fc2ブログ
忍者解析

NO.267 本気で生きる・・・ドラマ「フルスイング」を観て。

久々に、シンプルストレート本気に生きることを描くドラマを観た。
皆さんもご存知でしょうが、プロ野球の打撃コーチだった高畠導広さんが、59歳で高校の教師になる話。
       こちらを参照→NHKのドラマ案内

【ドラマのストーリー】
  「教える」ことに人生の全てを捧げた一人の男がいました。打撃コーチ高畠導宏さん。七つのプロ球団を渡り歩き、落合、イチロー、小久保、田を始め、30人以上のタイトルホルダーを育てた名伯楽は、還暦間近で福岡の高校の教師になりました。

  高畠さんは30年のコーチ人生で培った優れたコーチング力で、悩める思春期の子どもたちと現場の教師たちを大きく変えていきます。

  自ら、悩み、迷い、葛藤する姿をさらけ出す素敵さ。高みから何かを教えるのではなく、「生きる力」を伝えようとする熱意。「俺だけの先生」「私だけの先生」と子どもたちに思わせる「好きにならずにいられない」教師の姿がそこにありました。

  わずか1年でがんに倒れ、志半ばで逝去した新米教師「高さん」と、彼の思いを受け止め、成長していく子どもたちと教師たちの感動の実話をドラマ化します。


第1回は、教育実習期間の出来事。
はじめは、授業で生徒たちのを聞きだそうとするが、なんて白々しくてウザイ生徒たちにはぐらかせられ、失敗する。
しかし彼は、実直本気。ただ、を聞いて応援したいと思うだけ。
生徒たちの写真を撮り、ノートに貼り、名前と性格、を記録していく。
その過程で、だんだん生徒たちが心を開いていく。

一人の生徒は、両親が次々に蒸発し、親戚に引き取られているが、一言もを開かず・・・。
しかし、この写真を撮る姿を見て、心を開いて関わって来る。
心の底で、写真家を見ているのであった。

実習最後の授業で、またの話をする。
ノートを見せながら、
「君たちの夢がここにある。どんな時も、君たちの夢を応援する人が、必ず一人はいるということを覚えておいて欲しい」と語る。
・・・生徒たちが、そのノートを見せてと、前に出てくる。

あらすじを書けば、ただシンプルなだけだ。
しかし、その中に一点の疑いも無い、彼の信念がある。
「夢を持とう。君の夢を知りたい。君の夢を応援したい」

生徒に接する態度は、
「大きな。小さな。優しい
打撃コーチ時代の彼の、選手への接し方である。

陶友での学生の実習でも感じたことだが、
いまどきの学生や若者は、冷めていてつかみどころが無いと言う印象を持っていたが、
こちらが、まっすぐに向き合い、本気でかかわれば、必ず正面から向き合ってくれる。
小手先の技術ではなく、ためらわず、奇をてらわず「真っ直ぐに、本気で」と思う。
彼らは、そういう風に向き合ってくれることを、大人たちに求めていると思う。

番組の掲示板に次の書き込みがありました。

彼とは一学年が80名ほどの小さな田舎町の小学校で一緒でした。当時は相撲が全盛の時代で 、彼は学校の代表として近隣の相撲大会で優勝したりして 活躍していましたが、5年生のころから自分は将来プロ 野球の選手に成るんだとたえづ言っていました。
体も 小さいし、こんな田舎からプロ野球選手なんかになれっこないと我々同級生は思っていましたが、彼はどうして も野球がやりたくて中学に入る時に、遠縁にあたる高畠 家に養子に行きました。
幼い時期に親元を離れ養子に行った彼の決意に驚き、感心したのを五十数年経っても 昨日のように思いだされます。

小さいときからしっかりと夢を追いかけていたんですね。本物はやはり違うな。
「夢は、君たちを大きくしてくれる。・・・夢は、迷ったとき、道を照らしてくれる」
ドラマの中で、生徒たちの夢を聞き出し、夢について語っていた。

我が家の、ドラマ鑑賞シーン。
心を閉ざし、話もしない生徒のことを、4女は心配し、「蒸発って何?」と聞いてくる。
合点すると「悲しくてこころを開けないとよ」と言う。
高畠さんの写真のとり方を見て、「逆光だからだめ・・・」と心を開き関わって来るシーンで、私はがあふれてくる。
娘は、「もう、又、すぐお父さんは泣くんだから・・・」とテレくさそうに言う。
「娘はそんなに言わんで、タオルを取ってやりぃ」と、おっかあが言う。
「父さんは、心が触れ合うとき、どうしてもが出るんよ」と、私は照れる。
・・・、「まだ泣きよる」と言われながら、を拭いている。
「だって、すぐは止まらんと!」

「大きな。小さな。優しい
これいいな、今からでも、真似しようかな。

番宣ではないですが、いいものは素直にいいと思いました。心に書き込んでおこうっと!
すんまっしぇんが、ポチッと二押し頼んます。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2008.01.20 | | Comments(3) | Trackback(0) | ・マスコミ・テレビ・新聞Ⅰ

コメント

赤旗で紹介されていたので、見るつもりでいました。
すると、9時前に親しい友人から電話をもらいました。「冒頭に若松高校の坂道がでるから見てね。」と。出身校だそうで。彼女は58歳?毎年おじさん・おばさんで1泊の旅行をしています。楽しそうです。そんな温かい学校のようです。

深夜バスで堺の生活に戻る長女を見送ったので、ビデオをみます。友さんの涙顔や優しく見守るご家族を想像しながら見ることにしましょう。

昨夜の「ありがとう」は、3人で見ました。
私の周りには、障がいを持つ子どもの友人がたくさん。あまりリアルかもしれないので、見ることを避けたかったのですが、娘がチャンネル権を握って座り込んだので。
その仲間たちとのお付き合いは、もう20年近くになります。私はなかなか参加できないのですが、みんなでお食事会やお出かけをします。最近は仲間内で有名になった井上芳雄君の舞台を皆で見ます。車椅子の人、こだわりを持つ人などみなで、ゾロゾロと。横断幕を掲げて、「よしおくーん」と大声で叫ぶこともあります。作業所をさぼって、博多座に独りで行ったり。でも、「さぼって、1人で行動する」そのことが、皆の驚きと喜びになって・・。

2008-01-20 日 14:11:51 | URL | たけむら #- [ 編集]

見ました。見ました。途中からでしたが、「夢は、君たちを大きくしてくれる。・・・夢は、迷ったとき、道を照らしてくれる」この台詞もう一度聞き直したいです。メモしようと思ったけど覚えきれませんでした。認知症の初期かも・・・  私のブログタイトルの解説に使いたいのです。

2008-01-20 日 20:44:48 | URL | 哲老 #- [ 編集]

夢は語るもの。

哲老さん。こんばんわ。

このセリフ、・・・のところは「壁にぶつかったとき、君たちを鍛えてくれる」みたいな内容でした。
これからは、メモ帳を置いてテレビでも見るかな・・・。

私は、偉そうに言うのです。
「夢は寝てみるものじゃない。夢は語ること。そして共有すること。
その時沢山の人が力を合わせて合わせて、夢は実現できるんだ」って。

ま、自分に言い聞かせているんですが。

2008-01-20 日 21:36:06 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い