忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.2587 河本よ、なぜ頭を下げた?「俺は悪くない!生活保護は権利だ!」と言ってみな。

 人気お笑い芸人コンビ「次長課長」の河本準一氏をカッコウのネタで叩き、生活保護切捨ての下地作りをやってますね。
 ワイドショー政治!きわめて危険な風潮です。

 412631_317665241646712_2031190745_o.jpg

何かに便乗して鬱憤晴らしをしたい・・・、最近の「橋下人気」と同じ社会の「空気」を感じますね。
そして、河本は格好の餌食だとばかりに、政治がこれを巧妙に利用する。
公務員バッシングにも共通するやり方だと思います。

 河本よ、なぜ頭を下げた?「俺は悪くない!生活保護は権利だ!」と言ってみな。生活保護の山本太郎になってみな!と言いたいところです。

 早速、小宮山厚労大臣が生活保護支給引き下げを表明しました。

生活保護支給引き下げ検討 厚労相、見直し表明2012/05/25 17:45 【共同通信】

 小宮山洋子厚生労働相は25日午後の衆院社会保障と税の一体改革特別委員会で、生活保護費の支給水準引き下げを検討する考えを表明した。生活保護の受給開始後、親族が扶養できると判明した場合は積極的に返還を求める意向も示した。

 消費税の増税や年金額の切り下げなど、国民に痛みを強いる改革を進めているため、生活保護も聖域視せず、削減する必要があると判断したとみられる。

 過去最多の更新が続く生活保護をめぐっては、自民党が10%の引き下げを求めており、見直しの議論が加速するのは必至だ。


 そもそも、何ら法的な違反はないのに、倫理的道義的な問題に絡めて批判する風潮は思考停止状態ですね。。

 河本さんの問題をわざわざ国会でも取り上げた自民党の片山さつき議員は、河本氏の謝罪会見を受けて、

「生活保護を受ける人の親族や資産に対する地方自治体の調査権限が弱く、執行体制を支える人員や予算も少ないので、これらを強化することが今回の問題の本質だ。『追及を弱めるな』という反響が多く来ており、自民党として、法改正や執行体制の強化に向けた提言を打ち出していきたい」

と、迫ったのです。

 この件には多くの方が触れていますが、問題を冷静に見るために、以下三つのブログをを参考にオススメします!詳しくはぜひリンク先でどうぞ、…って、またまた他人の褌です(笑)

 まずは、生活保護がなんたるかの基本を。

河本準一さん親子問題から考えると間違える。生活保護の本質は憲法上の基本的人権である生存権の保障だ!

河本ギャグ


実は今日、河川敷で暮らすホームレスの方々のテントをまわって、生活保護申請を提案するボランティアに行くんです。
路上生活ほど「健康で文化的な最低限度の生活」からはずれた生活はありません。
そんな生存権を侵害された人がまだ多数いらして、生活保護を受けずに、受けられずにじっと耐えておられる、それをそのまま放置している。
それが、生活保護問題の最も重要な問題なのです。
河本さんの問題に目を奪われませんように。


 つづいて、「河本準一氏叩き」が隠そうとする危うさについて・・・。

河本準一氏叩きで見失われる本当の問題

 ・・・わたしは河本氏叩きにはまったく賛同できない。不正はなかったにも関わらず、河本氏に謝罪を強要した社会を、わたしは怖いと思う。

河本氏批判の結果で恐れること

わたしは河本氏を叩くことで以下のような流れになることを恐れる。
1.「援助可能な収入のある親族」が存在するものの、実際には援助を受けられない立場の人たちが、ただ単に「援助可能な人がいる」というだけで生活保護を受けられなくなること。
2.不正受給は改善すべきであるが、単純に「不正受給をなくすためには受給条件を厳しくすればよい」という流れになって結局、必要な人に必要な生活保護が認定されないこと。
3.不正受給の追及にのみ専念し、生活保護を必要とする人が増えている現状を何も変えようとしないこと。
4.そもそも、不正受給分が適正に配分されたとしても、生活保護が全然足りていないという現状から目をそらし、「不正受給のせいで必要な人に回らない」という考えで不正受給叩きに専念すること。
5.門前払いが厳しすぎたり、一度受給すると生活保護から抜けることが難しくなるという現状の問題点が見逃されること。
6.別に不正でも何でもないことを不正だ不正だと騒ぎ立てることに対して疑問を抱いたら「不正受給者を擁護する」と扱われること。
7.「自分の払った税金」が他の人に使われることに対する嫌悪感が拡大すること。
8.「払えるのに払わなかったのは許せない」という道徳・倫理的な「反感」が、いつの間にか「社会正義」扱いされ、巨大な圧力となって数々の弊害を招くこと。
9.「子は親を養って当然(社会に養わさせるな)」が今後の高齢化社会においても強固な信念として抱かれ続け、その結果として自分の親の介護負担が過重なものとなってそこから逃れられなくなること。
10.河本氏と無関係な「民族問題」になぜか結びつけられること。

