忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.2233 市民の責任、国民の責任。「自分自身の歴史、そして自分が関っている社会の現在・未来については、すべての人にそれぞれの責任がある。」(小出裕章)橋下市長の思想調査にどう立ち向かうか。

 市民、国民の責任という視点から、三度、ニーメラー牧師の告白を思い起こそう。

     DSCF0863_convert_20120215004259.jpg

 ★なぜナチスを阻止できなかったのか(マルチン・ニーメラー牧師の告白)

 ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動にでなかった。
 次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから何も行動にでなかった。
 それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、自分はそのたびにいつも不安をましたが、それでもなお行動にでることはなかった。
 それからナチスは教会を攻撃した。
 自分は牧師であった。
 だからたって行動にでたが、そのときはすでにおそかった。



 佐賀大学の豊島 耕一先生が、橋本市長の思想調査に関する私のフェイスブック投稿に、「 ニュールンベルグ原則の第四を一般化して考えれば,「違法な命令には従う必要はない」ではなく,「違法な命令には従ってはならない」となります.アンケートに答えること自体が不当ということです」と指摘されています。

ニュールンベルグ原則
第四原則
政府または上司の命令にしたがって行為した者は、道徳的選択が現実に可能であったとき、国際法上の責任を免れない。



 なるほど、死刑をもって弾圧したあの治安維持法下の暗黒政治の中においては、政府の命令にそむき戦争に反対するのは「道徳的選択」の余地は皆無に等しかっただろう。
しかし、思想信条の自由が保障されている今日、大阪市職員が橋下市長の憲法違反の業務命令を拒否することは「道徳的選択が現実に可能で」であり、その命令にに従うというのは「責任を免れない」。
したがって、「違法な命令には従ってはならない」ということだろう。

市民の責任、主権者の責任の問題。
 小出裕章さんは 著書「原発と憲法9条」のまえがきで以下のように書いている。
原発と憲法9条

 自分自身の歴史、そして自分が関っている社会の現在・未来については、すべての人にそれぞれの責任がある。福島第一原子力発電所のじこについては、原子力ムラの人たちに重い責任がある。私も、原子力の旗は振らなかったが、原子力の場にいる人間として、普通の人とは違う責任がある。普通の日本人はただ日本の国と電力会社の宣伝に騙されてきたという言い訳が出来ない訳ではない。しかし、騙されたから仕方がないというのであれば、また騙されることになる。一人一人が自分の責任の重さを考え、それを引き受けるようになってくれれば、原子力など容易に廃棄できると私は確信する。

 現代民主主義は、その権利主体たる市民・国民の高い責任と自覚によってこそ確かなものになるということだ。

 消費税の問題にしろ、原発や核の問題にしろ、障害者問題にしろ・・・、あらゆる社会問題を前に、私は知的障害者とともに向き合わながら、思う。
「彼らが愚衆に道連れにされるなんて、とてもじゃないが耐えられない!」と。


最後に、今日の「しんぶん赤旗」から。

違憲・違法な「思想調査」直ちに中止せよ
志位委員長が会見
無法行為の矛先は市職員だけでなく、全市民・国民にむけられている


 日本共産党の志位和夫委員長は16日、国会内で記者会見し、橋下徹大阪市長による職員への思想調査について、「無法行為の矛先は市職員だけでなく、全市民・国民にむけられている――違憲・違法な『思想調査』をただちに中止せよ」との談話を発表しました。 (関連記事
---------------------------------------------------------------

 一、橋下徹大阪市長が、全職員を対象に、「労使関係に関する職員のアンケート調査について」という名目で、政治活動への参加の有無、投票行動にかかわる問題、組合活動への参加の有無、組合活動についての考え方などについて、憲法違反の「思想調査」をおこなっていることにたいして、労働組合、民主団体、法律家など、広範な人々からきびしい批判の声があがっている。

 一、この「思想調査」は、すでに多くの人々から指摘されているように、第一に、憲法第19条に保障された思想・良心の自由、第21条に保障された政治活動の自由を乱暴に蹂躙(じゅうりん)するものである。さらに、第二に、憲法28条に明記された労働組合の正当な活動を侵害する不当労働行為である。

