忍者解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

NO.2073 ぶれる菅?世論が動かす。

 いや、信念がなく、おどおどしているのだろうか。

     3931.jpg

 国民の世論に押され、浜岡原発の「稼働停止」を宣言(5・9)してから十日足らず、18日には、定期検査で停止している原発について「緊急的な安全措置がしっかりしたものは稼働を認めていく」と発言した。

今度は、「原発停止ドミノに陥る」という電力業界と財界の声に反応したのだ。

 いや、もともと、浜岡停止は気休めのようなものだった。
中電は、浜岡原発停止を受け入れるにあたって、「安全対策は万全だ。停止を受け入れるのは、国民に一層の安心をしてもらうためだから、そのことを国民に徹底してくれ」という趣旨の「確認書」を政府に提出している。

 これを受けて、海江田経産相は、「浜岡の耐震安全対策は適切だ。安全基準は満たしているが、苦渋の選択として一層の安心のための措置だ」と応じていた。

 「安全基準」とはなんなのか・・・。
要するに、原発がまだ制御可能な技術でないことや、浜岡の震源地真上という立地条件の問題や、その他多くの原発も活断層周辺にあり危険だという認識、反省はないのである。


 菅総理のブレは、世論に弱いということでもある。
国民の声と電力業界・財界の声の綱引きの中でぶれている。

 国民世論は確実に原発見直しに動いている。
政府は今こそ原発からの撤退を決断すべきだ。
そして、原発ゼロへの期限を切ったプログラムを作ること!


世論が動かす。
動かさなければならない。


作業所・施設の復旧・復興にご支援ください">★作業所・施設の復旧・復興にご支援ください  
きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
 ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.22 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・さよなら原発!

NO.2071 原発は<トイレなきマンション>

 ひんやりとした霧雨の日曜日・・・。
不破哲三さんの<原発災害講義>が注目されている。

     チャリ

 ■「科学の目」で原発災害を考える/社会科学研究所所長 不破哲三
    http://bit.ly/juTQE5

 岩見隆夫氏が毎日新聞のコラム「近聞遠見:トイレなきマンション」で、「14日付の共産党機関紙「しんぶん赤旗」に3ページにわたって掲載された不破哲三社会科学研究所長(81)の<原発災害講義>は出色だった。日本の原発について歴史的、体系的に振り返り、なにしろわかりやすい。」「原子力への理解を深めるためにも、不破講義の一読をおすすめしたい。分量は400字原稿用紙50枚ほど。」とおすすめしている。

 同感、当道場もお勧めです。
上記リンク先でどうぞ。

近聞遠見:トイレなきマンション=岩見隆夫(毎日新聞 5・21

 1号機がどう、2号機がどう、と連日伝えられるが、さっぱり要領をえない。危険は減っているのか、増えているのか。

 「原子炉の火は神様の火で手がつけられない」

 と馬淵澄夫首相補佐官(原子力発電所問題担当)が述べた、と一部で報じられ、馬淵は否定したが、そう言いたくなる気持ちは分かる。

 政府による情報処理の混乱が批判されている。菅直人首相以下が情報を隠しているのか、核心に触れた情報を持ち合わせていないのか、それさえはっきりしない。

 原発情報は各メディアにもあふれている。しかし、どれも隔靴掻痒(そうよう)の感があって、この国難の乗り切りに不安が増すばかりだ。

 そんななか、14日付の共産党機関紙「しんぶん赤旗」に3ページにわたって掲載された不破哲三社会科学研究所長(81)の<原発災害講義>は出色だった。日本の原発について歴史的、体系的に振り返り、なにしろわかりやすい。

 不破が同党の書記局長、委員長時代、三木、大平、鈴木、小渕の四つの自民党政権下で追及してきた実績が講義の裏付けになっている。二十数年間、原発災害という同じテーマで質問し続けた唯一の政治家だ。長年の論戦の実感として、不破は、

 「質問に答える政府側が、原子力の問題をほとんど知らないで済ませていることにあきれ続けた」
 と述懐している。

 最初の質問は1976年の三木政権下。当時、原発は6カ所に9基、さらに増設計画が進んでいた。不破は、

 「原発の一つ一つが安全かどうかの審査をきちんとやっていると責任をもって言えるか」

 とただし、佐々木義武科技庁長官が、

 「十分やっている」

 と答えた。ところが、審査体制を調べると、アメリカは1900人の技術スタッフがいるのに、日本は全員非常勤のアルバイト仕事。審査といっても設計図をみるだけだった。

 さらに、福島原発でも大問題の使用済み核燃料についても質問したが、まともな答弁がない。いま、不破は、

 「政府側がほとんど何も知らないことに驚いた。それから35年たっても、原発の後始末の面では何の手も打たれていない。だから、原発は<トイレなきマンション>と言われてきたのだ」

 と語る。

 80年(大平)にはスリーマイル島事故の教訓、81年(鈴木)は東海地震と浜岡原発、99年(小渕)は国際条約違反問題を取り上げた。だが、政府側の反応はすべて<安全神話>に浸りきったものだった。不破が言う。

 「菅内閣の対応は本当にだらしなく、政権党として考えられない。しかし、こういう事態をつくり出したのは、2年前まで政権を担ってきた自民党だ。国民的大災害の根源である自民党の歴史的責任に口をぬぐい、今の対応だけを追及して済まそうというのは、あまりにも無責任な態度だと私は思う」

 講義の最後で不破は次の二つの問題を訴えている。(1)原発からの撤退を戦略的に決断する(2)安全最優先の権限と責任をもった原子力の審査・規制体制を緊急につくりあげる(撤退しても後始末に少なくとも20年ぐらいかかるから)。(2)は当然、(1)は国民的な討論が必要になる。

 原子力への理解を深めるためにも、不破講義の一読をおすすめしたい。分量は400字原稿用紙50枚ほど。

 なお、不破は軍国少年のころ、作家志望から理系に転換する。軍艦に熱中し、造艦技師になりたかったからだ。東大理学部卒。(敬称略)=毎週土曜日掲載

 




作業所・施設の復旧・復興にご支援ください">★作業所・施設の復旧・復興にご支援ください  
きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
 ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | ・さよなら原発!

NO.2069 原発事故は「神の仕業」与謝野馨 VS まさに「利潤第一主義」「ルールなき資本主義」不破哲三

 3.11日以降、福島第1原発を除いた全国の原子力施設で、作業員から内部被ばくが見つかったケースが4956件あり、うち4766件はその作業員が事故発生後に福島県内に立ち寄っていたためだと報道されている。

     3952.jpg

 ところがその福島では!

@oowakitomosan 2011.05.21 06:38
東電は作業員の内部被ばくを測らずに働かせていたらしい。掴んでるのは7400人中たったの40人!労働者の命よりも利益追求か!資本の本質とはいえここまでとは驚きだ。共産田村議員の追及に、東電は2台しかない全身測定装置を12台以上にして測定すると約束したが…。

とんでもない話だ。
さらに!

@oowakitomosan 2011.05.21 06:46
構造改革のガン与謝野が、原発事故は「神の仕業」発言。津波にも「最高の人知で対応」。日本原電から原発推進の中曽根の秘書を経て政界入りした筋金入りの原発政治家だ。「原発推進は間違いじゃない。謝罪するつもりもない。東電の免責を」と言い張る。こんな奴は、即辞任させろ!

 石原都知事の「津波は天罰」にも勝るとも劣らない、いやその経歴を見るともっと異質な悪質さをもっている。東電の免責、原発ムラの利益を守ることを至上命題にしているのである。

 与謝野馨という男、いかにも悪人面というわけではない。

 ご存知、歌人与謝野鉄幹・晶子夫妻の孫である。 
・1963年東京大学法学部卒業後、母の知人・中曽根康弘の紹介で日本原子力発電に入社。
・1968年日本原子力発電を退職し、中曽根の秘書に。
・1976年12月の第34回衆議院議員総選挙に東京1区から立候補し初当選。中曽根派に所属する。
・2004年、自民党政調会長に就任し、小泉首相の進める郵政民営化はじめ構造改革にまい進し、福田・麻生政権でも、財政畑で構造改革を踏襲した。
・2010年4月10日、平沼赳夫、園田博之らとともに、新党「たちあがれ日本」をつくる。
・2010年12月に民主党政権からたちあがれ日本の連立政権参加の打診を受けたのを機に、2011年1月13日、たちあがれ日本から離党。
・翌1月14日、菅再改造内閣にて、経済財政政策担当大臣に就任した。

 自ら「不信任」した菅内閣の大臣になるとは師匠ゆずりの「風見鶏」である。

 日本の原発推進は中曽根内閣から本格的に始まった。そこに日本原電から送り込まれた与謝野が秘書として、実質的主犯格の仕事をし、以後筋金入りの原発政治家として政界の中枢を歩いてきたのである。

@oowakitomosan 2011.05.21 10:21
与謝野馨の原発事故は「神の仕業」発言と社会保障切捨て・構造改革推進は偶然ではない。大企業中心政治にとっては、資本の利益擁護と国民生活切り捨ては車の両輪。原発事故は政治のありようを問うている。

 そこで、面白いツイートを見つけた。
マルクスのボットである。

@KarlMarxbot 2011.05.21 08:26
資本は自分の唯一つの生命の衝動―自己を増殖し、剰余価値を創る衝動をもつ。

@KarlMarxbot 2011.05.21 07:55
プロレタリアの労働は、自由意思に基づくものではなく、外部から強制された強制労働である。

なるほど。
不破哲三社研所長は「古典教室」の第4回講義で、以下のように述べている。

原発 まさに「利潤第一主義」「ルールなき資本主義」
 「震災と原発事故へのこの教室らしい受けとめ方として、補講的なテーマを用意しました」と切り出した不破さん。前半は、第1課で学んだことに照らして、原発災害をどう学ぶのかをとりあげました。

 第1課のカナメの一つは利潤第一主義の問題、もう一つは資本主義社会では労働者と国民の生活と権利を守る「社会的バリケード」が重要だが、日本はそれが世界でも遅れた、「ルールなき資本主義」になっていることでした。不破さんは「この二つの問題が大変あからさまな形で現れたのが、福島の原発災害だった」とのべました。

 核エネルギーの発見は、火の発見につぐ人類史的意義をもつものでしたが、人類にとって不幸なことは、その利用が戦争目的で始まったことでした。まず原爆が開発され、広島、長崎が犠牲となりました。原発も原子力潜水艦の動力用に開発され、その動力炉が民間用に転用されました。だから、(1)冷却水の供給が止まると暴走が起こるという原子炉そのものの本質的な不安定性、(2)使用済み核燃料の処理方法が見いだせないままでいる、という「未完成」な技術状態がそのまま残っています。日本は、この危険に満ちた道を、備えも覚悟もないまま走り出してしまったのです。

 「私が質問した実感からいうと、答弁する相手が何も知らないことにあきれ続けでした」と、歴代首相を追及した不破さんは、76年、80年、81年、99年の自らの国会質問を紹介しました。「安全神話」に浸りこんで事故が起きた場合のことも考えずに原発を推進し、安上がりというだけで地震の危険地帯に集中的に立地させ、老朽化しても“これからがもうけどころ”と運転を続ける…。利潤第一主義のあまりのひどさに参加者からは小さな失笑が何度も漏れます。

 安全・管理体制では、80年、2回目の質問の時点でも、「常勤の専門家は1人もいなかった。いわば全部アルバイト」の指摘に、若い男性参加者が「うわ」とうめくような声をもらし、「建設と運転の専門家はいても、事故が起きたときの体制も、防災の技術を持つ専門家もいない。まさに『ルールなき資本主義』の原発版」とのべる不破さんの講義を、参加者は息をのむように聞き入りました。

 歴代自民党政府がこの原発政策をすすめ、民主党政権も引き継いでいました。

 詳細は、講義を整理加筆した以下をご参照。

■2011年5月14日(土)「しんぶん赤旗」「科学の目」で原発災害を考える 社会科学研究所所長 不破哲三


作業所・施設の復旧・復興にご支援ください">★作業所・施設の復旧・復興にご支援ください  
きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
 ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     



テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | ・さよなら原発!

