忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.903 消費税の「福祉目的税化」はごまかしの理論。

     (この記事がNPJ お薦め ブログ」で紹介されました。)  

 週末に向けまたこの冬最大の寒波だとか・・・?
どうぞ、囲炉裏火にでも当たりながらお付き合いを。

いろり 025

 今日は、「福祉目的税」というのは、聞こえはいいが実際は福祉の充実にはなんら役に立たない、まったくごまかしの理論だということ。
簡単な話なんですが、頭の中だけではややこしいので、多少くどくどしくなりますが、図をかりて見ながら考えて見ましょう。

図1は、消費税が「福祉目的化」されていない場合。
この場合は、消費税も「ほかの税」も、社会保障にも「ほかの分野」にも使われています。 

図2は、「福祉目的税」にして、「ほかの分野」に使われていた消費税を社会保障分野に移した場合。
この場合、分野別の支出額に変化がなければ、社会保障分野に移った消費税と同じ額だけの、社会保障分野の「ほかの税」があまり、その「余った分」が他の分野に移るだけ。
つまり、税が入れ替わっただけのことです。

福祉目的

図3は、「福祉目的化」の中で、消費税を増税して社会保障に当てた場合。
その場合、社会保障分野で「ほかの税」の「余った分」が「ほかの分野」に移されてしまえば、社会保障予算は増額されることにはなりません。つまり、消費税増税が社会保障予算増額に直接結びつくわけではありません。

「ほかの税」は目的税ではないので、なんにでも使えます。
もし、軍事費に使った場合は、実質的には「福祉目的税」が流用されたことになり、増税された消費税が軍事費に使われたことになります。

「消費税増税分と同じ額だけ社会保障予算を増やせばいいではないか」と思われますが、「流用」を防ぐ保障はどこにもありません。

図1の場合(「福祉目的化」されていない場合)は、社会保障予算を増やす場合は、「ほかの分野」の「ほかの税」を移さなければなりません。つまり、軍事費とか無駄な大型公共事業費を削ると言うことになります。

しかし、図3の場合は、消費税が「福祉目的化」されており、消費税の増税で社会保障予算増が賄われ、「ほかの分野」の予算を削る必要がなくなったことになります。つまり、消費税の「流用」で、無駄な大型公共事業費や軍事費が維持できたということになります。

 言葉を変えれば、消費税の「福祉目的化」は増税しやすくするための理屈=方便であり、消費税増税分(その一部)を社会保障以外に使うことを見えにくくするやり方と言えます。

 このように「福祉目的化」は、社会保障充実には何の保証も無い「理屈」ということにとどまらず、その聞こえのいい名前で増税しやすくするためのごまかしです。これまでも、入り口は「福祉のために」、結果は「大企業・大金持ち減税」「軍事費増額」・・・となっています。

 さらに、自民党や財界が「福祉目的税化」を主張するのには、危険な狙いがあるのです。それは?(つづく)



「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2009.01.23 | | Comments(9) | Trackback(5) | ・消費税・財源・税Ⅱ

コメント

肝心要なのは歳出をどうするか

こんにちは。せっかくの消費税増税反対キャンペーンですが、そんなデフェンシブな主張では、国民は救われないのではありませんか。管理人様は社会保障制度を厚くすべきだとお考えなのでしょう。ならば、「教育費医療費はタダ」でしょう。なぜこれを掲げないのか。さすれば、一撃のもとに、「社会保障制度維持のために消費税増税」の虚偽を打ち破れるではありませんか。日本を「教育費医療費はタダ」の国にしましょうよ。そのためだったら、僕は、所得税も消費税も30%で構わない。未来を拓くために、今必要なのは、日本をどうゆう国にしたいか、そのビジョンであり、それを具現化する政策だろう。なぜ左派政治勢力は、「消費税増税反対」などという後向きな主張に終始するのか。今世界で幸福度が高いと言われている国々がこぞって採用している「教育費医療費はタダ」を主張しないのか。未来を拓こうというビジョンはないのか。甚だ情けなく思う。

