忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.404 何もいえない時がある。

 今日は、余り楽しい話ではありませんが・・・。
何もいえない時がありますよね。
言葉が見つからない・・・。



IMG_0926.jpg

フイリドクダミ

 斑入りは、不自然な感じがしてあまり好きではありませんが、これはこれでいいですね。
ドクダミは、白い小さな花をつけ、好きです。
あ、匂いも好き。・・・らしさがいい。
この斑入り種はまだ花を見たことがありません。

 ドクダミの開花は5月末から6月頃で、その地味さに似つかわしくない可愛い花を咲かせます。しかし、一見、白い花びらに見える部分は実は蔀(ほう)といって、正確には花ではないのです。 実際はその中にある細長い花穂についている小さな黄色いものが、どくだみの花です。

 花言葉「白い追憶」。名前に似つかわしくない「想い」ですね。

 強健な生命力があり、「どくだみは三毒を消す」という言葉があります。
三毒とは、生まれながらの毒(先天性の毒)、いろいろな病毒から受けた毒(後天性の毒)、そして、食べ物からの毒(食毒)の三つ。「三毒を消す」とは即ち、万病に効くどくだみの優れた効果をあらわしています。

 開花期に刈り取り干して、ナツに冷やして飲むドクダミ茶は美味しいですね。



さて、前置きはこれぐらいにして・・・、

 ブロ友のあくしゅさんが、親しい方の急逝に、心を痛められたいます。
僭越ながら、次のようにコメントさせていただきました。

気の毒さに、声をかけられない時がありますよね。

弟の嫁さんの父親は、病気知らずの元気者でした。
(弟たちは田舎の幼馴染同士でで結婚しましたから)
ある日田んぼから帰り、具合が悪いといって横になりそのまま召されました。
60歳とちょっとでした。

お父さんは田舎者にしては、講釈話が好きで・・・。私のことも好いてくれて、よく話したものです。
「友さん、ばきいというのは馬貴と書くんじゃ」と。
種子島では、奥さんのことを「ばきい」といいます。
それの漢字は「馬貴」だそうです。
農家では従順によく働いてくれる馬は、一番に大事にしました。

「ばきいは、それぐらいに大事にしないといけないという意味だ」と。
女性には失礼な話ですが・・・。いい意味なんです。

もう20年も前になりますか・・・。
葬式に、種子島に帰り、お母さん(その人の妻です)に、
「ちょおっと、早すぎたなあ」と言って、しかられました。
「なんが、ちょっとやもんかあ」と。
なんも言わんでお辞儀だけすべきだったと、悔やまれました。

九州弁では「ちょおっと」は「かなり」「相当」と言う意味ですが、かじりたての九州弁を使い、種子島の言葉と心から離れていました。
とても悲しい瞬間でした。

私の父は73歳で、早々と逝ってしまいました。
親父の人生は、切なく複雑です。

・・・あ、ちょっとおしゃべりが過ぎました。

私は、親父の人生を書きたいと思っています。
息子、次男が見た親父を。

死を前にした時に生を、深く考えます。

僭越ですが、その方のご冥福をお祈りします。



 わたしのかつての同僚のだんなさんが、先だって50歳ちょっとで急逝されました。
まだ言葉をかけてあげていません・・・。


IMG_0963.jpg

ゲンペイコギク(源平小菊)

花は白から薄紫に変化します。よって、源平咲き・・・。
小さくて可愛い・・・が、黙っておくと種が飛んでどこにでもはびこります。
ヒメジオン、ハルジオンの仲間。


最後まで読んでくれてありがとう
おかげさまで、ランキング上昇中!
もう一押し!!
よろしければポチポチッと2つとも、よろしくお願いします。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

2008.04.28 | | Comments(4) | Trackback(0) | ・ゆう楽庵つれづれⅡ

コメント

悲しい死

長男と次男の小・中繋がりの青年が、新幹線から飛び降りて亡くなりました。まだ、27歳。先週、お葬儀でした。
青年たちが心を痛める原因はいろいろあるでしょうが、格差が広がり、正職員でない使い捨ての働き方が是正されない限り、未来の展望が見いだせないですよね。

次男も昨夜大阪に職探しに出ました。アメリカ人の彼女は、有名ホテルでの勤務が決まっていますが、アメリカの大学を出て、日本の有名私立大学に留学も経験していますが、
1年契約で15万位。寮費など差し引いて、手取りは10万位?という話でした。
「戦わなくっちゃ。」という言葉を教えておげました。

わたしもサギソウ好きです。苗は育ちませんでした。咲く時期には、佐賀の湿原に見に行きます。

2008-04-28 月 12:49:35 | URL | 嶽村 #- [ 編集]

あまりにも悲しい・・・

嶽村さんへ。
若い人の死は、あまりにも悲しいです。
事故死でも病死でも、ましてや自死・・・。

一人一人が生きていく見通しがもてない、この社会にこそ真の原因があるでしょう。

明日の見通しがもてない事、精神的・文化的「その日暮し」は、非人間的な貧困のきわみと言うべきでしょう。

政治の課題です。
いま本当に、大人が、社会がしっかりと向き合わなければなりません。


サギソウ・・・
佐賀の樫原湿原ですね。

花の時期になったら、一鉢差し上げましょう。
忘れずに声をかけてくださいな。

2008-04-28 月 13:17:27 | URL | 友→嶽村さんへ。 #- [ 編集]

毎回楽しみです

ここに来てこうして優しい花々を見せていただけることが楽しみな毎日です。
あまり知られてない花もあって何でも知りたい私にとっては目がきらきらものです。
ゲンペイコギク(源平小菊)なんて可愛い花でしょう。そう思えるのはきっとこの写真を撮る時の友さんの目が優しいからです。それが伝わってきます。
どくだみの花は私も好きです。あの白を家の小さな器に入れて置くだけで心が和みます。

2008-04-28 月 16:04:47 | URL | 葉月 #- [ 編集]

調子に乗っちゃいますよ~~。

こんにちわ。
毎日、今日はどれを見てもらおうかなあ、なんて。
日々、手入れしたり水遣りする我が家の草花は、いつも葉月さんや訪問していただく方たちとつながっています。
「ほめてもらいたい」って、一生懸命に咲いているかも。
さっきお邪魔したけど、葉月さんのれんげそうもとてもステキでしたよ。

山のぉ 麓のぉ 小さなぁ 村にぃ
咲いたぁ かわいいぃ れんげそうよぉ e-291

2008-04-28 月 17:45:14 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。