 しかも、この「思想調査」は、「処分」で威嚇しての「市長の業務命令」という形をとり、異常な権力的強制をもってすすめられている。

 憲法順守義務を負う自治体の長が、幾重にも憲法を蹂躙して、職員の思想・良心の自由、政治活動の自由を土足で蹂躙し、その人格をまるごと支配しようというのは、文字通りのファッショ的な恐怖政治、独裁政治以外の何ものでもない。

 一、くわえて強調したいのは、違憲・違法な「思想調査」の矛先が、市職員にとどまらず、すべての市民・国民にむけられていることである。

 たとえば、「あなたは、この2年間、特定の政治家を応援する活動(求めに応じて、知り合いの住所等を知らせたり、街頭演説を聞いたりする活動も含む。)に参加したことがありますか」という設問に対しては、職員本人の参加の有無とともに、「誘った人」の氏名まで回答することを求めている。「誘った人」は、大阪市職員に限定されておらず、一般の市民、国民までが対象とされている。

 また、「あなたは、この2年間、職場の関係者から、特定の政治家に投票するよう要請されたことはありますか」という設問に対しても、職員本人が要請されたかどうかの有無とともに、「要請した人」の氏名まで回答することを求めている。ここでも「要請した人」は、大阪市職員に限定されておらず、一般の市民、国民までが対象とされている。「職場の関係者」とあるが、「関係者」となれば、それは無限定に、どこまでも対象が広がることになることは明瞭である。

 つまり、一般の市民、国民が、大阪市役所の職員に、「街頭演説に行きませんか」「だれだれを投票してくれませんか」と声をかけたら、それらの市民、国民の氏名を報告せよということになる。こうして、この「アンケート」は、市職員にたいする違憲・違法な「思想調査」にとどまらず、一般の市民・国民に対する違憲・違法な「思想調査」をおこなうものとなっている。これは市役所を、市民の福祉のための機関から、住民監視のための秘密警察的機関へと変えてしまう、きわめて重大な問題である。

 自らの権力を振りかざし、こうした行為を平然とおこなう人物に、日本国憲法のもとで政治にたずさわる資格はない。

民主主義守る一点で共同を
 一、日本国憲法で保障された基本的人権は、日本のあらゆる場所において、あらゆる国民に対して保障されなければならない。憲法が通用しない場所を、日本のどこであれつくることは、決して許すわけにはいかない。ことは、大阪市にとどまらず、日本の民主主義全体にかかわる重大な問題である。

 わが党は、大阪市長が、違憲・違法な「思想調査」をただちに中止し、すでに回収したデータを即時廃棄することを強く求める。憲法で保障された人権と民主主義を守るという一点での、市民、府民、国民の広い共同を呼びかける。

 橋下氏と「維新の会」は、国政進出を狙って、あれこれの「政策」なるものをならべているが、その本質は、この勢力が大阪で現にすすめている独裁政治・ファッショ政治を国政に押し広げようというものに他ならない。わが党は、この危険な野望を断固として打ち砕くために、民主主義を守るすべての人々と共同して奮闘する決意である。


   ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2012.02.17 | | Comments(5) | Trackback(0) | ・橋下政治と民主主義

コメント

橋下市長は政治家失格…。

“日本国憲法”を遵守すべき首長が、憲法を蹂躙する暴挙の数々…、断じて許されざるものです。 思想調査(アンケート)…まるで“治安維持法”下の暗黒時代と見紛う程の憂々しき異常事態と言わざるを得ませんね…。
熱病にも似た異常な橋下人気…、国政にもハシズム独裁政治が蔓延するのも時間の問題でしょう…。わが身可愛さに、独裁者に擦り寄る政党や政治屋の醜態を見るにつけ、ハラワタが煮え繰り返る思いです。この異常事態が続けば、日本国憲法が改悪されることは必至でしょう。 日本の最高法規である“日本国憲法”は、国家権力の暴走を抑え、主権者たる国民を権力側から守るかけがえのない法律であるということを再認識し、橋下市長の暴走を阻止しなければ、とんでもない暗黒社会に逆戻りしてしまいます。今一度、立ち止まり冷静に対処する必要性をヒシヒシと感じます。日本共産党以外の政党は、橋下市長の暴挙を見て見ぬ振りを決め込んでいる様ですが、本当に情けない限りです。
橋下市長は石原都知事と同じく、『核武装容認論者』です。この様な危険極まりない政治家の暴走を何としても阻止しなければなりませんね…。

