FC2ブログ
忍者解析

NO.366 やっとこさの2件。

   今日はやっとこさの花見。
満開で天気もまずまず。
応援団ゆうゆうの主催で、会員さん、仲間、親、職員、みんなで一息入れて交流します。参加はちょっと少なめで40人切りそうですが、楽しみたいと思います。2次会もあるのでペース配分も考えなっくっちゃ・・・。

 昨夕、職場に4女からメール。
「お父さんお弁当作ってほしい」と。これは?(質問)型。
娘も花見に参加することになっているので、自分で弁当を作るのだそうです。私の分も一緒に。
「うん ほしい ほしい」と返信したら、後で、お弁当の写メールが送られてきました。
夜帰ったら、「50才超えた人には、かわいすぎるけどね。タコウインナーもあるし・・・」だと。
「おにぎりは朝、ラップおにぎりにする」と、米を研いでいました。

かわいいな。張り切っているよ。夕食に卵焼きの端切れを食べたら「・・・あま~~~!」
・・・豪勢な花見弁当とは行かないが、気持ちが嬉しい。楽しみです。

ということで、花見についてはまた報告します。


   もうひとつのやっとこさは、チベット問題について。
共産党がやっとこさで、動きを見せましたね。
色々調査もいていたのだろうか。遅すぎるよ。

 「対話による平和的解決を求める」という基本的な立場に尽きると言えばそうだが、・・・ちょっと物足りないな。

チベット問題――対話による平和的解決
    
      志位委員長が胡錦濤主席に書簡

 日本共産党の志位和夫委員長は三日、チベット問題について、中国の胡錦濤国家主席に書簡を送りました。書簡の内容は以下の通り。


 中華人民共和国国家主席 胡錦濤殿

 チベット問題をめぐって、騒乱・暴動の拡大と、それへの制圧行動によって、犠牲者が拡大することを、憂慮しています。

 事態悪化のエスカレーションを防ぐために、わが党は、中国政府と、ダライ・ラマ側の代表との対話による平和的解決を求めるものです。

 そのさい、双方が認めている、チベット中国の一部であるという立場で対話をはかることが、道理ある解決にとって重要であると考えます。

 だれであれ、オリンピックをこの問題に関連づけ、政治的に利用することは、「スポーツの祭典」であるオリンピックの精神とは相いれないものであり、賛成できないということが、わが党の立場であることも、お伝えするものです。

 2008年4月3日

 日本共産党中央委員会幹部会委員長 志位和夫



 「双方が認めている、チベット中国の一部であるという立場」・・・ここら辺の歴史的事情がよくわからないから、私は責任持てることはいえないけど、基本的には「内政問題」ということで、共産党は沈黙していたと言うことでしょうね。
 覇権主義と闘い、どんな大国の党に対しても「自主独立」を貫いた党としての、現状に対する認識は、もっと国民に説明するほうがいいと思うが、そういうことについて論評すること自体が「内政干渉」になるのだろうか?
 ネット上でさまざまな議論が沸き起こっている問題だけに、こういう問題については最も信頼できる党として、十分に国民にわかる説明をして、世論を導くことを期待したい。


 政治をオリンピックに持ち込むのはいただけない。モスクワのとき、柔道の山下泰裕が泣いて訴えていたのを思い出す。政治とオリンピックは別物だから。

共産党の野党外交により、中国側からも新しい情報が出ることを期待したい。






よろしければポチポチッと2つとも、よろしくお願いします。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

2008.04.05 | | Comments(7) | Trackback(0) | ・政治一般Ⅰ

コメント

物足らん

 チベット問題について、日本共産党コメントを、固唾を呑んで待っていた。
天下の共産党、これだけコメントを出さなかったのは、「なるほど」と共感できる見解を出すに十分な調査に時間が必要だったのだろうと「ひいき目に」見ていたが、開けてびっくりというか、開けてがっかり「なんやこれだけ?」と気が抜けた。
 
たったアレだけ出すのに20日もかかるなんて。
科学の党の頭脳集団、ボケてないかい?

2008-04-05 土 05:03:14 | URL | あくしゅ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-04-05 土 05:50:15 | | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-04-05 土 09:52:03 | | # [ 編集]

中国分裂

中国分裂
こんにちは。中国の壊れ具合いよいよひどくなってきましたね。毛沢東が最初にチベットに侵攻したときには、道路を設営してからでしたから、チベットが中国の一部などということはありません。また、チベットが現代中国以外の、中国の属国だったことは一度もありません。中国にとって、もともとはチベットは外国です。
一人当たりのGDPが日本の1/10に達するまでに、今の経済成長率を維持したとしてあと 20年かかる発展途上国、中国。本来他国を侵略したり、オリンピックを開催することなどできないはずです。
原子力潜水艦がどうの、宇宙開発がどうのこうのという次元ではないはずです。まず、国民生活を向上すること、まともな社会をつくりあげることが緊急の課題です。
他国を侵略するということは、他国民を自国民にするわけですから、侵略する側は余程余裕がなければ、植民地はただの足かせになってしまいます。まさに、今の中国がその状況です。
オリンピックも衣食足りて礼節を知る国民が大多数を占める国で開催するのが筋です。今の中国はそうではありません。国民の大多数が食うや食わずの貧乏暮らしをしています。私は、現代中国このままでは、すまないと思っています。中国は今後早ければ10年以内、遅くても20年後には分裂すると思っています。私のブログでは、中国分裂の筋書きを何回かにわたって掲載しています。是非ご覧になってください。

2008-04-05 土 17:05:15 | URL | yutakarlson #.BcbyNME [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-04-06 日 13:10:55 | | # [ 編集]

期待が大きいがそれに答えられる状況にないのかも 先の選挙で「たしかな野党」を掲げたときにがっくりきました。政策と政治スタンスの混同 理屈だけで国民に支持を求めるというのは 庶民感覚ととかけ離れている
政策を訴えるべきなのに

2008-04-06 日 15:03:44 | URL | すずめ #- [ 編集]

コメントありがとうございます

yutakarlsonさんへ。
お説は参考にさせていただきます。ありがとうございました。」

すずめさんへ。
「たしかな野党」というスローガンを掲げたことが、「政策と政治スタンスの混同」かどうか・・・。
全てよしとはしませんが、「庶民感覚」とかみ合いながら「政策を訴える」と言うことについては、この間の日雇い派遣の問題でも後期高齢者医療の問題でも、研究し頑張っていると私は評価しています。
政党の仕事には、主体的力量が反映します。
完成された完璧な政党ありえません。政党そのものが、現実政治の産物ですから・・・。

2008-04-06 日 18:52:29 | URL | 友→yutakarlsonさん、すずめさんへ。 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い