忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.947 大将がぶれれば、兵卒は狼狽し・・・。

麻生内閣の支持率、落ちるところまで落ち、もはや自民党支持層も離れているようだ。
史上最低の支持率?早くやめて総選挙を!

内閣支持率

 この人の迷走・ぶれようは、政策や見解に対する評価以前に、まずはリーダーとしての資質にかけるということではないか。

 郵政民営化の賛否をめぐり、発言を二転三転させている麻生太郎首相。本人の弁解に関係なく、くるくる変わっている。

 昨年九月の自民党総裁選。
「私は郵政民営化を担当した大臣ですから」。
「忘れないでください。私が総務相として担当しておりました。私が担当としてやらせていただきました」。

 そして、半年もたたないうちに、
「みんな勘違いしていますが、郵政民営化担当大臣ではなかった。郵政民営化担当から、私は反対だとわかっていたので、私だけ外されていました」
「(民営化の閣議決定に)最後までサインをしなかったのでもめた。内閣の一員としてということで(仕方なしに)最終的にサインした」(5日の衆院予算委員会)。

 それに批判の声が上がると、
「自分なりに勉強させていただいて、最終的に民営化には賛成をしました」(9日の衆院予算委)。

 そして、10日夜。
「(民営化の)内容を詳しく知っていた方はほとんどいなかった」と開き直り。
2005年の衆院選に関し「あの時『(郵政民営化関連法案に)四分社化(が盛り込まれていると)知ってましたか』と言われたら、知っている人はほとんどいなかった」との認識を示した。

 さらに「国民が(争点と)感じていたのは、郵政民営化かそうでないかだけだった。(民営化の)内容を詳しく知っていた方はほとんどいなかった」と、郵政民営化の内容に対する国民の“理解度”の低さを指摘。

 05年の衆院選は、郵政民営化が唯一最大の争点。選挙に打って出た小泉純一郎元首相が「本当に必要ないのか国民に聞いてみたい」とした郵政法案には、日本郵政公社を民営化し、持ち株会社の下で郵便、窓口、郵便貯金、郵便保険に四分社化する方針が明記され、それは政府の基本方針ともなっていた。

 郵政民営化を推進しながら、「反対」「賛成」で、発言をコロコロ変える首相の姿勢は無責任きわまりない。
 国民に対しては無論だが、自民党内でも、「悪者になりたくない」という自己保身の根性が見えみえで、さらに求心力はなくなっていくであろう。
 一連の発言について、自民党内からの批判も強く、麻生総理は小泉元総理に電話で釈明し、郵政民営化を推進する意向を伝えたそうだが・・・。

 自民党の早川忠孝法務政務官は、自身のブログ、政界再編の中で生き残りをかけるために、「辞任」を表明し、わずか4時間で撤回する有様だ。

いよいよ、自立の道を歩むときが来た。
1ヶ月ほど早かったが、今日からは私自身の旗を掲げることにする。
小泉、安倍、福田、麻生と4人の総理の下で政治を学んできた。
清和政策研究会で森元総理の話を間近に聞いてきた。
初めて国会に議席を得てから既に5年が過ぎている。
当初は無我夢中、暗中模索だったが、どうにかここに来て自分の立ち位置が見えてきた。
自分がどう動けば、どう世の中が変わるか。
その手応えが分かるようになった。
もう、人の指図に盲目的に従うことはない。
自分がこれから一番役に立つ道を、自分で選ぶ。
そのことを今日、皆に伝える。

自立する宣言である。
これだったら、麻生内閣の新たな波乱要因などにはならないだろう。
予算が成立して私の責任を果たしたら、その時点で大臣政務官を辞任させていただくつもりだが(なお、この点については、森法務大臣から慰留があり、まだ私の仕事が終わらない、ということで、撤回させていただいた。)、これは別に造反でもなんでもない。
単なる、自立の意思表示である。

既に自民党の多くの国会議員は、自立の道を歩んでいる。
既成の派閥に所属している人もそうでない人も、それぞれ自分の歩む道を懸命に模索している。
私は、日本の政治を安定した軌道に乗せていくためには、どうしても政界の再編が必要だ、と訴えている。
衆議院の解散総選挙の前後の政界再編のために、新党の設立も視野に入れて、それぞれ自立の道を歩まなければならない、と言っているだけである。(以上、部分引用)


 自民党はもう、迷走丸、風前の灯?
日本丸の舵取りは不能だ。すぐに、解散総選挙を行うべきだ!

