忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.934 消費税選挙は間違いない。

 30日の参院本会議。
「社会保障制度の在り方、財政責任の在り方、税制改正などを問うことで、国民生活に責任を持つのはどの党かを競いたい。」
「中福祉を目指すなら中負担が必要だ。これを国民に問うことができるかが民主党との違いだ。」

麻生総理はこのように述べ、消費税増税を含む税制改革を次期衆院選の争点にしたいとの考えを示した。

 3日の衆院予算委員会。
 消費税増税へ与党の大合唱だ。
質問に立った自民党議員5人のうち、保利耕輔、野田毅、田野瀬良太郎の3人が消費税増税の必要性を迫る。麻生首相もあくまで増税に固執する立場を強調して見せた。

志摩町 011

 保利政調会長は、景気対策とともに「プライマリーバランス(基礎的財政収支)の回復もおろそかにできない」、「これからの財政をどうやっていくか。政治家の責任問題だ。勇敢に対応を」と消費税増税の断行を求めた。

 麻生首相は「ツケを子や孫に先送りするのは無責任だ」と述べ、これに呼応。

 与謝野馨経済財政担当相は、税制改正法案の付則に「2011年度までに必要な法制上の措置」が盛り込まれていることについて、「いつかやります、ではなく、少なくとも法制上の準備はしておきましょう(ということ)」だと強調。増税実施に執念を見せた。

 野田氏は、高齢化が「こんなに急テンポですすむ国は、世界で日本だけ」だと、社会福祉財源を口実にして消費税増税の必要性を主張。首相は「高齢化比率が上がるなか、消費税率が一ケタという国は日本ぐらいしか残っていない」と税率二ケタ台の本音をのぞかせた。

 田野瀬氏は「国民のみなさんはいずれ消費税は上がるんだろうなということは勘付いている」として、そのための条件として、税金のムダづかいの象徴である天下り、「渡り」の禁止、国会議員定数の削減などをあげた。

 公明党の坂口力議員は消費税の増税は重要だとしたうえで、「その前に所得税、住民税、法人税の見直しが必要」だとのべた。

与党が入れ替わり立ち代り消費税増税を迫り、「増税やむなし」を「世論」にしようとする異常な光景。

一方の民主党
 一方、違いを問われた民主党だが、管直人代表代行は4日の衆院予算委員会で、「税金の無駄遣いをそのまま放置して、消費税の引き上げの議論に入ること自体が大間違い」とはいったものの、消費税増税自体には反対しなかった。民主党も、消費税増税は規定路線であり、自公与党との違いは増税の時期だけだからだ。

誰かが言っていた。
 「どうせ麻生総理は、総選挙での敗北は避けられないだろう。どうせ負けるなら、積極的に打って出て討ち死にした方が、名誉は守れる。」と。なるへそ!

 積極的に打って出るとは、財界・大企業の次なるたっての要求である消費税増税を正面から掲げること。選挙で増税を掲げるなんて、常識的にはタブーだ。それをやるといっているし、実際やれば、敗北の責任も、「増税」に転嫁できる。
 「潔い負け方、仕方ない」となって、自分の名誉は傷つけずに済むかもしれない・・・。

「窮鼠 猫を咬む」ともいう。総選挙で、ノー!を突きつけ徹底的に負かさなければならない。


 


「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2009.02.05 | | Comments(2) | Trackback(0) | ・消費税・財源・税Ⅲ

コメント

CHANGEのCHANCE

こんにちは。現体制は「中福祉中負担」なる掛け声で、マスコミを総動員するでしょう。「民営化」のときと同様です。これを撃ち破る方途は、只一つ。真正面から斬り結ぶ。敵の「負担」には中身があるが「福祉」には中身なぞない。ここを突く渾身の一太刀。「教育費医療費はタダ」。その原資はどうするか、最もリーズナブルな歳入の在り方を示せばよい。主導権を奪い返すのです。現体制が仕掛けたテーマ「負担」を、こちらから動いて「福祉」に変えてしまう。「福祉」の中身を競い合う。敵は慌てまっせ。勝負なんです。「消費税増税反対」では勝てない。戦いのテーマ設定で既に主導権を握られている。よしんば反対の主張が通って、見送られたところで、現状がより悪くならないだけのこと。貧乏人の困窮は、変わらない。相手の太刀を躱すのではなく、逆に、鋭く踏み込んで振りかぶった敵の喉元を突く。突き破る。日本を、資本主義の政治体制から、社会民主主義の政治体制へと「CHANGE」させる。敵が振りかぶった今こそ、隙あり!千載一遇の勝機。何をためらうことがあろう。勝負だ。怖れず前へ、出よ。

2009-02-05 木 14:20:16 | URL | BLOG BLUES #- [ 編集]

BLOG BLUES さんへ。

コメントありがとうございます。
「日本を、資本主義の政治体制から、社会民主主義の政治体制へと「CHANGE」させる。」かどうかは別としても、たたかいの枠組みをどう攻勢的に、国民の中にわかり易く示すかという問題提起は、理解できますし、その必要性については同感です。
 今日の社会保障切捨てを初めとする国民生活の困難に対して、その原因が、財界・大企業の利潤追求という動機を第一にした、彼らの要請に応えるする自公政治のあり方にあることを明らかにしながら、これに規制をかけて「ルールある経済社会」をつくる、というのが主張ですが、当然それは、25条を初めとする国民の生存権や幸福権のためです。それは言うまでもなく、今すぐではないにしても、「教育も医療もタダで」というものを展望したものです。そこへ向けて一歩を、ということですが。
そこらへんを、目の前の問題とかみ合わせながら、どうストレートにわかり易く、攻勢的に打ち出すか・・・。

いろいろ参考にさせていただきます。

2009-02-05 木 15:26:33 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。