2009-01-23 金 13:49:45 | URL | BLOG BLUES #- [ 編集]

後向きではありません

>日本を「教育費医療費はタダ」の国にしましょうよ。
>そのためだったら、僕は、所得税も消費税も30%で
>構わない。

H15年のデータでは学校等の公的な教育にかかる費用の総額約30.2兆円のうち、
国負担(税)7.8兆、地方負担(税)15.8兆、学校法人等(授業料等)6.6兆。

H17年のデータでは国民医療費推計総額約33.1兆円のうち、
税12.1兆、保険料16.3兆、その他(窓口負担)4.8兆。

消費税30%と言えば約75兆円の税収に相当しますが。
授業料等と窓口負担をなくすのに、よりにもよって逆進性の問題のある消費税をしかも30%にまで上げるなど、

少なくとも共産党から見れば正気の沙汰ではありません。
・・・と秋山参謀殿には、昨年反論したのですがねぇ・・・。

>「教育費医療費はタダ」を主張しないのか。

主張してない訳じゃありません。

http://www.jcp.or.jp/seisaku/2008/20080416_gakuhi_keigen.html

http://www.jcp.or.jp/seisaku/2006/iryou_dai_kaiaku.html

で、それにしたって、財源とするために消費税30%などは、無茶苦茶です。

2009-01-23 金 19:08:40 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

事実に基づき未来へ向けて論じよう

こんにちは。横レス失礼します。「latter_autumn」へ。いくら思想信条の自由だろうが、表現の自由だろうが、愚行権の行使だろうが、虚偽でたらめを言うんじゃない。このアホンダラ!日本共産党は「教育費医療費はタダ」を主張していない。これは明白な事実だ。僕の主張は、老人医療無料等の制限付きのものではない。今世界で幸福度が高いとされている北欧諸国やキューバがそうであるように、基本原則、全国民全額「教育費医療費はタダ」である。自ブログに於いて何度も述べている。あなたは以前、僕のブログは「ちゃんと読んでいる」と宣言したではないか。然るに、このような嘘をつくとは何事か。恥を知り給え。北欧諸国は、概ね所得税も消費税も30%であると聞き及んでいる。キューバは寡聞にして知らないが、共産主義国家なのだから、相応に高い税額だろう。因みに共産主義の理想は「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」誠に以て美しい思想ではありますまいか。カストロの年収は平均的国民の2倍でしかないと聞く。キューバは、人類の希望の一つだ。僕は『日本を「教育費医療費はタダ」の国にしましょうよ。そのためだったら、僕は、所得税も消費税も30%で構わない。』と述べている。ごく普通の日本語の読解力があれば文脈から読み取れる通り、所得税も消費税も現行のままで「教育費医療費はタダ」になるなら万々歳だ。あなたには、日本語の読解力が不足している。日本語で論じ合いたいのなら、日本語の読み書きができるようになってから、してね。あるいは、日本語が通じないふりをして、わざと僕の主張を歪曲しているのか。どちらにしてもロクなもんじゃない。顔を洗って、出直して来い!あなたは、本当に共産党シンパなのか。共産党の味方面して、その実、共産党のイメージダウンを狙っているのであろう。意図的であるかは、あなたが自己申告せぬ限り証明できぬが、結果的に、いつもそうだ。いろんな左派・市民派ブログのコメント欄で性懲りもなく繰り返している。左派・市民派のみなさん、「latter_autumn」のコメントを読んで共産党を嫌いにならないでね。僕が問うているのは、日本を「教育費医療費はタダ」の国にしたいのかどうかだ。管理人様はじめ左派・市民派ブロガーのみなさん、共産党のみなさんは、先ず、これに答えていただきたい。で、次に、その財源をどうするか。それは、叡智を結集すればいいではないか。僕のコメントタイトルを見よ。「肝心要なのは歳出をどうするか」つまり、現体制とは違う国づくりのビジョンである。憲法9条とも不可分にある憲法25条で謳われている「全国民の生存権」を担保するために、僕は、日本を「教育費医療費はタダ」の国にすべきだと確信する。あなた方は、どうですか。護憲を信条とするのであれば、その理念を具現化する政策を掲げ、それを実現していきましょうよ。

