししてきたのが医師会だった。
(中略)
勤務医師不足を解消する為に勤務医の給料を現在の1500万円程度から開業医(2500万円程度)に近づけるべきなどとの議論が出てきている。
しかしこんな事では問題は解決しない。医者業界の金持ちが増えるだけのこと。

医者を大量生産してしまえば問題は解決する。全ての医者に最高度の技術を求める必要はない。できてもいない。例えば昔、出産は産婆の仕事。高度医療のおかげで以前は自然に淘汰された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果 擁護施設に行く子供が増えてしまった。
「生まれる事は喜びで、死は忌むべき事」というのは間違いだ。個人的な欲でデタラメをするのはもっての外だが、センチメンタリズムで社会を作る責任を果たすことはできない。
社会は志を掲げ、意志を持って悲しみを引き受けなければならない。未来を作るために。


 次の日の日記「■2009/11/09 (月) 神の領域」では、
「・・・少なくとも機能障害を持った子の親に成られた方の心を支える魂を見せなければ成りません。・・・」というメールに答え、次のように書いている。

厳しい生活の中で喘いでいる方々には慎重さを欠く見解に見えたかもしれない。
高度医療が多くの人々に高い精神性を追求せざるを得ない機会を与えているのは現実だ。この世は生ばかりではなく死によっても支えられている。しかも人間は生と死の境目をコントロールする技術を手に入れつつある。
原子爆弾同様に、使い方を知らないままこれを乱用すれば多くの人々に高い精神性が必要な厳しい生活を強いる。これでは残酷な社会を作る事になる。

日本が人口減少で消滅しつつある過程でするべきことは、先ず人口を増やす事であって高度医療で儲ける医者と業界を増やす事ではない。精神的にも健康な子供達が増えれば障害を持った子供達、体の弱った高齢者をより良く支える社会を作ることができる。高度医療にかけるお金の一部で人口を増やす事ができる。先ずは健康な人々が多く居なければ心を支える社会作りもできはしない。社会作りは人工的に意図的にしなければならない。メディア等に煽られての情緒的、成り行き任せであってはいけない。理不尽さを神や悪魔のせいにもできない。社会作りの全てが神の領域に踏み込む技術を獲得した人類の責任だ。

 医師不足をどうするかという問題から派生した発言のようですが・・・。
障害児が「擁護施設」(ママ)に行くというはなはだしい誤解・認識不足(?)は論外として、ブログ日記を読むかぎり、どんな言い訳をしようと、少なくとも私には、命を尊重する姿勢は読み取れません。どう読んでも、障害者は「健康な人たちによって支えられる厄介な存在」、「自然に淘汰されて然り」としか聞こえませんが。生命の尊厳は平等であり、命に優劣は無いといえば、それはセンチメンタリズムなのでしょうか。

「志を掲げ、意志を持って悲しみを引き受け」て、彼が作ろうとする「未来」とは一体どういうものだろうか?
 こういう人が行政のトップにいるということは、不幸なことのように思います。

 ★追記(12.4):こちらのはてなブクマでも多くの方が真っ当に批判していますね。

 ★追記(12.7):
 お薦めブログ:■「阿久根市長「私自身も生きながらえている障害者」と激白」 (ボーガスニュース)

記者団の待つ市役所会見室に現れた市長は、開口一番「実は私自身も不治の病を宣告された障害者」と告白。高度医療による障害者支援を否定していると非難を呼んだ書き込みが、
「私も高度医療や保険制度の恩恵を受けて“生かされている”という感謝の気持ちを率直に表したもの」
と説明した。

同席した主治医によると市長は
「先天性デマゴギー症候群」
という重い障害に生まれたときから悩まされているという。同症候群を抱えた患者は脳の一部機能が阻害され、対人行動面で異常な行動を取るようになる。症例としては
ブログでニセ科学知識や差別発言をひけらかす
部下に給料を払わない
政治家の仕事は過激な言動でウケを狙うことだと思い込む
などがある。国指定難病で治療法は死ぬ以外にない。

 以上部分転載、是非ともリンク先へどうぞ!

   

生命の尊厳は平等なのだが・・・、と思われる方はポチッとよろしく。
人気ブログランキングへ     


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html


関連記事

テーマ:障害者作業所 - ジャンル:日記

2009.12.03 | | Comments(7) | Trackback(6) | ・障害者福祉いろいろ

コメント

阿久根市では恐怖政治が行われているんでしょうか。
もはや人権無視した暴君としか思えません。

2009-12-04 金 03:21:40 | URL | サンダル #NNM74tIk [ 編集]

サンダルさんへ。

こんにちわ。

> 阿久根市では恐怖政治が行われているんでしょうか。

市政の全容はチェックしていませんが・・・。
一種異様なリーダーのようですね。
地域ボスなんでしょうかね???

