FC2ブログ
忍者解析

NO.390 ヒトリシズカには出来ないのか!・・・しゃしゃり出る小泉純一郎。

     IMG_0892.jpg

 ヒトリシズカ(4月10日ごろ)
源義経の妻、「静御前」に因んだ名前。山林の静かな木陰に咲く。

 ヤマザクラの花びらが落ちていました。
 今はもうみんな大きな葉っぱになりました。

 義経の九州落ちに同行するも、嵐に遭い吉野山で別れる。義経を慕いながら、若くして静かに人知れずこの世を去った。義経への慕情を以下のように詠んだといわれている。

   吉野山 峰の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき

こういうつつましい人もいれば・・・。

こんな恥知らずもいる!ということで、以下、報道を紹介します。
  (引用部分はスルーしても結構です、とにかく小泉がシャシャリ出てきたと言う記事です)

小泉勉強会は再編への布石 小池元防衛相 (東京新聞 2008年4月21日 )

 自民党の小池百合子元防衛相は21日、福岡市内で講演し、小泉純一郎元首相が自民、民主両党議員に勉強会発足を呼び掛けたことについて「国のことを思ってお尻がむずむずしているのでは」と述べ、政界再編への布石ではないかとの認識を示した。

 小池氏は「ねじれ国会」乗り切りのためには民主党との連携が不可欠と指摘。その上で「国のあり方をめぐり、(政界が)大きな渦を巻いて変わろうとしている。遠くから渦の方向をよく見たい」として展開を見極めたいとの意向を示した。


 「国のことを思ってお尻がむずむずしているのでは」・・・だと!?
厚顔無恥にも!郵政民営化を初め、「規制緩和」・「構造改革」・新自由主義路線を押し進め、数々の悪政で国民生活をめちゃくちゃにした男。
あんたなんかに、思われたくないわ!(、そうか、国民の事じゃなく、国の事ね・・・国民が不満や批判を高め、国が危ないって訳か、自公の政権が。そこで、自公ならずとも、財界・大資本やアメリカの都合のいい政治をする新しい政治の枠組みを作りたいと言うわけか!)

小泉元首相:政局好きの血が騒ぐ? 動き活発、与野党議員と会合重ね(毎日新聞 2008年4月17日)

自民党の小泉純一郎元首相=似顔絵=が、自民党や民主党の国会議員と会合を重ねるなど精力的に動き回っている。小泉氏はいまだに、報道機関の世論調査で「ポスト福田」候補の上位に入る人気者。福田康夫首相の支持率が低迷する中、両党内では「『ねじれ国会』解消のため、政界再編を仕掛けるのでは」(自民党幹部)との憶測も飛び交っている。

 「民主党を敵だと考えている人が多いが、逆だ。民主党と協力しないと、今後の政治は進まない」。小泉氏は16日、大阪市内のホテルで開かれた自民党衆院議員の会合で民主党との協力に言及した。

 小泉氏は民主党議員との接触を繰り返している。10日夜には自民党の山崎拓前副総裁とともに民主党の岩国哲人元副代表らと会合を持ち、「政界再編になるかもしれない。その兆しがある」と強調。9日夜も自民党の小池百合子元防衛相や民主党の前原誠司副代表らと会食し、2人を指さして「ここに首相候補が2人いる。面白いことになる」と上機嫌で話した。この会合には民主党の仙谷由人衆院議員らが同席していた。

 小泉氏をよく知る民主党幹部は「政局好きの血が騒ぎ、政局が流動化している状況を楽しんでいる」と話している。【近藤大介】


 政局好きの血が騒ぎ、政局が流動化している状況を楽しんでいる」だと?
国政は、お前の楽しみ事か!
これだけの悪いことをしたのだから、ヒトリシズカに山寺にこもって懺悔の日々でも送って欲しいものだ。
その点あの細川のお殿様は、まだかわいいもんだよ。


 小泉純一郎がしゃしゃり出てくる「政局」とは?
以下、後期高齢者医療制度の対する国民の総反発に、自民党内がゆれ出している。

後期高齢者医療制度 自民が議連発足 補選結果で見直し論に拍車も 産経ニュース2008.4.17 21:02

 75歳以上が対象の後期高齢者医療制度(長寿医療制度)をめぐり混乱が続いていることを受け、自民党内に議員連盟「後期高齢者医療制度を考える会」(会長・佐藤剛男政調副会長)が発足した。同制度をめぐる議員連盟ができたのは初。初会合には91人(うち代理50人)が参加。厚生労働省に制度を分かりやすく説明するよう注文が付いたほか、次期衆院選への影響を懸念する声が相次いだ。

 後期高齢者医療制度は27日投開票の衆院山口補選の大きな争点で、選挙結果次第では、見直し論が一気に強まる可能性もある。

 「なぜ新制度を導入するのか、地元の支持者に分かりやすく説明する資料がない」「早めに新しい保険料を伝えていればこんなことにはなっていなかった」。会合では厚労省の説明不足に批判が噴出した。



ここで、はっきりしておかなければならないこと。
後期高齢者医療制度導入の張本人は小泉純一郎だ!ということ。

 小泉とこれを支えた自民と公明は、2006年6月に医療改悪法を強行採決しました。
そのなかに2年間に準備をして08年より後期高齢者医療制度を実施することが盛りもまれていたのです。
 
 国民の多くは、今の福田内閣がやったとぐらいに思っていますが、その張本人は小泉なのです。
普通の感覚では、この国民の怒りを見れば、「嗚呼、ちょっと悪い事になったなあ、福田さんにも気の毒に・・・」と言うものじゃないかい?

 それを、「俺はまだ人気もある、ポスト福田の上位だよ、エッヘン!」なんてしゃしゃり出てきやがって。
とにかく腹が立つ。こんな奴が、物言える状況にあること事態が大問題じゃないのか?

 国民一人ひとりがもう少しは、考えないと・・・と思います。
小泉はもとより、自民・公明に、次期総選挙では目のもの見せてやりましょう!



最近ランキング下がって、ちょっとさびしい。
よろしければポチポチッと2つとも、よろしくお願いします。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

2008.04.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | ・政治一般Ⅰ

コメント

コメント拝見いたしました。私の乱雑なる文章、ただただ恥ずかしい限りでございます。

731部隊による中国人にたいする人体実験そして細菌戦の数々を見るとき、侵略の実態が凝縮されている思いがします。

戦後になっても、一切裁かれることなく第一線の中枢に君臨し続けている事実。

売血という安易な形でのアメリカ・中南米貧困層売血流通機構をつうじて血液製剤原料をを獲得、そのエイズウイルス、C型肝炎ウイルスを処置せずに患者に投与し続けてきたこと。

国内最大の血液製剤メーカーと厚生省との癒着の構造。

これらこそに共通するキーワードそれは、過去の侵略に対する戦争責任・戦後責任の不問・・・貧困問題・売血と製剤・・・メーカーの利益至上主義・・・厚生省との癒着

2008-04-22 火 14:44:46 | URL | 川端 健 #- [ 編集]

川端 健 さんへ。

コメント返し、わざわざありがとうございます。
歴史改ざん勢力の策動強まる昨今、
日本社会のあらゆる分野で過去の過ちを知り、
そこから学ぶ事、
過ちを認め克服すり事がとても大事だと思います。
またお越し下さい。

2008-04-23 水 08:43:51 | URL | 友→川端 健 さんへ。 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い