NO.2056 菅首相の「エネルギー基本計画」白紙検討発言 引き続く「前進」だが・・・国民の運動がカギ

 菅直人首相は10日夕、今後のエネルギー政策に関し「従来の『エネルギー基本計画』は白紙に戻し議論する必要がある」と述べた。浜岡原発停止要請に次ぐ「前進」と評価したい。

     1105043968.jpg

 エネルギー基本計画は、民主党政権が昨年6月に閣議決定したもの。発電に占める原子力の比率を2030年に30%から50%に高めるために、さらに14基の原発を増設する等の内容を含む。

 あわせて菅首相は、太陽光や風力など自然エネルギーへの転換と省エネ社会の実現を、今後のエネルギー政策の2本柱とする意向を示した。

 原発依存のエネルギー政策の転換へ、先ずは評価できるだろう。フクシマ原発事故の悲惨な現実と、企業人も含む国民各層の反原発・脱原発の世論が政府を動かしている。

 7日には1万人の「原発やめろデモ」が東京都渋谷区で行われたのを始め、各地で声が上がりだした。

 6日には日弁連が、原発の新増設の停止、既設の原発の段階的な廃止などを強調した「エネルギー政策の根本的な転換に向けた意見書」を政府に提出した。

 ついでに世界の流れも、フクシマを受けて原発見直しの機運だ。
アジアでは、インドネシアのユドヨノ大統領は8日、「福島で起こったことを教訓に、原発の肯定面と否定面を十分に認識する必要がある」「インドネシアは引き続き原子力以外のエネルギー源を選ぶ」「ASEAN各国は化石燃料に頼らず再生可能で環境にやさしいエネルギーを追求しなければならない。これは必ずしも原発建設に向かうものではない」と述べ、ASEAN各国もに慎重な姿勢を取るべきと呼びかけた。

 世論と運動がカギ

 しかし、手放しでは喜べない。
浜岡原発の問題にしろ、今回の運転全面停止は、全面廃炉を決めたものではなく、津波対策ができれば運転を再開するという前提だ。

 エネルギー政策にしても、政府一致の方針とは見えない.仙谷由人官房副長官は「エネルギー戦略、政策は原発を堅持する」(8日)と発言しているし、菅首相のリーダーシップから見ればきわめて危うい。

 国民の不安にこたえ、原発ゼロへの歩みにさらに踏み出すには、国民的な運動と世論の高まりが決定的に重要だろう。

   ■エネルギー政策の根本的な転換に向けた意見書 (日弁連)


【“NO.2056 菅首相の「エネルギー基本計画」白紙検討発言 引き続く「前進」だが・・・国民の運動がカギ ”の続きを読む】

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.11 | | Comments(0) | Trackback(3) | ・さよなら原発!

NO.2055 城南信用金庫理事長吉原毅さん 東電の対応を「大企業病」と批判(動画あり)

 原発事故をめぐり、大企業・東電の責任が問われる中、すでに多くの方が共感を持って紹介している城南信用金庫のこと。

     1105043972.jpg

 理事長の吉原毅さんが、東電や政府の対応を「大企業病」と批判している。(しんぶん赤旗5/8)

「巨大な津波対策には、巨額の資金が必要になるので想定以上の対策は取れないという発想は逆立ちしています。こう説明してはばからない原発企業や電力会社、政府の責任を感じない、いわば自己保身の姿は「大企業病」そのもので、われわれ感覚からして信じられないものです。」

 そして、「地域を守り、発展させるという公共的な目的のためにつくられた地域金融機関としての役割」の観点から「原発に頼らない安心できる社会へ」というメッセージを掲げ、省電力、省エネルギー、代替エネルギーの開発に少しでも貢献したいと話している。

「私も、大地震までは原子力発電をクリーンなエネルギーとして受け容れてきました。しかし収束できない事故の規模と深刻さに愕然としました。」

「今回の事故を通じて、原子力エネルギーは私たちに明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていることを思い知らされました。しかも、残念なことにこれを管理する政府機関も企業体も万全の体制をとっていなかったことが明確になっている。」

 すでに6万回以上も見られている動画。
     城南信用金庫が脱原発宣言!~理事長インタビュー
     

城南信用金庫は8日、自社のホームペーに「原発に頼らない安全な社会へ」というメッセージを掲載。金融機関が「脱原発宣言」ともとれるメッセージを発信したことが、インタ­ーネット上で大きな話題となっている。吉原毅理事長が、メッセージを発信した背景を語った。
 
城南信用金庫は、東京23区南部から神奈川県に85店舗を展開する信用金庫。融資額や貸し付け額では業界一位を誇る。貧富の格差解消や弱者救済の理念を持ち、消費者向けの­カードローンは、現状では一切扱っていない。またクレジット・信販会社とのATM提携も一切行っていないことで知られている。

原発に頼らない安心できる社会へ">原発に頼らない安心できる社会へ
城 南 信 用 金 庫

 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、我が国の未来に重大な影響を与えています。今回の事故を通じて、原子力エネルギーは、私達に明るい未来を与えてくれるものではなく、一歩間違えば取り返しのつかない危険性を持っていること、さらに、残念ながらそれを管理する政府機関も企業体も、万全の体制をとっていなかったことが明確になりつつあります。

 こうした中で、私達は、原子力エネルギーに依存することはあまりにも危険性が大き過ぎるということを学びました。私達が地域金融機関として、今できることはささやかではありますが、省電力、省エネルギー、そして代替エネルギーの開発利用に少しでも貢献することではないかと考えます。

 そのため、今後、私達は以下のような省電力と省エネルギーのための様々な取組みに努めるとともに、金融を通じて地域の皆様の省電力、省エネルギーのための設備投資を積極的に支援、推進してまいります。

     ① 徹底した節電運動の実施
     ② 冷暖房の設定温度の見直し
     ③ 省電力型設備の導入
     ④ 断熱工事の施工
     ⑤ 緑化工事の推進
     ⑥ ソーラーパネルの設置
     ⑦ LED照明への切り替え
     ⑧ 燃料電池の導入
     ⑨ 家庭用蓄電池の購入
     ⑩ 自家発電装置の購入
     ⑪ その他
                            以 上

 企業家としては孫正義さんの脱原発宣言も率直で共感がもてます。
     <孫正義>原発問題について熱く語る
     

ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
  きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          



「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | ・さよなら原発!

NO.2054 一歩前進だが・・・

 中電が菅首相の停止要請を受け浜岡原発の全停止を発表した。
一歩前進ではある・・・。

     1105043971.jpg

 全面停止とはいえ、永久停止ではない。停止の前提として、地震対策など安全対策を強化したのちに再稼働することを確認し、政府に地元自治体などへの財政支援を求めている。

 浜岡原発は専門家も「そもそも作るべきではなかった」と指摘してる「震源域の真上に立つ世界一危険な原発」。本来、自主的に停止すべきだったが、「首相の要請は極めて重いと受け止め」ての決断だった。
 社長会見は、「原発は安全だが首相要請があったから仕方なくやった」と言わんばかりのものだった。海江田経産相も「浜岡は耐震対策は適切にやってきた。」と擁護し、「停止は浜岡だけ」と特例を強調した。

 向こう30年内にマグニチュード8クラスの地震発生が87%と予測されている。
安全対策は津波対策の防護壁が中心のように言われるようだが、福島第1原発の炉心溶融が引き起こされた外部電源喪失は、津波ではなく地震が原因だったことが国会での共産党・吉井議員の追及で明らかになっている。

 津波対策どころか、直下型の大地震で岩盤が割れてしまえばひとたまりもないのではないか?安全は何ら保障されない。「そもそも作るべきでなかった」「世界一危険な原発」は永久に停止すべきだ。

 一方で、電力不足の不安をあおるメディアの傾向にも一言。
京大の小出教授は原発なしに電力供給は十分だと言っているが、多少足りなくとも新たな再生エネルギーの開発とともに、それにあった社会・生活づくりをどうするかが課題だろう。電力と安全を同じ俎板にのせて料理しようというのは考え物だろう。

福島第1原発・外部電源喪失は地震が原因/吉井議員追及に保安院認める

 日本共産党の吉井英勝議員は4月27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。

 東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(4月13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。

 これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。(2011.4.30、赤旗)


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     


●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
  きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.10 | | Comments(0) | Trackback(3) | ・さよなら原発!

NO.2053 原発事故の収束と福島原発の廃炉、全面補償を求める署名

 今夕、中電が浜岡原発の全面停止を発表した。
国民の声こそが力。
今こそ、声をあげなければならない。

     1105043965.jpg

 日本共産党福島県委員会が、東京電力福島原発事故の収束と福島原発の廃炉、全面補償求める署名(PDF)の運動を呼びかけている。

ぜひみなさんに広げていただき、お近くの日本共産党員や事務所にお届け下さい。郵送の場合は下記の住所へお願いします。
日本共産党福島県委員会 〒960-0112 福島市南矢野目字谷地65-3
まだ集約日は確定していませんが、一定の時期に集約して国や東電へ届けたいと思います。


 もう原発は福島県にいりません!
原発事故の収束と全面的補償を求める署名


内閣総理大臣 宛
東京電力株式会社取締役社長 宛

〔趣旨〕
 福島県民は、3月11日に発生した東日本大震災による地震と津波の被害に加え、東京電力福島原発事故によって、三重にも四重にも苦しめられています。今回の事故は「想定外」の自然災害ではありません。津波によって冷却設備が機能しなくなり、重大事故に陥る危険性は、くり返し指摘されてきたことです。
 今回の事故は、この指摘を真剣に検討していれば防げた「人災」です。

 いま何よりの願いは、一刻も早い事故の収束です。そのために国も東京電力も、すべての情報を明らかにし、内外の英知を結集してあらゆる手だてを尽くすべきです。

 そして、これだけ福島県民を苦しめている原子力発電所はもう福島県にいりません。ドイツの太陽光発電量は、福島第一原発1号機の25基分にもおよびます。いまこそ自然エネルギーへの抜本的転換を真剣に考える時です。

 原発事故により避難生活を強いられている住民はもちろん、県民は放射能被害という先の見えない不安を抱えています。原発事故の影響は、雇用、農業、酪農、漁業、観光、工業などあらゆる分野に深刻な影響を与えています。
 風評被害を含むすべての被害と損害について、もれなく充分で速やかな補償をすることを求めます。その際、補償の対象を原発からの距離や、放射線量などの数字で線引きせず、被害実態に合わせた全面的で速やかな補償をすることを求めます。

〔要望項目〕
一、福島原発事故早期収束のため、内外の英知を結集しあらゆる手だてを尽くすこと。
一、福島第一、第二原発を廃炉にし、自然エネルギーへの抜本転換を真剣に検討すること。
一、福島原発事故にともなって発生したあらゆる被害、損害について、もれなく全面的な補償と賠償を速やかにおこなうこと。


 同県委員会や県議団は、数々の政策・見解・提案を発表している。

 中越地震後の2007年7月24日の福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れは、まさに今回の原発事故の危険を指摘したものだった。

4.福島原発はチリ級津波が発生した際には機器冷却海水の取水が出来なくなることが、すでに明らかになっている。これは原子炉が停止されても炉心に蓄積された核分裂生成物質による崩壊熱を除去する必要があり、この機器冷却系が働かなければ、最悪の場合、冷却材喪失による苛酷事故に至る危険がある。そのため私たちは、その対策を講じるように求めてきたが、東電はこれを拒否してきた。
 柏崎刈羽原発での深刻な事態から真摯に教訓を引き出し、津波による引き潮時の冷却水取水問題に抜本的対策をとるよう強く求める。


★国民的合意に値する要求→参照■東京電力に対する原発事故にかかわる緊急申し入れ2011年4月20日


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     


【“NO.2053 原発事故の収束と福島原発の廃炉、全面補償を求める署名”の続きを読む】

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.09 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・さよなら原発!

