忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.627 「脱官僚支配」と民主党批判にお答えして・・・。

昨日は、地域商店街のお祭りに出店のために出勤でした。
小雨で、売り上げはイマイチでしたが・・・(別記事で報告します)。

10.3秋1409

 さて、やっぱり選挙に向けた話ですが・・・。

過去ログ「NO.619 民主党政治の旗印「脱官僚支配」をどう見るか。」に、コメントいただいた分のお返事について、表でも紹介しておきたくなって・・・です。

まずは、ふじふじさんから。

こんにちは。

各省庁は、許認可、補助金、交付金、通達、行政指導と権限を持ち、事実上国民を支配しています。
GHQの占領が終わった時から、日本の民主主義は、官僚によって狭められていきました。
そして、いまや、官僚を頂点とする中央集権国家となっています。

法を考えるのも官僚ということで、日本を思い通りにしています。与党はただの議決用員です。今や、与党が、官僚にすがる官党として働くようになっています。これで、民意が反映されるはずがありません。

そして、そのような官僚王国だからこそ、天下りはどんどん増え続けているのです。官僚利権に群がる与党政治家ができ、その政治家に群がる企業が出て来るという構造になっています。

だから、民主主義と国民主権と地方自治の妨げとなる官僚支配の打破こそは、もっとも重要な改革だと思っています。

2008-10-05 日 18:01:37 | URL | ふじふじ #- [ 編集]



ふじふじさんへ。

コメントありがとうございます。
官僚機構が国民を支配する権力機構の一部であると言うことは言うまでもないことであり、そこに規制を掛けることはもちろんです。
しかし、問題の基本は、利潤追求を唯一最大の目的とする大企業・財界と、労働者・国民の労働・暮らしの矛盾にあります。
そこをどうするかと言うところに関わって、官僚の役割を見る必要があるでしょう。
「政・財・官」の癒着構造の中で捉える、とりわけ「財」に対する規制を抜きには、「官僚機構の改革」そのものも、何の効果も期待できないでしょう。
(これが、当エントリーの趣旨です)

民主党について言えば、「官僚支配打破」を言いながら、天下り、天上がりを容認する公務員法改悪法に自民党と合意して賛成したり、今度の選挙の新人候補者では、5人に1人が官僚出身者を公認する(なかには自公政権の「構造改革」路線のもとで、「行政改革」や「三位一体改革」を推進した人物も)などは、本気で「脱官僚」なのかを疑わせるに十分です。

「官僚支配打ち破る」というが… 民主候補官庁出身ずらり 新人の21%
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-06/2008100602_04_0.html

政治の手法はもちろん変えなければなりませんが、国民生活を踏みにじってきた根っこの問題はなんなのか、その中身を変えることこそが、「政権交代」の本旨だろうと思います。

次は、たかさんより。

こんばんは
はじめまして。
ご意見・ご批判、もっともだと思います。
ただ、脱官僚をしようという方向性は評価したいところです。
与党と官僚の癒着を断ち切るだけでも、確実に日本は良い方向にいくでしょう。
もちろん、政界と財界の関係にメスを入れられれば言うことなしですが。

気になることがあります。
最近、共産党の政治家・共産党支持者の民主党批判が目立ちます。
これ、結局は、自民党有利になるだけだと思います。
私は、無党派ですが、一番信頼のおける政党は共産党だと思っていますし、本当ならば共産党中心の政権が望みです。
ですが、それが無理なのは明らかです。
となれば、自公政治を続けるのか、民主党中心の政権に変えるのかが今回の選挙のテーマだと思います。
自公政治を終わらせるのが一番の大きな改革だと思うんですけどね。


なお、共産党は、経済政策が弱い。
共産党だけが積極財政を謳ってないのは不思議です。

2008-10-06 月 03:54:20 | URL | たか #- [ 編集]



たかさんへ。
>最近、共産党の政治家・共産党支持者の民主党批判が目立ちます。
これ、結局は、自民党有利になるだけだと思います。

そういう声は少なくありませんね。
しかし事実はどうでしょうか。
この間、そして今も共産党は自公政治を一番に非妥協的に告発し追及してきました。

その上で、どういう政治に変えるのかが問われているわけです。
民主党が主な敵ではありませんし、必要な共同もしてきました。
国民生活のさまざまな問題を解決しようというときに、その根っこに財界言いなり、アメリカべったりの政治があると考え、これを変えなければならないと言う主張の先には、当然、「政権の担い手が変わればそれでいいのか」と言う問題があり、「中身を変えるにはどうするか、民主党でいいのか」は、論じなければならない課題であり、それが政党としての責任だと思います。
マスコミも以下のようであれば、なおさら、自ら発言することは当然ではないではないでしょうか?

