忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.545 さあ、肩組み歌わんかな!

 去る26日土曜日、30数年ぶりに大学の寮の同窓会があり参加した。
九大の伊都キャンパスへの移転に伴い、今年限りで田島寮は廃寮になるらしい。松原寮も数年後に。

椎原0348


20名ほどが参加。
同窓会っていいものですね。みな良いおじさんになってそれぞれに頑張っていた。
当時の写真集や資料を持ってきてくれた人もあって・・・、
一息入れて懐かしみました。

・・・例によって、記憶はまだらだが。

やっぱりふんどし締めて、勢い水をもらって、肩組み歌わんかな!だな。
亡備録代わりに・・・。


九州大学田島寮寮歌

一.
暁星逐ちて筑紫嶺に 紅こめる東雲の 沈黙(しじま)を破る鶏の声

眠りも深き若き子が 情熱持ちて目覚む時 真実の扉開けゆく

二.
嗚呼西の園靉靆(あいたい)の 雲にも紛う花霞 春の宴の影消えて

天の啓示を悟る如 散り来る花の一片に 惜春の情湧き出ずる

三.
古城の緑大濠に 映れど住まう人もなし 遠き英(えい)耀(よう)偲びつつ

多感の遊子今一人 露下蔭に仮睡めば 二年の夏暮れんとす

四.
涼風窓にそよぐ宵 田島ヶ原に月冴ゆる 地上の夢を他所(よそ)に見て
清澄(せいちょう)の裡我寮に 高き理想の子等四百 灯火消ゆる時知らず

五.
乾坤(けんこん)の要北辰の 不動を仰ぐ冬の岸 防塁むなし朔風に
緑の髪は乱るとも 憧憬(しょうけい)滾(た)ぎる熱き血に 霜融け流る那珂の川

六.
落日の雁細く去り 黄金(こがね)に染むる生きの松 神秘の闇の迫る頃

白妙黒く波洗う 玄海の灘(うみ)果てなくも 学びの海に如かざらん






九州大学田島寮逍遥歌


一.

ああ青れいに雲湧きて 遊子がのろし焚くところ

古城のほとりあけくれば 紅もゆる 紅もゆる筑紫潟

二.

泡はい寄する玄海の 潮鳴りひびく桃原に

雁が音渡り行くものを 流転の歴史 流転の歴史思はずや

三.

狂乱の民夢破れ 世の混迷に惑うとき

更に光をしたうかな 愛のしるしぞ 愛のしるしぞ自治の国

四.

伝えも古き南欧の アセンの森をさながらに

岡に集える若き日の まことの夢を まことの夢を忘れじな


 ちなみに、寮歌などは謳い方がどんどん変わっているようです。
最近ウェブで見た田島寮寮歌は、我々にとっては???というもの。そこで幹事さんたちが色々議論され、「私たちの記憶に残る歌が私たちの寮歌でいいんではないか。今時の人たちの謳い方を間違いだとする事もよくない」という結論に達した。上記の歌詞も一部が議論になったが、記憶を採用した。

お世話いただいたK君らに感謝!


いつもありがとうございます。あなたのポチが私の元気!ランキングー!ポチッとよろしく。
       ↓       ↓
人気ブログランキングへ

よろしければお帰りに、シャターはこころで切れ!でおくつろぎ下さい。
友さんの写真ブログです。下手の横好きですが、どうぞごゆるりと。
関連記事

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

2008.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | ・のんべえの詩(うた)

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。