NO.2052 グチャグチャいうやつはほっぽり出してでも・・・!

 「グチャグチャいうやつはほっぽり出してでも、しっかりやらんか!」

     1105043969.jpg

・・・ま、おさらいのつもりで観てください。
共産党吉井英勝議員の原発事故に関する2006年3月1日、2010年5月26日、2011年4月6日、13日の国会質問の質問のダイジェストです。

     原発事故 吉井議員質問ダイジェスト
     


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     



●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
  きょうされん「東日本大震災きょうされん被災対策本部」
   被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
   皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。
    ■郵便振替
         口座名義  きょうされん自然災害支援基金
         口座番号  00100-7-86225
          

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.08 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・さよなら原発!

NO.2045 時の人 日本共産党・吉井英勝議員 必見動画

 既に多くの方が紹介していますが・・・。
今や時の人ですね。

     3930.jpg


日本共産党の吉井英勝議員
京都大学工学部原子核工学科卒で共産党の原発・エネルギー問題委員長。
最近の国会質問は、冷静な中にも迫力満点。

 26日の衆院予算委員会。
 菅総理の「あってはならない事故」発言を引き出すや・・・。

 吉井 これまでの政府答弁や対応は間違っていたと考えるか。
 首相 事実として、間違っていたといわざるをえない。

     原発事故 首相「政府答弁は誤り」
     

「あってはならない事故が起こったのは、必要な対策もとらなかったからだ。事故後も直ちに対策をとらなかった人災だ」・・・。「安全神話」に立って事故を引き起こした政府と東京電力の責任が浮き彫りにした。

 吉井氏は、2005年の質問主意書以降、地震や津波による電源喪失や冷却機能不能の危険性を繰り返し提起してきたのに「万全を期している」などといって自公政権も民主党政権も一顧だにしなかった。

 事故後の対応でも、首相は東電に原子力災害特措法に基づく明確な指示を出さず、海江田万里経済産業相にベント(蒸気排出)命令を出させたのも地震発生から16時間後、海水注水命令は29時間19分後だったと指摘。吉井氏は「東電いいなりでまるで国家の機能を果たしていない」と批判。

 補償問題では、東電の清水正孝社長が「公正で迅速に補償するには国のご支援も必要だ」と述べたのに対し、吉井氏は「加害者だということを忘れ、税金でみてほしいとはとんでもない」と指摘。首相に対し「すべての被害者への補償を東電にやらせきると約束せよ」と迫った。

 首相は「一義的な補償責任は東電にあるが、適切な補償がなされるよう政府としても責任をもって対応する」と。


 東伝の責任逃れについては、またいつか。
以下、最近の関連ツイートから。

● oowakitomosan
J-CASTニュース 共産党議員が国会で警告していた 「外部電源喪失」そして「炉心溶融」http://bit.ly/fnq4mj

● oowakitomosan
J-CASTニュース 福島第1原発事故は二重の人災だった 日本共産党・吉井英勝衆院議員に聞く(上)http://bit.ly/fltYqh太陽光発電が脱原発の一番の担い手になる 日本共産党・吉井英勝衆院議員に聞く(下)http://bit.ly/gWd04v

● oowakitomosan
(動画)原発事故 首相「政府答弁は誤り」 衆院予算委員会 吉井議員が追及(11.4.26) http://bit.ly/dYUuzX

● oowakitomosan
大津波くれば原発炉心損傷 経産省関連機関が指摘 昨年 吉井議員の警告裏付け http://bit.ly/gxpdKv

● oowakitomosan
衆院予算委 原発事故問題 吉井議員の質問 備えなし 事故後も対策なし 政府と東電による「人災」 http://bit.ly/i5Vvwy

● oowakitomosan
原発事故 首相「政府答弁は誤り」 衆院委 「明確な人災」吉井氏追及 http://bit.ly/gIKFYZ

● oowakitomosan
原発の代替案とは何か、それは原発をもたないことである。(ダグラス・ラミス) http://bit.ly/gKHZJA


2011年4月27日(水)「しんぶん赤旗」 衆院予算委 原発事故問題 吉井議員の質問 備えなし 事故後も対策なし
 政府と東電による「人災」


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     


【“NO.2045 時の人 日本共産党・吉井英勝議員 必見動画”の続きを読む】

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.05.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | ・さよなら原発!

NO.2038 「愛する飯舘村を還せ!!村民決起集会」 南相馬からの便り 「知ってください!」「声を挙げてください!」

 今日のハイライトは、なんと言ってもこれ!

●oowakitomosan
2011.04.26 21:50
[拡散]必見!原発問題のエキスパート共産党・吉井英勝衆院議員の質問 →衆議院テレビhttp://bit.ly/exXwNPフクシマ人災、政府と東電の責任を追及


     ばら3918


 これは明日にでも改めて紹介するとして、今日は被災地の生の声を紹介します。
心が揺さぶられます。

「愛する飯舘村を還せ!!村民決起集会」がありました。
  ■ 動画→http://www.ustream.tv/recorded/14286335
30キロ圏外から参加した南相馬市の高橋美加子さんの発言です。
  ■動画→http://www.youtube.com/watch?v=JuBVy6iObKs

南相馬からの便り 1 知ってください!

私の住む南相馬市原町区は、原発事故で30 キロ圏内に入って屋内退避がもう一ヶ月も続いています。
今まで、精魂込めて培ってきた会社、社員、お客様、地域のすべてが根底から崩壊してしまいました。

四つのテナント店は閉鎖、本店もやっと、おそるおそる半日営業を始めたところです。
いつ避難命令がでるか?はたまた屋内退避が解除になるのか?
毎日テレビのニュースに釘付けになっています。

津波で家や家族を失った人、小さい子供を抱えて避難所を転々としている人、20 キロ圏内に住んでいたため数時間の間に強制的に避難バスに乗せられ連れ出されてしまった人、様々な出来事が30 人の従業員の身に降りかかりました。みんなばらばらになり寄る辺ない不安の中で毎日を過ごしています。

会社は休業届けを出して、従業員の給料を最低限確保しましたが、矛盾だらけのこの国の法律に、はらわたが煮えくり返るほどの強い怒りを抱えています。

あたり前に思っていた日常生活が本当に数時間で国家によって崩されてしまったのです。
これは、自然災害ではありません。
人為的災害です。

みなさんは、津波の災害と原発事故の災害を同じ感覚で見ているかもしれませんが、とんでもない違いです。
私たちは、水道も、電気も、ガスも、今では物資もガソリンも普通にあるのに、透明なバリアを張られて、閉じ込められています。

この地域はいまや、日本という国から抹殺されようとしていると感じる出来事が続いています。
新聞も、郵便も、銀行も、荷物も、30 キロ圏内というだけで届かなくなっています。
(地元の信用金庫と信用組合は、使命感でがんばっています)
実際、20 キロ圏内の人たちはそうされてしまっています。
津波で家族を失った20 キロ圏内の人たちは、放射能汚染の恐れがあるとの理由で、遺体を捜しに行くこともできません。

こんなことが悲しみと共にささやかれています。
「このごろ、カラスの姿が少ないよね。みんな浜に行っているみたいだよ。いまどき、鳥葬なんてむごすぎる」次々と出される、復興支援と称する金融や雇用の助成政策も、過去の例に倣った基準がそのままで言葉だけが「震災支援」と付け加えられて実行されるので、我々は、いつも「対象外」または「現実にそぐわない」という壁につきあたります。会社にとって、従業員は大切な宝です。資金は血液です。それを一番に支えてくれるはずの国家の施策は、残念ながら今のところ末端までは届いていません。(私は民主党だけを無能だといっているのではありません。50 年間与党だった自民党こそ、それ以上の責任があると思っています)

これは人災です。
明日あなたの身にも降りかかるかもしれない人災です。
どうぞ、このことに気づいてください。

原発事故は人災です。

空に、海に、放たれた放射能が、私たちの暮らしを縛り付けています。
自分の会社の社員に、30 キロ圏内に仕事をしに行けと命じることができますか?
機械やトラックや資材を出しますか?
避難命令が出るかもしれない地域の会社に、新たな融資をしますか?
会社運営、経済原則に則れば答えは「ノー」です。

あたりまえのことです。
こうして30 キロ圏には見えないバリアが張られていくのです。

人災は、人間の叡智で防げるもの。
今出来ること、それは、外側に居る皆さんに、この出来事を自分の身に置き換えて私たちの声にならない不安、いらだち、怒り、悲しみをリアルに想像して欲しいのです。

人間として、声にならない不安、いらだち、怒り、悲しみをリアルに感じたとき、初めて人間の叡智が働き始める、そうであって欲しいと願っています。

どうぞ、私たちの存在を忘れないで下さい!

電気を使う時、思い起こしてください!
この電気は、30 キロ圏の人々の犠牲の上に成り立っているかもしれないということを。
この絶望から私たちが抜け出せるとしたら、それは外側にいる人たちがこの苦しみに共感して、「おかしい!何とかしなくちゃ!」という声を国家や社会にむけて発信してくれること、そしてその声が我々の場所にまで届いてくるような大きさになることです。

どうぞ、あなたの周りの人に、「かわいそうな南相馬」ではなく「自分の身に起こりうる理不尽な出来事」としてこの現実を知って伝えてください。
政治批判に費やす時間を、真の復興プロジェクトを構築する叡智の結集の時間に変えてください。
そのことこそ、私たちに希望と生きる力をもたらす原動力となるのです。

「知ってください!」
これが、今の私にできる、精一杯のことです。

重ねられる言葉の隙間に闇見えて逢魔時(おうまがとき)の空燃え立ちぬ

2011 年4 月10 日
株式会社北洋舎クリーニング
代表取締役 高橋美加子

追伸 4月20日現在、多くの市民が戻り、銀行も郵便局も一部再開し、町は活気を取り戻しているように見えますが、30キロ圏内には「屋内退避」のうえに「避難準備区域」という言葉が付け加えられており、乳幼児、妊婦、お年寄りなどは先に避難しておくようにとの指示が出て、家族がばらばらに暮らすという状態が続いています。


南相馬からの便り 2 「声を挙げてください!」

メールありがとうございました。
涙が流れています。
東京に住んでいる友人で、実家がいわきで、親がいわきに住んでいるひとがいます。
彼女は「我慢強い東北人に世界は感嘆の声をあげている」なんていわれと、バカヤロー!と叫びたくなると言っていました。私も同じ思いです。

この土地が原発の地に選ばれたのは「我慢強かった」からなのではないでしょうか。
くやしいのは、原子力災害の深刻さを知らされないまま、「安全神話」を信じ込まされ、根底にある不安を抑えて暮らしていたこの地域の住民の「我慢強さ」が踏みにじられるような事態が続いていることです。国家の「万が一」の事態への対応基準が、見えてこないことに激しい怒りがこみ上げています。

孫たちが喜びの声をあげて駆け回った野山、海、そして「ハラマチバアチャントジイチャンノオウチ」(私たちは孫に原町ばあちゃん、原町じいちゃんと呼ばれています)
この地に彼らを迎え入れることがもう出来なくなってしまうのか・・・・
心は、深い絶望に揺れています。

今、私は声を出します。
大きな声でなく、心の底からの祈りの叫びです。

「原子力で電気を作るのは、もう やめてください!」


この絶望の中で最後の拠り所は、全国の人たちから同時多発的この声が発せられることです・
日本地図で原発のある場所をピンで止めてみてください。

事故の影響を免れる地域などないということが分かるはずです。
人間の叡智は、全ての人が、命を輝かせて生きられる世界を創るために使われるはず、私はそう信じたい!