以上のようなことにならないことを強く願う。結論から言えば、河本氏叩きには何の意味もないし、氏が謝罪・返金する必要はまったくなかったと思う。ただ、これをきっかけに生活保護が「困っている人たちにまんべんなく」与えられるようになることを願うものである。そのために増税がどうしても必要なのだったら、甘んじて受け入れよう(それがこの信念に対する筋というものである。ただし、安易な増税はノーサンキューだ)。


 次も全く同意!です。

星野智幸 言ってしまえばよかったのに日記

「この件で異様さを感じるのは、生活保護の実態への関心など本当はなく、ただ世間の何でもいいから叩いてやりたい、バッシングしたいという気分に、人気の芸能人がらみという点がうってつけだったために騒ぎが大きくなっただけなのにもかかわらず、政治が動いている点だ。政治を動かす要素は、もはや現場の実情や構造、その分析ではなく、世の中の漠然とした気分へと、すっかり取って代わっている。
 バッシングを受けて政治が生活保護水準を下げたりしたら、どのようなことが起こるか。ただでさえ、社会から経済的社会的にこぼれ落ちて、生存の瀬戸際にいる大量の人たちを、死の側へ押しやることになる。背中を押したら死ぬとわかっている人に対し、複数人で背中を押したら、これは殺人になるのではないだろうか。今の社会が行っていることは、そのような行為である。有権者も政治家も、報道も含め。」



   ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2012.05.26 | | Comments(12) | Trackback(4) | ・福祉・社会保障全般Ⅱ

コメント

片山さつき議員の即刻辞任を求める。

片山さつき議員は議員の仕事を三流以下の芸能スキャンダル記者のゴシップ探しと勘違いしてないか?
特に腹立たしいのは著名な作家の講演を圧力を掛けて中止に追い込んだ事は記憶に新しい事です。今回の件も、最近売れている芸能人をスケープゴートに掛けて、生活保護の縮小を図るとは盗人猛々しいとはまさしくこの事です。政治の仕事は、公共の福祉の追求であります。他人を吊し上げて売名行為をする事ではない。論点から外れた事を誠に申し訳ありません。

2012-05-26 土 20:18:41 | URL | 安打製造屋 #- [ 編集]

安打製造屋 さんへ。

コメントありがとうございます。

>政治の仕事は、公共の福祉の追求であります。他人を吊し上げて売名行為をする事ではない。論点から外れた事を誠に申し訳ありません。

御意!
論点に、ドンピシャリでがんす!

2012-05-27 日 03:52:34 | URL | 友さん #- [ 編集]

友さんのいうとおりだと思います!
自分も働いてお金を稼ぐのは気が乗らないし、疲れそうなので生活保護を受給したいです。
今回みたいに片山氏のような政治家が発言されると、生活保護が受けにくくなってしまいます。

自分は日本に生まれた以上、友さんの言うとおり生活保護をもらう権利があると思うので何とかして生活保護を受給したいですね。
毎日のんびりまったりとした日々を過ごしたいです。

2012-05-27 日 13:13:17 | URL | しん #- [ 編集]

情けない立法の場

 そもそものところ、今回の問題でとんでもない勘違いを立法の専門家たる政治家連中が平気でやっていることに呆れてものも言えないくらいです。
 片山氏も世耕氏も小宮山氏も論拠の中心は民法に記載された「扶養義務」に帰結しているのですが、そもそも民法というのは民事問題が当事者同士で解決できなくなったときに引用されるべきもののはずです。
 小宮山大臣の仰るような「明らかに扶養可能と思われる場合は、家庭裁判所への調停手続きを積極活用する」などというのは民法の範囲を逸脱した運用になるのではないでしょうか?
http://mainichi.jp/select/news/20120526k0000m040123000c2.html
 誰であろうと当事者と関係のない第三者が民法を盾に家庭裁判所へ調停手続きを出来るわけがありません。私法である民法を行政が行使するなどということは考えられません。
 行政の長といえども元々は立法の立場にある政治家がこんな事を言ってはいけないと思います。

 ただ、一言言わせて頂くと河本氏に「生活保護は権利だ!」と言わせたいというのは少々行き過ぎかと感じました。
 別に河本氏本人が生活保護を受けていたわけではないですし、今度の騒動の一角でもその辺りの分別がつかない輩がなにもかもひっくるめて騒いでいたように思えますので、そんなことを言わせたら反って収拾がつかなくなるのは必至ではないかと懸念します。

2012-05-27 日 15:18:56 | URL | 荒木裕 #ef9ACM3I [ 編集]

人権侵害ではないのかな?

