忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.1928 [時代の証言者]共産党・不破哲三(11)~(14)【【読売新聞】

 「どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される)」さんの[時代の証言者]共産党・不破哲三(11)(12)【読売新聞】より転載させていただきます。
 主観的な、部分紹介だけですので、ぜひリンク先で全文お読みください。

   20秋 055

[時代の証言者]共産党・不破哲三(11)/毛沢東の提案拒否、断絶(2010.11.16 朝刊)

 「一致点だけの簡潔なもの」という条件で、会談が始まりました。中国側はソ連を共同で非難するよう求めました。これでは国際統一戦線を求める私たちの立場がなくなります。「我々は、我々の立場と事情でソ連と論争している」と主張し、一致する範囲内でコミュニケを作り、周恩来との会談で公式に確認しました。

不破11

 ところが、「上海にいる毛沢東主席に会ってくれ」との要請に応じて28日に行くと、話が違いました。毛沢東はコミュニケを「軟弱だ」と否定したうえ、「北京の連中も軟弱だ」と自分の党指導部も批判しました。修正案にはソ連批判がみっちり書き込まれています。

 会談後の昼食会は穏やかなものでしたが、翌日、修正案を正式に拒否すると、状況は激変しました。毛沢東は「これ以上話すことはない」と会談を打ち切り、「コミュニケも自分との会談もなかったことにしよう」が最後の言葉でした。
・・・・・
 「50年問題を経て、日本の問題に外国の党の干渉は許さない「自主独立」路線を決めても、血とな
り肉となるには一定の期間と闘争が必要でした。しかし、中ソとの闘争を通じて、全党は鍛えられまし
た。若者が大量に入党し、党が前進する時期となりました。嵐に鍛えられるという感じでした。



[時代の証言者]共産党・不破哲三(12)/下町の選挙演説で苦労(2010.11.17 朝刊)

「次の参院選に出てもらうつもりだ」

 宮本顕治書記長がいきなり、国政選挙出馬の話を持ち出しました。1968年8月、宮本さんが団長を務めた党代表団の一員として2度目の北朝鮮訪問中、平壌の迎賓館で庭を散歩していた時のことです。

不破12

当時の写真を見ると、路地の街頭演説で聴いているのは子供ばかりとか、人出の多い錦糸町駅前の演説では、足を止めている人が全くいないとか、そんな光景がいくらでもあります。
・・・・・
 一番苦労したのは演説でした。論文は読み返してもらえますが、演説は耳ですぐ分かる論理でないと、聴衆がうなずいてくれません。文章を書く時も、演説で通用する「太い論理」を目指すようになりました。

 宮本さんは、その時々の私の演説をテープで聴いてくれて、「拍手が出てきた」などと、よく論評してもらいました。「笑いが出るようになったな」と言われたのは、本番が半年ほど後に迫った時期でした。
・・・・・
初出馬の時から、墨田区の地蔵坂にある居酒屋のおばあちゃんが、選挙の度に群馬・高崎名物の大きなダルマを持ってきてくれました。93年の選挙前に亡くなっても、息子さんが「不破さんの選挙の時はダルマを持って行け」との遺言通り、しょってきてくれてね。今も家に残してあります。

 そういう情の深さがありましたから、下町の選挙は面白かったし、政治家として鍛えられましたね。


[時代の証言者]共産党・不破哲三(13)(14)【読売新聞】より。
[時代の証言者]共産党・不破哲三(13)/40歳、まさかの書記局長に2010.11.18 朝刊 

 衆院選で初当選した翌年の1970年7月に開かれた第11回党大会で、新設された書記局長に就任しました。書記局長人事は当時大きな関心事で、私の自宅まで夜討ち取材に来る新聞記者もいたほどです。

不破13

 何も知りませんでした。人事を発表する大会最終日の前夜遅く、宮本さんから「明日、提案するからな」と言われ、驚きました。私は労働組合から直接党本部に入り、政策委員会などで働いてきて、党組織を運営した経験がないのです。

 「党全体を運営する仕事は無理です」と固辞しました。しかし、宮本さんは「そういうことは、明日の会議で言ってくれよ」と取り合ってくれません。

 翌日の会議でも言いましたが、みんなに「足りないところは助けるよ」と推されて、逃げるわけにもいかず、結局引き受けました。国会議員候補になった時と同じく、断るのはなかなか難しいんですよ。


 何で私に書記局長のポストが回ってきたのか。・・・・



[時代の証言者]共産党・不破哲三(14)/予算委員会で初の論戦2010.11.20 朝刊 

 1969年の衆院選で共産党は11議席を獲得し、国会での質問時間も大幅に増えました。70年2月27日、衆院予算委員会での総括質疑(現在の基本的質疑)が、私の最初の国会論戦となりました。持ち時間はたしか、1時間38分でした。

不破14

 ・・・・出版妨害は野党の公明党にかかわることなので、政府への質問としてどんな角度から取り上げるかは、なかなかの難問でした。

 先輩議員に聞いても、名案は出てこない。共産党が衆院で二けたの議席を得たのは49年以来のことです。私が当選する前、質問時間は5分とか10分でした。こうなったら、自分で考えるしかありません。私の出番は総括質疑の最終日でした。初日から委員会に詰め切りで各党の質疑をずっと聞き、質問の仕方を勉強しながら備えました。

 ≪不破氏は国会論戦を通して、与野党の間で「論客」との評価を高めていった。ロランCは船舶などに電波で位置を知らせる施設。不破氏は「核戦争時に攻撃目標になりやすく、人口密集地に置くことは危険だ」と追及した。反対運動が高まる中、米軍は79年2月に予定地の返還を発表。跡地では現在、東大柏キャンパスなどが整備されている≫

 ・・・総括質疑では、大きなテーマだけでも五つか六つは取り上げます。政府の答弁に応じて質問を展開しなければなりませんから、必要な資料はテーマごとに大学ノートに張り付けて持ち込みます。一つのテーマのノートが何冊にもなり、十数冊のノートを質問席に持ち込んだこともありました。



 ★(↓関連記事も参照ください。このページだけを開いた時に、ページ下欄に表示されます。)
 ★今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

関連記事

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

2010.11.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ・日本共産党Ⅱ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。