人間の叡智で原子力に頼らない電気を作る技術、電気を浪費しない生活を創りだそう!
みんなで、そういう声を挙げるとともに、そこに向かって出来ることを実践しはじめよう!

今こそが、新しい共生社会へのスタート時点、ターニングポイントです。
願いはただひとつ、日本全国からこの声が挙がることです。
「原子力で電気を作るのは、もう やめてください!」

2011年4月17日
高橋美加子






●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ

作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.04.26 | | Comments(2) | Trackback(2) | ・さよなら原発!

NO.2032 【原発・エネルギー政策特集 1 】 ~どうする原発 どうするエネルギー 日本共産党はこう考えます~

 ラブレターをそのまま公開しましょう、って言うか、メールニュースなんですが。

     3924.jpg


今や、まともに原発を語れる政党は共産党しかない!
その特集第一弾です。
「共産党はどうも・・・」と言う方にこそ見てほしい。

******************************************************************
こんにちは日本共産党です 臨時号【原発・エネルギー政策特集 1 】
******************************************************************

□=================================□
 ~どうする原発 どうするエネルギー 日本共産党はこう考えます~
□=================================□

 東日本大地震と大津波によって、大量の放射能がもれだす重大事故をひきおこした福島第1原子力発電所。「原発はこのままでいいのか」「これからのエネルギー政策をどうしたらいいのか」という不安が、いま国民のなかにひろがっています。

▼志位委員長が首相に提言
 安全最優先の原子力行政に転換する。原発依存からぬけだし、自然エネルギーへ計画的に転換していく──日本共産党は、さしあたって急ぐべき被災者支援・復興、原発危機打開とともに、原子力行政・エネルギー政策の転換をはかることを提言にまとめ、首相に提起しました。

---------------------------------------------------------------------
安全最優先の原子力行政に転換を
---------------------------------------------------------------------

▼「安全神話」からきっぱりぬけだす
 福島原発の事故は、「想定」をこえた自然災害による防ぎきれなかった事故ではありません。市民団体や日本共産党が、「チリ地震クラスの津波がくれば、冷却設備がこわれて重大事故になる危険がある」とくり返し警告したのに、東京電力は、「安全性に問題はない」と改善をこばみつづけてきました。その結果おきた「人災」です。
 なんの根拠もない「安全神話」から、いまこそきっぱりぬけだすべきです。
原子力の危険性を国民に率直に語り、万全の安全体制をとる科学的な原子力行政に転換すべきです。

▼「新増設」を中止する 首相も「白紙から検討」
 14基もの無謀な原発新増設計画はキッパリ中止すべきだ──日本共産党の志位和夫委員長の提起に、首相も「見直しもふくめて検討したい」と約束しました。
 東海地震の想定震源域につくられた浜岡原発は即時停止に。高速増殖炉「もんじゅ」、プルサーマルなど、猛毒のプルトニウムを利用する核燃料サイクル政策をただちにやめるべきです。

原発総点検──首相が約束
 全国に54基ある原発の総点検を、菅首相も「おこなう」と明言。国際基準はもちろん、福島事故の教訓をふまえた新しい安全基準をつくっておこなうことをもとめます。

▼原発推進の部門からきりはなし 独立した規制機関を
 原発の安全のための規制機関は、原発を推進する部門から独立させること──国際条約ははっきり義務づけています。
 ところが日本は…。毎日テレビに登場する原子力安全・保安院は、原発推進の経済産業省の一部門にすぎず、原子力安全委員会は政府を補助する権限しかありません。これでは“ブレーキがきかない欠陥車と同じで、安全はまもれない──こんどの事故ではっきりしました。
 日本共産党は、アメリカのような独立した強力な権限と体制をもつ規制機関をつくることを提案しています。

予算は日本の120倍 米原子力規制委員会
 アメリカの原子力規制委員会は、独立した強力な権限をもっています。職員は約4000人、昨年度の予算は10億6690万ドル(約853億円)。たった7億円(11年度予算)しかない日本の原子力安全委員会とおおちがいです。

原発依存やめ、自然エネルギーへの計画的転換を
 長期的な視野で、計画的に“原発だのみ”からぬけだすことを決断すべきです。

▼ドイツにできることは日本にもできる
 ドイツでは、すでに発電量の16%が自然エネルギーに。福島原発1号機の25基分にもあたる規模です。2050年には80%にする戦略的計画をもっています。
 太陽光・熱、風力、水力、地熱、波力、潮力、バイオマスなどの自然エネルギー活用──日本も、大胆な目標とプランをもつべきです。

▼「24時間型社会」見直そう
 「大量生産・大量消費・大量廃棄」──浪費型社会のあり方を見直すときではないでしょうか。
 異常な長時間労働、夜間労働をやめることは、低エネルギー社会への大事な一歩です。

---------------------------------------------------------------------
科学の立場で国民をまもる―「原発の危険」を35年前から提起してきました
---------------------------------------------------------------------

 日本共産党は、原発問題を国会で1976年にとりあげて以来、「安全だ」と唱えるだけの政府にたいして、いっかんしてその危険性を告発し、解決の方向を提起してきました。

▼「安全神話」 原子力は未完成で危険をはらむ技術

 「原子力開発にとりくむには、今日の技術が許す限りの安全体制をとらねば非常に危険なことになる」(1976年1月衆院予算委員会、不破哲三書記局長=当時)。
 原子力が本来的に危険なものだという立場とかけはなれた「安全神話」に、警告を発しつづけてきました。

▼増設計画 震源域のうえに 原発をつくる国は世界にない

 「女川」「柏崎刈羽」「浜岡」「伊方」「敦賀」「島根」…。地震の想定域や活断層のうえに原発を建設するなどもってのほか──80年代には、危険な原発大増設計画の撤回をもとめてきました。

▼津波・電源 あらゆることを想定し、対策をとるべき

 大津波による被害で、原子炉の冷却機能が失われる危険がある。外部電源が失われると炉心溶融がおきる──2000年代の国会で、最悪の場合にそなえて対応するようくりかえし提起してきました。

「福島原発事故は『想定内』地震や津波 国会で議論済み」
 「昨年 5月 26日の衆院経済産業委員会。吉井英勝議員(共産)が大規模地震などで電源が失われた場合、どういう事態を想定しているかと質問した」「責任逃れの『想定外』。これは許せない」(「東京」3月24日付)


----------------------------------------------------------------------
「完璧に問題点を予見」―話題になる吉井議員の国会質問
----------------------------------------------------------------------
■2006年3月 衆院予算委員会分科会
□吉井議員
「津波で水位が下がり、冷却水を取水できなくなるのではないか」
□広瀬原子力安全・保安院長
「水位低下に対しても安全性は確保されている」
詳しいやりとりは→http://www.jcp.or.jp/tokusyu-11/03-genpatsu/2011_01_yoshii_dj.html
【ムービー】http://youtu.be/aP5fAGhDYk8

■2010年5月 衆院経済産業委員会
□吉井議員
「巨大地震によって、電源喪失につながる最悪の場合を想定すべきだ」
□寺坂原子力安全・保安院長
「そういった事態が起こらないように設計されている」
詳しいやりとりは→http://www.jcp.or.jp/tokusyu-11/03-genpatsu/2011_02_yoshii_dj.html
【ムービー】http://youtu.be/vwBsUid9Ih4

■2011年4月6日 衆院経済産業委員会
□吉井議員
「“理論的な話”ではなく、現実のものとなったのではないか」
□寺坂原子力安全・保安院長
「現実に、指摘のような事態が発生した。当時の認識に甘さがあった」
詳しいやりとりは→http://www.jcp.or.jp/tokusyu-11/03-genpatsu/2011_03_yoshii_dj.html
【ムービー】http://youtu.be/SLKDRnwUdeg

■2011年4月13日 衆院内閣委員会
□吉井議員「明白にロンドン条約違反」
□枝野官房長官「今後こうしたことないよう見直す」
【ムービー】http://youtu.be/T9t6MRbCYTk

----------------------------------------------------------------------
関連トピックス
----------------------------------------------------------------------
~「しんぶん赤旗」記事~

■危機打開へ 共産党の論戦と行動(上)原発問題 「安全神話」ただし転換迫る
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-16/2011041603_02_0.html

■経産省から電力会社に天下り 東電など6社に在職 塩川議員調査
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-18/2011041814_01_1.html

■福島原発事故 Q&A
http://www.jcp.or.jp/sinsai-sien/akahata_fg_faq.html

■再生エネルギー 各国にはずみ 2011年4月14日(木)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-13/2011041306_01_1.html

■エネルギーは地産地消 高知・梼原町 2011年4月11日(月)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-11/2011041113_01_0.html

~原発・エネルギーQ&A~

■原発はクリーン・エネルギー源というが… [2010.2.13]
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-13/20100213faq12_01_1.html

■自然エネルギーの普及には?(05/9/14)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-09-14/2005091412_01faq_0.html

■エネルギー事情が厳しくなっても原発に反対?(05/8/3)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-03/2005080312_01faq_0.html

----------------------------------------------------------------------
◇このニュースを友人、知人にひろげてください。

◇メールニュースの登録はここからできます。→
http://www.jcp.or.jp/mlmagazine/index.html

***************************
発行:日本共産党
mleditor@jcp.or.jp
***************************







 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.04.21 | | Comments(4) | Trackback(4) | ・さよなら原発!

NO.2028 呆れ返るばかりなり!原発事故賠償を国民負担?東北関東大震災と福島原発大人災は分けるべきだろう。

 5時出勤で本焼き点火。
今日は21時までには終わるかな?
新年度、第1回目の本焼きである。

 マグカップや茶碗に、次のような文字を入れて。
「心ひとつに がんばろう!にっぽん」
「あんたは一人じゃなかばい がんばるばい!にっぽん」
「上を向いて歩きんしゃい 涙はこぼしてよかばい 明日笑うためやけん がんばるばい!にっぽん」
「眼は臆病で 手は鬼になる がんばろう!にっぽん」
「たまには自分を ほめてやれ がんばろう!にっぽん」
「がんばれ自分 せいいっぱい がんばろう!にっぽん」
などなど、思いつきで。

 博多どんたくのチャリティ-セールで、売り上げの2割はきょうされんの被災障害者募金にして販売するつもりだったが、昨日、主催者から中止との報が入った。多分「自粛」の影響だろう。

 しかし、この一年はあらゆる販売の機会に続けようと思う。
買っていただいた方が、手元において使うたびに被災地に心を寄せることが出来ればいい。

違和感!
 この「がんばろう!にっぽん」には違和感が無い訳ではないというより、ある。
何べんも何べんも聞くと、押し付けがましく、耳障りになり、しかも!だ。
これを流すACは、東電をふくめた電力会社10社が理事で参加している。

●@oowakitomosan
怒!人災を前に他人事のような電気独占産業だ!広告を流す前に原発を止めろ!→AC広告に電力10社がかかわっていた・・・・。http://bit.ly/dY9fSQ

 ブロ友・ススムさんの「AC広告に電力10社がかかわっていた・・・・。」で、書いている

地震と津波は天災と言えるけど、原発災害は絶対に人災です。この、ナショナリズムを煽り立てるAC広告は、その責任を曖昧にする役割も果たしているばかりか、被災された方々には、ただただ空しく響くばかりじゃないかと思うのです。

に、同感です。

いまや環境破壊大賞!
 そんなこんなしてたら、
 ツイッターで、東京電力が地球環境大賞を受賞し授賞式が延期になたと言うことを知った。
ぶったまげげて調べたら、受賞決定は2月25日というわけ。
主催がフジサンケイグループだから、大企業身内のよいしょ!ごっこのいかがわしいものだが・・・。 