荒木裕さんのご意見に納得。そもそも生活保護を受けるにも面接・調査(家族関係・財産など)相当厳しい対応がされるのが現状かと思います。年金生活者の方が受給額低い現状を何とか出来ないものでしょうか。

一個人を引き合いに出して、生活保護者や生活困窮者の救済をすべき立場にある政治家が弱者切り捨ての口実にするなどもってのほか、河本さんに対する人権侵害ではと思えてならないのです。

2012-05-27 日 18:42:07 | URL | タウン・ワンダー #ulYx6Mu6 [ 編集]

威力業務妨害だと思います。

>年金生活者の方が受給額低い現状を何とか出来ないものでしょうか。

 どちらの方が受給額が高いとか低いではなくて、必要な人のところに適切にという問題ですよね?
 それは昨今の報道を見る限りでは期待薄ですね。

 本来そういうことを政治家がきちんと検討しなくてはいけないのに、この度の政治屋(誤植ではないです。家ではなく屋と書きました)連中は議員の本分も法律のなんたるかも忘れて、週刊誌のゴシップ記事の尻馬に乗るだけだなんて、むしろこいつらの方が直接的な税金泥棒と言っても過言ではないと思います。

 人権侵害ですか?それを通り越していませんか?
 今回の騒動で仕事の場の中心がマスメディアである河本氏は。相当の実質的な被害を被っているものと思います。
 これは見方によっては威力業務妨害とも取れるのではないでしょうか?
 刑法犯罪者でもない同氏の営業活動を明らかに邪魔しているわけですから、それも本当の意味での公人が。


 ここまで書いてくると、友さんの本文の中にある片山氏の弁を背筋が凍るほど面白く読み解くことが出来ます。

>生活保護を受ける人の親族や資産に対する地方自治体の調査権限が弱く、執行体制を支える人員や予算も少ないので、これらを強化することが今回の問題の本質だ。

 生活保護を受ける人の親族や資産には個人情報保護の原則は適用されないと断言しているようなものです。
 生活保護を受ける人やその親族を初めから犯罪者扱いしているわけです。

>『追及を弱めるな』という反響が多く来ており、

 確かに、でも出ているその反響の大半はネトウヨのものです。
 今後、片山氏は確実にネトウヨを支持層に取り込むことができるでしょう。
 活動の中心はひょっとすると○チャンネルに移行するのではないでしょうか?

>自民党として、法改正や執行体制の強化に向けた提言を打ち出していきたい

 物凄い事を言っています。
 法改正というのは民法の「扶養の義務」を刑法に振り替えるということを言っているように見えます。
 恐怖政治の始まりです。

2012-05-28 月 11:55:16 | URL | 荒木裕 #ef9ACM3I [ 編集]

転載させて下さい

弊blogに、この論考を全文、貴blog名、URL明記で転載させて下さい。よろしくご検討ください。もしご承諾をいただける際は、誠に厚かましいお願いで恐縮ですが、メールにてご一報いただけると幸いです。

2012-05-30 水 17:49:50 | URL | 堺からのアピール事務局・前田純一 #v6O6VgHs [ 編集]

Re: 転載させて下さい

はじめまして。
メールが使えなかったので、こちらから。
転載歓迎です。
どうぞ、いつでもご自由に。
もともと多くの方に伝えたくて書いているものですから、こちらこそよろしくお願します。

2012-05-30 水 21:16:33 | URL | 友さん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-06-03 日 04:02:26 | | # [ 編集]