マスメディア時評 対立軸を隠す「朝日」の不見識
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-06/2008100604_03_0.html

確かに今度の選挙で、共産党中心の政権は無理でしょうね。(願っても・・・残念ながら)、しかし、だからと言って「自公政治を続けるのか、民主党中心の政権に変えるのかが今回の選挙のテーマだ」とは思いません。

労働者派遣法の問題にしても、後期高齢者医療制度の問題にしても、食糧自給の問題にしても、初めから一貫して、今日の事態を見通して反対してきたのは共産党だけです。(共産党だけと言う言い方をすると、唯我独尊だ、そういうところが嫌いだと言う人もたくさんいますが,これは事実ですから仕方ないことです)

「政権の担い手を変えること」だけが争点にされることに、自公政治の行き詰まりを打開する道が見えてくるでしょうか?
自公政権の中でも担い手が変わりながら、何も変えられずに投げ出してきたのです。
中身が大して変わらない担い手に代わっても、この国の政治は変わらない・・・。
したがって、「政権交代」大合唱の前に、「おいおい、中身を考えようじゃないか」と言う問題提起は当然必要だと・・・。
これが「大脇道場」の基本的な立場です。

ただ、正直に言って圧倒的な「政権交代」論の前には、なかなか道は険しいですが・・・。(笑)
戦前は「侵略戦争反対」「国民主権を」と言ったぐらいで、投獄され殺されたわけですから、それに比べれば、受けの良い事ことを書いて時代と読者に迎合しようとは思いませんね。

抽象的になりましたが、こういう考えは、すべてのエントリーに共通していますので、またご訪問されお読みいただければありがたいです。

>なお、共産党は、経済政策が弱い。
共産党だけが積極財政を謳ってないのは不思議です。

これについては、何を持って言われるのか、私にはちょっと理解できません。
以下のように、「日本経済を民主的に改革する」とはっきり政策も出していますが・・・。

日本経済の民主的改革――大企業応援ではなく、国民のくらし応援の政治をhttp://www.jcp.or.jp/seisaku/2003/0310senkyo-seisaku1.html#0101

2008-10-06 月 13:28:24 | URL | 友さん #- [ 編集]

今回は以上で・・・。

 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
よろしければお帰りに、シャターはこころで切れ!でおくつろぎ下さい。
友さんの写真ブログです。下手の横好きですが、どうぞごゆるりと。

いつもありがとうございます。
今の自公政治をどう変えるのか、中身の議論こそが大事だと思います!
そうだと思われる方は、ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

2008.10.06 | | Comments(3) | Trackback(2) | ・民主党批判Ⅰ

コメント

ふじふじさんへ

>官僚にすがる与党

力関係を誤解しています。例えば、かつて鈴木宗男議員は外務省に対して圧力をかけていましたが、政(与党)と官では政の方が強いのです。

>各省庁は、許認可、補助金、交付金、通達、
>行政指導と権限を持ち

省庁の予算の権限を握っているのは、国会です。官僚よりも与党の族議員の方が強いですよ。

>法を考えるのも官僚
>与党はただの議決用員

官僚がどんな法案を作ろうが、何でもそのまま成立させられる訳じゃない。閣僚や与党の族議員がダメと言ったらまず通りませんよ。

>そのような官僚王国だからこそ、天下りは
>どんどん増え続けているのです。

官はそもそも業(財)を規制し監督すべきものです。
だから本来官は業より強い。というか、官が業より弱くなってはいけない。

天下りは、業に対する規制と監督を甘くしたり便宜を図ることの見返りですよ。
「官僚支配の打破」などという次元の問題ではありません。
本当に必要なのは「財界支配・金権体制の打破」。

>民主主義は、官僚によって狭められて

民主主義を歪めている元凶は、業(財)の横暴です。金主主義と言ってもいい。
「最大多数の最大幸福の追求」ではなく
「多数負け組を踏み台にした少数勝ち組の最大幸福の追求」であり、
「人民の人民による人民のための政治」ではなく
「人民の金持ちによる金持ちのための政治」である。