●@oowakitomosan
びっくり!何だ2月時点か。いまや環境破壊大賞!RT @ryu3go3: @cnvvlty フジサンケイグループ主催「第20回地球環境大賞」受賞は東京電力株式会社。日本経団連会長賞受賞は株式会社東芝。 http://t.co/Y6o5pZx  http://t.co/rpxRDQR


事故賠償を国民負担?
 そしたら、またまたバカな話が!
 福島第1原発:事故賠償補償料足りず 差額、国民負担に(毎日新聞)

 原発事故の損害賠償制度を定めた原子力損害賠償法(原賠法)に基づき、電力会社が毎年国に納めた補償料が、1962年の制度開始から2010年度まで累計で約150億円しかないことが12日、分かった。東京電力福島第1原発事故で、国は最低でも1200億円を支払う必要があるが、これまで受け取った補償料では足りず、不足分は国民負担で賄うしかない。

 バカ言ってんじゃないよ!全く身勝手にもほどがある。この東電の誠意のかけらも無い態度には頭にきた。

●@oowakitomosan
バカ言ってんじゃねえよ!先ずは内部留保の4兆円、次は役員が多額の身銭を切ってから!そして大企業の連帯で!/福島第1原発:事故賠償補償料足りず 差額、国民負担に - 毎日jp(毎日新聞) http://ow.ly/4yZa3

 東電の内部留保は2010年3月期決算で4兆2,290億円 。→http://amba.to/eu4sfd

メディア規制に官房費?!
 腹のたつことは続くものである。
 枝野幸男官房長官が、官房機密費(内閣官房報償費)は「未曽有の災害となった東日本大震災への対応等も踏まえながら」2011年度も従来どおり支出し続ける方針だと発表した。

●@oowakitomosan
アチャー!だめだこりゃ!震災復興財源が問題になってる時に官房機密費を2011年度も従来どおり支出し続ける方針だと!「未曽有の災害となった東日本大震災への対応等も踏まえながら」などと言いながら、これってメディア工作費が必用ってことバレバレ。http://bit.ly/e1S6vK

 官房機密費は、自民党政権時代から“国家機密”とは名ばかりで、一部野党やマスメディアへの工作、各種選挙などに使われてきたことが内部文書や関係者の証言などで明らかとなっています。民主党政権下でも使途は公開されず、事実上なんら制約を受けていない。

 民主党は、鳩山政権下で、「平成22年度(2010年度)1年間を通じて責任を持って報償費を執行する中で、その使途等を検証」し「透明性の確保を図る方策について、検討する」といい、菅政権も同様に言って来た。
 震災対策で財源が大問題になっている時に、何の国家機密があるんだ!
福島原発事故に関する対策で、情報操作のためメディア規制に躍起なことが伺われるではないか。

 ちなみに官房機密費は14億6165万円。急務である仮設住宅が700戸は出来るのだ。

・・・、もうあきれ返るだけである。

 ところで、復興財源について民主党の川内博史氏が次のようにツイートしていた。

●@oowakitomosan
ほんと?RT @kawauchihiroshi: 復興財源…。みんな「財源は無い」と信じ込まされている。「原発は安全である」と信じ込まされてきたのと同様に。原発神話は経済産業省が創り、財源神話は財務省が創った。財源については…日本国政府は政府自身が貯金を600兆円余持っている。

 これって、ほんと?本当なら財源の心配は要らないんじゃないのって思うけど?

 ちなみに、財源については、大企業・大資産家への減税中止やムダを削って5兆円、さらには「復興国債」を発行して、244兆円もの内部留保(手元資金だけでも64兆円)を抱える大企業に引き受けてもらうというのが日本共産党の復興財源の提案である。

 ■参考:どうする震災復興財源/日本共産党はこう考えます http://bit.ly/gk1hCu


呆れついでに、こんなニュースも流れた。
 菅直人首相が13日、松本健一内閣官房参与と首相官邸で会い、福島第1原発から半径30キロ圏内などの地域について「そこには当面住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」との認識を示したそうだ。

 こんなことがこんな形で出るものなのか?この官房参与の口の軽さというべきか?
こういうことは、避難移住の方針を示すとともに発表すべき非常に重いものではないのか?

●@oowakitomosan
そんな重大なこと、軽く言えるものだな。 RT @hutenma1: 原発周辺「20年住めない」と菅首相=内陸に移住、10万人規模の宅地造成 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000089-jij-pol

 この政権ごっこ内閣の本質を物語っているとしか言いようが無いが・・・。

 その他、原発に関する今日の資料的ツイートより。

●@oowakitomosan
RT @mainichijpnews: 福島第1原発:「チェルノブイリ超える」東電担当者が発言 http://bit.ly/eeb5QM

●@oowakitomosan
阪神・淡路大震災との違いは「人災」であること 内田 樹=神戸女学院大学教授 ~「中央公論」2011年5月号掲載 http://bit.ly/gPSS2I

●@oowakitomosan
(拡散)「小池さんに投票した」きっこ氏が解説。津波による原発事故を警告する共産党吉井議員の科学的な質問に対し、「そんなことないから大丈夫」と安全神話を語るだけの小泉、安陪政権の大罪。→「世界最悪の原発事故を起こした自民党の総理大臣」http://bit.ly/gpV9Vb

●@oowakitomosan
注目!「小出裕章非公式まとめ」…福島第一原発での事故を受けて、今注目の京都大学原子炉実験所助教・小出裕章先生のこの事故に関する情報発信を一覧できるようにまとめたサイトhttp://bit.ly/elKR42

●@oowakitomosan
RT @AKAHATA0201: 【本局発】安保問題を取材してきた記者が、米軍基地と原発の「国策」を問います →沖縄と福島 「国策」の論理 http://bit.ly/fD7Ylk

●@oowakitomosan
地震大国日本こそがめざすべき→独、原発からの転換模索/再生エネルギーを促進 http://bit.ly/gsmzDN


 蛇足ですが、あのきっこ氏、都議選では小池あきらさんに入れたらしいですね。
その気なら選挙前から言えばいいのに。言ってるのかな?

@kikko_no_blog きっこ
福島の皆さん、本当にごめんなさい。東京都知事選で原発推進派の候補者が当選してしまいました。自民党と公明党の組織票によるものだとしても、私は東京都民として心から恥ずかしく思います。私と母は脱原発を訴えた小池晃さんに投票したのですが、力が及びませんでした。本当にごめんなさい。
4月10日 webから


 そんなこんなで、
いよいよ最後の仕上げ、煉らし焚きの段階だ。
あと一時間ぐらい・・・。



 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

2011.04.14 | | Comments(8) | Trackback(7) | ・さよなら原発!

NO.2027 小出裕章先生に聞く 国際評価尺度(INES)チェルノブイリ並みの「レベル7」になった福島原発 

 天災は、最大の防備をしつつ、被災した場合は復興に力を合わせれば必ず立ち直ることが出来る。それは過去が物語っている。阪神・淡路大震災、中越しかりである。

 しかし人災はどうだろう。
進行中の福島第一原発事故は、多くの専門家や共産党・吉井議員など心ある人々の科学的な根拠ある指摘に対し、それを無視し「そんな事が無いようにしてるから大丈夫、安心して下さい」と、安全神話をかざし対策を打ってこなかった政治と安全軽視・利益優先の東電・資本による大人災である。

 昨日、事故の国際評価尺度(INES)がチェルノブイリ並みの「レベル7」に引き上げられたニュースは、世界を駆け巡り、日本への不信は増幅するばかりである。

 福島は、備えと対策における「二重の人災」であることは今や明白である。
天災は人的努力とと時間が癒すが、人災はどうだろう。

 被災当初は、「今はそんな事をいってる場合じゃない」と言っていた声も収まり、今や、人災を検証しさいなむ声がネット上にあふれている。こうして人災は、長期にわたって人々を翻弄し苛むであろう。

 さて、この人災を予防すべく一貫して研究・発信して来た京都大学原子炉実験所助教・小出裕章先生の発信情報をまとめたサイトがある。

● @oowakitomosan
大脇 友さん

注目!「小出裕章非公式まとめ」…福島第一原発での事故を受けて、今注目の京都大学原子炉実験所助教・小出裕章先生のこの事故に関する情報発信を一覧できるようにまとめたサイトhttp://bit.ly/elKR42


 その中から、もっともホットな記事を転載紹介したい。
他の情報も、是非リンク先でお読みいただきたい。

4月12日 本当に安定化に向かっているのか 小出裕章

2011年4月12日(火)21時から、MBSラジオ(毎日放送)のたね蒔きジャーナルに、小出裕章氏が出演されました。

【福島原発】2011/4/12/火★最悪の「レベル7」引き上げの意味


以下は要約です。

・事故の国際評価尺度が最も深刻なレベル7に相当すると発表されたことについては、あまりにもバカバカしくてコメントする気にもならない。日本政府は最初はレベル4と言っていてその後レベル5と言っていたが、とんでもない。とっくの昔にレベル7と言わなくてはいけなかった。

・この評価の遅れにより国際的な信用は失墜し、住民避難も後手後手にまわった。

・チェルノブイリと比較すると放出された放射性物質はその1割と言われているが、1割に過ぎないとは言えない。大変な量。しかも福島は進行中でどうなるか分からない状態。

・最初から伝えている最悪シナリオのような大規模な溶融が起こってしまうと、圧力容器も格納容器も破壊され、チェルノブイリ並みに放出される可能性がある。更に悪いのは福島は1〜6号機があり、これらを合計するとチェルノブイリの3倍以上の核燃料がある。またそれと同量の燃料が使用済み燃料プールにある。

・テラベクレルという単位の量を最初の1日で放出していたと今言っているが、最初から知っていたはず。かなり早くから気づいていたはずで、分からなかったという可能性はあまりない。

・枝野官房長官は数十人が死んだチェルノブイリと福島は違うと言っているが、福島第一原発でも原因がよくわかっていないことで作業員の方が亡くなっている。チェルノブイリとは違うということを私も信じたいが、チェルノブイリの事故で数百万人が被曝したが、今現在日本でも何十万人もの人たちがチェルノブイリと同じような被曝を既にしている。

・計画的避難区域という言葉を政府は使っているが、どのように政府がすべきであるかは私には分からない。防災を厳密に適用しようとすれば、最悪の万が一を想定して避難区域を設定して全体を動かすべきと思うが、今回はとてつもないことになっており、避難するとなると住み慣れた土地を捨てていかないといけない。離れていく人たちの重さがどれだけなのかと思うと途方にくれてしまう。逃げると生活が崩壊してしまうので、私は、どうしたらいいのかと立ち止まってしまう。

・こんなことにならないことをずっと願ってきたが、もはや手遅れなので、いい方向を少しでも探したい。

・菅首相は状況は徐々に安定化に向かっていると言ったが、私もそう願う。でもそう断言できない。このたたかいは何ヶ月も続くし、それに持ちこたえられるかどうか分からない。その状況でそのように言うというのはどういう神経をしているのかと思う。

・原子炉内の中性子のデータ、格納容器内の放射線量のデータ、二号機のサプレッションチェンバーの破損状態など、見てみたいデータはたくさんある。

・外付けの冷却回路を付けるという案を新聞で見たが、そういういろいろな方策が現場で進んでいるはず。







 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

2011.04.13 | | Comments(2) | Trackback(3) | ・さよなら原発!

NO.2024 原発大国フランスで「フクシマ」はどう報道されているか?

