忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.2051 物事をどう見るか?原発事故補償問題に触れて

 物事というものは、ぬっぺらぼうで平面的ではない。多様な顔・姿を見せる。
その本質を見抜くには、どういう立場から物事を見るかが肝心だということについて。

     1105043961.jpg

 福島原発の事故補償問題を考える時も、東電の立場と被災者・国民の立場は当然違う。要はどの立場に立って見て物を言うかである。

 原発事故補償問題が問題になりだした4月中旬、次のように書いた。

 福島第1原発:事故賠償補償料足りず 差額、国民負担に(毎日新聞)

 原発事故の損害賠償制度を定めた原子力損害賠償法(原賠法)に基づき、電力会社が毎年国に納めた補償料が、1962年の制度開始から2010年度まで累計で約150億円しかないことが12日、分かった。東京電力福島第1原発事故で、国は最低でも1200億円を支払う必要があるが、これまで受け取った補償料では足りず、不足分は国民負担で賄うしかない。

 バカ言ってんじゃないよ!全く身勝手にもほどがある。この東電の誠意のかけらも無い態度には頭にきた。

●@oowakitomosan
バカ言ってんじゃねえよ!先ずは内部留保の4兆円、次は役員が多額の身銭を切ってから!そして大企業の連帯で!/福島第1原発:事故賠償補償料足りず 差額、国民負担に - 毎日jp(毎日新聞) http://ow.ly/4yZa3

 東電の内部留保は2010年3月期決算で4兆2,290億円 。→http://amba.to/eu4sfd

 すると、次の趣旨のコメントが原子力損害賠償法の条項も引きながらるる書き込まれた。

「ヒステリーにならずに冷静になりましょうよ。
・・・
今回の事故による損害は、一応「異常に巨大な天災地変で生じた」ものです。素直に読めば「東電の賠償責任は問われない」と解釈できるのですが。」

 最終的な私の回答は以下。

大所高所から「客観的」に法を読む読み方もあるでしょう。
私はそういう立場ではありません。加害企業の責任を追及し、被災者への補償を求める立場から物事を見て行きたいと思っています。
 そこで、企業の責任範囲、国の責任範囲というものについてはあなたのの主張も含めて勉強して行きたいと思います。

 付け加えれば、原子力損害賠償法は加害企業の責任範囲を制限し国に責任を肩代わりさせようとするものでのない。第一義的に加害責任を果たさせつつ、それでも十分に被害者が救済されない場合、国は被災者救済目的を果たすために責任を持つというものだと読むべきだろう。

参考:■NO.2028 呆れ返るばかりなり!原発事故賠償を国民負担?東北関東大震災と福島原発大人災は分けるべきだろう

     1105043963.jpg

東電の責任回避を許してはならない。

 私の勉強の結論は、当時と基本的に変わらない。というより、ますます明快だ。
東電が原子力損害賠償紛争審査会に対して要望書をだし、今回の原発事故は原賠法の3条1項の『異常に巨大な天災地変』に当たるから免責されるべきだと主張している。早期の被災者救済を求めた1次指針に対しても「その全額の弁済をすることは早晩困難になる」「当社の実質的な負担可能限度も念頭に置かれたうえ」で補償範囲を決めてくれと値引きを要求しているのである。原発被害の賠償は全額賠償ではなく負担限度を想定して設定してくれという要求は賠償法の精神にも反する論外なものではないか。

 法は法である。
福島原発被害については、今後万単位の損害賠償裁判が起こされるであろうという見方もある。
法はたたかいが読むのである。

■2011年5月8日(日)「しんぶん赤旗」原発事故の責任感欠如 東電の審査会への要望書 損害賠償に後ろ向き


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     


原発事故の責任感欠如
東電の審査会への要望書
損害賠償に後ろ向き

----------------------------------------------------------------

 東京電力の福島原子力発電所事故の賠償範囲を検討する原子力損害賠償紛争審査会に対して東電が提出していた要望書の詳しい内容が7日までに分かりました。

 要望書は、同審査会が4月28日に賠償範囲に関する1次指針をまとめる3日前の同月25日に、東電の清水正孝代表取締役名で同審査会の能見善久会長あてに出されていました。

 要望書は今回の原発事故について、「弊社としては、本件事故による損害が原子力損害の賠償に関する法律(以下「原賠法」といいます。)3条1項ただし書きにいう『異常に巨大な天災地変』に当たるとの解釈も十分可能であると考えております」と主張しています。

