忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.534 消費税、カナダでは引き下げ。

 紹介だけの記事ですが・・・。
「カナダde日本語」さんより消費税と社会保障:日本の増税とカナダの減税のTBをいただいた。
映画「シッコ」でカナダの医療費は無料だと知ったが、一般にカナダの事情はあまり知られていない。

ひまわり処理0013

カナダの消費税事情について参考になるので、紹介したい。

・・・又、消費税に関して言えば、日本では消費税を上げようとしているが、カナダでは消費税を下げる傾向にある。2006年には7%だったGST(連邦消費税)は、2007年に1%、2008年にさらにもう1%下げられ、現在では5%となっている。カナダの消費税には2種類あって、カナダ全体で同じ税率のGST(連邦消費税)と州によって税率が違うPST(州税)だ。
・・・(中略)・・・
しかし、日本のように全ての物品に対して税金がかかるわけではなく、生活にかかせない必需品である食品などはGSTもPSTも免除される。一方、ものによってはPSTの税率が変わってくる。例えば、オンタリオ州では、宿泊するとき、宿泊税としてPSTは5%に減税され、レストランでの娯楽やアルコールには10%、店で買うアルコールには12%と増税される。
・・・(略)・・・
衣類にはGSTとPST両方が課税されるが、子供服ではPSTは免除されるなどなど。

生活必需品は非課税で、ぜいたく品は高い・・・。

日本とカナダの税率を比べる時、人口や国の面積も考慮すべきだろう。日本のように人口が多ければそれだけ税金を納める人が多いわけだから税収は上がるので、一人当たりが払う消費税は少なくてもやっていけるが、カナダのように人口が日本の四分の一である場合は、税金をやや多めに徴収しないと国として成り立たなくなる。又、カナダの国の面積は日本の26.4倍で、もし、日本のように道路を整備したら、工事費に莫大なお金がかかるわけだから、ガソリン税ももっと高くてもいいはずなのに実際は日本のガソリン税を引いた値段よりもずっと安い。おまけにごく最近作られたものを除いて高速道路は全て無料だ。ちなみに昨日の近所のGSのガソリンの値段は、長い間上がる一方だったが、何ヶ月ぶりかで初めて下がって$1.296(約130円)/1リットルだった。といっても前日に比べて1リットルにつき、1~2円くらい下がった程度。

確かにカナダの消費税は日本の5%に比べると13%と高いけれども、人口が日本の四分の一で、国の面積は26.4倍であることをを考慮し、歯科や美容整形、不妊治療など特殊治療以外の医療費が無料で年金制度も日本のように25年以上勤めなくてももらえること、高速道路は無料、教育費が安いことなどを考えれば、決して高くないと思う。

 諸外国の消費税(付加価値税)事情は、日本の場合とは全く違う事を、過去ログNO.518 イギリスは消費税率17.5%なのに、ほとんど払わなくても暮らしていけるって?などで明らかにしたが、カナダの場合もそうですね。他国のことを知ることも大事なようで。

 ところで、「カナダde日本語」さんは、次のように言われる。

自民党政権がこのまま続けば、いずれ早いうちに消費税が上がるのは目に見えている。万一、消費税が上がっても、それが社会保障制度を充実させるためなら国民だって文句はいわないだろうけど、自民党が行おうとしているのは、ただ単に消費税を上げるだけ上げて、大企業の法人税はそのままで国民の負担を増やせるだけ増やして、それを国民ではなく天下り官僚を受け入れる大企業に還元しようとするものだ。

と指摘しつつ、

小沢代表も政権交代に向けて、本腰で臨んでいるようで心強い。
・・・
政権交代すれば、消費税の増税なしでも社会保障はカナダ並みに充実できると思ったら、今日もランキングの応援よろしくお願いします。

そこのところは、いかがなものか?
政権の中身が問題で、私としては、ポチ!しかねますなあ。
ま、引用させていただいた趣旨はここには無いので、読者の評価におまかせしますが・・・。

NO.540 消費税増税反対関連エントリー集。も参考にどうぞ。



ランキングー!ポチッとよろしくお願いします。
       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2008.07.23 | | Comments(2) | Trackback(2) | ・消費税・財源・税Ⅰ

コメント

ブリティッシュコロンビア州の「炭素税」

こんにちは。

「カナダde日本語」ならぬ「日本deカナダ史」というブログに、カナダのブリティッシュコロンビア州で炭素税が導入されたという記事が出ています。
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2008-07-07

こういう動きについてはどう思われますか?

2008-07-23 水 18:44:44 | URL | kojitaken #e51DOZcs [ 編集]

kojitaken さんへ。

こんにちわ。コメントありがとうございます。
ご質問、率直に言って不勉強なため難しくてよく解りませんが・・・。
地球温暖化防止のために、二酸化炭素を放出する炭素エネルギーから自然エネルギーへの転換は必要なことで、そのために化石燃料の使用を減らしていくことは大事だと思います。炭素税は、「課徴金」的性格を持っているでしょう。
ひとつの試みとして評価できると思います。
しかし、この記事を見る限りでは、家庭用暖房燃料なども含めて機械的な課税のようです。
そういう点では、主要な負担は、化石燃料の大半を使用している大企業・財界がになうものとし、低所得者の負担や、医療・福祉・教育施設、公共交通の燃料、中小・零細企業、食料自給にかかわる農業・漁業、寒冷地などなど、国民生活を守ることと矛盾しないような適切な負担免除・軽減措置をとるべきだと思います。
大袈裟に言えば、地球環境を守る人類史上の初めての試みですから、まだまだ解決しなければならない問題を多く含むでしょう。
記事を読む範囲では、各論はさておき(正直なところよくわからないので)、注目すべき挑戦と評価できるのではないでしょうか?
日本でも近い将来現実問題として、判断が求められるでしょうね。
つたない知識と頭で、現段階では以上のように考えるものです。
ありがとうございました。

2008-07-23 水 19:46:25 | URL | 友→kojitaken さんへ。 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/595-52c38bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

経済財政白書

経済財政白書が出ました。新聞各社はどこも「消費税上げが不可避!」という論調です。 日経新聞などは、 ●日本は法人税が海外より安いので...

2008.07.24 | アルバイト医師の日記

消費税、カナダでは引き下げ。

NO.534 消費税、カナダでは引き下げ。  紹介だけの記事ですが・・・。 「カナダde日本語」さんより 消費税と社会保障:日本の増税とカナダの減税 のTBをいただいた。 映画「シッコ」でカナダの医療費は無料だと知ったが、一般にカナダの事情はあまり知られていない。 カ

2009.02.20 | パタリ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。