 東北関東大震災の初期には、世界のメディアは、日本人の行動を賞賛していたが、福島第一原発事故が明らかになると、世界はその安全性に関わる問題などに集中しているようです。
 特に、放射線物質で汚染された水の放出を開始してからは、厳しい目が注がれているようだ。

先ずは、事故初期報道から少し。

 「最悪の場合、広大な土地が何十年或いはもっと長期にわたって汚染され、人が住めなくなるというぞっとさせる危険を示している。」「日本の事故はある程度の”核ルネサンス”に影響を与えるであろう。」(米 ワシントンポスト紙 3月17日)

 「福島原発で使われていた原子炉(ゼネラル・エレクトリック社製)は以前から放射能を封じ込めるシステムに弱点があることが知られていた」「これまでのところ非常に重要な教訓は、溶融を防止するために炉内循環水を冷やし続けるのに十分な非常用発電機を備えておくことだ。」(米 ニューヨーク・タイムズ紙 3月18日)

 「原子力の安全に関するあらゆる想定が今や問題にされなければならない。」「最良のシナリオであっても、これほど多くの国をこれほど長期にわたって悩ませてきた原子力についての疑いを弱めることにはならないだろう。」(英 インデペンデント紙 3.14)

 「原子力発電はもっとも安全かつもっとも厳しく帰省された発電形態の一つ」「規制を見直し、IAEAの安全基準に強制力を持たせるべき」しかし、「原子力を放棄できると言う考えは幻想だ。」(英 フィナンシャル・タイムズ紙 3.19)


 ところで、原発大国フランスで「フクシマ」はどう報道されているか?

 「今日問題にされているのはまさに核の無謬性というドグマだ。」「規制、慎重さ、透明性にあらゆる努力を払うからといって、致命的な危険のあるエネルギーを受け容れることができるだろうか。」(仏 ルモンド紙 3.17)

 「今回ほどの規模の地震と津波を想定した安全対策を採らなかったことは、犯罪的といわないまでも、無責任だ。先見の明がなく、或いは収益性を気にすることで、日本の指導者たちは国民の容認しがたい形で危険にさらしている。」(同紙 3.22)

 フランスにおけるその後の報道は、「イル・サンジェルマンの散歩道」でご覧ください。
パリ近郊にお住まいのjeanvaljeanさんが、日本語に翻訳して紹介しています。

 以下サワリだけ・・・。

東電、国民に対し口を閉ざす―ル・ポワン誌(週間)3月24日付
福島の事故は、日本の原子力技術を取り巻く不透明性を暴露した。

 この事故は、「地震だけではなく、東京電力によっても引き起こされたんだわ」と、設備会社で働く東京のマチダ・カオルは冷ややかな怒りをこめて、こう洩らした。この災害は、福島原発を運営する東京電力によってもたらされた。事故の当初から、東京電力の広報担当は、発電所の状態に関するいらだった質問をかわし続けた。ついには、首相の菅直人も怒りだした。発電所の核燃料を冷却しようと命を賭して闘っている技術者たちの健康状態についての情報も、出そうとしない。(以下略)


東京電力、嘘の30年―ユマニテ日曜版3月31日号

 東京電力の首脳が、彼らに生活を破壊された人たちの前にきて謝罪した・・・数年来、彼らの利益が、生活を犠牲にして得られたことを忘れさせようとして。
--------------------------------------------------------------
数年前から福島原発を経営する民間企業は、利益を考慮するあまり危険を冒していた。原子力利用の技術の全体が、日本政府の優遇もあり、不透明性と嘘に専念していただけに一層安易であった。

数年前から福島原発を経営する民間企業は、利益を考慮するあまり危険を冒していた。原子力利用の技術の全体が、日本政府の優遇もあり、不透明性と嘘に専念していただけに一層安易であった。(以下略)


原子力の恐怖は日本全体を捉える―ル・モンド 4月1日付

この国のいくつかの地方で、地震以来停止している原子炉の運転再開に住民が反対している。

東京支局

 原子力の危機管理を批判されて、日本の当局はこの問題に着手した。3月31日首相の菅直人は、福島第一原発は「使用不能となり、取り壊されることになるだろう」と表明した。首相は、今から2030年まで、新たに14基建設する計画は、「おそらく」全国的に再検討していく問題となるだろうと明確に述べた。(以下略)


ラ・クロワ紙4月5日号
福島の労働者は、最悪のシナリオを避けるため、生命を危険にさらした

大量の放射能に被曝した、福島原発の労働者たちは、不安定な生活条件に耐えなければならなかった
-------------------------------------------------------
 1日に粗末な食事を2回とり、会議室の中の急ごしらえの寝室は、浴室の近くあるいは廊下で、床の上に直に敷いた鉛のマットレスをベッド代わりにして寝る。この3週間、福島原発の労働者たちは、極めて不安定な生活条件の中で、最悪のシナリオ、すなわち原子炉の溶解を避けようと努力している。大惨事の後で、原子炉の冷却装置の電源が損傷を受けたのである。原発を経営する東京電力は日曜日、3月11日以来行方不明であった、21歳と24歳の二人の労働者の遺体が発見されたと発表した。労働者たちは地震の直後、点検するために4号機の施設内に立ち入った。(以下略)


海への放出は、永続的な汚染を招く―ル・モンド紙4月7日付 

福島原発の土壌および海洋の汚染を押さえる解決策をいくつか示した東京電力は、11,500トンの放射能汚染の水を海に放出することを決めた。「我々は、この地方、そして関連する地方に心から申し訳なく思う」と責任者が、この排水が許可された限界値を約100倍超えることを明らかにしながら、表明した。

 日本政府は、他の解決策はなく、東京電力は、原子炉の冷却に使ったさらに高濃度の水を貯水するために、敷地を確保するしかなかったことを明らかにした。

 数日前から、原発の近くの海水を測定したところ、海洋環境へのおびただしい汚染を示すものであると、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が指摘した。(以下略)





 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.04.09 | | Comments(1) | Trackback(3) | ・さよなら原発!

NO.2022 ”二重の人災”…福島第1原発事故 「警告に耳貸さず」 「初動に遅れ」(動画追加)

●oowakitomosan 2011.04.07 10:04
人災を認めたということだ。共産党の吉井議員が再三指摘していたことだ。政府・保安院だけでなくメディアもスルーして来た。→電源喪失、認識の甘さ陳謝 保安院・安全委トップら http://t.asahi.com/1ygb


 朝日は以下のように報じている。
電源喪失、認識の甘さ陳謝 保安院・安全委トップら(朝日2011年4月7日0時25分)

 東京電力福島第一原子力発電所で深刻なトラブルを招いた、非常用を含めた電源喪失事故。経済産業省原子力安全・保安院や原子力安全委員会のトップらが、6日の衆院経済産業委員会で、電源喪失を「想定外」としていた過去の認識について陳謝した。

 この日、これまでに原発問題を国会で追及してきた吉井英勝衆院議員(共産)が質問。原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は昨年5月の同委で、電源喪失は「あり得ないだろうというぐらいまでの安全設計はしている」と発言していたが、この日は「当時の認識について甘さがあったことは深く反省をしている」と述べた。

 これまでの法廷証言などで電源喪失の可能性を否定してきた班目春樹・原子力安全委員長は「事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないようにしたい」と答えた。

 また、過去に同様の見解を示してきた前原子力安全委員長(現・日本原子力研究開発機構理事長)の鈴木篤之氏も「国民の皆様に大変申し訳ないと思っている。痛恨の極み」。電源喪失の事態に備えてこなかったことは「正しくなかった」とした。(野口陽)


 日本共産党の吉井英勝議員は、福島第1原発は「警告に耳貸さず」 「初動に遅れ」るという“二つの人災”が重なり重大事故を招いたことを明らかにし、原発事故を招いた政府の責任をただし、危機脱却のために英知を結集するよう求めている。

   原発事故 英知結集し危機回避を
   


 人災の一つは、警告に耳貸さず、対策を怠ったこと。
 地震や津波などによる全電源喪失が原子炉の冷却機能を破壊し炉心溶融を招くことを、吉井氏が2005年以来、質問主意書や国会質問で取り上げてきたのに、政府が耳を傾けなかったこと。吉井氏、「国も電力会社も原子力安全・保安院も“原発安全神話”を信仰し、情報を公開せず、国民の安全より企業利益第一主義に走ったのが最大の要因だ」。

 人災の二つめは、重大な局面で対策を断行せず、初動に遅れたこと。
 吉井氏、「原子力安全基盤機構(JNES)の研究報告が、全電源喪失で0・6時間後に核燃料が落下、1・8時間後に圧力容器が破損すると警告していた」。
「重大局面に菅直人首相や班目(まだらめ)春樹原子力安全委員長が現地視察のため4時間半も原子力災害対策本部を離れたことは重大な問題だ」。
「視察から戻ってからも、12日の20時5分に経産相が東電に海水注入などを命令するまで10時間以上もきちんとした対策をとらなかった」。

 なんと!班目原子力安全委員長はJNES報告を知らず、「どれぐらい緊急を要しているか把握していなかった」そうだ。
 海江田万里経産相は、ベント(蒸気排出)や海水注入を命令したのは「日をまたいでから」だったと認めた。

 ナントモ、国民の生命と財産を守る立場で、横着でお粗末と言わざるを得ない。
詳細は以下を参照ください。

2011年4月7日(木)「しんぶん赤旗」より転載。

原発事故集中審議 吉井議員質問
保安院長「認識甘く深く反省」 経産相「(「想定外」は)使うべきでない」

------------------------------------------------------------------
 福島第1原発事故発生後、初めて集中審議が行われた6日の衆院経済産業委員会で、同事故を取り上げた日本共産党の吉井英勝議員。未曽有の事故を引き起こした責任の所在と、危機打開の道筋が鮮明になりました。
------------------------------------------------------------------
     吉井さん
     (写真)質問する吉井英勝議員=6日、衆院経済産業委

警告が現実になった

 吉井氏は昨年5月26日の同委員会で、地震や津波による「電源喪失」が招く炉心溶融の危険性を指摘。これに対し経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は「論理的には考えうる」と述べ、現実には起こらないと答弁していました。

 吉井議員 “理論的な話”ではなく、現実のものとなったのではないか。

 寺坂院長 現実に、指摘のような事態が発生した。当時の認識に甘さがあったことは深く反省している。

 2006年3月1日の衆院予算委員会で、当時の原子力安全委員長だった鈴木篤之氏(現・日本原子力研究開発機構理事長)は吉井氏に、外部電源やディーゼル発電機、蓄電池など多重、多様な電源設備があり、他の原発からの電力“融通”も可能だから「大丈夫だ」と答えていました。

 吉井 設計上“大丈夫”だという話だったが、全ての電源が喪失したのではないか。

 鈴木理事長 国民に大変な心配、心労、迷惑をかけていることを大変申し訳ないと思っており、痛恨の極みだ。

 今回の事故について、菅直人首相や東京電力の清水正孝社長は、「想定外」としています。吉井氏は、日本の原子力安全基盤機構(JNES)の研究報告でも、全電源喪失で0・6時間後に核燃料が落下、1・8時間後に圧力容器が破損、16・5時間後には格納容器が過温で破損すると警告されていたと述べました。

 吉井 全電源喪失を考えて、いかなる場合にも今回のような事態を起こさせないというのが、原子力安全行政であり、原子力安全委員会の使命ではないか。

 班目(まだらめ)春樹原子力安全委員長 おっしゃる通りだ。今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起きないよう指導してまいりたい。

 海江田万里経済産業相も、「想定を超えるものが現実の問題として起こったわけだから、(想定外というのは)使うべきではない」と答えました。

10時間以上 対応に空白

 大地震発生から約1時間後の3月11日午後3時42分、原子力安全・保安院はすでに全電源喪失による炉心溶融の可能性を認めていました。ところが、原子炉格納容器からのベント(蒸気排出)などの緊急措置が行われたのは翌12日の午前10時以降。

