忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1890 法の谷間の発達障害当事者の声。運動論としても悩ましい問題を含んでいますね。

 村野瀬玲奈さんの「神聖官僚」村木厚子さんの今後の仕事を警戒したくなってしまう。は、沢山の人に読まれているようです。

 そのコメント欄には、障害当事者や関係者の自立支援法に対する怒りや批判の声がしたためられている。法の廃止と総合的な福祉法の早期制定を求める立場からのものだ。ぜひともリンク先で、ナマの声を聞いて欲しい。

 当事者の生の声といえば、当道場のNO.1882 「神聖官僚」村木厚子氏の現実的な懸念 自立支援法には反省もなく、今度は保育分野ににも寄せられているので紹介しておきます。

 これは実に悩ましい問題です。
当事者さんは発達障害がある方です。

 発達障害の歴史は浅いこともあり、障害者関係法では未だに障害と認定されておらず、いわば法の谷間、支援の対象外なのです。

 その方が、自立支援法「改正」案は発達障害を認めているから、「改正に反対しないでほしい」というものです。

 障害当事者と言えども色々な立場があり、難しい問題です。
その根本的原因は、当事者それぞれの思いの違いにあるのではなく、将に日本の障害者福祉の遅れと貧困にこそあることを理解いただきたい。そうした中でで分断され、手をつなぐことが困難になっているのだと思います。


 とは言え、「当事者」さんの気持ちも十分わかり、運動論としてもデリケートで悩ましいものです。
そういう方たちが、日本の障害者福祉の中で取り残され苦しんでいると言うことを知って欲しいと思います。
その事と、運動論は別物だと言うことも付け加えておきます。

 自立支援法は障害の定義、範囲にも当然問題があります。
私は、「障害の定義は、制度の谷間をつくらず、発達障害や高次脳機能障害、難病等を対象に含め、障害者手帳の所持を要件とせず、サービスが必要と認められた者を対象とすること。新法制定までの間、必要とされるサービスは直ちに提供すること」を求め、障害者や関係者が広く手をを結ぶことを求める立場です。

教えてください

発達障害当事者です。
障害者自立支援法のことで、問題があるのはそうなんだと思いますが、「天下の悪法」というほどの問題があるのですか? 義務的経費にしたことなど、評価する点もあるような気がしてならないのです。反対しているのは、共産党の関連の人だけですし。特に、私たち発達障害当事者はさっさと障害者自立支援法の改正をして欲しいのですが、そこまでを阻止しようとするのがわかりません。共産党関係のきょうされんなどの関係の方が「業務出張」で1万人集まって、”障害者の怒りの声”がとかやっているととても嫌な気持ちになります。大脇さんは、改正案が通らなくて、その間に発達障害の親子が母子心中しても、何とも感じないのですか?
 大脇さんの近くの障害者以外にも障害者はいますよね。すごくやりきれない気持ちになります。自分たちで盛り上がって、何なの??

2010-11-05 金 15:11:16 | URL | 当事者 #tHX44QXM [ 編集]


当事者 さんへ。
コメントありがとうございます。

> 「天下の悪法」というほどの問題があるのですか?

 応益負担の問題がその中心です。
障害を自己責任とし、生きる最低限のことに対する支援も「益」として、費用負担を求めるというのが法の骨格、中心部分です。部分的にい面もあるでしょう。しかし、それらを差し引いても、応益負担の原則があるかぎり「改正」などとはとても言えないと思います。

 (自立支援法については、いろいろな角度からその時その時書いてきましたのでカテゴリー欄から参照していただければと思います。)
 特に、以下には応益負担に対する基本的な考えをまとめています。
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-120.html
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-121.html

>反対しているのは、共産党の関連の人だけですし。・・・共産党関係のきょうされんなどの関係の方が「業務出張」で1万人集まって・・・

 そう思われるなら、その一万人や、送り出した多くの人にも言えますか?そういうふうに政治的レッテルを貼り、みんなが手を結ぶことを邪魔することがどういう役割を果たすのか、理解してますか。
 当事者を名乗れば何でも言っていいというものではないと思いますが。

