忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1883 今こそ進めよう!障害者制度改革 自立支援法廃止と新法づくりを確かなものに  10.29全国大フォーラム アピール

 先日の、全国フォーラムの報告をと、アピールを掲載しておきます。

 先ずは、2010年10月30日(土)「しんぶん赤旗」より。

障害者熱く 大フォーラム
「あきらめないよ」

 冷たい風が吹く中、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂は満場の参加者の熱気に包まれました。29日、「今こそ進めよう! 障害者制度改革 障害者自立支援法廃止と新法づくりを確かなものに」をメーンスローガンに開催された全国大フォーラム。手作りのゼッケンや横断幕を手に全国各地から1万人を超える人たちが集まりました。(岡素晴、西山綱男)

--------------------------------------------------------------------------------
2010103001_01_1.jpg

フォーラム1
(写真)「私たち抜きに私たちのことを決めるな」と、国会請願デモをする障害者ら=29日、東京・千代田区

 前日の雨は上がったものの、厳しい冷え込みの中のフォーラムとなりましたが、会場を埋め尽くした参加者は舞台上の仲間の発言などにさかんに拍手を送っていました。その後のデモ行進でも、元気にシュプレヒコールを唱和しながら歩いていました。

 熊本市から参加した男性(55)は「地方だとこんなに人が集まることがないので、やっぱり大きな集会になると、思いが集まって要求が強くなりますね」と感動したようす。一緒に参加した女性は「運動こそが一番という話を聞いて、息の長い、あきらめない運動が必要だとあらためて思いました」と語りました。

 埼玉県内の障害者施設で働く女性は「障害者のための法律をつくるのに当事者抜きに決められたことが多いのはおかしい。当事者のいろいろな意見を聞いて新法をつくってほしい」と話しました。

 脳性まひの障害があり、電動車いすで参加した男性(38)は「もっとヘルパーさんを確保して、ヘルパーさんの生活も安定できるよう財源の確保をしてほしい」と訴えました。

 「作業所の工賃を上げてほしい。1万円では食っていけない」。開口一番、こう話したのは東京都府中市の作業所でステンシル(型版)を使って、ハンカチなどを作っている男性(39)。車いすマラソンで10キロメートル完走したこともあるといい、「障害者がスポーツに親しめる環境や、ノンステップの公共交通を整えるなど、要望もある。新しい制度に取り入れられるように声をあげていきたい」と元気いっぱいでした。

 全国心臓病の子どもを守る会の事務局長を務める下堂前(しもどうまえ)亨さんは「制度改革の議論の中で、難病や慢性疾患患者の対策について具体的にはふれられていません。目に見えない障害の人たちの問題を理解してもらえるように運動していきたい」と話しました。

「応益負担」は夢奪う
8団体代表が発言


 全国大フォーラムでは、障害者8団体の代表が、それぞれの取り組みや制度改革への要求について発言しました。

 このうち、「障害乳幼児の療育に応益負担を持ち込ませない会」の中村尚子さんは、障害者自立支援法を延命させる「改正」法案の動きについて触れ、「再び出されるかもしれない『改正』法案は、ていねいな支援が必要な障害のある子どもたちと保護者から夢を奪います」と指摘。「負担軽減されても『応益負担』が残る限り、週2回の療育の利用で毎月3000円から1万円以上の利用料を支払っている保護者がいます」と告発しました。

 関連して、知的障害のある子どもの入所施設の職員の植田誠彦さんも発言。「現在の契約制度のもとでは、契約した保護者だけに責任を持たせ、行政が子どもたちに責任を持たなくなってきた」と現場の実情を報告し、「現場の声を新法に反映させたい」と決意を述べました。

 また、日本難病・疾病団体協議会を代表して、線維筋痛症友の会の橋本裕子代表が登壇しました。

 橋本さんは「多くの難病患者は見た目では障害と判断されず、身体障害者手帳の取得が困難です」と話し、医療費負担の軽減、ホームヘルプサービスの充実、身体障害者手帳の取得の改善などを求めました。


集会で採択されたアピール文です。

今こそ進めよう!障害者制度改革 自立支援法廃止と新法づくりを確かなものに
10.29全国大フォーラム アピール案


 昨年、長妻前厚生労働大臣は、全国から1万人が参加したこの大フォーラムの場で、「重い負担と苦しみと尊厳を傷つける障害者自立支援法を廃止し、新法を、みなさん一人一人の意見を聞いて、みんなで一緒によりよい制度をつくっていきたい」と約束しました。

 障がい者制度改革推進本部の下に、今年1月から開始された「障がい者制度改革推進会議」と「総合福祉部会」は、権利条約の実現と自立支援法違憲訴訟の基本合意文書をベースにして活発に議論し、6月に画期的な「第一次意見」をまとめ、閣議決定がされています。

