忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1907 障害者自立支援法の「改正」案の再上程に抗議する(2)

 取り急ぎ、障害者自立支援法の「改正」案の再上程に対する抗議・要請文です。(きょうされん本部作成の雛形を紹介します。)

 追記:「改正」法案上程に民主、自民、公明が合意!民主への政権交代ってなんだったのだ。
    17日には委員長提案で審議なし採決の見通し。最後まで食い下がるぞ!


      20秋 055

 その前に、めざす会のメールニュースを一部転載。


◆(1)自立支援法「改正」案、衆院委員会17日(水)上程・採決の動き
    10・29実行委員会が緊急行動方針決定!


15日、国会内で緊急の10・29実行委員会が開催され、つぎの情勢認識のもとに、緊急行動の方針を決定しました。

○先週木曜日、自民党、民主党の調整の中で17日に衆議院厚生労働委員会に上程、「委員長提案」のため質疑はなし。内容は5月28日衆議院委員長提案で採決 されたままの案文。「一言一句変わらない」。

○国会対策上、政治問題に。補正予算含めた国会全部の審議に影響。「生け贄」か。

○明日、14時から民主党障がい者政策PTの役員会

○ろうあ連盟は理事会で情勢を議論し要望書をFAX(添付PDF)。
 加盟団体からも厚労委員全員にFAX。地元の議員に働きかける
 全通研も三役会議でろうあ連盟方針とあわせてすべての支部で動く

○今後、16日 理事懇談会(衆議院厚労員会)、17日(水)別法の「6時間審議」後に 上程・採決。
 翌日、衆議院本会議はある。参議院は翌週だが現在は不明。
 会期末は12月3日。会期延長はしない方針

○ヒヤリングしても法案にいっさいの変更もない。
 内容面は介護保険統合、推進会議・部会議論の足かせ、自立支援法「延命・復活」策。

■行動日程(17日以降の行動は情勢により対応)
16日(火)実行委員会声明発表
 午後から きょうされんなど厚労委員要請行動
      それぞれが要望書つくって、集まれる人で緊急に行動
      +FAX行動! 

17日(水)国会前集会・傍聴行動 
 13時集合!(長時間となります。寒いので防寒対策を)
 場所 衆議院議面会館に集合、集会、傍聴


文書雛形。原文は「抗議」。「・要請」をくっつけ、「項目」「主旨説明」の文言をいれ上下逆に書き換えました。

2010年11月  日
衆議院議員 ●●●●● 様

障害者自立支援法の「改正」案の再上程に対する抗議・要請

項目
1.「改正」案の再上程は、ただちに止めてください。

2.速やかに応益負担制度を廃止してください。
「基本合意文書」では、自立支援法廃止の前に、「速やかに応益負担を廃止する」ことを政府は約束しました。にもかかわらず「改正」案では、「100分の10の負担」を条文本文に明記しています。しかも、未だに自立支援医療の応益負担や、配偶者の収入認定に伴う課税世帯の応益負担は解決していません。ただちに解決すべきは、積み残された応益負担の問題です。これは、「改正」案でなくても実現できます。

3.障害者制度改革推進会議・総合福祉部会が提出した「4つの当面の課題」への着手を
2013年の新法施行を待てない自立支援法に残された多くの問題は、制度改革推進会議・総合福祉部会の「4つの当面の課題」(※)を中心とした予算措置や政省令等の見直しで解決してください。

※ ①利用者負担の見直し、②法の対象となる障害の範囲の見直し、③地域での自立した暮らしのための支援の充実、④新法作成準備のための予算措置

主旨説明
政府は2009年9月に、障害者自立支援法(以下、自立支援法)の廃止を宣言しました。また2010年1月7日には、自立支援法の違憲性を訴えた訴訟団と国(厚労省)は、「速やかに応益負担制度を廃止し、遅くとも平成25年(2013年)8月までに、障害者自立支援法を廃止し新たな総合的な福祉法制を実施する」ことを明記した「基本合意文書」を交わしました。全国14の地方裁判所で争われていた同訴訟は、この「基本合意文書」にもとづいて、すべて和解を締結しました。