2012-02-17 金 21:42:15 | URL | 青い鳥 #- [ 編集]

ニーメラーの警句2012年日本版

大脇さんが3度記載した「ニーメラーの警句」ですが、これを読み2012年日本版を作ってみました。実は先月、村野瀬玲奈さんのウェブサイト「村野瀬玲奈の秘書課広報室」にも書き込みましたが、改めてここにも書き込みます。


大阪維新の会が大阪市職員を攻撃した時、私は少し不安だったが大阪市職員でなかったので特に何もしなかった。

ついで、大阪維新の会は、大阪維新の会とそのシンパ(みんなの党?石原新党?)以外の政党を攻撃した。私は更に不安を感じたが、攻撃された政党の支持者でなかったので何もしなかった。

それから大阪維新の会は学校、マスコミ、身体障がい者等を次々と攻撃し、私はその都度不安になったがそれでも何もしなかった。

ついに、大阪維新の会は私達一般庶民を攻撃した。私は生活がかかっているので行動したが、すでに遅かった。


私達は何としてもこれが現実とならないようにせねばなりません。いい加減今週、橋下市長のインタビューを大々的に掲載した朝日新聞以下、マスコミは橋下市長批判を始めてほしいものです。

2012-02-17 金 21:45:13 | URL | 関東の30代男 #tb172d7s [ 編集]

青い鳥さんへ。

こんばんわ。
お久しぶりです。まったくすべてに同感です。
事態は少し動き、回収したアンケートの開封・集計作業ををいったん凍結するといっています。
しかし、それがどう保障されるのでしょうか。
調査にどれだけ応じたのか気にはなりますが、
橋下は一定の実を取ったはずです。
親衛隊や秘密警察に抜擢する人材ぐらいはめどをつけたのかもしれません・・・。

即刻は期せよ!謝罪せよ!
で、世論と運動を盛り上げなくてはなりません。

それと、市民・国民がどうすれば賢い主権者として学ぶのか・・・。
職場で若者たちとの学習を進めていますが亜、間弱に会わず多少歯がゆい気がしています。
がんばりましょう。

2012-02-17 金 23:30:47 | URL | 友さん #- [ 編集]

関東の30代男さんへ。

こんばんわ。
このさびしい欄にコメント、ありがとうございます。
まったくおっしゃるとおりですね。

> 私達は何としてもこれが現実とならないようにせねばなりません。いい加減今週、橋下市長のインタビューを大々的に掲載した朝日新聞以下、マスコミは橋下市長批判を始めてほしいものです。

同感ですね。
それとこのエントリーで書いたように市民・国民が主権者としての責任をどう背負い果たしていくのか、大きな課題を突きつけられていると思います。

がんばりましょう。


2012-02-17 金 23:33:58 | URL | 友さん #- [ 編集]

橋下氏の応援報道に抗議して朝日不買運動を起こしましょう

橋下氏の行いを一つ一つ批判するだけでは、手品師(橋下氏)が見せる手わざに踊らされることになってしまいます。
自己顕示欲、権力欲、支配欲のかたまりである橋下氏が府知事選挙と市長選挙で当選したのは、彼の選挙戦略や人徳などによるものではなく、テレビ局、特に朝日放送の過剰な応援報道による世論操作の結果です。朝日放送の筆頭株主である朝日新聞も絶えず、橋下氏の太鼓持ち記事を掲載しています。これらの報道は朝日の一貫した姿勢の表れと考えます。
朝日新聞の秋山社長は、世論を操作し、国民が誤らないように導くことが新聞の役割であり、責任であると公言する人物です。とんでもないことです。新聞の役割とは正しい情報を伝え、国民が正しい判断ができるようにすることです。国民は指導されるべき愚民ではありません、主権者です。
ぜひ、橋下氏への応援報道に抗議して朝日の不買運動を起こしましょう。

2012-02-20 月 16:23:46 | URL | 関西人 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。