ついでにこんな話もある!きりがなく出てくるよ、自民党。
森氏「民営化賛成、小泉さんだけ」 首相の郵政発言を擁護nikkei nett

 自民党の森喜朗元首相は11日、麻生太郎首相が郵政民営化について「賛成ではなかった」と発言したことについて「胸を張って『民営化して正しい』と思った議員は、私は小泉純一郎元首相だけだったと思う」と述べ、同発言で批判を浴びた首相を擁護した。徳島市内で開いた同党参院議員の国政報告会で講演した。

 首相が2005年の郵政解散に関して「あのとき4分社化を知っていた人はほとんどいない」との認識を示したことにも、森氏は「よっぽどの専門家でないと分からなかった」と指摘。一方で「少し分が悪くなると浮足立って、自民党の悪口を言って『野党と協力して新しい旗の下に政党をつくる』と、結構な(立場の)人まで言うのは残念」と述べ、中川秀直元幹事長を念頭に党内の政界再編志向組をけん制した。(11日 22:32) (以上、引用)



 
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

いつもありがとうございます。
ランキングーポチッとよろしく。

       ↓       ↓
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

2009.02.12 | | Comments(2) | Trackback(1) | ・麻生政権

コメント

正直なのか?アホなのか?

麻生太郎の「(民営化の)内容を詳しく知っていた方(国民)はほとんどいなかった」発言は、首相としても政治家として言ってはいけない言葉ですが、麻生太郎が喋った数少ない『真実』の一つですね。
郵政選挙敗北直後に郵政造反組みの旗頭であった亀井静香が『国民はみんなアホ』と思わず口走って顰蹙をかっていたが、今回の麻生発言と全く同じ意味で『真理を突いた正論中の正論』です。
全くそのとおりで『国民は内容を知らせれず』に投票させられていた。
郵政民営化の本当の意味を説明しようとしていた共産党の志位和夫や国民新党の亀井静香の発言は、司会者であるはずのみのもんたや古舘 伊知郎によって『そんな馬鹿なことが有るわけ無いじゃ有りませんか』と一方的に発言を封じられていた。
真実は封じられ小泉フィーバーと刺客騒動だけが面白おかしく報道(宣伝、広報)され自民党300議席の虚構が出来上がる。これミニファシズムですよ。

2009-02-12 木 10:16:34 | URL | 逝きし世の面影 #bYNys3XA [ 編集]

逝きし世の面影 さんへ。

コメントありがとうございます。
あの選挙の実態はおっしゃる通りでしたね。
「正直なのか?アホなのか?」・・・いい意味で見れば世間知らずのボンボン・・・いい意味って彼には無いでしょうが。一般人のおじさんなら、「ノーテンキなアホ親父」で、人畜無害というところだろうが、立場が立場では!
麻生総理は小泉前総理のことを、「奇人変人」と言ったそうだが、ご本人も全く同じですね。

2009-02-12 木 10:51:50 | URL | 友さん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://toyugenki2.blog107.fc2.com/tb.php/955-2e2846b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

08年に見逃された十大ニュース(メモ)

ニューズウィーク、2009年01月14日号の見出し 「08年に見逃された十大ニュース」 08年に見逃された十大ニュース 科学分野で危ないイメージ先行   液晶テレビや半導体の製造で使われ、強力な温室効果がある気体の「三フッ化窒素」が、従来推定されていた量の3倍

2009.02.12 | 逝きし世の面影

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。