FC2ブログ
忍者解析

NO.72 十五夜綱引き・・・種子島バージョン

 関西の知人に「子どもの頃、十五夜綱引きをしていた」と話したら、珍しがっていた。

ネットでちょっと覗くと、薩摩半島のあちこちで十五夜綱引きが行われているようだ。

私の郷里は種子島
月見をした覚えはない。
綱引きをしていた。しかも、子どもたちだけの行事だった。

夏休みが空けてしばらくすると、
学校から帰ると、子どもたちは部落の公民館に、藁をもって集まる。
綱引き用の綱を綯うのだ。

当時、最南端の西野本村という部落には、50人近い小中学生がいただろうか?
上級生の指導で、大きな栴檀の木の枝に引っ掛けて、みんなで綱を綯った。
2.30メートルはあったろうか、1週間以上はかかったような気がする。
小さな縄を綯い、それを又ないあわせていく作業だったように記憶している。

そして十五夜。
夕方公民館に集まり、浜に行く。
浜までは500メートルほどの距離。
途中、うっそうとした原生林の防砂林がある。しかもそこら一帯は墓地。
怖がる低学年や女の子を上級生たちがはさんで、綱にしがみついて通り抜けたものだ。

防砂林を抜けると、白い砂浜は昼のように明るかった。
そこで、部落の東西に分かれて綱引きをするのである。
綱が切れるまで、・・・大概のところで切っていたのかもしれないが・・・。
そして今度は、切れた綱を引きずり、砂に埋めて、綱隠し。
その綱を、探しあうのだった。

え?
ほかの部落もやってたのかな?
何で子どもたちだけの行事だったのかな?
今になって思えば、そんなことも知らない

今度ゆっくり調べてみんといかん。

・・・だから、お月様に団子を備えて・・・そんな月見は、大きくなってから知った。

昨日が十五夜。満月は明日。
子どもの頃を思い出した。

関連記事

テーマ:季節 - ジャンル:日記

2007.09.26 | | Comments(1) | Trackback(0) | ・自画像・自分史断片

コメント

ご無沙汰しています

大津留公彦です。
ご無沙汰しています。
私のブログへのコメントありがとうございました。
一緒に飲んだのは去年の6・3ですからもう1年3ヶ月にもなりますね。
春から埼玉の住人になりましたのでなかなかお会いするのは難しくなりましたがブログ上でお目にかかりましょう。
ブログの事で何かわからないことがありましたらメール下さい。
先日このリンク先に入れました映画「めがね」を見ました。
種子島もこんな感じなのかなと思います。
機会がありましたらご覧になるといいかと思います。
ではまた・・

2007-09-26 水 07:50:02 | URL | 大津留公彦 #ZMUMkWGc [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い