忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.2171 「私たちのめざす新法、障害者総合福祉法を実現させよう 福岡県民集会」ご案内

 自分たちのことは自分たちで決めよう!
希代の悪法=自立支援法を廃止し、新しい障害者総合福祉法を作る・・・
これからが正念場です。

 「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」(骨格提言)は、「2つの指針」(障害者権利条約と「基本合意」)に導かれ、我が国の障害者福祉制度史上、初めて当事者が主体となり、障害の種別を超えて、法律を共同で作るという歴史的な画期となるものです。

 そして、あたらしい法律作りは厚労省の手に委ねられました。
しかし、厚労省は「ハイそうですか」という訳にはいきません。あくまでも介護保険と統合にこだわり、「骨格提言」の骨抜きを狙っています。

 まさに、「提言」の中身を反映させるには、今後の運動にかかっています。
全国各地での取り組みが進んでいます。そこで福岡での取り組みの紹介です。

 「私たちのめざす新法、障害者総合福祉法を実現させよう 福岡県民集会」
   11月30日(水)11時~ 須崎公園(地図)~市内パレード

  
     県民集会

 これに先立ち、我が陶友でも学習会をしました。
障害者福祉の問題を語るのは、職員にならいざ知らず、普通の人にわかり安く伝えるのは結構難しく、聞く側にも面白くないものです。
 
 今の局面の具体的な話だけではなく、傷害や障害者の問題を大きな視野で、一人一人の「自分」につながるような話にすることができるのか・・・。

     囲炉裏開き

 囲炉裏開きには、かつての実習生や学生も10人ほど参加していただき総勢30名ほどの学習会になりました。

 以下は、30分ほど大急ぎではなしした、ミニ講演のレジュメを添付しておきます。



 障害・障害者はどこからきてどこに行くのか?
    ・・・・「厄介者」→「保護の客体」→「権利の主体」へ!・・・・


                          2011.11・26(土) ゆうゆう囲炉裏開き
                         by 大脇 友さn

◆いのちの誕生と障害
 ・私の命は、38億年の生命の歴史を引き継ぎ、しかも70兆分の1の確率で生まれた、唯一無二の命。
 ・障害は私たちのつながる「いのち」の一部

◆障害とは何か
 ・その構造(機能・形態障害、能力障害、社会的不利)
 ・環境との相互作用の中で障害をとらえる(医学モデル→社会モデル)

◆歴史の中の障害者
 ・原始共同体の中で、重い障害者と共に生きた先輩たち(後期ネアンデルタール人、4,5万年前?)
 ・富の余剰生産と私物化の中で、障害は顕在化した(弥生時代、1万年前?)
 ・戦争とともに・・・「ごくつぶし」

◆障害者権利宣言 (1975.12)
 
◆国際障害者年(1982年~92年)
 完全参加と平等、ノーマライゼイション思想の普及

◆陶友の設立(1992年)
  ・障害者運動の発展の中で

◆「障害者自立支援法」(2005年成立06年施行)
・障害者の自立と生活の保障を、本人の自己責任と家族介護、扶養に押し付ける(自助努力)政策=25条、生存権保障における国の責任の放棄
・地域における共同と連帯に分断を持ち込む
・利用料の一割=「応益」負担の導入  諸悪の根源  障害自己責任論

◆「障がいのある人の権利に関する条約」(障害者権利条約)(2006.12)
・「障がいのある人が個々に必要な支援を得て社会の対等の一員として位置づけられること(インクルージョン)」といった理念が広く浸透し、障がいのある人は、社会の一員として  すべての基本的人権を完全かつ平等に享有し、固有の尊厳を有する権利の主体であると国際的に確認された。
・権利が認められてるということだけでなく、その権利が守られるために、社会的措置や個別に応じた「合理的配慮」が求められており、障害者差別が禁止されている。

→「わたしたちのことを、わたしたち抜きに決めないで!」の運動が発展
     条約の批准運動と自立支援法反対の活動を結び付けて・・・

◆自立支援法違憲訴訟(2009~2010年 勝利和解)
 ・1月7日 障害者自立支援法訴訟団 政府との「基本合意文書」締結
   「障害者、家族、関係者に対する多大な混乱と生活への悪影響を招き、障害者の人間としての尊厳を深く気付つけたこと」への、国としての「心から反省」
   応益負担の廃止、新法は憲法と基本的人権に沿って、介護保険との統合を拒否…等。
・「障がい者制度改革推進本部・会議」総合福祉部会 構成員55人(過半数が当事者関係者)
 
◆障害者基本法の一部改正(2011.8)(理念法)
  ・共生社会の実現、障害定義の見直し、差別の禁止…等。

◆骨格提言…「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」(2011.9)
  ・我が国の障害者福祉制度史上、初めて当事者が主体となり、障害の種別を超えて、法律を共同で作る歴史的な画期!
・「保護の客体」から「権利の主体」へ!
「2つの指針、6つのめざすもの、10の柱」(別紙資料)
*「2つの指針」・・・障害者権利条約と「基本合意」

◆「総合福祉法」(実体法)づくりへ
「骨格提言」の完全実施へ 第35次国会請願署名運動の成功を
「世界に誇れる新法をーー自立支援法から総合福祉法へーー」
 ①障害者自立支援法に代わる新法は、「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」に基づいて制定してください。
② 障害者自立支援法に代わる新法の制定にあたっては、必要な予算を確保してください。
◆福岡県民集会
  「私たちのめざす新法、障害者総合福祉法を実現させよう 福岡県民集会」
   11月30日(水)11時~ 須崎公園

*(添付資料)「骨格提言」概要




  ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     


関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

2011.11.29 | | Comments(0) | Trackback(2) | ・障害者総合福祉法制定へ

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/2318-ad4dd4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TPPを阻止しなければならない理由その1~モンサント

---------------------------------------------------------------------------------------- 除草剤耐性作物 除草剤耐性作物は、特定の除草剤に耐性を持つ遺伝子を組み込むことにより、除草剤をまいても枯れないようにした作物です。普通、除草剤は選択性(効果を発揮す…

2011.11.28 | たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ

「最高責任者には「責任」が無い」不思議の国、日本

胡散臭い『国民的人気の安倍晋三』枕詞で一世を風靡した『美しい国』の元首相が産経新聞記者阿比留瑠比との2011.11.23 『安倍元首相インタビュー、一問一答』が、日本国の深刻な病巣を示している。 我が日本国では世界基準の正反対で、『責任者には責任は無い』仕組みな...

2011.11.29 | 逝きし世の面影

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。