2009-12-04 金 07:46:13 | URL | 友さん #- [ 編集]

何を持って優秀な遺伝子と判断をするのでしょう。少なくともこの市長さんは道徳を持ち合わせていない優秀とは思えません。障害を持つ子の親である私は、一層自分が逝くときは連れていくべきだと心に決める以外自分を保つ方法が思い浮かびません。死は忌むべきものではないということはそういうことなのだと理解する以外に方法が思い浮かびません。その思いで生きることは今を否定することなのだという葛藤と戦っています。長文失礼しました。

2009-12-04 金 11:54:57 | URL | はじめまして #- [ 編集]

はじめまして さんへ。

こんにちわ。コメントありがとうございます。
私も障害を持つ娘がいます。
心中お察しします。
いつの時代にもこういう思想は存在するものです。
しかし歴史はこういう思想を克服しつつあるのが大事な点です。
胸を張って堂々と生きて行きましょう。

彼らの思想がが歴史の藻屑と消えて行くように・・・。

2009-12-04 金 13:48:09 | URL | 友さん #- [ 編集]

言っちゃいけない事を言っちゃいけない立場で言っちゃったよ…って言う感じですね。

現実が冷たい物なのは確かなんだけど、社会はその冷たい物を少しでも暖めて乗り越えようって言う物なんだから、市長が言ったらあかんって言う感じですね。

ちなみに、社会的にも現実的にも生命の尊厳はいまだ等価ではありません。
あと、最低限、社会的に等価だと言うにしても「人命」と限定するのが正しくて、「生命」ではないと思います。
生命だと人による認識に大きなずれがありますからね。(と言うか動物が混ざる人は多いんじゃないかと思います。そうなれば「屠殺された肉を食べて何を言ってるの?」ですしね。)

人命なら社会的には等価と言う事も出来るかもしれません。現実はかなり違いますが。
(要は「無条件にそう言うだけでそれで世界が回るのか」「無限に人口が増えてそれで全員生かせるのか」「どんな人間も実際に全員生かせているのか」って言うとNO。でも全員生かすべきと通念があるかと言えばYesって事です)

いわゆる障害者が社会のお荷物であるかについても、賛同しませんしね。
現実に今の社会でお荷物になっているのは確かですが、社会参加し難いシステムの問題がかなり大きいでしょうから。
(要はお荷物だって言う前に彼らに貢献の機会を与えた?って言う話です。
 まぁ、貢献の機会を与えた上で迷惑な強度の問題児・障害者も居るには居るでしょうけど。)

更に、繰り返しになりますが、社会って言うのは冷たい現実を暖める為の「助け合い」や「相互扶助」の物です。
その社会の長が、社会の一員とされている人を「邪魔だし助け切れないから切り捨てよう」と言うには、ちょっと中身を見る限り安易過ぎだと思いますね。

まぁ、そもそも人口増加万歳と言ってる時点で「程度が知れる」と私などは思ってしまいますけど。

<日本が人口減少で消滅しつつある過程でするべきことは、先ず人口を増やす事
これ以上増やそうとするな。ただでさえ発展途上国が生活の都合で増やしまくるんだから。と言う感じです。
日本が消滅しようが別に問題はないだろうという感じです。
他の国に保護・合併でも求めてくれって言う感じです。
日本の何らかの文化的・社会的素養についても、それに執着する事には同意・共感するが、それが「日本」って言う名前の必要はない。と言う感じですね。
どこの国も人口増やし続けたら、宇宙開発が軌道に乗る前に地球のサイクルの容量超えてしまうわと言う感じです。

>はじめましてさん
前半は非常に良く分かるのですが…。

<死は忌むべき物ではない
まず、本来の意味で言葉を捉えていない気がします。
まぁ、あの市長の言葉に別の恣意性を感じるのは自然な事でしょうけど。
忌むべき物、と言うのは忌まなければいけない物、と言う意味が本来です。

その本来の意味で言えば、これは当たり前の話。
ただ、生き物って言うのは基本的に「生きようとする」様に出来ています。
昆虫などは子供生むとおとなしく死ぬ物も多いですけどね。
感情的な話として死を忌むのは当たり前の事だし否定もしませんし共感もします。
ですが実際は死は忌むような物ではありませんよ。
別に忌む必要はないが忌んでしまうのが生き物、それ以上に人の業・性(サガ)と言うだけです。