 しかし、5月には、政権交代前に出されていた内容をベースにした「自立支援法一部改正」法案が、私たち抜きにすすめられ、多くの批判が集中しました。

 私たちは、厚労大臣が約束したように、自立支援法が廃止され、当事者の声が十分反映された新法が実現することを切望しています。同時に、「緊急課題」については、新法を待たずに、予算措置の中で具体化すべきです。
介護保険との統合への道を絶対に開いてはなりません。障害があっても、みんなが社会の中で人間としての誇りを持ちながら豊かに暮らしていけるように、権利条約のめざすインクルーシブ社会を一日でも早く実現していきましょう。

 私たちは、ここに参加している多くの仲間、関係者、そして全国の仲間たち、幅広い市民の人たちと連帯し、下記の諸点について実現に向け行動していくことを決意します。




1、自立支援法廃止と新法づくりを確かなものとし、制度の谷間を解決しインクルーシブな制度確立を行うこと。

2、権利条約の批准には、総合福祉法づくりとともに障害者基本法改正、障害者差別禁止法制定が不可欠である。これらを検討している障がい者制度改革推進会議の明確な法的位置づけと財源保障をすること。

3、「地域主権改革」では、格差・社会的排除の拡大を生むことなく、どの地域においても障害者が差別されることなく地域で暮らす権利を保障すること。

4、障害者の生活を直撃している「応益負担」をあらため、障害者本人の実態をふまえた負担への変更をすること。

5、障害の定義は、制度の谷間をつくらず、発達障害や高次脳機能障害、難病等を対象に含め、障害者手帳の所持を要件とせず、サービスが必要と認められた者を対象とすること。新法制定までの間、必要とされるサービスは直ちに提供すること。
6、どこで生まれても必要な療育・保育等の支援が得られるようにすること。契約制度を見直し、放課後や暮らしの場に、子どもにふさわしい福祉サービスを実現すること。

7、「できる、できない」ではなく「どのような支援が必要か」という視点から、 障害者一人ひとりのニーズに基づくサービス支給決定の仕組みとすること。

8.どんなに障害が重くても、地域で暮らせるよう、自治体が支給決定したサービス、地域生活支援事業に対して国が責任をもって財源保障をすること。

9、日常生活上で医療的ケアが必要な重度障害者の地域生活を保障するための、地域基盤の整備と介助保障の確立をすること。

10、地域生活支援事業となり大きな地域間格差や後退が生じた移動支援事業やコミュニケーション支援事業等に対して、国が責任をもって財政保障をし、自治体が実施できるようにすること。

11、手話通訳・要約筆記等のコミュニケーション支援は、その言語的な特性をふまえ、権利として保障されるべきであり、全て無料とすること。また、都道府県で実施できるようにすること。

12、介護、日中活動、ケアホームなど地域生活の社会資源を維持できるよう、現行の日割制度をあらためるとともに報酬単価・体系の見直しを行うこと。

13、真に「施設・病院からの地域移行」が進むように、「精神障害者退院支援施設」等の廃止と、ピアサポート等の当事者活動への支援・退院促進事業・地域での住まい確保策の充実を行うこと。

14、所得保障、扶養義務問題等、手つかずの基本課題の解決をはかること。

15、日本でのノーマライゼーション、施設・病院からの地域移行実現のため障害者予算の飛躍的拡充と地域生活のサービス基盤整備のための特別立法を行うこと。
以上
 
今こそ進めよう!障害者制度改革 自立支援法廃止と新法づくりを確かなものに
10.29全国大フォーラム 参加者一同




 

ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ




関連記事

テーマ:障害者作業所 - ジャンル:日記

2010.11.02 | | Comments(1) | Trackback(1) | ・障害者自立支援法Ⅲ

コメント

当事者の声を聞く。

ここでアピールされたことを現実の者とすることが大事だろう。キメが細かく、どのような支援が本人に必要か、本人不在の支援ではなく、本人主体の支援がのぞましい。
 親や、支援機関や、行政の都合で論じる支援・政策はやめて、私たちのことは当事者に聞いてほしい。それが究極の本人発言ではないか。本人発言しても、現実に支援に生かされないようではただのパフォーマンスでしかない。支援してやるという支援者側、親のおごりでしかない。支援者側は謙虚な姿勢で臨まないといけない。
 すでに当事者が本で支援を必要としない選択もあると提言している。
 現実は支援の空洞化、否定まで言っている。そこに一役買っているのが、皮肉にも自立支援法なのだ。自立を支援する法律が支援の否定、空洞化を推し進めている。
 自己責任支援は自己の責任ですれば、足りないところを補う支援の否定に一役買っている。
 自己責任支援は支援自ら首絞めている。その自覚を新自由主義に染まった支援者は持ってほしい。
 このブログを見て、集会アピール見て私は宋思った。

2010-11-02 火 13:44:45 | URL | ぶじこれきにん #U9m.xr6A [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/1925-a2f043ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国のスパコン、世界最速へ 「天河1号」

新華社電によると、中国の国防科学技術大が開発したスーパーコンピューター「天河1号」が28日、計算速度が中国最速と認定された。 米国のスパコンを抜き世界最速になる。インテルなどの演算処理装置を搭載し、演算速度が毎秒2507兆回に達している。2010年10月29日

2010.11.02 | 逝きし世の面影

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。