 ここでいう原賠法の3条1項は、原発事故を起こした電力会社が免責される規定のことです。政府はすでに、今回の事故について、同法にもとづく免責には当たらないとの考えを示しています。この期に及んで、東電が福島第1原発事故の賠償責任が免責されるとの考えを自ら表明すること自体、史上最悪の原発事故への責任感が欠如していることを示しています。

 要望書はまた、「国による援助の具体的な方策が確定していないことから、弊社としては、仮に1次指針が策定されたとしても、その全額の弁済をすることは早晩困難になると考えられる」としています。早期の被災者救済を求めた1次指針に対しても、仮払いを含めた早急な損害賠償には後ろ向き姿勢を示しています。さらに、「1次指針の策定に当たっては、当社の実質的な負担可能限度も念頭に置かれたうえ」で補償範囲を決めることを要求。これは、東電による負担限度額を想定するよう求めているもので、原発被害の全額賠償を否定するものとなっています。



 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ


関連記事

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

2011.05.08 | | Comments(6) | Trackback(0) | ・震災救援・復興

コメント

共産党の責任は?

現行の原賠法の制度は共産党も賛成したものです。

異常な天災時に事業者の賠償責任を免ずる条項も含めて、共産党も賛成したものです。

共産党がその辺りの自らの行為を棚に上げるのは、アンフェアというか無責任ではないのですか?

2011-05-08 日 18:37:27 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

latter_autumn さんへ。

私は、現行の原賠法を批判してません。
それに賛成した共産党を批判する理由もありません。

共産党もその法律を批判しているわけではないようで。

論点がずれているみたいです。

2011-05-08 日 23:29:03 | URL | 友さん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-05-09 月 07:11:56 | | # [ 編集]

latter_autumnさんへ

今回の福島第一原発の炉心溶融は、全電源喪失を招いた受電鉄塔の倒壊がなければ、防げたはずです。この受電鉄塔の倒壊は、「津波の及ばない地域にあった」ことが、27日の衆院経済産業委員会での、日本共産党の吉井議員の質問で明らかになりました。つまり原子力安全・保安院の寺坂院長がこのことを認めたのです。海江田万里経産相は「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。鉄塔倒壊については9年間に6件も起こっており、2010年5月26日の衆院経済産業委員会で、吉井議員が鉄塔倒壊による炉心溶融の危険を指摘していました。
あなたは「異常な天災時に事業者の賠償責任を免ずる条項」を持ち出して、東電に賠償責任はないとおっしゃっていますが、送電鉄塔の安全管理がなされていれば、炉心溶融を防ぎ、放射能汚染を最小限に抑えることが出来たはずです。ですから原賠法第3条1項の「当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる」が厳格に適用されなければなりません。
ところで菅首相は、浜岡原発の危険性を認識して浜岡の全原子炉の停止を表明しました。首相としてのあるべき見識を評価します。

2011-05-09 月 08:14:08 | URL | jeanvaljean #- [ 編集]

ブーメラン

友さん

友さんと共産党は東電を批判しているつもりなのでしょう?
「東電が『天災なので事業者による賠償は免責されるはず』などと主張するのはけしからん」
と批判しているのではないですか?

それならブーメランが戻ってきますよ。
「天災なので事業者による賠償は免責される」旨は、原賠法に書いてあり、共産党も賛成したので。

「共産党も賛成したルールに則って免責を主張しているのに、共産党にけしからんと言われる筋合いはない」と反論されたらどうしますか。

「その点は我々共産党にも落ち度があった、こんな法制度に賛成したのは間違いだった、申し訳ない」とでも認めるのですか。

「東電が『天災なので事業者による賠償は免責されるはず』などと主張するのはけしからん」
と言いつつ、共産党が現行原賠法に賛成したことを棚に上げるのであれば、共産党の無責任としか言い様がないですよ(いや、そういう無責任は共産党に限ったことではないですけどね)。

私は共産党の「筋を通す」ところを評価して長らく支持してきましたが。
この問題については、共産党の「筋を通す」は投げ捨てられてしまったかのように見受けられ、少なからず失望しています。

jeanvaljeanさん

原賠法では、過失と賠償責任は別ですし、原因と結果も別です。

http://polarisjcpmetal.blog78.fc2.com/blog-entry-1045.html

2011-05-09 月 17:10:01 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

latter_autumn さんへ。

天災ではなく人災という認識。
この議論は最初のボタンのかけ方に違いがあるようで、かみ合いませんね。

この辺にしておきましょうか。

2011-05-09 月 18:01:10 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。