2008-10-06 月 17:39:47 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

latter_autumnさん、

よそ様のところへ「ふじふじさんへ」と書くなんて(笑)。トラックバックのついでにもう一度覗いたからわかったものの。

宗男議員は、外務官僚に陥れられましたよね。
政治家が官僚を使うのは当たり前でしょう。それを圧力というのでしょうか。与党政治家が官僚を使えないとしたら、いったいどうやって政治を行うのでしょうか。

たとえて言えば、官僚は馬、政治家は御者、乗客は国民。

政治家御者が官僚馬を使って、国民乗客で走っているのです。

最近じゃ、御者が馬にしがみついているだけで、馬が勝手に走り回って、乗客が振り落とされているという感じでしょ。

予算案を作成するのは官僚です。各省庁の事務次官が会議で決めます。これで、民意が反映されますか?国会で与党は官僚の書いた作文を読み、議決するために椅子に座っています。法案を作る能力が与党政治家にないので、官僚頼みなのです。自然、官僚官僚による官僚のための政治となります。これが現実です。金子仁洋著「官僚支配」「政官攻防史」を読まれることをお勧めします。

官は政の判断を仰ぐことなく、許認可、補助金、交付金、通達、行政指導を使って、業界を従えています。
「業界」は、「政治家」を恐れませんが、「官僚」を恐れています。

>天下りは、業に対する規制と監督を甘くしたり便宜を図ることの見返りですよ。

だから、役所にそういう権限があることが問題とは思いませんか。
また、裁判所の判断をあおくことなく、そうした権限を役所のフリーハンドで行えることが問題なのです。官僚の胸先三寸で、営業停止にさせることもでき、会社をつぶすこともできるのです。だから、業界は「官僚」を恐れています。

天下りは、民間だけではなく官僚が自ら作って天下っているものも多くあります。

国民から集めた税金を彼らは持っているのです。どこそこに道路を造ると決めるのは役所で、それに利権政治家が群がり、業者が群がるという構図です。そうした税金が、利権官僚を中心に一部で使いまわされているのが問題です。

「官」にある税金の使い方を問題としているので、財界が人をこき使ってもうけすぎというのは、また別の問題です。

2008-10-07 火 19:09:49 | URL | ふじふじ #LkZag.iM [ 編集]

こんばんは。
一つのエントリーを使ってお返事いただけるなんて嬉しいです。
ありがとうございました。

経済政策に関しては、共産党の政策は、予算の配置換えなんですね。
もちろん、税制の応能負担・富の再分配を機能させる提案は大いに賛同します。
でも、それだけだと本格的な景気回復は望めないんです。
経済政策を一番分かっているのは、今のところ、国民新党です。
もし、お時間がありましたら、ホームページをご覧ください。

そうですね、確かに共産党は自公政権への批判も強いですね。
それは否定しないし、いつも頼もしいと思っています。

個人的な願いですけどね、次回の総選挙は野党共闘して欲しいなあというのがあります。
自公政権を倒せなかった場合、どうなるかは政治に関心ある方々なら分かるでしょうから。

まあ、確かに、民主党は、問題が多いんですよねえ。
もちろん、良い議員もいますけどね。
次回総選挙は、野党各党がそれぞれに議席を伸ばしてくれたらいいんですがね。

政治の中身を変えるなら、やはり官僚改革が必要であり、現時点では民主党の力も必要になりますね。

理想論では共産党中心の政権ですが、理想論にすぎませんからね。
現実、今、救いを求めてる人は、身近な政権交代に託したいと思うんでしょうね。
日本人って、なぜに共産党アレルギーが強いんでしょうかね。

おっしゃる通り、悪政・悪法に毅然と反対してきたのは、共産党が一番ですから。
普通なら、支持者が増えても良さそうなものなのに。

他党批判もいいんですが、アレルギー解消法をお考えになるのも良いかと思います。
いくら中身が良くても、万年野党では仕方ないですし。
ホント、歯がゆい思いをしています。

仮に政権を取れなくても、今の議席の3倍くらいあればいいんですがねぇ。

2008-10-10 金 03:54:37 | URL | たか #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/696-ede7be55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

官僚出身は、官僚支配を打ち破れないのだろうか?

 官僚出身は、官僚支配を打ち破れないのだろうか?  私が、官僚支配の弊害を真剣に

2008.10.07 | ふじふじのフィルター

日本共産党を高く評価しつつ他党への投票を考える人へ…余計な事を考えず自分の気持ちに正直な投票行動を!

 以下のコメントは、  「飯綱町・長野市 に入る。業者後援会つどい」(中野さなえ

2008.10.08 | 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。