2009-01-26 月 13:17:22 | URL | BLOG BLUES #- [ 編集]

木に縁りて魚を求む

>日本共産党は「教育費医療費はタダ」を主張
>していない。これは明白な事実だ。

「すべての人が安心してかかれる医療のために――三つの提案」は、要するに、窓口負担下げて医療の無償化を目指せという主張でしょ。学費の方は説明不要ですよね。

>僕の主張は、老人医療無料等の制限付きのもの
>ではない。

「すべての国民は、貧富の格差にかかわりなく、医療を受ける権利を持っている、国はその権利を保障する義務を負う、これが憲法二五条の精神です。この精神にそって日本の医療を立て直すことこそ、いま求められます。」

・・・ほらね、「全ての人」「全ての国民」ですから、老人だけじゃありませんよ。まずは乳幼児や老人から、いずれは全ての人に広げていく、という意味でしょ。

>北欧諸国は、概ね所得税も消費税も30%

消費税については友さんが詳しい解説をたくさん書いていますが。
欧州の消費税は、日本の消費税とは性格が違います。どちらかと言えば、日本の今の消費税よりも昔の物品税に近いものです。この違いを無視して「日本も消費税上げろ」というのは無茶です。

「消費税を廃止して物品税に戻せ」「贅沢品の税率を高くしろ、生活必需品に課税するな」
・・・なら私も賛成しますが。

所得税については・・・所得税の何を30%にしたいのかよく判りません。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/033.htm

最高税率(現行40%)を30%にするにしても、累進やめて一律30%にするにしても、貧乏人が苦しくなるだけと思いますが・・・。

外国との比較では、外国の不労所得は累進ですが、日本の不労所得は累進じゃなくて一律なので。
勤労所得の累進と最高税率だけ見て「日本の金持ちの負担は重い」と思ったら間違いです。
日本の不労所得が多い金持ちは、この分離課税のおかげで、外国の金持ちよりも優遇されてます。

で、共産党の主張は「累進強化しろ」「分離課税やめて総合課税にしろ」ですが。
秋山参謀殿のお気に召さないですかね?

>所得税も消費税も現行のままで

・・・いいとは、共産党は言っていません。
所得税は累進強化、消費税は廃止です。それでも「教育費医療費はタダ」は実現可能ですよ。

http://www.jcp.or.jp/seisaku/2008/20080925_senkyo-seisaku-mokuji.html#Anchor-43415

