忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.2010 菅降ろしに原発の影 与野党に「電力人脈」 自・公責任隠し 小沢氏便乗か(「東京新聞」6・3) 

 「大連立は震災復興などではなく、原発推進勢力の野合」と書いて、「一読に値しそうだ・・・。」と紹介した東京新聞の「こちら特報部」の記事。

     110531fuji4099.jpg

 最近の新聞界にあって「東京新聞」は ジャーナリズムといえる数少ない存在だと思う。
この記事の件とは違うが、官僚からの圧力もいやらしいらしい。(興味ある方はリンク先でどうぞ↓)

@oowakitomosan
2011.06.06 20:02
「現代ビジネス」→http://bit.ly/jArasm東京新聞・長谷川幸洋「経済産業省の成田達治大臣官房広報室長が私の職場に"抗議電話"をかけてきた。霞が関がマスコミ操縦に使う「脅しの手口」がよく分かるので、紹介したい。」


 さてその新聞紙面だ。
ブロ友のススムさんのところで知り、調べると色々な方がすでに紹介してるが・・・。

     菅降ろしに原発の影
     首相なぜ追い詰められた
     「発送電分離」
     「浜岡に反発」
     自・公責任隠し 小沢氏便乗か


     photo.jpg

     与野党に「電力人脈」
     「政権不手際」にすり替える
     労組も推進派
     東電勝俣会長ら個人献金


     電力人脈

 震災後は、誕生会ぐらいしか話題に上らなかった小沢一郎氏。ここに来て「活躍」かと思いきや「これまで引き出せなかったものを引き出したから」と、「自由にやってくれ、俺は欠席だ」った。

 ところで、民主党はそれまでの原発「慎重論」から「積極論」に代わったのが鳩山小沢体制の時。この間、沈黙して来た小沢氏ですが、「万一事故が起こった時は大変な被害を周囲に与えてしまうことが今回の事故で明確になったわけだから、これからは火力発電とか再生可能エネルギーとか、原発に頼らない、新しいエネルギー政策を構築しなければならない」(アエラ2011.6.6)との発言もあるという。確認はしてないが、本当かな?*

@kamiwaki
2011.06.06 21:27 小沢一郎氏のHPでは、いまだに、2007年に民主党の原発政策をより推進に転じたことへの反省も謝罪もない。もちろん「脱原発宣言」はない。なのに小沢氏が「脱原発宣言」したというデマが流されている。本当に政策転換したなら、なぜ内閣不信任騒動の時には原発推進の自民党と組もうとしたのか!?

 同感です。

   (追記)*この小沢一郎氏の胡散臭い話はまったくののデマのようです。
       ■小沢「脱原発宣言」はデマ(vanacoralの日記)

 その後の大連立の動きや政治の流れを読む時に、この新聞記事は参考になるかも。私見は省略、どう読むかは読者の皆さん次第ということで。
 ラッキーなことにvanacoralの日記さんがテキスト化したものを載せている。
こちらにも転載させていただき、皆さんに紹介します。(”続き・・・”へ)

 ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     
 
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
  きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ


■【特報】菅降ろしに原発の影(3日付東京新聞)

 不信任決議や党分裂の最悪の事態こそ回避したものの、「辞意表明」へと追い込まれた菅直人首相。首相としての求心力は放棄したのも同然だ。それにしても「菅降ろし」の風は、なぜ今、急に、これほどの力を得たのか。背後に見え隠れするのは、やはり「原発」の影だ。初の市民運動出身宰相は、この国の禁忌に触れたのではなかったか。 (佐藤圭、小国智宏)




 今回の「不信任案政局」を振り返ると、菅首相が原子力政策の見直しに傾斜するのと呼応するように、自民、公明両党、民主党内の反菅勢力の動きが激化していったことが分かる。

 首相は五月六日、中部電力に浜岡原発(静岡県御前崎氏)の原子炉をいったん停止するよう要請。十八日には、電力会社の発電、送電部門の分離を検討する考えを表明した。

 さらに事故の原因を調べる政府の「事故調査・検証委員会」を二十四日に設置。二十五日には外遊先のパリで、太陽光や風力など自然エネルギーのそう電力に占める割合を二〇二〇年代の早期に20%へと拡大する方針も打ち出した。

 自民党の谷垣禎一総裁も十七日、不信任決議案を提出する意向を表明し、公明党の山口那津男代表も即座に同調した。表向きは「東日本大震災の復旧・復興に向けた二〇一一年度第二次補正予算案の今国会提出を見送った場合」という条件を付けたが、原発をめぐる首相の言動が念頭にあったことは間違いない。

 実際、自民党の石原伸晃幹事長は六月二日、不信任案への賛成討論で「電力の安定供給の見通しもないまま、発送電の分離を検討」「日本の電力の三割が原発によって賄われているのに、科学的検証もないままやみくもに原発を止めた」と攻撃。菅降ろしの最大の理由の一つが原発問題にあることを“告白”した。

 民主党内でも、小沢一郎元代表周辺が五月の大型連休後、不信任案可決に向けた党内の署名集めなど多数派工作をスタートさせた。二十四日には、小沢氏と、菅首相を支持してきた渡部恒三最高顧問が「合同誕生会」を開催。渡部氏は、自民党時代から地元福島で原発を推進してきた人物だ。