 ついでに、残念ながら、共産党はそんなに大きくはありません。

>特に、私たち発達障害当事者はさっさと障害者自立支援法の改正をして欲しいのですが、・・・

 改正法案が、発達障害をも対象に取り込んだことは知っています。そして、改正を要望している障害者団体があることも。

 自立支援法は障害の定義、範囲にも当然問題があります。
私たちは、「障害の定義は、制度の谷間をつくらず、発達障害や高次脳機能障害、難病等を対象に含め、障害者手帳の所持を要件とせず、サービスが必要と認められた者を対象とすること。新法制定までの間、必要とされるサービスは直ちに提供すること」を求め、障害者や関係者が広く手をを結ぶことを求めています。

>大脇さんは、改正案が通らなくて、その間に発達障害の親子が母子心中しても、何とも感じないのですか?

 自立支援法ができ、そういう事件が起きて、感じてきたからこそ、法の廃止と新しい総合福祉法の制定を求めて発言しているつもりです。
尚、「改正」案はたとえ成立したとしても、今政府が進めている「廃止」、「新法制定」より遅くなる代物ではなかったでしょうか?

>  ・・・自分たちで盛り上がって、何なの??

 お気持ちは察しますが、そういう言い方は、私にはどうも・・・。
どうすればどれほどの人が共感し、力になって手をつなぎあい、問題解決に向えるかを考えるべきだと思います。

 以上、取り急ぎのお返事とします。


2010-11-05 金 19:17:38 | URL | 友さん #- [ 編集]


誠意ある回答に感謝します

大脇様  誠意ある回答に感謝します。

しかし、やはりわかりません。私は自分の稼いだ分でサービス利用について、払える状況なら応益負担「したい」と思っています。思っていけないわけではないですよね。自分が受けたサービスに払えるのなら払わないと、私は嫌です。
 現状において、今でも払えない状況の人に障害者自立支援法でお金を払えて言っているという話は私は聞いたことありません。現状のどの「事実」を指しているのか教えてください。混乱します。

共産党関係という指摘について、失礼があったら謝ります。しかし、共産党と関係のある団体以外で、どこが1万人集会に参加しているのですか? 教えてください。調べてもわかりません。

最後に、一番わからなかったのが、以下の部分です。

>自立支援法ができ、そういう事件が起きて、感じてきたからこそ、法の廃止と新しい総合福祉法の制定を求めて発言しているつもりです。

こういう問題がずっと昔からあったのに、障害福祉関係の皆さんがきがつかなかっただけだと思います。発達障害の問題は本当に関心をもっていただけないものなんですね。

>尚、「改正」案はたとえ成立したとしても、今政府が進めている「廃止」、「新法制定」より遅くなる代物ではなかったでしょうか?

そういう事実はないと思いますが、どういうことを指しておられますか? すごく心配になります。少なくとも、発達障害を範囲に含めるのは即時だと思っていますが。他は少し遅れたとしても。間違っていますか?

すでに「障害」と認められている人たちの関係者の方にとってわかっていただきにくいことなのかもしれませんが、障害者自立支援法の改正に反対しないでいただけませんか? 私たちは改正して欲しいと思っています。

2010-11-05 金 22:48:31 | URL | 当事者 #tHX44QXM [ 編集]

当事者さんへ。
こんばんわ。

> 払える状況なら応益負担「したい」と思っています。思っていけないわけではないですよね。自分が受けたサービスに払えるのなら払わないと、私は嫌です。

 払えるなら払うと言うのは「応能負担」です。払えようが払えまいが関係なくサービスを受けたから払えと言うのが「応益負担」です。
 何でもかんでも払わないと言ってるのではありません。「応能負担原則」を守れと言ってるのです。社会保障・福祉の大原則です。

> 現状において、今でも払えない状況の人に障害者自立支援法でお金を払えて言っているという話は私は聞いたことありません。現状のどの「事実」を指しているのか教えてください。