>日本を「教育費医療費はタダ」の国にしたい
>のかどうかだ。

そうするのは大いに結構ですが、そのための方法が消費税30%というのなら、はっきり言って間違ったやり方です。

>護憲を信条とするのであれば、その理念を
>具現化する政策を掲げ、それを実現して
>いきましょうよ。

消費税は廃止、所得税は累進強化、ついでに法人税は企業の応分負担の強化、という方法が正解です。

2009-01-26 月 18:37:18 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

それが可能なら誠に結構

こんにちは。再度の横レス、御免蒙ります。これで最期にします。「latter_autumn」へ。牽強付会な文言を並べ立て、僕を消耗させ、当欄を荒そうたって、その手は桑名の焼き蛤。僕のコメントに対しては、そこかしこのブログでやったように、際限なく言い返し泥沼化させるつもりだろうが、それじゃ当欄に迷惑だ。つづきは、僕のコメント欄までご足労願おう。経験有ると思うが、筋の通らない物言いは、ソッコー削除だからね。正々堂々論じてね。さて。あなたは、なぜ、素直に事実認識できないのか。あなたが直リンつけた文章のどこを見ても、全国民全額「教育費医療費はタダ」とは明言されていない。共産党員ブロガーにお伺いしたい。あなたが方は、日本を「教育費医療費はタダ」の国にしますと明言し、政治体制の選拓を迫る選挙を戦ったことがあるか。ないはずだ。すべての国民にお聞きしたい。共産党がそのような政治選択肢を提示して、有権者であるあなたに選拓を迫ったことがありますか。ないはずだ。「latter_autumn」よ、バレバレの嘘をつくんじゃないよ。このアホンダラ!消費税廃止、所得税累進強化、企業増税で、全国民全額「教育費医療費はタダ」でいけるんなら、誠に結構。ぜひ、実現してもらいたいものだ。ま、こんなアホは論外ですから、相手にせんと。再度、共産党員ブロガーにお伺いする。累進課税が最高75%で、法人税も今よりずっと高かった、一億総中流の頃の日本でさえ、財政赤字に悩んで、社会保障制度の維持っていう名目で消費税が導入されたわけですし、現に「教育費医療費はタダ」の国は、それなりに国民が負担してるわけですし。どうなんでしょうか。常識的に考えてあり得ないと思うのですが。もちろん可能なら、そんな結構なことはない、ソッコー明言し、選挙を戦ってください。国民の大多数は大喜びだ。ま、実際は誰も信じず、共産党の信用はガタ落ちでしょう。真面目が売りの共産党が、そんな与太で選挙を戦うわけがないですね。僕は、ある程度きちんと計算して、リーズナブルな歳入・歳出を国民に提示し、丁寧に分かりやすく説明していけば、僕同様、全国民全額「教育費医療費はタダ」なら、消費税増税でも構わないっていう国民は、大勢いると思う。それで戦いつづけていけば、四半世紀後には、政権奪取できると思う。ぜひ実行してほしい。未来を拓くには、資本主義体制から社会民主主義体制へ移行するほかないと確信してますので。

2009-01-26 月 21:35:21 | URL | BLOG BLUES #- [ 編集]

消費税増税は与太です

>全国民全額「教育費医療費はタダ」とは明言され
>ていない。

そりゃ「いつまでにタダにする」とは書いてませんがね。緊急対策に比べれば長期対策がやや曖昧な表現になるのは、まあ仕方ないのでは。
「窓口負担下げる」なら方向は合ってる、確かにタダを目指す方向でしょう。一連の主張を読めば、「いずれはタダにしたい」という意味だと受け取れるのではないですか。
私はそう解釈しているので「主張してない訳じゃありません」と書きました。

逆に訊きますが、他の政党はどうですかね。共産党よりいいこと言ってるところ、ありますか?

>現に「教育費医療費はタダ」の国は、それなり
>に国民が負担してるわけですし。

キューバについて少し調べてみました。少なくともキューバはそうではないようですね。

http://www.sadaoka.net/cuba.html

>一億総中流の頃の日本でさえ、財政赤字に
>悩んで、社会保障制度の維持っていう名目
>で消費税が導入されたわけですし

国と地方の借金は、一億総中流の頃の日本の方がずっと少なかったのですが。GDP比で見ると、1990年度の借金は59%、2000年度126%、2005年度150%突破。
財政赤字の悩みは今の方が深刻になっているのですが。国民の需要と採算を無視して、ゼネコンを喜ばせるためだけの無駄な土建型公共事業をさんざんやってきたから、事業収益が建設国債等の債務返済に追いつかないところがたくさんでてきて、財政事情は悪化していますが。

物品税を廃止して消費税を導入したのは、「社会保障制度の維持」のためでも「財政赤字の縮小」のためでもありませんよ。本当の理由は、金持ち負担を減らして貧乏人負担を増やすためですよ。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-06-19/2008061903_01_0.html