 日本経団連の米倉弘昌会長はこの間、首相の足を引っ張り続けた。浜岡停止要請は「思考の過程がブラックボックス」、発送電分離は「(原発事故の)賠償問題に絡んで出てきた議論で動機が不純」、自然エネルギーの拡大には「目的だけが独り歩きする」という具合だ。

 金子勝慶大教授は、福島第一原発の事故について「財界中枢の東電、これにベッタリの経済産業省、長年政権を担当してきた自公という旧態依然とした権力が引き起こした大惨事だ」と指摘する。

 当然、自公両党にも大きな責任があるわけだが、「菅政権の不手際」に問題を矮小(わいしょう)化しようとする意図が見える。

 金子氏は、不信任案政局の背景をこう推測する。「菅首相は人気取りかもしれないが、自公や財界が一番手を突っ込まれたくないところに手を突っ込んだ。自公は事故の責任が自分たちにあることが明らかになってしまうと焦った。それを小沢氏があおったのではないか」



 なるほど自民党と原発の関係は深い。

 一九五四年、当時若手衆院議員だった中曽根康弘元首相が、「原子力の平和利用」をうたい、原子力開発の関連予算を初めて提出、成立させた。保守合同で自民党が誕生した五五年には、原子力基本法が成立。その後の自民党の原発推進政策につながっていった。

 七四年には田中角栄内閣の下、原発などの立地を促す目的で自治体に交付金を支出する電源三法交付金制度がつくられ、全国の僻地(へきち)に原子炉を建設する原動力となる。

 自民党と電力会社の蜜月時代は今も続く。

 自民党の政治団体「国民政治協会」の二〇〇九年分の政治資金収支報告書を見てみると、九電力会社の会長、社員ら役員が個人献金をしている。

 東京電力の勝俣恒久会長と清水正孝社長は、それぞれ三十万円。東北電力の高橋宏明会長は二十万円、海輪誠社長は十五万円。中国電力の福田督会長と山下隆社長はそれぞれ三十八万円を献金している。

 会長、社長以外でも、東京電力では、六人の副社長の全員が十二万~二十四万円を、九人の常務のうち七人が献金していた。

 九八年から昨年まで自民党参院議員を務めた加納時男氏は元東京電力副社長。党政調副会長などとしてエネルギー政策を担当し、原発推進の旗振り役を努めた。

 民主党の小沢元代表も、東京電力とは縁が深い。

 東京電力の社長、会長を務めた平岩外四氏は、九〇年から九四年まで財界トップの経団連会長。九〇年、当時自民党幹事長だった小沢氏は、日米の草の根交流を目的として「ジョン万次郎の会」を設立したが、この際、平岩氏の大きな支援があったとされる。

 「ジョン万次郎の会」は、財団法人「ジョン万次郎ホイットフィールド記念 国際草の根交流センター」に名を変えたが、今でも小沢氏が会長で、東京電力の勝俣会長は顧問に名を連ねている。「(原発事故は)神様の仕業としか説明できない」などと東京電力擁護の発言をしている与謝野馨経済財政相も、現在は大臣就任のため休職扱いだが、副会長に就いていた。与謝野氏は政界入り前に日本原子力発電の社員だった経緯もある。

 一方、電力会社の労働組合である電力総連は、民主党を支援している。労働組合とはいえ労使一体で、エネルギーの安定供給や地球温暖化対策などを理由に、原発推進を掲げてきた。原発で働いている組合員もいる。

 また電力総連は、連合加盟の有力労組であり、民主党の政策に大きな影響を及ぼしてきた。

 組織内議員も出していて、小林正夫参院議員は東京電力労組の出身。藤原正司参院議員は関西電力労組の出身だ。

 つまり、エネルギー政策の見直しを打ち出した菅首相は、これだけの勢力を敵に回した可能性がある。

 結局、菅首相は「死に体」となり、発送電分離や再生可能エネルギー拡大への道筋は不透明になった。「フクシマ」を招いた原子力政策の問題点もうやむやになってしまうのか。すべてを「菅政権の不手際」で“収束”させるシナリオが進行している。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デスクメモ

 脱原発の道は容易ではない。そんな思いでいるところへ、福島・阿武隈川のヤマメから規制値超えの放射性物質が検出されたニュースが飛び込んできた。三十年来の釣り友だちが「おれの釣りの原点は子ども時代を過ごした阿武隈川だ」と話していたのを思い出した。彼の顔が目に浮かんだ。悔しいな。(充)


関連記事

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.06.07 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・マスコミ・テレビ・新聞Ⅱ

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/2170-a71f2555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢「脱原発宣言」はデマ

ブログ『大脇道場』を運営している大脇 友さん(@oowakitomosan)のTwitterより。 @kamiwaki こんばんわ。これどうなんでしょう?こんな大事なこと堂々と表明しているわけでもない。HPにもない。胡散臭いなあ。→「原発」で政界再編起きる・小沢一郎が「脱原発宣言」(A

2011.06.07 | vanacoralの日記

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。