 吉井 なぜ早い時点で東電を指導しなかったのか。あるいは、東電が指示に従わなかったのか。

 海江田 法律にもとづく命令というのは、日をまたいでのことだった。

 吉井 班目委員長と寺坂安全・保安院長は、危機感を持って臨んだのか。

 班目 どれぐらい緊急を要しているのか把握していなかった。

 官邸の対応はどうだったか。

 吉井 炉心溶融から危険な事態にすすみうることを認識して、はっきり東電に圧力容器の蒸気(を出して圧力)を下げろ、海水を含めて冷却水を入れろといわれたのか。

 枝野 電力が回復しない、ベントもなされない、水も入れない状況が一定時間続いて、急がないといけないということを午前1時半の段階で行った。

 こうした甘い認識によって、結局、実際に1号機でベントが行われたのはそれから9時間後の午前10時17分。東電が最初の海水注入を実行したのはさらに10時間後の午後8時20分でした。

 それもそのはず、そういう措置を判断する重大局面だったはずの12日午前6時すぎ、菅直人首相と班目委員長はヘリコプターで福島第1原発に向かい、原子力災害対策本部を4時間半も離れてしまったのです。吉井氏はさらに、原子力緊急事態宣言を出した12日午前7時45分から同日の午後8時5分に経産相が東電に海水注入を命令するまで、なんの対応もみられない“空白の10時間”があったと指摘。

 「東電がやらなかったら、やらせなきゃいけない。総理と原子力安全委員長が4時間半空白をつくっただけじゃなく、12日の7時45分(原子力緊急事態宣言)から空白の10時間がある。これだけ深刻なものだということが明らかになっているのに、きちんと対応しなかった責任はきわめて大きなものがある」と吉井氏はただしました。

危機脱却へ英知総結集を
官房長官「提言踏まえ相談したい」


 吉井氏は、原発危機から脱却するために積極的な提案をしたいとして、全国の研究者や技術者が情報不足で提言したくてもできないという声があがっていることを紹介し、「研究者番号を伝えて意見を聞かせてもらえる受付部門をつくり、原発危機からの脱却へ日本の英知を総結集すべきだ」と提起しました。

 枝野官房長官は、「おっしゃる通り、さまざまな専門家の英知を結集することが大事だ。ご提言も踏まえて関係当局と相談したい」と応じました。

 吉井氏は「国も電力会社も原子力安全委員会もみんな『原発安全神話』を信仰し、“原発利益共同体”を築き、情報公開しないで、国民の安全より企業利益第一に走った。思い込みと秘密主義こそが重大な事態をもたらした要因だ」と締めくくりました。

------------------------------------------------------------------
対策を怠った政府の責任は重大 原発事故直後の動き
《3月11日》
 14時46分 地震発生

 15時42分 第1原発1、2、3号機・全電源喪失(経産相に通報=以下同じ)

 16時45分、18時08分 同1号機など注水不能、原子炉冷却材漏えい

 19時03分 第1原発に原子力緊急事態宣言

 21時23分 第1原発半径3キロ圏避難、10キロ圏屋内退避指示

 22時00分 原子力安全・保安院「2号機炉心露出か燃料棒被覆管破損」の予測発表

《3月12日》
 1時20分 第1原発1号機・格納容器圧力異常上昇

 1時30分 枝野官房長官がベント(蒸気排出)指示

 2時30分ごろ 首相が福島原発視察を決定

 5時54分 第2原発1、2号機・圧力抑制機能喪失

 6時00分すぎ 枝野官房長官が東電に「どうしてベントがすすんでいないのか」

 6時14分 菅首相が原発視察にヘリ出発

 ★首相、安全保安委員長が不在に

 6時50分 経産相が東電に第1原発1、2号機原子炉格納容器内の圧力抑制を命令

 7時45分 第2原発に原子力緊急事態宣言。避難・屋内退避指示

 ★10時間以上東電に命令せず

 10時17分 1号機ベント開始

 10時47分 首相がヘリで官邸帰着

 15時36分 1号機で水蒸気爆発

 17時16分 第1原発・敷地境界線放射線量異常上昇

 17時39分 第2原発10キロ圏内住民に避難指示

 18時25分 第1原発20キロ圏内避難指示

 20時05分 経産相が東電に海水注入などを命令

 20時20分 1号機に海水注入開始




 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.04.08 | | Comments(1) | Trackback(6) | ・さよなら原発!

NO.2021 「地震、カミナリ、火事・・・原発!!」今や、「原発、地震・・・!」かも。&小出裕章氏の【大切な人に伝えてください】『隠される原子力』(動画)

 一日中、テレビやネットにかじりついていないとついていけないほどに情報や事態は動いています。

 多くの人々が震災の救援・復興のために立ち上がっています。
我が福祉会も、きょうされんの宮城現地対策本部に職員派遣を始めました。11週連続で派遣を決めています。

 救済・復興のために不眠不休で頑張ってきた陸前高田市の市長さんが、やっと奥さんのご遺体に対面されたと言う報道には、なんともいえない気持ちになりました。

 政府は、ボランティア頼みでなく、早急に財政を含め国の責任による救援・復興のロードマップを示し、そのための国を挙げた体制、一元的な司令塔とも言うべきものを確立する必要があると思います。
生存権(憲法25条)を保障する責任は国にあるのです。

 放射能汚染水の海洋垂れ流しで、世界から批判の声が大きくなっているとも言われています。

 原発を考える時、京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏の【大切な人に伝えてください】『隠される原子力』(動画)は必見です。

     【大切な人に伝えてください】『隠される原子力』
     


動画説明:
【転載歓迎】
(これをご覧になられた方へお願いがあります。あなたの家族や友達など大切な人に伝えて頂けないでしょうか?このバトンが日本中に回ることを期待しています)

小出裕章さん【原子力の専門家が原発に反対するわけ】
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk

2011年3月20日に行われた小出裕章さん(京都大学原子炉実験所 助教)の講演です。小出さんは原子力の研究者という立場から、原子力の危険について、40年以上に渡り警鐘を鳴らし続けて来られました。その警鐘空しく、私たちは東日本大­震­災で福島原発の大事故を招いてしまいました。今も現場では作業員の方々が命がけで復旧に取り組んでおられますが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。空や海に­広がる­放射能の影響も心配です。 

この苦しい経験から私たちは学ばなければいけません。同じ過ちを繰り返さないように。子供たちに安心して暮らせる世界を残せるように。この地球に生きるすべての人に届けた­­い。隠される原子力・核の真実。あなたの大切な人に伝えてください。



 以下、2011年04月06日(水) のtweets より。
一つ一つに関して言いたいことは沢山ありますがメモ的に・・・。

●立て坑「ピット」からの高濃度放射能汚染水の海への「流出」が止まった「いいニュース」と言う(それはそれでいいことです)が、人為的な「放出」は続いているんでしょう?
posted at 09:36:55

●素朴な質問。放射性物質は長く残ると言われているが、広島・長崎は被爆後当地で復興された。そこの残留放射能はどうだったのでしょうか?
posted at 09:39:13

●労組の英断。ところで政党・議員は政党助成金320億を震災復興財源に返納せよ!→国家公務員給与5%削減へ 震災復興に充当、労組と合意 http://t.asahi.com/1y2r
posted at 11:33:41

●福島原発事故 いま何が必要か/国・東電はデータ公表を 日本共産党 吉井英勝オフィシャルホームページhttp://bit.ly/h225jP
posted at 11:44:48

【緊急メッセージ】地震・大津波と炉心溶融にいたる原発事故は何度も警告してきた 私の国会質問に非科学的答弁で答えてきた規制官庁と大臣 何も知らずに「原発安全神話」を信じて突き進んだ政党と政治家 日本共産党 吉井英勝オフィシャルホームページhttp://bit.ly/h225jP
posted at 11:45:44

●そう?→今回のマグニチュード9.0というのは、気象庁がそもそも「マグニチュードのものさし」を勝手に変えてしまったから、…すべてのことを「想定外」に持っていこうという企み(あるいは高級な心理作戦)の一環であろう。http://bit.ly/i09WiS
posted at 11:52:11

●めも:外国人記者が見た「この国のメンタリティ」「優しすぎる日本人へ」 http://t.co/MBQ9kes
posted at 12:14:01

●RT @AkahataNow: [News] #JCPFan 原発に世界が重大な懸念/IAEA事務局長 基準順守・情報開示を/原子力安全条約再検討会議開幕 http://bit.ly/eGs30L #Akahata #NewsJP
posted at 12:16:18

●RT @AkahataNow: [News] #JCPFan 主張/福島原発事故/安全確保と抜本見直しを急げ http://bit.ly/hiZhzT #Akahata #NewsJP
posted at 12:16:39

●RT @AkahataNow: [News] #JCPFan どうする震災復興財源/日本共産党はこう考えます http://bit.ly/gk1hCu #Akahata #NewsJP
posted at 12:16:56

●RT @AkahataNow: [News] #JCPFan 東日本大震災 被災者の生活・暮らし/支援制度の活用を/日本共産党の「手引NO・2」紹介 http://bit.ly/hhJXen #Akahata #NewsJP
posted at 12:17:08

●地震、カミナリ、火事・・・原発!!
posted at 12:30:50

●原発企業の献金が政府の動きを鈍くしている!?企業団体献金は禁止を!→電力役員 横並び献金 http://bit.ly/hvU4mh
posted at 13:18:46

●めも:東日本大震災に対応する第三次緊急提言 東日本大震災 被者救援・地域 復興 のために 平成 23 年4月5日 日本学術会 大震災対策委員http://bit.ly/fvH67l
posted at 13:31:37

政府は、ボランティア頼みでなく、早急に財政を含め国の責任による救援・復興のロードマップを示すべし。生存権(憲法25条)を保証する責任は国にある。
posted at 13:34:00

●RT @sakaroko: 原発の「安全神話」を作ってきた勢力に断固たる審判を!福島県議会では、共産党が「福島原発の津波への危険性」を指摘するも当局は「原発は安全」の繰り返 し。これは、まさに人災!電力会社から多額の献金を貰っている自民・民主に「原発の安全確立」など望めない!献金を受けない共産党の出番です!
posted at 13:43:23

●官邸は蚊帳の外? RT @watawata52: 原子力安全委員会・斑目春樹委員長は日本共産党・吉井英勝衆院議員の追及に「官邸にいたので情報が入らなかった」と答弁。官邸に情報が入らなかったってどういうことだ?
posted at 13:44:42

●思いやり予算(年間1900億円)の3.5%!友達ぶるなよな!→米軍トモダチ作戦、予算は最大で68億円http://bit.ly/gsMOz3
posted at 13:54:02

●支持急上昇ですね!→<孫正義>原発問題について熱く語る http://bit.ly/hv0ykW
posted at 15:02:14

●RT @honda_hiroshi: 「これは、起こるべくして起こった事故、すなわち“人災”なのです」 http://bit.ly/fTqJPF 週刊朝日 佐藤栄佐久・前福島県知事が告発「国民を欺いた国の責任をただせ」
posted at 17:55:50

●(動画)【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』 http://bit.ly/faTEPT
posted at 18:32:22

●(動画)3/18京大原子炉ゼミ1「もうやめよう、原子力ほんとうに」小出裕章1/2 http://bit.ly/h2MjaL京大原子炉ゼミ2「もうやめよう、原子力ほんとうに」小出裕章2/2 http://bit.ly/hqTMAP
posted at 18:39:10

●(動画)深刻な事態が続く福島第一原発:小出裕章 2011.3.25 http://bit.ly/e3IZrN
posted at 18:43:05

●(動画)原発Nチャンネル14 原発なしでも電力足りてる 小出裕章 http://bit.ly/i87BwM
posted at 18:49:57




 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.04.07 | | Comments(0) | Trackback(1) | ・さよなら原発!

NO.2019 Photos of the Day - Fukushima Dai-ichi Aerials

 NHKでは、福島原発関係のニュース時に、「30キロ地点から。画像を処理しています」などとご丁寧にテロップを入れて、暗いボケた遠景を流していますが・・・。

 これを観ると、明らかな報道統制と思わざるをえませんね。
我が政府は、「安全保障」を理由に衛星による画像公開さえもを拒否してるそうだ。何が安全保障か!