消費税の本質とまやかしの口実については、友さんが具体的に批判しています。どうして秋山参謀殿は理解できないのでしょうか。

>真面目が売りの共産党が、そんな与太で選挙
>を戦うわけがないですね。

「窓口負担下げる」は明言してますが、「そのために消費税を上げる」などとは言っていません。
消費税増税は与太ですから。まさに、そんな与太で選挙を戦うわけがない。

>ある程度きちんと計算して、リーズナブルな
>歳入・歳出を国民に提示し、丁寧に分かり
>やすく説明していけば

>国民の大多数は大喜びだ。

国民の大多数は、そういう説明を聞きたいなどとは、決して本気で思っていません。
国民の大多数は、実のところ、頭を使わず思考停止したまま受け入れられるワンフレーズの与太が好きなのです。浅薄な知識と貧弱な知恵で理解したつもりになれれば、満足なのです。ワンフレーズの与太で幾ら騙されようが、彼らの嗜好は変わりません。騙されないように知識を広げ知恵を深めるために相応の苦労を伴う勉強をするくらいなら、アホのままでいた方が楽でいいと思っていますから。

2009-01-27 火 22:14:48 | URL | latter_autumn #J6Syvwzk [ 編集]

共産党よ大志を抱け!

管理人様および共産党員ブロガーのみなさんへ。TBしました「私家版・日本共産党ドクトリン」をお読みください。「latter_autumn」は、僕のエントリーは「ちゃんと読んでいる」と宣言しています。ならば『共産党の主張は「累進強化しろ」「分離課税やめて総合課税にしろ」ですが。 秋山参謀殿のお気に召さないですかね?』『消費税の本質とまやかしの口実については、友さんが具体的に批判しています。どうして秋山参謀殿は理解できないのでしょうか。』という文言は吐けないはずだが。「latter_autumn」にとっては、デタラメだろうが何だろうが構わないわけです。正々堂々議論する気などさらさらなく、ただ僕を貶め、消耗させるのが目的なのですから。公明党が共産党相手に泥仕合を仕掛けるのと同じ手口ですな。しかも「latter_autumn」は、共産党サイドの人間として(巧みに管理人様をヨイショしつつ、この奸計は敵ながら天晴。友さん、援軍が来たと心強いでしょう。この手で、PPFVも篭絡された。ゆめゆめご油断召されるな)コメントしています。で、とどのつまりは『国民の大多数は、実のところ、頭を使わず思考停止したまま受け入れられるワンフレーズの与太が好きなのです』云々の大衆批判。読まされた僕やギャラリーはどう思うか。「共産党って平気で嘘はつくわ、ひとを見下すわ、何てヤな連中なんだ」ってなる。それが「latter_autumn」の真の狙いなのでしょう。分断、ですね。意図的かどうかは証明できませんが、結果的には間違いなくそうだ。「latter_autumn」へ。前回も申し渡したはずだ。僕への批判は、僕のブログへ来てやり給え。管理人様へ。という次第ですので、再々再度「latter_autumn」から僕への批判がありましたら、僕の方へ回してください。僕の方からは、今回で本当に最期にします。自分への援軍だと思っていると、当コメント欄が読むに耐えない嫌悪をもたらす大衆批判で埋まりますぞ。敵は味方を装ってやって来る、気をつけてください。いやー、それにしても共産党って大変だなあ。ま、それほど現体制から怖れられているってことです。しかし、共産党が「確かな野党」を主張している限り、現体制は安泰です。日経新聞の影響下にある「カンブリア宮殿」に志位之助クンが出演した際、ホストの村上龍が最期に言った言葉は、まさにその象徴です。「共産党が政権に就くことはないだろう。しかし、二大政党だけではよくない。共産党には存在感を示してほしい」。共産党は、自らを低く見積もっているんですよ。共産党が「確かな野党」であってほしいと願っている最大の政治勢力は、現体制なのです。その構図が、なぜ見えないのでしょうか。「消費税増税反対」など、「確かな野党」の最たるもの。よしんばその主張が通ったとして、現状をより悪くしないだけのものでしかありません。僕は「消費税増税反対」に反対してるわけじゃない。現体制による「消費税増税」など反対も反対、大反対。虚偽以外の何物でもないことは明白だ。しかし、現状に留まっていては、未来を拓くことはできない。僕の問題提議は、ここだ。現状を「CHANGE」するんですよ。資本主義体制から社民主義体制へと。その象徴的政策が「教育費医療費はタダ」なんです。言うもさらなりですが「医療費タダ」の一番の眼目は、消費税などよりはるかに酷い逆進性を持つ保険料の解消です。保険料が払えないために、無保険者が増えているんです。だったら、保険料でなく税金で賄えばいい。病気や事故は人それぞれに貧富の別なく襲って来る災難なのだから、いつでも誰でも無料で治療が受けられるようにすべきだ。また「教育費タダ」は、階層格差の固定化を防ぐ、唯一無二の切札とも言うべき政策です。そして、この2つの政策は、憲法25条で謳われている「全国民の生存権」を担保すると同時に、ここが肝心要、21世紀の日本を医療立国、教育立国へと導くものともなるのです。そう、キューバのように。フィンランドのように。管理人様および共産党員ブロガーのみなさん、どうか大きな志を持って、愛という偉大な感情を持って、未来を拓こうではありませんか。オルタナティブな体制選択肢を示し、政権を奪取しようではありませんか。