理論の根本が間違ってんだよ!性善説で作られた法律がモラル低下で時代に合わなくなってんの!法律の周りにモラルの壁が在って、まともな人はその壁を越えないように生きてんの。それを芸人達は越えて見せた。違法性は無い(まだわからないけど)としても脱法行為による悪質なモラル違反は間違いない!批判されて当然だろ!これが批判されなきゃ、生活保護の申請が膨らんで、いくら税金を払っても賄えないだろうが!困窮者を守って、普通の国民が共倒れになったらどうするの?モラル崩壊を正す意味でも芸人は非難されなきゃいけない。見せしめと言われるかもしれないが、私生活さらして、国民の支持で飯くってる以上仕方ないだろ。崩壊したモラルを補うためには法律で規制するしかない。今回の事で、聖域となっていた制度見直しが実施されるのは喜ばしい事。困窮者を助ける事は否定しないが、一般人が迷惑被るのは間違ってる。

2012-06-07 木 18:20:29 | URL | #- [ 編集]

この件において河本氏は悪くないというのには賛同しますが、山本太郎にはなって欲しくありませんね。彼は福島の弱者を傷付ける強者の側です。
原発事故後の政府・東電は全く強者ではありませんでしたし、それを叩く脱原発側の態度は今の生活保護バッシングと全く同じでした。

2012-06-23 土 17:24:08 | URL | ななみ #I4t1ZHtI [ 編集]

片山さつきは職を辞せ!!!

片山さつきは、とんでもない政治屋です。 片山さつきの低俗ぶりには恐れ入りますね…。あるテレビ番組で片山さつきが恐ろしいことをホザいてました…、「生活保護の不正受給を防ぐべく、自治会(町内会)単位で、自治会長が中心となり、生活保護世帯を監視し、犯罪的行為を見た場合、然るべき部署へ市民が通報する体制を早急に採るべきです。」と…。まるでナチス圧制下のドイツ密告社会を彷彿とさせる暴言、これが問題とされず、スルーされる現在の日本社会の異常ぶりには“凄まじい怖さ”をわたしは感じます。本来、国会議員は最後の命綱(セーフティーネット)である「生活保護制度」に多くの主権者国民が頼らざるを得ない、崩壊寸前の日本社会の異常さに思いを巡らし、日夜寝食を忘れ、社会の不公正を是正するべくの努力をするべきであるとわたしは思います。
消費税増税の悪質極まる本質や、小泉政権以降、固定化された格差社会の根本原因にメスを入れ、主権者国民の命と暮らしを守ることこそが、政府をはじめ国会議員に求められる重要な責務であると、わたしは考えます。
そういった意味からも片山さつきには、国会議員の資格は皆無であると断じるほかありませんね…。ネトウヨを覗きましても、「“生活保護受給者”は、強制収容所へブチ込め!。」などと信じ難いことをヌカす始末…。人間味、優しさを忘れた、現在の日本人・日本社会に底無しの“怖さ”を感じます。人間の人間たる由縁は、互いに助け合い、互いを尊敬しあい“共生する”ことにあると、わたしは思います。
片山さつきは職を辞せ!!!

2012-06-25 月 21:54:51 | URL | 青い鳥 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/2445-09349523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

河本の生活保護は不正受給ではありませんでした 片山さつきに扇動されてたバカども出てこいよwwww

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/26(土) 18:48:59.87 ID:niartTE90● ?PLT(12002) ポイント特典河本準一氏叩きで見失われる本当の問題松永英明2012年05月25日 17:50河本準一氏の...

2012.05.27 | 【2chまとめ】ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】

生活保護行政について①バッシング報道が見落とすもの

吉本興業のタレントの河本氏の家族が、河本氏が多額の収入があるにもかかわらず生活保護を受給していたことが問題となり、さまざまに報道がされています。 【問題の経緯】  今回の問題において、河本氏の母親は、河本氏がまだ売れておらず収入が少なかった時代に病気にな…

2012.05.28 | 医療現場から市政に挑戦!向川まさひで

人間の尊厳を踏みにじる片山さつき・世耕弘成を絶対に許さない

アフガン河本準一、母親の生活保護問題は「考えが甘かった」  お笑い芸人「次長課長」の河本準一が、母親の面倒を見ずに生活保護に頼りきりにさせたと、ここ数日大騒ぎになっていますが、何故そんな騒ぎになるのか全然理解出来ません。この問題を取り上げた「絵文録こ...

2012.05.28 | アフガン・イラク・北朝鮮と日本

生活保護について、読むべき最近の記事いくつか

   「『不正受給してるやつが憎くなる僕は悪ですか?』という問いにお答えして」という記事を書くきっかけになった無記名コメント者さんからそれ以降お返事はありません。でも、読者の方々からたくさんの...

2012.05.29 | 村野瀬玲奈の秘書課広報室

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。