これを機に政府は、国連の障害者権利条約の批准をめざした障害者制度改革(以下、制度改革)を開始し、2011年の通常国会を皮切りに、障害のとらえ方や範囲を見直す障害者基本法の抜本改正、自立支援法に代わる障害者総合福祉法(2012年国会)、差別禁止に関する法律(2013年国会)の制定をすすめようとしています。

ところが今臨時国会の会期中に、先の通常国会で廃案になった自立支援法「改正」案の再上程の動きが急浮上しました。しかもこの「改正」案の原型は、自公政権時代に厚労省が作成し、2009年の国会でも廃案になりました。つまり、2度の廃案を経て再び上程されようとしている「改正」案は、前政権が制定した自立支援法を前提としているため、同法の延命に主眼があり、自立支援法の廃止や制度改革を掲げた現政権の基本方針とは相反するものです。

「改正」案は「新法へのつなぎ法」という説明をよく耳にしますが、「改正」案の施行期日が、新法施行の1年前の2012年4月とされていることからも、とうてい「つなぎ法」とはいえません。
以上の主旨から、「改正」案の再上程の動きに対して強く抗議するとともに、上記の当面の対応策を求めるものです。

 地元出身議員を中心に、ファックスで抗議要請しました。
全国からもお願いします。

厚生労働委員会 委員名簿 
(2010年10月20日現在)

役職 氏名 ふりがな 会派 選挙区 FAX
1 委員長 牧 義夫君 まき よしお 民主 愛知4区 03-3508-3433
2 理事 青木 愛君 あおき あい 民主 東京12区 03-3508-3608
3 理事 石毛 えい子君 いしげ えいこ 民主 比例東京 03-3508-3373
4 理事 中根 康浩君 なかね やすひろ 民主 愛知12区 03-3508-3973
5 理事 藤田 一枝君 ふじた かずえ 民主 福岡3区 03-3508-3896
6 理事 柚木 道義君 ゆのき みちよし 民主 岡山4区 03-3508-3301
7 理事 加藤 勝信君 かとう かつのぶ 自民 岡山5区 03-3508-3289
8 理事 田村 憲久君 たむら のりひさ 自民 比例東海 03-3502-5066
9 理事 古屋 範子君 ふるや のりこ 公明 比例南関東 03-3508-3259
10 委員 石森 久嗣君 いしもり ひさつぐ 民主 栃木1区 03-3508-7530
11 委員 江端 貴子君 えばた たかこ 民主 東京10区 03-3508-3863
12 委員 大西 健介君 おおにし けんすけ 民主 愛知13区 03-3508-3408
13 委員 岡本 充功君 おかもと みつのり 民主 愛知9区 03-3508-3622
14 委員 黒田 雄君 くろだ ゆう 民主 千葉2区 03-3508-7534
15 委員 小宮山 洋子君 こみやま ようこ 民主 東京6区 03-3508-3319
16 委員 郡 和子君 こおり かずこ 民主 宮城1区 03-3508-3942
17 委員 斉藤 進君 さいとう すすむ 民主 静岡8区 03-3508-3404
18 委員 田中 美絵子君 たなか みえこ 民主 比例北信越 03-3508-3603
19 委員 長尾 敬君 ながお たかし 民主 大阪14区 03-3508-3830
20 委員 仁木 博文君 にき ひろぶみ 民主 比例近畿 03-3508-3434
21 委員 初鹿 明博君 はつしか あきひろ 民主 東京16区 03-3508-3337
22 委員 樋口 俊一君 ひぐち としかず 民主 比例近畿 03-3508-3362
23 委員 平山 泰朗君 ひらやま たいろう 民主 東京13区 03-3508-3365
24 委員 福田 衣里子君 ふくだ えりこ 民主 長崎2区 03-3508-3208
25 委員 藤村 修君 ふじむら おさむ 民主 大阪7区 03-3591-2608
26 委員 細野 豪志君 ほその ごうし 民主 静岡5区 03-3508-3416
27 委員 三宅 雪子君 みやけ ゆきこ 民主 比例北関東 03-3508-3613
28 委員 水野 智彦君 みずの ともひこ 民主 比例南関東 03-3508-3523
29 委員 宮崎 岳志君 みやざき たけし 民主 群馬1区 03-3508-3369
30 委員 山口 和之君 やまぐち かずゆき 民主 比例東北 03-3508-3850
31 委員 山崎 摩耶君 やまざき まや 民主 比例北海道 03-3508-3716
32 委員 吉田 統彦君 よしだ つねひこ 民主 比例東海 03-3508-3425
33 委員 あべ 俊子君 あべ としこ 自民 比例中国 03-3508-3436
34 委員 鴨下 一郎君 かもした いちろう 自民 比例東京 03-3591-3227
35 委員 菅原 一秀君 すがわら いっしゅう 自民 比例東京 03-3508-3264
36 委員 棚橋 泰文君 たなはし やすふみ 自民 岐阜2区 03-3508-3909
37 委員 谷畑 孝君 たにはた たかし 自民 比例近畿 03-3508-3726
38 委員 長勢 甚遠君 ながせ じんえん 自民 比例北信越 FAXなし        
39 委員 西村 康稔君 にしむら やすとし 自民 兵庫9区 03-3508-3401
40 委員 松浪 健太君 まつなみ けんた 自民 比例近畿 03-3508-3536
41 委員 松本 純君 まつもと じゅん 自民 比例南関東 03-3508-3455
42 委員 坂口 力君 さかぐち ちから 公明 比例東海 03-3508-3617
43 委員 高橋 千鶴子君 たかはし ちづこ 共産 比例東北 03-3508-3936
44 委員 阿部 知子君 あべ ともこ 社民 比例南関東 03-3508-3303
45 委員 江田 憲司君 えだ けんじ みんな 神奈川8区 03-3508-3292