2009-01-28 水 14:05:39 | URL | BLOG BLUES #- [ 編集]

BLOG BLUES さんとlatter_autumn さんへ。

 ご両人様、お疲れ様です。 そろそろここでは、鞘に収めましょう。
議論はかみ合わず、お互い消耗するでしょう。
私は、それぞれに肯けるところも、どうかなと思うところもありますが、一つ一つについての議論は、「聞いておこう」という立場です。一つ一つに応えたり反論するにはあまりにも時間とエネルギーが足りません。

それが不誠実だと思われれば、それはそれで仕方ないことだと言うのがブログ運営上のスタンスです。
ブログでの議論は、おのづと限界があることを知っています。

お互い不快な思いをして言い合うことも無いでしょう。
ということで、この場はこれ以上はご遠慮くださいませ。
これ以上のコメントは、「土足で他人の家に上がる」ものとして処理しますので、悪しからず了解のほどを。

2009-01-28 水 14:51:58 | URL | 友さん #- [ 編集]

大脇道場さん、「たかしズム」のたかしです。
貴ブログを荒らして居られたlatter_autumnなるパラノイアが、遂に私のブログへもやって参りました。面白いことになりかけておりますので、どうか見にいらっしゃって下さい。たかし
http://takashichan.seesaa.net/article/139143645.html#comment

2010-01-26 火 17:17:31 | URL | たかし #N2hj/.HY [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/907-d076e494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

消費税増税反対キャンペーン中!消費税の「福祉目的税化」はごまかしの理論。

NO.903 消費税の「福祉目的税化」はごまかしの理論。  週末に向けまたこの冬最大の寒波だとか・・・? どうぞ、囲炉裏火にでも当たりながらお付き合いを。  今日は、「福祉目的税」というのは、聞こえはいいが実際は福祉の充実にはなんら役に立たない、まったくごまかし...

2009.01.23 | パタリ

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年1月23日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・米国&中国&日本{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・うれしい話 めでたくない話{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです

2009.01.23 | 護憲+グループ・ごまめのブログ

『公務員を減らせ』『議員を減らせ』と叫ぶ人もいるけど、それで政治・社会が良くなるのか疑問を感じます

 ここ数年、役人・公務員・官僚の腐敗が社会問題になっていますし、役人・公務員・官

2009.01.23 | 嶋重ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!

私家版・日本共産党ドクトリン

街角には早、各政党のポスターが貼り出され、 決戦近しを思わせる。今年は、総選挙の年なのだ。 当ブログは一貫して、現下の新自由主義・改憲路線が、 「自民VS民主」の二大政党制の進捗とともに深化している事態を見定め、 これに待ったを掛けるべく、遠く「民主共...

2009.01.26 | BLOG BLUES

latter_autumnというパラノイア

皆さん、 当ブログを訪れるネトウヨさんの殆どは「教養」「学識」「常識」「学習能力」に、著しく欠陥をお持ちになっておられます。例えば「辞書の定義」を自分勝手に歪曲し、あるいは捏造解釈し、誤った主張を「強弁」する。その挙句、己が妄想で作り上げた土俵で延々と

2010.01.30 | たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。