忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1631 全国青年大集会2010レポート(とくいちゃんより)

 全国青年大集会2010は、全国から集まった青年5200人が交流し、「若者同士のつながりをつくり、みんなの力で職場も社会もかえていこう」とアピールし、大きな成功を収めたそうです。

 この集会に、福岡から日帰り参加した愛娘のとくいちゃんが、帰ってから疲れた身体に鞭打って、その感動を夜中の1時半までかかってレポートしてくれています。寝る間も惜しんでホットなうちに感動を伝えたかった、その感動を共有し紹介します。
(レポートは、8~9本のエントリーに別れていますが、そのなかの1本から紹介します。前後のエントリーも是非リンク先でどうぞ。集会の様子が写真でアップされています。)

 とっと、とっととっと… 「団結は力!!」より転載。

 今日、感じたことをがんばってまとめたいと思います。

今日、私が特に心に残ったのは、午後のメイン集会での、「実態の告発とたたかいの交流」の発言。

いくつか書きたいと思います。細部まで書き留めれていないので、印象に残った言葉を。

huusenn.jpg

まず、トップバッターの青年の言葉。
「・・・全国の皆さん!あなたは一人じゃない!! そのことを伝えたいと思います!」

そして、派遣で働いて、派遣切りにあい、今も会社と闘っている男性。
「一番辛かったのは、自分が‘派遣’で働いているということを、誰にも言えなかったこと。友達にも、親にも言えなかった・・・。
派遣切りにあい、労働組合に相談しました。
初めて、会社の前で抗議活動をするとき・・・僕よりも先に、20人もの人が待ってくれていた。しかも、会ったこともない人たちが。嬉しかった。
『あぁ、もう一回がんばろう』って思いました。

自分は、38歳で無職です!
何も先は見えていないんですけど、みんなと出会って、いろんなことをやって・・・今、とっても楽しいです!!」(会場中から大きな拍手)」


高校生からの訴えも。

「自分は、定時制高校に通っています。本当は、高校に通うことを親から反対されていたけれど、『自分で学費を稼ぐ』という約束で、高校に行くことが出来るようになりました。

定時制の高校に通いながらパン屋のアルバイトで働きましたが、高校との両立が難しく、やめてしまいました。そのあと、バイトを探すのですが、なかなか雇ってもらえませんでした。その間に、数ヶ月が経ってしまいました。
2万円の学費を滞納していることが、とても気になって、必死で探しました。ラーメン屋のバイトが見つかりました。『やっとこれで学費を返せる』とほっとしました。

しかし、そのラーメン屋も数ヶ月でやめざるを得なくなってしまいました。また数ヶ月バイトを探しました。何十件もバイトの面接を受けましたが、なかなか決まりませんでした。

そのうち、高校から『早く学費を払ってくれないと除籍になるよ』と言われました。このとき、3万円の学費を滞納していました。

今は、コンビニのアルバイトが見つかりました。ここでは、人間関係も良好で、ずっと続けられそうです。
がんばった僕にご褒美で良い職場を与えてくれたんだろうと思っています。」

派遣切りにあった男性。
「所持金がなくて、3ヶ月国道を歩いて神戸に来た。その間、おなかが空いたら飲食店のゴミ箱をあさった。それでも食べ物がないときは、公園の水を飲んだ。そのときは『人間って、こんなことしてでも生きていけるんだな』って、そんなことばかり考えていた。
今、みんなに出会って・・・今は、『もうあんな生活はイヤだ!』って思える。」

過労死で亡くなった青年の裁判を支援している青年たちから。
「『・・・今まで提示されたものでは、当社が死亡した原因であるという材料を持ち合わせていません』(ウチの会社のせいで青年が過労死したという証拠はない!)
その6~7行の言葉で、息子の死は片付けられてしまうんですね。息子は、青年らしい生活をすることもなく、死んでいってしまった。」と過労死した青年のご両親の言葉を紹介しました。

パティシエで働いていた2名の女性から「毎日ヘトヘトになるまで働かされました。」
「もらった給料は、最低賃金以下のものでした。」
「修行中だから仕方ない??・・・でも、おかしいと思って、相談に行きました。
そしたら、そこに居る人たちは、私を責めたりしませんでした。
『どんなモノが作りたいの?』って聞かれたんです。

私たちは、みんなが幸せになるようなケーキを作りたかったんです。
苦しみながら作ったケーキを食べてもらいたいんじゃないんです!」


他にも、いろんな人から、
「企業の力がどんなに大きくても、私は決して負けません!」
「(介護施設の職員)忙しくて、仕事に追われている。目の前にいる利用者のことをもっとよく見たいのに、隣に座ることもできない。こんなのはおかしいって思った」



それぞれの言葉にも、本当に感動したり、怒りを覚えたり、泣きそうになったりしました。

そして、一人ひとりの発言する人の後ろには、20人も30人も、同じ県の仲間たちが一緒に壇上に上がるんです。
「一人で闘っているんじゃないんだぞ」という感じでした。


今日の集会には、5250名の人が集まったそうです。
本当に、すごい人の数でした。


若者たちのたたかいには大変励まされます。

         
社会的連帯の力で人間らしく働き生きられる社会を!

ポチポチッと応援よろしく。

                   
人気ブログランキングへ     


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
           http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2010.05.17 | | Comments(2) | Trackback(1) | ・雇用と労働問題Ⅳ

コメント

オジサンにも勇気がもらえる報告ですね

「とくいちゃん」の報告・・・生き生きしていて情景も目に浮かぶようです。いいナァ~。しんぶん赤旗で読んだ青年集会の模様と重ね合わせながらじっくりと拝見しましたよ。

私も、年甲斐もなく??駆けつけたかったところですが、職場後援会の一斉行動で、「号外」のビラ配布のお手伝いをして来ました。

「とくいちゃん」のブログ、お気に入りに入れました。これからも拝見していきますね。

2010-05-17 月 22:21:08 | URL | ススム #- [ 編集]

ススム さんへ。

ありがとうございます。

> 「とくいちゃん」のブログ、お気に入りに入れました。これからも拝見していきますね。

是非、労働者の大先輩としてコメントなんかも書き込んで励ましてやってください。
きっと喜びます。いい感性を持ったとてもいい娘さんですよ。
私は勝手に”愛娘”と呼んでいます。

2010-05-17 月 22:32:46 | URL | 友さん。 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1705-0ba42f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(8) (貧困と闘う、フランスのある社会運動)

  フランスでもっとも古くからある貧困者・失業者・住居喪失者(ホームレス)支援運動の一つ、「心のレストラン」についての1時間ほどのル...

2010.05.18 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。