忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.21 歴史を学び、平和を誓う。・・・終戦62周年の夏

‘戦争が終わって 僕らは生まれた 戦争を知らずに 僕らは育った・・・‘
青春のころに歌ったフォークソング。

 今日は、戦後62周年の終戦記念日。盧溝橋事件に端を発した日中全面戦争から、70年。

 いったいあの戦争はなんだったのか・・・。
 
 日本の教育は、現代史を教えない。それは、大学入試に出ないからだ、と思っていたが、そんな薄っぺらな理由だけではなく、国家の政策的意図があると思えるようになった。
 
 いま、日本の政治、外交にとって、あの戦争をどう見るのか、歴史認識が鋭く問われている。

 先の参議院選挙では、これが、正面から問われた。
 安倍首相は、「戦後レジームからの脱却」を叫び、憲法改定をマニュフェストに謳った。
 戦後レジームとは、主権在民、恒久平和主義、基本的人権など憲法で明記された、国の政治の基本体制である。
 これをどう観るかは、まさにあの戦争をどう見るかに直結した課題である。

 安倍首相は、あの戦争を「アジア解放の正義の戦争」「自存自衛」の戦争だったと主張し、歴史をゆがめる「靖国派」の中心メンバー。
彼らの狙いは、首相が公言してはばからないように、「海外でアメリカと肩を並べて戦争ができる」体制作り。そのためには、9条改悪だけでなく、国民の戦争協力体制をつくり、人権も民主主義も押さえ込み、男女の共生も認めず・・・そんな国家の体制を作ることです。それが「戦後レジームからの脱却」・・・つまり、戦前の暗黒政治体制への回帰であり、行き着くところは、軍国主義日本の復活です。

 あの戦争は、世界再分割の野望をむき出しにした、天皇制政府と軍部による領土拡張と他国支配を目的にした、侵略戦争であり、そのやり方も、南京大虐殺や、「三光作戦」に見られる、戦時国際法も無視した残虐極まりないものであった。さらに、「創氏改名」、強制連行など、アジア解放などとはどこを見ても言えないものであった。

 7月30日、米下院本会議が全会一致で、「慰安婦問題」で、日本政府の公式な謝罪を求める決議をしたことは、首相や政府の歴史認識が、国際的には通用しないことの証明だろう。

 毎年、この頃には、メディア等で特集が組まれ、戦争体験の証言などが掘り起こされている。

 戦争を知らない世代も、積極的に想像力を働かせ、戦争についてを学ばなければならない。知った者は、伝えなければならないし、知らないものは知る努力をしなければならない。

 誰かが言っていた。

 恋愛は体験して学ぶものだが、戦争は、体験なしで学ばなければ・・・という風なことを。

 最近思うのだが、より若い、戦争を知らない世代には、「あの戦前の暗黒政治・・・」というだけでは、伝わらないのでは、と。
 (ここでは、そう書いただけだが・・)
それさえも、教えられていないように見受けられる。
 戦前の現実、その一つ一つのリアルな事例を、わかりやすく知らせていく努力が必要じゃないだろうか?
 
 国民が、まともに歴史から学んでもらったら、困る事情が、国家の側にある。だから、現代史は教えてこなかった。入試に出題しないという姑息なやり方で。
 ところが、これでは消極的過ぎる。そこで、「靖国派」は、自分たちに都合のいい歴史教科書を作り、無垢な少年たちの頭脳を、洗脳しようと言うたくらみだ。

 今朝のラジオで、山田洋次が言っていた。

 歴史をしっかり学ぼうと。あの戦争の歴史を学べば、どうして憲法を変えようという話が出てくるのか・・・と。

 つまり、歴史を学ぶということは、現在を見抜き、未来を描く力を身につけるということではないだろうか?

 ちょっと、まとまりなくなったが・・・。
 この日を、戦争を許さず、世界中に平和を求めて闘う決意の日としよう。

関連記事

2007.08.16 | | Comments(2) | Trackback(1) | ・9条・平和Ⅰ

コメント

体験しないで学びたい・・・

この盆休み期間中、「戦争」とか「平和」とかに触れる機会が多く、また考えさせられました。
みんな、「戦争はイヤだ」「戦争はしたくない」という想いは一緒なのに、どうして実行段階(身近な、現実的な、ひとつひとつの行動)になると一致できないんでしょう・・・・

いろんな考えの人がいますが・・・とにかく私は、「私の生き方」として(福祉とか、障害者ナントカとか抜きで)、やっぱり「平和」「戦争はNo!」を訴えていきたいと思いましたね。

(ちなみに私は中高生のときは「戦争はダメ」とは思っていましたが、現実としてリアルに考えていませんでした。上の大脇さんの文章にもあるようにi-240

2007-08-16 木 09:49:02 | URL | とくい #- [ 編集]

これは生き方の問題。
生き方とは、どうゆう価値を表現するのか、それをどう守るのか。つまり、大切なものを守り実現すること。それを阻むものとは、非妥協的に闘うこと。自分の中で、何を以って大切なものとするのか。価値観・・・人生の核心だと思う。

2007-08-17 金 20:33:02 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/21-39d901fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦後レジーム

戦後レジーム戦後体制(せんごたいせい)とは、太平洋戦争後の体制のことで、米英露中の戦勝国中心の政治体制であると言う主張もある。現在の安倍内閣は戦後レジーム(体制)からの脱却を目指しているが、それに関しては国民の間にも賛否両論がある。戦後

2007.08.17 | のぞみのblog

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。