 目の前にゴロゴロしているでしょう。多くの障害者の所得は障害年金ぐらいなものです。しかも到底自立はできない、生活保護にも満たない金額の。そこからとろうというのですよ。度重なる運動で、初期の負担は軽減されてきましたが、法には「一割の一律負担」は残ったままです。「改正」案は応益負担を恒久化するものです。


> 共産党と関係のある団体以外で、どこが1万人集会に参加しているのですか? 教えてください。調べてもわかりません。

以下が「1万人集会」の主催団体です。

●日本障害者協議会→http://www.jdnet.gr.jp/
  その構成団体は→http://www.jdnet.gr.jp/guide/sei.htm

●障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動実行委員会→http://www.j-il.jp/bigaction/index.html   構成団体も確認できます。

●全日本ろうあ連盟 http://www.jfd.or.jp/
 加盟団体です→http://www.jfd.or.jp/about/kamei

 いずれの組織もその運営において特定の政党との関係は謳っていません。
政治団体ではなく、要求に基づく団体ですから当然のことです。そして、要求を実現するためには政党との必要な協力や共同をするというのは、どの分野の団体においても当然のことでしょう。

 共産党との関係が密ということであれば、それは共産党が障害者問題に熱心であることの裏返しというだけのことでしょうね。実際、そうだと思いますが。

> >自立支援法ができ、そういう事件が起きて、感じてきたからこそ、法の廃止と新しい総合福祉法の制定を求めて発言しているつもりです。

 報道で確認できただけでも、自立支援法による負担や行く先を憂えての親子心中等の事件が、未遂を含めて、私の知る限りでも全国で6~7件ほどありました。
 私のすぐ近く(福岡市中央区西公園)でも、母親が重度障害の20歳代の娘さんを死なせようとし、自らも死のうとしたた事件が起きました。幸い、帰宅した息子さんが発見し命はとり止めましたが。これも負担増を苦にして事件でした。

> こういう問題がずっと昔からあったのに、障害福祉関係の皆さんがきがつかなかっただけだと思います。

気がついたこともあり、気がつかなかったこともあるでしょうね。

>発達障害の問題は本当に関心をもっていただけないものなんですね。

新しいタイプの障害として理解されだしたのが、近年ですから、時間もかかりましょうが、前進していると思います。させなくてはなりません。

 日本では精神障害者も、病人として扱われ、障害と認定されたのはつい最近の1992年の障害者基本法からです。この国は世界から50年は遅れています。がんばって理解を広めたいものですね。

> >尚、「改正」案はたとえ成立したとしても、今政府が進めている「廃止」、「新法制定」より遅くなる代物ではなかったでしょうか?
> そういう事実はないと思いますが、どういうことを指しておられますか?

?マークをつけておきましたが、たとえ改正されても、或いは1年も経たないうちに、「廃止」、「新法制定」で、実効性はないという意味です。実際は民主党政権の動きでは「廃止」も確証はないという状況でもありますが・・・。だからこそ「廃止」への運動が必要だと思います。新法への議論は精力的に取り組まれています。これを活かさなければなりません。

> ・・・障害者自立支援法の改正に反対しないでいただけませんか? 私たちは改正して欲しいと思っています。

先ほどのコメント返しでも話したとおりです。
応益負担が法の根幹にある限り、「応益負担恒久化法」であり「改正」とは認められません。
障害の定義と範囲についても、先に述べたとおりです。
早く発達障害を法の支援の対象にするべきなのは当然で、上記の障がい者制度改革推進会議「総合福祉部会」の議論にも入っています。

お気持ちはわかりますが、法の根幹で絶対に譲ることができない問題が含まれているのです。

自立支援法を廃止し、新しい総合的な障害者福祉法を作ること。
みんながよくならいと、一人ひとりも良くならないのです。
一緒に取り組んで欲しいと願っています。

簡単ですが、以上、お答えしておきます。
今日のところはこの辺で、ごめんなさい。
おやすみなさい。

2010-11-06 土 00:29:13 | URL | 友さん #- [ 編集]


  


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ



関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2010.11.06 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・障害者自立支援法Ⅲ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。