 ★(↓関連記事も参照ください。このページだけを開いた時に、ページ下欄に表示されます。)
 ★今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan
 ii

ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ

関連記事

テーマ:障害者作業所 - ジャンル:日記

2010.11.16 | | Comments(1) | Trackback(0) | ・障害者自立支援法Ⅲ

コメント

生活破壊に加担する政治とは、大げさに言えば政治の存在が問われる。

政治が困った人のためにあるなら、自立支援医療の無料化、地域で自立できるだけの支援の必要性はあり。一施設の支援、一グループホーム世話人の支援、自治体の支援を超えて国として何が出来るのか、政治が何を出来るのか、想像力があるかどうかが問われている。
 政治とは何のためにある。困った人を助けずに、政党助成金だけむさぼる政治は今、必要か????
 長妻さんは自立支援法反対集会で「自立支援法は廃止する」と宣言して、違憲訴訟も和解した。
 言葉に誠意がなく、実際は延命だけする。口先だけの政治なら、政治はいらない。
 厚生労働副大臣とたわいもない話をする御用学者が行政の太鼓もちをして、自立支援法に苦しむ当事者の負担に想像しないなら、自立「支援」法自体が「支援」を否定する。
 困った人を助ける福祉を否定している。子の法律延命に手を貸す政治・行政・支援団体に言いたい。政治は誰のためにある。行政や、支援は誰のためにある。金儲けとしての福祉、自己責任のみ求める福祉なら、政治も、行政も、支援もいらない。
 自立「支援」法は「自立阻害法」で苦しめていても金儲けに夢中になり、困った人への想像力すら奪う悪法。
 タイトルにあるように、政治とは誰のためにあるのか??支援とは誰のためにあるのか??行政との癒着のためにあるのだろうか??行政は何のために存在するのか??問う悪法だという自覚が改正進める側には乏しい??なげかわしい。

2010-11-16 火 14:16:33 | URL | ぶじこれきにん #U9m.xr6A [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。