 炉心溶融は間違いないといわれているが、環境に放出されている放射性物質の核種ごとのデータがないと、どの程度溶融しているか判断できないそうだが、そのデータも公開しない。したがってどう対処すべきか専門的な議論も出来ないそうだ。
 何よりも政府も東電も、事故のデータや情報をすべて公開することが求められている。

 
 2011年3月24日、小型無人飛行機がとらえた福島第一原子力発電所の被害の鳥瞰図です。(AIR PHOTO SERVICE)
 Photos of the Day - Fukushima Dai-ichi Aerialsより一部転載します。

 もう、多くの方がご存知でしょうが、はじめてみて「言葉が・・・ありません」と言う方もいましたので、改めて紹介します。

 
 リンク先に計12枚。英語で説明がありますのでどうぞ。

福島


福島2


福島3


福島4


福島5


福島6



 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

2011.04.05 | | Comments(14) | Trackback(2) | ・さよなら原発!

NO.2018 事態回避へ専門的英知を  原子力専門家の緊急提言

 今回の福島原発事故というの人災は、「神話」好きの日本の政治が科学の前に誠実でないことが、未曾有の危機をもたらしたことを証明しているようだ。

 菅内閣は科学者の提言をすぐに取り入れ、国を挙げた強力な体制を構築し、当面する危機の回避に全力をあげて欲しい。

2011年4月4日(月)「しんぶん赤旗」

きょうの潮流
  「原発に対する日本のルールは古い科学に頼っていた」。米紙ニューヨーク・タイムズが先月、こんな見出しで日本の原発事故を報じていました▼同紙は、日本の政府や電力会社は今回のような地震や津波は予想外だったと繰り返してきたけれども、早くから地震学や津波の専門家が警告していたのを無視したと書いています。津波の科学などは進歩しているのに、日本の官僚や技術者の一部は長年、「原発を保護するために、古い科学の教えにしがみついてきた」と▼検証すべきことが多いことはいうまでもありません。しかし、事態の収束が急がれます。科学者や専門家が大震災や原発事故への対応で見解を発表し、急いで取り組むべき課題を政府に求めています▼元原子力安全委員会委員長の経験者などが東京電力福島第1原発の事故に対処するため、国を挙げた強力な体制を緊急につくることを政府に求めました。「事態は次々と悪化し、今に至るも収束の見通しが得られていない」からだといいます▼3日付本紙に掲載された提言を読むと、原子炉内は予断を許さない状況にあることをさまざまな側面から指摘しています。放射線・放射能対策の検討なども急ぎ、事態をこれ以上悪化させないために英知の活用をと訴えています▼原発事故での情報開示のあり方で日本学術会議が提言。科学的・技術的な背景説明や、国民がとるべき行動の詳細などを説明する体制整備を急ぐよう求めています。政府はこれらの提言を検討し、生かしてほしい。

2011年4月3日(日)「しんぶん赤旗」より転載。

原発事故 元原子力安全委員長ら緊急提言
事態回避へ専門的英知を

-----------------------------------------------------------------

 東京電力福島第1原発事故について、国の原子力安全委員長などを務めてきた原子力の専門家が1日、「我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的に取り組むことが必須である」として、国を挙げた強力な体制を構築することを政府に求める緊急提言を発表しました。

 提言は、現在、燃料の多くが破損あるいは溶融し、圧力容器や格納容器内に拡散・分布した膨大な放射性物質が環境に放出され続けている状況だと分析。このままでは、溶融炉心が圧力容器や格納容器を破壊することや、圧力容器内で生成した大量の水素の爆発が懸念されるとしています。

 深刻な事態を回避するためには、原子炉および使用済み燃料プール内の燃料の冷却状況を安定させることが唯一の方法だと強調。さらに、当面の危機を乗り越えた後も、継続的な放射能の漏えいを防ぐための密閉管理が必要になると指摘しています。

 そのうえで、原子力安全委員会や原子力安全・保安院、関係省庁に加えて、日本原子力研究開発機構、放射線医学総合研究所、産業界、大学などを結集して取り組むことが必須だとしています。

 提言を発表したのは、松浦祥次郎・元原子力安全委員長、田中俊一・元原子力委員会委員長代理(元日本原子力学会会長)、石野栞(しおり)・東京大学名誉教授ら16人です。提言の冒頭で、「原子力の平和利用を先頭だって進めて来たものとして、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします」と述べています。


専門化提言




 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ
ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.04.04 | | Comments(0) | Trackback(4) | ・さよなら原発!

NO.2012 原発を考えるサイト 「藤波心のこころ」

 福島原発の事故では、「プルトニュームが検出された」と東電が昨日深夜に記者会見で明らかにする事態に発展した。

 ネットでは危機感が漂うがテレビでは暢気である。

 菅総理は「非常事態宣言」し「緊急避難命令」発令すべしと思うのだが。そして、各方面に「よろしくお願いします」と頭を下げまわるべし。今や菅総理にに出来ることはそれぐらいしか残っていない。頭を下げて力を一つにするときだろう。

 福島・東電の事態は、安全神話を振りかざし「市場原理」を跋扈させ、「政治原理」がこれに従った結果である。「大企業中心政治の転換を!」と言う意味はここにある。

 さて、原発事故を前に、原発をどうするかが大きな争点になった地方選。「地震は天罰」「津波で我欲を洗い流せ」「私は原発論者だ」と言い切る石原都知事には都民による「民罰」で退場を願いたい!

 福祉を「ぜいたく」と攻撃し「自己責任」を押し付けた石原知事は、災害にあっても「自己責任」で身を守れと都震災条例を改悪し、予算を1300億も削減し半減させた。
 この考えが、『津波は天罰』という許しがたい暴言を吐き出させたのだ。

「命を守る福祉・防災都市東京を」小池あきらとともに!
東京都民の皆さんにお願いします。小池あきら知事誕生で東京から日本を変えよう!


 ところで、事態は選挙があろうとなかろうと、私たち一人ひとりが原発について真剣に考えることを求めている。そこで今日はあるサイトを紹介したい。平易な語り口でとても読みやすく、しかもストレートに響くものです。

●oowakitomosan 2011.03.26 10:42
藤波心のこころ。13歳「しょーもない、B級アイドルの私」が「ファンが減っても、仕方ないと思って」書いた「原子力、それはまさにパンドラの箱」。菅総理、東電社長初め一読をオススメ→http://amba.to/g35uqC 既に話題沸騰の「批難覚悟で・・・・」
 「藤波心」の文字がツイッターに流れた時、「なんのこっちゃ?」と思った。
14歳のアイドルらしい。しかも「しょーもない、B級アイドルの私」という。14歳らしい語り口だが。しかし、その発言は実にしっかりしている。既にネット上では大きな関心を引き、60万人以上が訪問していると言う。
以下、部分転載で紹介しておくが、是非リンク先でこの14歳とともに考えてみて欲しい。

こころ

・・・前略・・・  

私の出来る範囲で
少額ですが少しでも被災地のみなさんに
役立ててもらえるよう、
物資+義援金送らせていただきました。

毎日、被災地から届くニュース映像は
涙なくしては見れません。

私も、芸能人のはしくれとして、
出来ることを、
これから色々考えて行きたいと
思っています・・・。

ところで・・・
汚染が広がっているようですね
原発で懸命に冷却作業にあたっているみなさん、
被災者のみなさん、
折角育ててきた野菜を捨てなければならなくなった農家のみなさん・・・
テレビで見ていて、それぞれ本当に大変な状況だなと思います。

そして、今日に入って、都内の水道水にも放射性物質が・・・・。
一体汚染はどこまで広がるのでしょうか。

そして、いつまで続くのでしょうか・・・。

・・・中略・・・

テレビは「冷静に対応してください」
しか言わない。

あまりにも大丈夫すぎて、心配・・・・。

挙句の果てには、
ラドン温泉などもあるように、少量の放射線なら体に良い?(笑)
とか、

「想定外」の
1000年に一度の大津波に、これだけ原発は耐えたのだから、
やはり日本の原発はすばらしい・・・???
とか、意味不明の原発絶賛???

訳の分からないコメントを言う専門家とかww

想定外だった、想定外だったって
みんな口をそろえて言うけど、

原発は、事故った時 甚大な被害がでるから、
「想定外」はあってはならないと思うんですケド…

私言ってること間違ってますかね・・・。

・・・中略・・・

なんてったって、相手は放射能ですからね。

今の現状、私が思うのは・・・

テレビが言う、安全・大丈夫ではなく、
やっぱり「危険」なのだとおもいます。

どーんと爆発したり、急に明日何万人何十万人が
死ぬということはないかもしれないけど、
5年、10年の歳月を経て、じわじわ私たちを蝕むとおもいます。

・・・中略・・・

しょーもない、B級アイドルの私が
偉そうなこと言えた立場ではないことは、
よくわかってる。

電力関係・原発推進関係に携わっている人も多いから、

アイドルとしての立場の私は、賛成か反対かは
あまり明確にしない方が、本当は良いのかも知れない。

ラブ&ピース がんばろう日本!

みたいなことだけ言ってた方が、
アイドルとしては活動しやすいのかもしれない。

こういうこと書くと、ファン減るかもね。
でも、減ってもいいや。

私は中途半端なことは言いたくない。


人にどう言われようが、叩かれようが、
はっきりと、自分はこう思っているんだって
言うことを言いたい。

その結果、ファンが減っても、
私は仕方ないと思ってます。


原子力
それはまさにパンドラの箱です。

檻から解き放たれた 猛獣・・・。

いつ襲いかかるか分からない猛獣と

同居出来るほど 私は神経太くない・・・。

あなたはそれでも、
便利と引き換えに

これからも、
パンドラの箱を開きつづけますか???

今、日本は、色んな面で
考え直さないといけない時に来てるんじゃないですか?

私には、福島原発の煙が、

不謹慎かもしれませんが、

そんなパンドラの箱を開けてしまった私たちを死滅させる
巨大なバルサンか、ゴキジェットに見えます…。

藤波心


 いや、参った!脱帽である。
おじさんもファンになろうかな(笑)

 その反響に対する5日後の記事は→パンドラの箱の「希望」




 ★きょうされんの情報ページです。
●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ">●東北関東大震災 作業所・施設の情報のページ
作業所・施設の復旧・復興にご支援ください
【東北関東大震災】
(2011.3.11 14:46 国内観測史上最大のM9.0)

3月11日(金)、きょうされんは、西村直理事長を本部長とする「東日本大震災きょうされん被災対策本部」を設置しました。
そこで、被災地の作業所・施設・事業所、障害のある人びとやその家族への支援金を呼びかけます。
皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■郵便振替 口座名義  きょうされん自然災害支援基金口 
口座番号  00100-7-86225


 
今日のつぶやきhttp://twilog.org/oowakitomosan

「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
 http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
福祉目的なんて嘘っぱち!財政再建目的なんて嘘っぱち!
消費税は、昔も今もこれからも「法人税減税目的税」
消費税ロゴ


ポチポチッと応援よろしく。
              
人気ブログランキングへ     

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

2011.03.29 | | Comments(1) | Trackback(4) | ・さよなら原発!

«  | HOME |  »

プロフィール

友さん

Author:友さん
軟弱オヤジの「硬派道場」へ、ようこそ。障害者作業所所長やってます。福祉や政治、日々の思いを気ままに…。
コメント、TB、リンク歓迎。お茶やお酒はセルフでごゆっくり。
なお、気が弱いので「道場破り」はお断り。
070727 スタート

アクセスカウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

つぶやいとっと。

カテゴリー

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

オープンソースCMSホームページ制作 スリーピースコミュニケーションズ

福岡のホームページ制作会社はTPC


ホームページ制作
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。