人の業・性を否定して人間やるなんてありえないんで否定は全くしませんよ。ええ。
生きている限りは幻に囚われ続ける物ですからね。
色即是空と言って見たって色に囚われなければ生きる事も出来ませんからね。

ちなみに、ここに書き込んでる方って死刑反対派ですよね…?(

2009-12-04 金 16:48:27 | URL | 猫 #mQop/nM. [ 編集]

これは友人の子供の話です
料理が好きなその子きっちりと分量通り
スピーディに後片付けまでできる
自閉症の男の子
レストランに面接に行きました
無駄口も叩かないさぼることもない彼
結果は断られました
下働きでもいい、仕事を教えるのは母親が協力したいといっても
不採用でした
軽度の知的障害に区分される彼に手当は出ません。行政は働けると区分してるのです。手帳もない。
そしてわが子も自閉症。手帳も手当もない軽度の区分。わが子を世の中の荷物にしたくて育ててる人がいるのなら軽蔑します。社会参加し納税しそのうえで権利を主張させたい。刑法に触れるなら刑罰も受けるべきだと。そのための努力を惜しまない親のほうが多いのでは?私はこの市長さんの、自然に淘汰されるという部分は否定はできないものがあると思ってますが、人は動物ではない。さらには人に聞いた話だという言葉に首をかしげたくなる。ご自分のポリシーではなく?自閉症は生まれた時は五体満足、さてどうやって判断して淘汰すべきなのでしょうね。
私は死刑については反対でも賛成でもなくただ、単に廃止はどうかなと思う派です

2009-12-05 土 12:11:06 | URL | ぷくぷく #- [ 編集]

阿久根市長の発言について

阿久根市長の発言は絶対に繰り返してはならないかってのゲルマン民族云々を叫んだヒットラーナチスに通じる気がする。世の中は様々な考え、境遇の人々が関わりあって成り立っているはずだ、

2009-12-08 火 04:55:15 | URL | 銀次郎 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1523-61fa6d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年12月3日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・鳩山家 プルサーマル{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・普天間移設 「新しい公共」の芽生え{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・国道凍結{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・アメリカとアフガン...

2009.12.03 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

【ブログ市長】竹原市長には首長としての自覚も資質も決定的に欠けている【障害者差別】

 あまり一般の認知度は低いかも知れないが、12月3日は国連が定めた「国際障害者デー」である。  これは、「障害者問題への理解促進、障害者が人間らしい生活を送る権利とその補助の確保を目的」として定められた国際的な記念日である。  然るに我が国では、シロアリ...

2009.12.04 | ステイメンの雑記帖 

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長ブログで差別発言

阿久根市長、ブログで物議…障害者家族ら反発(読売新聞) - goo ニュース 上記記事は =2009年12月3日(木)06:13  鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が自身のブログ(日記形式のホームページ)に「高度医療が障害者を生き残らせている」などと、障害者の出生を否定...

2009.12.04 | 僕のつぶやき。 ネットの窓から。

CK159 ご指摘ありがとうございました。/誰か指摘してやって。

 こんにちは。伊東です。 まず最初に。昨日“集団投稿日”で出した記事の中で、間違いがありました。 共産党の議員選挙結果を記した記事の中で、大阪市北区補欠選挙、堺市南区補欠選挙と記すべきものを誤って「府議選挙」というふうに扱ってしまいました。 山嵜さん、...

2009.12.06 | 「ちょっと、よってけらっせん。」-伊東勉のページ。

CK163 紹介されました。/紹介します。/定休日でした(トホホ...

 こんにちは。伊東です。 気がつけば、12月も3分の1終わります。 「来年の正月のお年玉も硬貨で勘弁してくれ」とか、考える季節になりますね。 ここ数日取り上げてきた「阿久根市長の発言」ですが、拙稿が村野瀬玲奈さんのブログで紹介されていました。[12/07]住民...

2009.12.09 | 「ちょっと、よってけらっせん。」-伊東勉のページ。

自由報道協会は優生思想の持ち主の味方です( ゚д゚)、ペッ

「自称フリー・実質小沢系」なジャーナリストたちが集う「自由報道協会」は、記者クラブ打倒のためなら悪魔と手を組んでもおかしくない連中の集まりです。先般は右翼政治家のマスコットぶりがすっかり板についたsengoku38こと一色正春氏の言い分を「内向きの日本メディアに

2011.03.11 | vanacoralの日記

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。